不在 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

不在    

鼻血からサカナの匂いがする朝 人魚姫より不幸だ、アタシ。 ひび割れたチャーハンの上でスプーンだけがなまめかしく生きてる。


作成日時 2020-09-12
コメント日時 2020-09-20

不在 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 1348.6
お気に入り数: 3
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#現代詩
項目全期間(2021/07/26現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1348.6
2021/07/26 08時17分43秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

不在 コメントセクション

コメント数(12)
うるりひと
うるりひと
作品へ
(2020-09-12)

鼻血からサカナの匂いがする 生々しい詩的な表現だな、と思ったのも束の間、朝から鼻血してる女の子がコミカルで(不幸だアタシ、なんて言ったりする)クスリとしてしまいました。 改めて見ると前編を通して清楚でユーモラスな詩です。

0
百均
作品へ
(2020-09-13)

楽子さん 初めまして、百均です。 シンプルなんですけど、味わい深くていいですね。 血の匂い(あるいは臓物の香りでもいいですが)を人間から感じる一番身近な瞬間というのは鼻血だと思っていて、その時の匂いをサカナに例えているというのが絶妙だと思いました。サカナの匂いって、確かに血生臭いんですよね。それって振り返って考えてみると、確かに鼻血みたいな臭いするなと気づかされました。また、朝ごはんという状況も添えられていますが、多分アジの干物の開きとかを食べてるんだなって思ったりするのでGoodだと思います。凄く親切ですね。サカナの切り身とかだと部分的な要素になりすぎてしまうので、人魚姫っていう生き物の姿のイメージをはっきりと書かずに、におわせながら読み手に想像させる表出の仕方が巧みだと思います。 また「人間の鼻血⇒自分の生き物としての香り=サカナ(死体)の香り」というイメージの重ね方からの人魚姫とアタシとの対比というのがなんとも絶妙です。人魚姫はサカナと人間のキメラであり、人魚姫の寓話の結末は泡になって消える事が正典で、人間になって幸せに生きるのがディズニーの打ち出したハッピーエンドになるのかなと思いますが、この場合は前者だと思います。人魚姫は泡となって消えるというある意味美しく死んでいく訳ですが、自分は血の通った生き物であって、今食べているサカナの死体に寄った存在であるという事ですね。 で、そういう自分をサカナを通じて人魚姫というファンタジーと比べて自分を客観視して、不幸だという事に気が付く語り手の状況がなんの澱みもなく、イメージされてくるので、うるりひとさんもおっしゃっていましたが、ユーモアがあるなと思いました。 >ひび割れたチャーハンの上でスプーンだけがなまめかしく生きてる。 二行目はまだ正直読み切れていません。「ひび割れたチャーハン」が難しいですね。 状況としては朝ごはんの場面だと思うのですが、チャーハンは僕の中でお昼に食べる物なのでちょっと状況がつかめないってのがあります。 という訳で、チャーハンを食べる場面についてはあまり気にしないで読んでいきます。(ここら辺他の方のレスが読んでみたい) スプーンというのは、人魚姫から連想をつなげて、小さな海のイメージです。つまり、ひび割れたチャーハンというのが語り手にとっての世界(外界)であり、そこから切り出したスプーンというのが自分の生きている世界みたいなイメージですね。「なまめかしく生きてる」というのはスプーンを動かして語りての世界にひび割れた世界を取り込んでいく動きをスプーンに化しているのは自分だからという解釈で僕は読みました。 つまり、世界がどれだけ不幸であったとしても、まるでチャーハンを最後まで掻きこまなければならないように(食べるという事は生きる事であり、死体を食べ続けエネルギーを自分の中に取り込んで生き続ける)食べて続けている。つまり不幸を摂取し続ける事を語りては辞められないという事なのかなと思います。人魚姫というのは、あっさり死んでしまう訳ですが、しかし、語りては泡になって消える事ができません。なぜなら血を流す生き物だからです。どれだけつらい事やかなわない事があったとしても、そのあとを生きなければならないという意味合いで、スプーンを「なまめかしく」動かしているのではないかなと思います。 という訳でまとめると。 ひび割れたチャーハン(不幸な世界)の上でスプーン(語りてが手にもって動かし自分の中に取り込む媒介)だけがなまめかしく生きてる。(人魚姫のように不幸の後に泡となって死なずに、不幸な世界の上で生き続けているアタシの) みたいな物として読みました。2行目の部分は、ユーモア的な語り口の一行目から、不幸である自分を客観視した事をきっかけにして生きようとしているアタシともとれるし、自分を客観視した事によってちょっと項垂れているけどチャーハンを食べてしまう自分を更に客観視しているともとれるし、正直読み手によって解釈が分かれそうです。また、二行目は割とざっくり読んでしまったので、「なまめかしく生きてる」などの要素や、「チャーハンの「上」」みたいな所をスコップしていくと、多分もうちょっと意味合いが違ってくると思います。 短いながらもギュッと魅力が詰まった作品だとおもい、一読して感想を書きたいと思いました。 ありがとうございました。

