『ちんちん!!(ちんちん!!)』という作品について。 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


批評対象
作品を読む

『ちんちん!!(ちんちん!!)』という作品について。    

<批評対象作品>
ちんちん!!ちんちん!!


 はじめまして、不変蟹藻といいます。 わたしは4/21からここで活動しているのですが、このサイトで一番閲覧数が多い作品は何なんだろうと思い、調べてみますと『ちんちん!!(ちんちん!!)』が出てきました。駄文ですが、以下にこの作品の推薦文を書きます。  単刀直入に言います。私的な意見では、この作品並びにこの作者は天才的なのではないかと。 理由はこの作品に哀愁が漂うからです。  この作者が男性であるか女性であるかは知りません。成人しているか未成年であるかも知りません。しかし、そのことはどうでよいと思います。  作者はこれを書いた後、おそらくですがいつも通りの生活に戻ったことでしょう。仮に朝に書いたならば、朝食を食べ、排泄をし、そして学校や出勤をする。夜ならば、布団には入り、目を閉じる。この情景を見て、何が物悲しさを覚えるのはわたしだけでしょうか。これほど「ビロビロwww…」と叫んでおいて、彼なりの通常の生活に戻る、その瞬間に、何か名状しがたい「哀しさ」漂う断絶を見るのです。以上はわたしの主観なので、共感されることは多くはないでしょう。  しかし、この作品を視覚的に見てみますと、男性の陰部をビロビロと、まるで見せつけて笑っています。みなさん、陰部触ってますか?陰部を見せつけてますか?マスターベーションという一定の性的な目的というものを志向せずにですよ。わたしはもうかれこれそんなことはしていません。必ずや陰部というものは、何か性行やセックス、さらに大きく言えば性的エゴにつながっているのだと思います。  けれどもこれは違う。何も目指すところなく。ただ、そこにちんちんがあるから、ちんちんを引っ張り、ビロビロとしてみせる。これほどエロスという何かドス黒いものから解放された明朗さは、ちょっと想像できないくらい表現するのは難しいのではないかと。それは短文であるからこそ、余計な哲学的な思弁を付け加えないからこそ、如上のことに成功しているのだと考えます。このことには首肯される方もいてくださるのではないのでしょうか。  陰部をただそこにあるから触る。それはいつからやっていないことなのでしょうか。幼児ぐらいでしょうか。幼児ぐらいでも、性的興奮を覚えるために、陰部を擦ることをするのかもしれません(そのことは詳しくないです)。けれども、大方の幼児はそんなことしないでしょう。この作品は幼少期の懐かしさを思い出させます。つまり「郷愁」です。ノスタルジアです。  仮に幼児がこれを書いてたら、本当に瞠目しますね。上記のことをわかって書いていたのでしょうか。  仮に女性ならば、なぜまんこではないのか。あえてちんこにしたのでしょうかね。幼少期という遠さと、性別の壁というそれら二つの距離、つまりは複層的な郷愁を描きたかったのか。それらは作者のみぞ知る。  あと、性というものは、肯定するにしろ、否定するにしろ、誰しもが担うものであり、つまりは関わりあるものです。これほど共役可能なモティーフがあるでしょうか。  これは河東 碧梧桐や大須賀 乙字が準備して、かの有名な種田 山頭火や尾崎 放哉がやってのけた、自由律俳句に近いものを感じます。  以上のような感想並びに推薦文はもうなされているのかもしれません。わたしもやってみたくなったので書きました。が、ちんちんをビロビロとはしませんが。


作成日時 2021-04-24
コメント日時 2021-05-01

『ちんちん!!(ちんちん!!)』という作品について。 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 1660.3
お気に入り数: 0
投票数   : 0

『ちんちん!!(ちんちん!!)』という作品について。 コメントセクション

コメント数(10)
不変蟹藻
作品へ
(2021-04-24)

この作品の作者(脳筋インテリジェンス)さんのプロフィールに「暗愁」という単語を発見しました。かなりキーワードになるかと。

0
沙一
作品へ
(2021-04-25)

批評を否定するつもりは全くないのですけど、一番閲覧数が多い作品を検索する点からして、なによりもまず注目度という見栄を気にしている感が否めませんでした。詩について興味を示す基準はそこなのか、と。

1
不変蟹藻
沙一さんへ
(2021-04-25)

注目度で何気なく検索してみました。どうして注目されてるのかな?と思い、個人的に批評をしてみました。ただそれだけのこと。

1
三浦果実
作品へ
(2021-04-26)

不変さんらしい作品の選びだなあっておもうんですよね。そもそも不変さんって突然現れたトリッキーな人なわけで、そんな不変さんがトリッキーな作品を選ぶってところに普通さを感じるんですよね。え?こんな人だったの!不変さんってていうのが読みたいですね。トリッキーな作品とかトリッキーなコメント読んでもなんか予定調和なんですよね。 不変さんの情念みたいなものが、ホントにあるんであれば、そういう感性が宿る批評文を、勝手ながら読みたいと思いました。

0
不変蟹藻
沙一さんへ
(2021-04-26)

批評を否定するつもりは全くないのですか。嬉しいんですかね。なんかほじくって欲しかったですけれど。そういう意味では悲しいですね、

1
不変蟹藻
三浦果実さんへ
(2021-04-26)

じゃあ「以外こんな一面もあるんだ」っていう作品とか批評にもチャレンジしてみたいと思います。コメントありがとうございました。

0
Try Anus帝
Try Anus帝
作品へ
(2021-04-29)

素晴らしい文章だと思います。 おちんちんってなかなか触らないですよね。触って楽しむなんてもう不可能です。おちんちんを知りすぎたから。 もうあの頃には戻れません。知ってしまったことを、遊び尽くしてしまったものを、忘れることなどできません。常に私と共にあるのですから。故郷よりも戻るのが難しいかもしれませんね。

0
よびな
よびな
作品へ
(2021-04-29)

私としてはこういった表現は漫画で使い尽くされているように思いました。漫画はとても面白いのでたくさん読んでみると良いと思います。たくさん読むためにはBOOKOFFへ行くことをお薦めしますが、作者や出版社にお金を落とすために新刊も買って読みたいですね。

1
不変蟹藻
よびなさんへ
(2021-04-30)

こんにちは。コメントありがとうございます。漫画で使い尽かされてるのですか。知りませんでした。最近流行りの『進撃の巨人』から『ドラえもん』まで全くみないもんですから。ありがとうございます、ご教授くださって。

0
不変蟹藻
Try Anus帝さんへ
(2021-05-01)

こんにちは。 共感してくださって嬉しいです。肉体に一番近いのに(というか、肉体そのもの)遠さを感じさせる、パラドックス?が面白いなぁと思いました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2