ビー玉の詩 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


ビー玉の詩    

死んだものは天国に行きます。 死んだときそのままの姿で。 たとえば、 首を落とされた魚は首を落とされたままに。 背骨の折れた犬は背骨の折れたままに。 それらは三日間かけて山を滑空して 空に出航します 透明な命の大行進を繰り返した彼ら そんな彼らが道中流した涙は、確実に雨となり 確実に、明日、 あなたの頬に降り注ぐでしょう 確実に。 キラキラと。 それらはきっと キラキラと。 キラキラと。 静かに。 静かに。 天から、数滴の、キラキラ。 さて、首の落とされた魚は泣くのでしょうか あるいは何もかもなくなったものは、泣けるのでしょうか キラキラと。 涙になりうるのでしょうか。 キラキラと。 あぁ、待って待って。そんな変な顔をなさらずに。 きっと彼らは泣けますから。 何もかもない瞳から、何もかもない涙を数滴 きっと、泣けますから。 私は思うのです。 恐らくそれらが凝り固まってできたものが、 ビー玉のあの、哀しげな味の由来だと。 この世で最も甘ったるい、あの味だと。 久々に思い出しました。ビー玉。飴玉のように舌先で転がしながら、青空を眺めていたものです。 やっぱり、美しいでしょう。ビー玉。 儚くて。物静かで。透き通っていて。 そして、美しいでしょう。死。 儚くて。物静かで。透き通っていて。 久々に、ひとつ舐めたいですね。ビー玉。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【以下余談につき、読まないで頂いて結構です。】 あなたの耳に、首のない魚が囁く ただね、あなたはもう大人になってしまった。 大人はビー玉を味わえません。 なぜなら、 死に混ざる人の死を知っているから。 あーあ。 死に混ざる、人による死を知っているから。 あーあ。 残念だ。 もう、舐められませんよね、ビー玉。 人がビー玉に混じると考えただけで、それはただの禍々しいなにかに見えるはずです。 あの透明な味は、血かなにか、この世で最も生臭い、生臭い、ベタ塗りになってしまいました。 首のない魚が天を仰ぐ 傲慢だもんなぁ、人間は。 いつも他の命の邪魔をして、 あまつさえ死にすら横入りするのです。 傲慢だなぁ。人間は。 祈れば救われると信じて、殺し合うのです。 首を落とされた魚ですら、知っているのです。 死後3日かけて山登りせにゃならんと。 そんなことも知らないふりしているから、人間の死って、汚いんだ。あーあ。 傲慢だなぁ、人間は。 それにあいつら、辛いことを 血の涙 とか喩えるんだよ。 あーあ


作成日時 2020-03-03
コメント日時 2020-03-28
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

ビー玉の詩 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 851.9
お気に入り数: 1
ポイント数 : 21
#現代詩
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性54
前衛性20
可読性32
エンタメ21
技巧22
音韻00
構成75
総合ポイント2114
 平均値  中央値 
叙情性1.71
前衛性0.70
可読性11
 エンタメ0.71
技巧0.70
音韻00
構成2.32
総合77
閲覧指数:851.9
2020/04/02 15時10分37秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

ビー玉の詩 コメントセクション


コメント数(9)
恒常的に眠い人 (2020-03-03):作品へのコメント

前半の句読点は意図的につけたりつけなかったりしたのですが、統一すべきでした。 読み苦しかったら申し訳ありません<(_ _)> 今後の活動に活かせますので、ご感想ご指摘、是非お願い致します<(_ _)>

0
墨野みどり墨野みどり(2020-03-03):

無性に泣きたくなりました。それ以外の言葉が見つからず、もっとましな感想が書けたらよかったのですが、そう思いつつもこの欄にお邪魔した次第です。ありがとうございました。

1
恒常的に眠い人 (2020-03-03):墨野みどりさんへの返信

感想ありがとうございます<(_ _)> こちらこそ、ご一読頂きありがとうございました!! 墨野さんの作品も先程読ませて頂きました!良い詩生活を!今後ともよろしくお願いします<(_ _)>

0
arielariel(2020-03-03):

詩自体と余談の部分がA面B面のように表裏になる構造、興味深いです。A面だけなら童話調で純粋なまま終われるのに、B面で一気に不気味で不吉な雰囲気に代わり、背筋が凍ります。そのB面こそ逃れられない、人間の大人になることを語っており、大人の汚れの痛烈な批判になっているのですね。「余談」され一見軽視されているように見えるところに真実の主張があるのが、大人への諦念を助長します。また、人間の死が汚れていることを「知らないふりをしている」、というか気がつかない人間があまりにも多いため、もはや欄外の話として「余談」になってしまっているのかとも思いました。構造で語る技術、素晴らしいですね!