1
&
作品へ
(2020-09-17)

夜中、恋人に殴られちゃったのかなって思いました。朝起きたら晩御飯の食べかけのチャーハンが机の上にあって、傷ついた自分の身体と昨日のチャーハンを結びつけるのがスプーンしかないのかしら、なんて妄想しました。 ガツっとした詩ですね。呆然とした感じがどこか虚しくて好きです。

0
杜 琴乃
作品へ
(2020-09-20)

「ひび割れたチャーハン」の「ひび割れた」という表現が干ばつした土地を思わせます。スプーンの形のすらっと伸びた持ち手は魚の尾のようです。私はスプーンそのものを人魚と見て、この2行目は干ばつした大地に横たわる魚(人魚)と想像しました。 ところで私も、一行目に惹かれてコメントしたいと思ったのですが、というのも、小学生ぐらいのときはしょっちゅう鼻血をだしていまして。あのどろっとした鼻血のかたまりとか、喉を通過する鉄の匂いとかを一気に思い出しました。 タイトル「不在」とは、誰が不在なのでしょう。王子様?足をくれる魔女? 百均さんの、傷がつけば血が流れる生々しい肉体を持つ自身と、泡となってあとかたも無く消える人魚の対比。&さんのいう「夜中、恋人に殴られた」というシチュエーション。淡々とした語りからどことなくパサパサと乾燥した空気を感じました。暴力を受け、迎えた朝。おとぎ話のような救いが自分には無いという焦燥感、などでしょうか。 とにかく2行でこれほどまで読み手の想像を掻き立てるのは、すごいの一言です。

0
沙一
作品へ
(2020-09-20)

どなたも言及されていないのであえて云いますけど、これは二首の現代短歌ではないかと、文体のリズムから察せられました。 じつは、あまりに生々しくて好きにはなれない作品なのですが、これほど五感を刺戟する言葉をあつかえるのは、すごいと認めざるを得ません。

1
藤 一紀
作品へ
(2020-09-20)

こんばんは。《ひび割れたチャーハンの上でスプーンだけがなまめかしく生きてる。》っていいですね。ぼくはチャーハン割りと好きなんです。まあ、個人的な話なんだけど。でも、ぼくならチャーハンとスプーンなら、チャーハンの方に気持ちが行く。ところが、この作品の語り手はスプーンの方に目が行っていて、それも《なまめかしく生きている》なんて肉感を伴ったものとして捉えている。そのくらい自分には生きている実感が欠けていると感じている語り手の存在感がよく現れていると思います。だから「わたし」でも「あたし」でもなく《アタシ》になっちゃうんじゃないかな。実感の不在。 かといって、人魚姫みたいに泡と消えることはできないってことは血を流す身体があることが証明している。不幸といえばたしかに不幸です。 読むことを通して語りの奥に、たしかな語り手の存在感が感じられます。

0
楽子
楽子
うるりひとさんへ
(2020-09-21)

