哀歌 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


哀歌    

もしおれが猫であったなら 毒餌で友たちを惨殺した 爺いの両の眼《まなこ》を 友たちに捧げよう 町内の猫たちを糾合し 虎の類縁たる我らの血を滾らせ ペットショップを襲い 糧食を補給して犬たちと会見し 奴らの狼の血を思い出させて 虎狼の連隊で月に吠えるのだ 保健所に囚われたあらゆる同志を救い あの仇敵たる齧歯類たちとも同盟を 組むだろう そして 牛よ、豚よ、鳥よ 人類の糧とされてきた おまえたちにこそ復讐の神は 微笑むだろう 虐げられてきた怨念の血の流れで 染め上げた御旗が世界のあらゆる場所で ひるがえり、狼煙があがり 人は眠れぬ夜を過ごすだろう もしおれが猫であったならば もしおれが人でなかったなら 何かが違っていただろうか

スクロール


作成日時 2020-03-23
コメント日時 2020-03-26
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

哀歌 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 656.8
お気に入り数: 2
ポイント数 : 2
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/04/02現在)
叙情性1
前衛性0
可読性0
エンタメ1
技巧0
音韻0
構成0
総合ポイント2
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性00
 エンタメ11
技巧00
音韻00
構成00
総合22
閲覧指数:656.8
2020/04/02 14時50分19秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

哀歌 コメントセクション


コメント数(6)
羽田恭 (2020-03-24):作品へのコメント

近々牧場を辞める、牧場従業員です。 明日、職場の牛が肉として出荷されます。 乳牛なのですが、乳量が減ってきて、乳質も悪いので。 あの牛たちは復讐の神に、世話をしてきた自分へ糾弾するのを願うのでしょうか。 それと思い起こすのは今週号の少年ジャンプの「約束のネバーランド」という漫画。 この漫画には主人公たちと敵対する、人を食べなければならない存在とそれに協力する人間が出てくるのですが。 主人公が出したのは、協調でした。 誰もが最善を求めた結果でしかない、と言って。 >もしおれが猫であったならば >もしおれが人でなかったなら > >何かが違っていただろうか 皇帝マルクスは「全てが切れ目なく繋がっている」といい、華厳経は全てが密接に絡み合っていると説いた。 何かは違っていたでしょう。 でもどこかは同じなはず。 人も猫も、どこか少しでも理解したいところです。

0
藤 一紀 (2020-03-24):作品へのコメント

単に虐げられる生き物の側に立って、虐げる側である人間を糾弾する(そこに描かれたエネルギーは凄まじい!)というのでなく、「おれ」もまたその人間のひとりであるという自己批判と、そのようにしなければ生きられない哀しみがしっかり描かれている点がエレジーになっていてよいと感じます。

0
筆者 (2020-03-24):羽田恭さんへの返信

私もそう思います。というかそう願いたいですね。短期間とはいえ牧場で、私は牛でなく馬でしたが、働いたものとしては。復讐でなく協調をと。 ただ一方で種としての人の傲慢さや個人の陰惨な所業を目にしたとき、月並みですがこのような思いを抱くことがあります。恨まれていないと言いきれないのが人ですね。 まぁ、なんか青臭い作品を半端に書いてしまいました。いつ書いたか思い出せないですが。ふとみつけて、なんとなく投稿してしまいました。たしかその日付けの日に好きだった競走馬が足をやって死んだのだったかな。コメントありがとうございました。

0
筆者 (2020-03-25):藤 一紀さんへの返信

たしか小松左京の短編に猫を飼うのが違法な社会というのがありまして、隠れて猫を飼う夫婦が出てくるのですが猫の首が玄関に置かれたりと密告社会になってるんですね。そのストーリーとは直接関係はないんですが、虐げられる猫を殉教者のように身を投げだして助けようとする飼い主みたいには自分は猫好きといいつつなれないだろう、という気持ちがあったりします。そんな屈折した心境からまろび出た詩なのかもしれません。

0
afterglow (2020-03-26):作品へのコメント

読み終わって頭の中に浮かんできたのは馬場のぼるの絵本「11ぴきのねこ」の、とらねこたいしょうの姿でした。 ご存知の方も多いと思いますが、彼はとてもリーダーシップのある猫です。 >もしおれが猫であったなら とある通り、本作の主人公は人間なのですが、虐待される猫たちや他の生き物たちのさまざまな悲しみや怒りを力強く代弁している姿が彼に重なって見えたのです。 > 人は眠れぬ夜を過ごすだろう と「おれ」は考えますが、それこそ我々人間が普段目を逸らしてきた現実への哀歌なのだと思います。 示唆に富む良い作品をありがとうございました。

0
筆者 (2020-03-26):afterglowさんへの返信

11ぴきのねこ。私は絵本には縁遠い環境で育ったので存じ上げていないのですが、読んでみたくなりますね。示唆に富む、と書いて頂いたのが申し訳ないぐらいに激情のなか書き綴ったと記憶している作品なので、そのように感じられたとしたらそれはきっとあなたのなかに、そのような気持ちがあったのだと思います。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2