噛み殺しっ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

噛み殺しっ    

 おはよう、ねえ、きみのひどく眠そうな顔に移ってしまう前に、わたしのあくびを噛み殺してあげる、そんな奇妙を親切と呼んではばからないきみの、野良猫のような感性の果てで、風に犯されることを厭わない吹き抜けの家が並んでいる、ここでは、小さな銃は違法だと思う、だってさ、怒られるという現象って、怒られることで学習するよね。  カラス、あるいは監視の群れとしての一般論が押し寄せてきて、きみの手の中の林檎は押し殺した声で泣いてしまった、その模様に鮮やかな赤い雨垂れを見出すきみの、だれもたどり着けなかった海辺に描かれた水彩画のような感性を、銃に六個詰め込んで欲しい、ねえ、この吹き抜けの壁は、そうして寄せては返す反響を抱え込んだんだ。  足音という死語と  小さな地震のような  膜を澄ますべき音律に  集中する三半規管  神さまは、善悪のシーソーゲームの管理者で、きれいな波の音をイヤホンで聴きながらぼくを撃った、ぼくは、ぼくを悪魔の子だと証明できない、天使の子は、輪っかで首を吊れない、だからさ、あくびを真っ先に噛み殺してくれるやさしさで、屋根の一つでも買って欲しいよ、親切の発露で買える物のあまりの多さに気づくという偉大な人間性は、神さまに教え込まれました。  そうして、比喩という人類の、抵抗、感傷、涙模様…林檎の巣が愛を交わして、新たな比喩を作っています、ねえ、もう心臓がない人が、記念写真を撮ってくれるって、いまも呑気に林檎を頭に乗せてみせる、ぼくのためにあらゆる必然を、原則を、笑いながら噛み殺す人。  紙袋は上等品で  左手の親指の裂傷が  悪気もなく善を増やして  神さまは一人泣きながら舐めていた


作成日時 2021-06-01
コメント日時 2021-06-12
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

噛み殺しっ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 715.0
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 0
#現代詩
項目全期間(2021/06/18現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:715.0
2021/06/18 17時54分56秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

噛み殺しっ コメントセクション

コメント数(6)
鳴海幸子
作品へ
(2021-06-09)

「ねえ」と語りかけているのにかかわらず、言葉がかたくって、合っていないと感じました。

1
neue Ära records
作品へ
(2021-06-09)

真ん中の4行詩だけでかなりイケてるとおもうんですね。現代詩的には。 四行詩前後のモノローグが、どうでしょう、、私的には物語が付加された状態に読めてしまい。モノローグって聴かれてる感読まれている感が増すほどに、モノローグから乖離されてゆくようで、私的にはですが、心地よい印象は残らないですね。それを喩えるならば、自分の詩を演技しながら発表される空間の心地悪さです。 確か、アメニモマケズはメモ書きでしかなかったと聞いたことありますが、本来モノローグってそんなものじゃないかと思うんですよね。 てきとうに走り書きしちゃったら、なんかいい感じ、まあ外にでも放り出しとくから、みんな暇だったら読んでくださいなっていうので、詩なんていいように思う。でもそれ、簡単に出来そうで出来ないすよね。

1
あさ
鳴海幸子さんへ
(2021-06-10)

コメントありがとうございます。 たしかに、こちらから柔らかく語りかけているのにも関わらず、基本的な言葉が固いものだったら、読み手としては「いや、合ってないな」と感じて当然なのかもしれません。 中和のような効果を期待してそのように書いたような気もするのですが、逆効果になったのかもしれません。フィードバックをありがとうございました。今後の参考にさせていただきます。

0
あさ
neue Ära recordsさんへ
(2021-06-10)

みうらさん、コメントありがとうございます。 今作は勢いで、4月くらいに書いたものを衝動的に投稿してしまったことがまず大反省でした。自分の詩を客観的に見るのは時間だけじゃなく訓練がいるなあと改めて思います。 勉強に『雨ニモマケズ』を読んできたんですけど、比べて私の詩の、少なくともある種のパターンの書き方は「わかって欲しい」「私を主人公にした物語詩を読んで欲しい」という自我が前のめりになっていて、これは読者を居心地悪くさせるだろうなあ…という感じがしました。ご指摘のとおりかと思います。走り書きが詩になったり、自我の臭みを消し切れるくらいの技術を持っている人なら、それをモチーフに書けばいいんですけどね。 最近の救いは、自分の詩は他人にちゃんと読んでもらうための訓練や意識づけをまだまだ経ていないので、基本的には「ぼくぼくわたしわたし」が前のめりになりがちなことをようやく自己反省しはじめたことでしょうか。そういう意味では、途中の四行詩はよかったのかもしれません。 少しずつ解脱の道を目指していきたいものです。ご批評ありがとうございました。

0
ネン
作品へ
(2021-06-10)

個人的な話、あささんの作品が好みです。理由が説明出来ればいいのですが、淀みがなくて引っ掛からないというか、すっとしています。矛盾や妙だった所もあるのでしょうが、私は気付きませんでした(笑)

1
あさ
ネンさんへ
(2021-06-12)

ネンさん、コメントありがとうございます。 今作は個人的に自分語りが走りすぎたな〜って思ったりするんですけど、もちろん私も書き手でありつつ、読み手の一人でしかないので、誰かが代わりに評価してくれるのはとてもうれしいことですね。 まだ詩作歴が短いので、いろんな文体に変わっていく(変わってしまう)と思いますが、また気に入っていただける作品が書けたらうれしいなと思います。ご投票もありがとうございました。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1