鳶に油揚 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは、祖父母の目の前で、伝記を破り捨てることにした。

r

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

鳶に油揚    

開いた口が塞がらない 鳶に油揚さらわれて いちまい足りない よつやかいだん 裏のめしやは まぼろしの あけない ころな お冠 ワ ‪とか ‪絆とか‬ ‪おひとり‬ ‪サマーには‬ ‪ディスタンス‬ ‪はるかな距離感 ‪初夏告げるあまい ‪マンゴーなパルフェ ‪ソーシャルに頬ばれる ‪場所をもとめていた アーユースピーク イングリシュ? パーラーなら 休業中です また来て いつか 春の 宵 には お花見 おさけも 飲みたいね また来て来年 きみにあいたい 桜の森の満開の下 綺麗だねとか当然に 笑って言って口開けて

scroll


作成日時 2020-06-09
コメント日時 2020-06-24

鳶に油揚 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1338.9
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 33
#現代詩 #動画 #ビーレビ杯不参加 #縦書き
項目全期間(2020/10/31現在)投稿後10日間
叙情性43
前衛性21
可読性32
エンタメ64
技巧63
音韻65
構成64
総合ポイント3322
 平均値  中央値 
叙情性1.31
前衛性0.71
可読性11
 エンタメ22
技巧22
音韻21
構成22
総合1111
閲覧指数:1338.9
2020/10/31 01時23分27秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

鳶に油揚 コメントセクション

コメント数(13)
こうだたけみ
作品へ
(2020-06-09)

即興ゴルコンダ(仮)2020.5.16投稿 お題「鳶に油揚」は私が出しました。ことわざ「鳶に油揚をさらわれる」より。 〈鳶に油揚さらわれて〉に“皿割れて”を見つけたので、いちまい足りないうらめしや〜の四谷怪談から“階段”状に行を整えてゆくとあら不思議。ひっくり返すと王冠(コロナウイルスのコロナはラテン語で王冠の意)! 【遅ればせご挨拶】 この度、僭越ながらB-REVIEW6月の選考委員を務めることになりました。こうだたけみって誰だよ?という方々へ自己紹介代わりにこちらの詩を。ご覧の通り、言葉遊びや視覚効果を好んで用いる人間です。こうだの個人賞狙いならどんな詩を投稿するとよいかおわかりですね? ※冗談です 他の選考委員はきちんとした方ばかり(ここ大事!)ですが、いろんな人がいたほうが選考が盛り上がりますよという運営さんのご厚意に甘えて、一匹批評もろくにできないおかしなやつが紛れ込んでいますというご報告でした。 感染症も収まらないし天気もぐずついたり暑かったりゆううつなことの多い毎日ですが、詩を書いて読んでコメントもして、一緒に発散しましょう。できればたのしく! ちなみに、すでに二作品投稿している方も二十作品にコメントをつけると三作品目が投稿できるらしいです。なぜかガイドラインには書いてないみたいだけど?? どうぞよろしくお願いします! 追伸 こうだは朗読するのが好きなので、個人賞に選んだ作品を朗読したいと言い出す恐れがあります。※事前に許可を取って、たぶん音声だけをSoundCloudへ上げます 自作を誰かに朗読してもらいたいと思っている方も投稿してみるとよいかも、です。いろんなタイプの作品が読めるといいなと思っております。

0
武田地球
作品へ
(2020-06-10)

作品拝見しました。 あそび心たくさんの気持ちよい作品ですね。というと簡単ですが、 何と言うか、このあそび力は天賦の才、類を見ないものと思います。 すばらしいというより天晴れといいたくなりました。 挨拶も拝読しました。 こうださん賞いいですね! 選考委員さんのカラーがでるのは、このサイトのとてもよいところですね。どんな作品が選ばれるか、それからその後も、楽しみが増えました。わたしも詩が書けましたら、ぜひぜひ投稿したいです。

1
こうだたけみ
武田地球さんへ
(2020-06-10)

武田地球さんへ 拙作をご覧くださりありがとうございます。 そのうえ! 私の一人お祭り騒ぎをおもしろがっていただけてうれしいです! やったー! 選考委員のお誘いをいただいた時、私は批評なんてとてもできないからお断りしようと思ったのです。そしたら対応してくださった帆場さんが「寧ろ色々なタイプの方に選考に入っていただく方がいい結果を招くと感じています」と言ってくださって。じゃあ私には何ができるかなと考えた時に、これは“お祭りわっしょい”だろうと。笑 そんなわけで、6月はビーレビ盛り上げ隊の下っ端としてがんばります。 地球さんも、一緒にあそんでいただけるとうれしいです! よろしくお願いします。

0
多宇加世
作品へ
(2020-06-11)

