┣ちんちん!!┳ちんちん!!┫ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは、祖父母の目の前で、伝記を破り捨てることにした。

r

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ちんちん!!ちんちん!!    

ビロビローーー!!!!!!wwwwwww

scroll


作成日時 2020-06-01
コメント日時 2020-06-13

ちんちん!!ちんちん!! ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 13575.4
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 599999
#縦書き
項目全期間(2020/10/28現在)投稿後10日間
叙情性2072301
前衛性13070911
可読性22119911
エンタメ444411
技巧333301
音韻13101
構成17771
総合ポイント59999937
 平均値  中央値 
叙情性207230207230
前衛性130709130709
可読性221199221199
 エンタメ44444444
技巧3333033330
音韻13101310
構成17771777
総合599999599999
閲覧指数:13575.4
2020/10/28 00時41分52秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ちんちん!!ちんちん!! コメントセクション

コメント数(11)
脳筋インテリジェンス
脳筋インテリジェンス
作品へ
(2020-06-01)

圧倒的批判的現代的川柳的ッッッツ!!!!! いたずらに 間隙の闇 映しては あなや、不幸と 幸せな人

2
エイクピア
作品へ
(2020-06-01)

非常に短い詩。エクスクラメーションマークやW(笑いの意味でしょうか)などの記号の方が多い詩。何か動作が示唆されているのだと思いました。見せているのか。何を見せているのかまさかタイトルからそれは明らかだとは思いたくないと思いました。

2
野良犬少年
作品へ
(2020-06-01)

素晴らしい独創性だ。凡人には、真似出来ない言葉の選び方。限りなくシンプルで、そしてその肉体的美醜を思考させるその内容は、動物であるならば必須の思考。まさに芸術作品。

1
ふじりゅう
作品へ
(2020-06-01)

・貴方は一体何がしたいのですか? 私は、全く芸術作品とは思えず、むしろこの場所をバカにしているのではないか?とすら思えました。 ちんちん!やビロビロー!等の言葉は、凡そ子供が好んで使用する語句でありまして、大人が公の場所でふざけて「ちんちん!」などと叫び出そうものなら「関わらん方が身のためだ」等と多くの人が感じ入る事と思います。 とはいえ、私は「詩は大人が嗜む趣味である」などと申し上げるつもりはございませんし、子供が使うような言葉が文学及び詩作品に似つかわしくないのか、と問われると、当たり前ですがそんな事は全くございません。 そうではなく単純に、創作の場所でこの様な、中学生がLINEで友達に送るような文章を、文章の創作の場所で平然と投稿することに対して、断固として否を叫びたく存じます。 本作は、ある意味で挑戦的な作風をなさっていることと思います。 挑戦的であるということは、否定的な意見が出ることが当然であり、本作において、その様な否定的な意見をカバー出来ている文脈が存在するようには感じられません。 筆者は「圧倒的批判的現代的川柳的ッッッツ!!!!!」などとステートメントを示していらっしゃいますが、そもそも筆者は、川柳の何処を批判したいのか、何がダメなのか、そして「現代的川柳」とはこの様な幼稚な文面の事を指すのか、「現代的川柳」とは何なのか、そもそも何が書きたいのか、これらの尽くが作品にもステートメントにも一切現れていない状況であります。この様な体たらくでは「バカにしてんのか?」と言われても、なんの不思議もないのではないでしょうか。 今一度お伺いしたいのですが、貴方は一体何がしたくて、本作をご投稿されたのですか?

6
蛭子子
蛭子子
作品へ
(2020-06-01)

言葉選びがあまりグッとこないなと感じさせられました。 タイトルがちんこでもちんぽこでもなくおちんちんである必要性、本文がピラピラでもブラブラでもなくビロビローである必然性、!マークの数はなぜ三つでも一つでもなく一つなのか、 そういった諸々のことが納得感を伴っておらず、思いついた言葉をそのまま詩であると言い張っているように感じられます。 たとえば咳をしてもひとりという句がありますが、これは1人で咳をしているのではなく、咳をしていてもひとりであるという現実の捉え方がより寂寥感を出しており、またなりけり調でないことがかえって身近な苦しさを感じさせるなどの効果が得られていると考えられます。 その上で、なぜビロビロー出なくてはならないのか、なぜおちんちんでなくてはならないのか感じ取ることができません。

4
湯煙
作品へ
(2020-06-02)

お名前にはどこか知的なものも感じはしますが、作品はあほ丸出でしょーーー!!ビロビローーー

4
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-06-03)

この作品は両極端に賛否が分かれていますね 笑。かなり実験的な事をされている印象はあります。それは前二作品を観てもそうでしょう。wwやエクスクラメーション❗️を使いよく見るネットでのやり取りを切りとってきた一行は前後の会話や周囲の情景、それを発した話者の状況などを想像させる作用はありました。が、それは前二作であり今作は残念ながらそうなっていない。ちんちん、などの用語が問題ではなくタイトルと内容を分けてしまったことで、続く言葉を読み手が浅く広く想像してしまい、多様な拡りを見せた前二作品に比べて全く面白味のない作品になっています。故に落書きよりしょうもない。そこらの壁や樹とか便所に書かれていたなら状況や書かれたものの質感や、様々なもので味わいがでるかもしれないがネットの掲示板でやっても意味のないものですね。

3
舟虫/GAMAKATSU
作品へ
(2020-06-04)

お世話になります。 この詩を読ませていただいかいた感想を述べさせていただきます。 『5ch』の有名な言葉かな?とだけ思いました。 それ以上、それ以下もありません。 サンプリングという手法がhiphopではありますが、それはアーティストへの敬意がありますね。 この詩からはそれらを表現している形がわたしからは感じられませんでした。 よろしくお願いします。

1
一足遅れた戦友
一足遅れた戦友
作品へ
(2020-06-04)

良し悪しで言ったら病的に悪しだな。 ただ、男に性を受けたら物心ついたあたりで一度は通るんじゃないか そこを 狙ってやってるなら評価できるけど

1
さもあ益麿
さもあ益麿
作品へ
(2020-06-12)

勢いは好きです。でもちょっと物足りないですね。本文で捻っている気はするのですが、タイトル・本文のインパクトが相殺し合っているように感じます。

1
入間ちかa.k.a.なぞみん
作品へ
(2020-06-13)

これは詩なのだろうか? 詩である以上何を思い起こしたり、情景が浮かんだりするものだと思うけど、ただの言葉としか受け取れなかった。 稚拙さをあえて出した表現なのだとしても、ただ品がない言葉にしかなっていないのではないだろうか。 非常に実験的なのかも知れないが、それ以上なにも感じない作品でした。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1