 わあ、ありがとうございます。 ユーモラスであること、ってシリアスでいることよりもずっと難しいこと(少なくとも、私には) なので、少しでも面白いと思ってもらえたなら嬉しいです。

0
楽子
楽子
百均さんへ
(2020-09-21)

はじめまして!しっかりと読み込んでくれてありがとうございます。 読んでいただいた通り、この詩の肝は、どうやっても泡になることなんてできない人間、です。 チャーハンについては、夜に作ったまま、少しだけ手をつけて机の上に放置されていたものを想像しておりました。 一行目があまりにメルヘンちっくかつ少女ぽかったので、現実であることを伝えたかったので、自分の中で「夜作ったまま放置しがちな乾いた食べ物」を探してチャーハンにしました。 百均さんの評を読んでひとつ後悔したところ。 なまめかしく生きている。は当初「ぬめぬめしく生きている」だったんですね。 こっちのほうがよりスプーンの生きている感が伝わるかと思い。 ただ、なんとなく不気味さを足し過ぎたかなあ…というのもあって、語感を寄せてなまめかしく、に変えたのですが。 すごく丁寧に読んでくださっている中で、スプーンの要素があまり上手く表現できていなかったことに気づき。「ぬめぬめしく」の方がわかりやすかったかな、と思いました。

0
楽子
楽子
&さんへ
(2020-09-21)

はい、当初は殴られた女の子を考えていました。 一番最初に考えたストーリーは「殴られておきたら彼はいなくて、机の上をみたら食べかけのチャーハンだけ置いていて、スプーンにはまだ彼の唾液がついている」という場面だったんですよね。 でも書いているうちに「これ別に自分がチャーハン食べている途中で鼻血出して…でも全然良いな」と思い、色々消していったのです。 主題となるものとは別のものなので。 かかないことで想像の余地を広げるのはある意味逃げ(それこそ、例えばタイトル「不在」で、中身を「あ、」だけにしても、それはそれで良いとは思うんですが、でもちょっと狡い気もする…みたいなアレコレ。)な気もしたんですけど、 私の中では美しくまとまっててこれ以上足すものがなかったので投稿しました。

0
楽子
楽子
杜 琴乃さんへ
(2020-09-21)

感想、ありがとうございます! そうですよね、そうですよね!スプーンのすらっとした銀の光沢と艶って魚っぽさがありますよね!? 此処が一番、伝わるかどうか不安なところだったので、伝わっていてうれしいです。 概ね皆さまが読み解いていただいた通りが主題となっております。 王子様であろうが、魔女であろうが、とにかく自分を打開するための何かがない。不在で、そんな状況なのに泡となって消えることもできない、生きているってつらいな…。みたいな朝です。

0
楽子
楽子
沙一さんへ
(2020-09-21)

はい、二句の現代短歌です。よくお気づきになりましたね!? これについては意図的にわからなくなるようリズムを崩したので、わからなくてもしかたがないというか、わかる方がビックリです。(一連目がややあからさまかな、とは思いましたが…) そうですね、私も少し生々しすぎるかな?というよりは、ショッキングな表現に頼り過ぎかな?とは思いました。 ただ今の私のブームが、愛すべき虚構と堕すべき現実との折り合いの付け方…なので、暫くこういう向き合い方になりそうです。

1
楽子
楽子
藤 一紀さんへ
(2020-09-21)

まさしくそういうところですね…主題は…。 筆者から主題説明はめっちゃダサいと思ってはいたんですが、今回の場合は大体読み解かれてしまっているので良いかなあ…と思ってます。 何故だろう、その場所にいて、ちゃんとその場所での機能を果たしているものが、とても生きているように見えるときってないですか? パッサパサのチャーハンの上だろうがなんだろうが、まるで泳ぐように隙間をかいくぐって拾い上げて、役目をはたしているって良いなあと思います。 多分スプーンに目がいったのはそういうところですが、チャーハンは私も大好きなので、次はチャーハンにも目を向けていきたいです。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1