アニメと朗読のトーンが詩と合っていて、いいなと思いました。 面白かったです。 連想が楽しいですね。ありがとうございます。

1
こうだたけみ
多宇加世さんへ
(2020-06-11)

多宇加世さんへ こちらへもコメントくださりありがとうございます。なんだか無理矢理書かせたみたいで申し訳ないです。 詩として文字に起こしただけでは伝わりきらないものをどうやったら伝えられるかなと考えて、なぜか今はアニメーション作りに躍起になっております。トーンが揃っている感じがするのは全部一人で作っているからかもしれません。それはある意味では平面的です。 私の密かな野望は、いろんな方を巻き込んで作品作りをすることだったりします(初めてはっきり言ってしまった)。私一人で考えたおもしろいことというのは、これまで見たり聞いたりしたものの切り貼りでしかないし、私が知らないだけでどこかで誰かが先に作っているかもしれないし、けっして0から1を生み出しているわけではない。本当は、たいしたことないと心のどこかで思っているので。 物事は、いろんな要素が組み合わさったときに立体的になり、おもしろくなると思うのです。というよりも、組み合わさることで変化したその瞬間が、おもしろいのです。

0
湯煙
作品へ
(2020-06-15)

コロナは王冠の意味でしたか。初めて知りました。へぇ〜…なるほどと。私はまたてっきり詩や詩的直感かなにかの喩えとの関係性からかとも思いましたが。テキストが逆さの王冠の形になっているのはそうした理由なんですね。 まさに鳶に油揚げとなりましたが。それでもうらめしやの春からマンゴーなソーシャサマー、また桜の森へ想いをこめてという。初めと終わりとが塞がれた口から挨拶を交わしあう口へ変化するのもよく考えられているなあと思います。

1
湯煙
作品へ
(2020-06-15)

正しくは、ソーシャルサマー でしたね。 脱字がありました。失礼しました。

0
こうだたけみ
湯煙さんへ
(2020-06-15)

湯煙さんへ コメントありがとうございます。 > 私はまたてっきり詩や詩的直感かなにかの喩えとの関係性からかとも思いましたが。 そういう発想はまったくなかったので、王冠ってそんな捉え方もあるのか!と驚きつつもよろこんでおります。 詩的直感ということは、もしかしたら湯煙さんは詩が降ってくるタイプの詩人さんなのでしょうか。私は降ってくるのを待っていたら待ったまま10年も無駄にしてしまった凡人なので、この頃は自ら迎えに行くつもりで書いています。 早くコロナ渦が収まるといいですね。私はマスクせずに劇場で大笑いがしたいです。それには元気に今を乗り越えなければ! 湯煙さんもどうぞご自愛ください。

1
こうだたけみ
湯煙さんへ
(2020-06-15)

あ、私も誤字を。コロナ禍です。

2
楽子
楽子
作品へ
(2020-06-20)

これすごいですね! まず一番最初に言い、と思ったのは、 >開いた口が塞がらない >鳶に油揚さらわれて からどんどん文字数が少なくなっていくのが、本当に目線をあげていく感覚があって、 鳶に油揚げをさらわれた気持ちになったことですね。 それから朗読としてもとても楽しかったです。 最初に文字だけ読んだときはさっと過ぎてしまった「ワ・とか絆とか・おひとり・サマーには」この辺りは動画を拝見してぎくりとしました。 こちらのコメントを見るまではコロナ=王冠には気づかなかったんですが、気づいてしまうと色々と面白くて味わい深い詩でした。

0
AB
作品へ
(2020-06-21)

朗読にアニメーションはこういう使い方があったな、と再認識です。 おもしろかったです。 よつやかいだん は音声なしだと、とか 冠 から ワ は動画でなきゃ、とか 当たり前のことかもしれませんが、少しうなってしまいます。

0
こうだたけみ
楽子さんへ
(2020-06-24)

楽子さんへ コメントありがとうございます。たのしんでいただけたようでうれしいです。 私は一つの言葉にいくつも意味を持たせることが好きです。いつか、正反対の二つの意味で読める詩が書けたらいいなと思っています。上から読む時と下から読む時で意味が変わる文章は読んだことがあるけれど、私ならどういう仕掛けを作れるかしら。 私の思う“たのしい”は頭の中にあるだけでは誰にも伝わらないので、どうしたら可視化できるかなと試行錯誤中です。そんな試行錯誤にお付き合いいただきありがとうございます。

0
こうだたけみ
ABさんへ
(2020-06-24)

ABさんへ コメントありがとうございます。少しうなっていただけましたか! うれしいです。 「よつやかいだん」も「ワ」もテキストだけでは伝わりづらいだろうなと思っていたので、無事に伝わったようでホッとしました。 「鳶に油揚」は、選考委員になるにあたってのご挨拶として作業期間五日程度の突貫で作りました。説明的なものって作りやすいんだな〜と思いました。笑

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 4