抒情:1 前衛:0 可読:1 エンタメ:1 技巧:0 音韻:0 構成:3  
0
恒常的に眠い人 (2020-03-05):arielさんへの返信

感想ありがとうございます! 前半と後半に分けたのは、実は前半部分を書いている途中で後半部分の内容を思いついたという思考の流れをそのまま形にしており、それこそたまたま出来上がったものです! 好評がいただけて嬉しいです!これからもお互い良い詩生活が送れますよう!

0
みうら (2020-03-05):作品へのコメント

投稿作品を読んで、作者のことを念頭に置かずに読む側から発せられる一番辛辣なコメントは、「読まなければよかった」というものがありますが、私はこちらの作品を読んでそういう残念な気持ちになりました。冗長で、読んでも何も残らなかったです。何も残らなかったのですから、どこがどうだからという何も残らなかった理由は示せません。ただ、私も人間です。ここまでコメントを書いているうちに、一生懸命に頑張って書かれる作者の姿を想像してしまいました。社交辞令にきこえるかもしれませんが、次の作品も必ず読みたいと思います。またコメントしたいと思います。ほんとに読む側の勝手な気持ちで恐縮ですが、コメントもしなければよかったとは思わせないでください。次回の作品を楽しみにしていますので。ただ、私が鈍過ぎて読めない人間なだけかもしれませんし、好みが合わなかっただけのことかもしれませんが。このコメントで不快になられたら、謝ります。失礼しました。

0
恒常的に眠い人 (2020-03-05):みうらさんへの返信

感想ありがとうございます! 実は本作品、本作品と言いますか自分の書く作品は総じて、まさしくみうら様のおっしゃる通り冗長であるという点が最大の欠点です。 ・冗長である ・詩に客観性が無い(喩えば谷川俊太郎の詩のような、万人が納得するようなフレーズは一切生み出せない) この2点が特に目立つ自分の欠点だと自分自身で認識していますが、その片方を指摘してくださったみうら様の意見は全くもって正しく、かつ自分に喝を与えてくれるものです。 いやはや、どうしても伝えたくなってしまうんですよねぇ.......。 この気持ちをなんとか少しずつ削ぎ落として、洗練された作品を書いていきたいです! みうら様のように、お世辞抜きで正しく批評をくださる方の意見は非常にありがたいです! これからも精進して参りますので、是非ともよろしくお願いします<(_ _)>

0
ふじりゅう (2020-03-26):作品へのコメント

面白く拝読しました。 ビー玉を抽象的な概念とし、舐めることのできた当時、舐めることのできなくなった大人のあなた、の対比が巧妙であり、筆者の自由な表現を思わせます。 冒頭の「死んだ魚」の描写、そこから続く「キラキラ」という、出てくる場面と言葉がおおよそ合致しないであろう組み合わせが、独特の空気を生み出しています。 本作は、死の悲しみ、苦しみ、そういったベクトルの作品ではなく、死を思うこと、死を感じることが「できるか」「できないか」を俯瞰的に表現されたと思え、私も感じ入るものがありました。 「余談」これこそが作品の肝だと思え、前半部との対比が面白いです。あえて「余談」と書くことによって、語り手の言葉がここには宿っているのだと感じさせられ、それは前半があるからこそ生きています。 ひとつ考えたことは、余談は面白いものに仕上がっているのですが、直情的にすぎる部分、また直情的な描写(あーあ、など)を、読者へより強度をもって伝えきれていないように思いました。なぜかと考えたところ、あなたが「舐められなくなってしまった」変遷の描写が少なく見え、個人的には、あなたが変わってしまった、大人になってしまったことへの過程がよりほしかった、と考えました。

抒情:14% 前衛:29% 可読:14% エンタメ:14% 技巧:0% 音韻:0% 構成:29%  
0
stereotype2085 (2020-03-28):作品へのコメント

ちょっと中だるみがあるようにおもいましたが、序盤はとても良く、この作品を最後まで読ませるに充分だと思いました。死と死後の世界の酷薄さをライトにあっさり書いていて、んーむと唸るものがありました。ライトコメで失礼を。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1