干しイカを咥えた黒犬追いかけて裸足でかけてくびーれびさん - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

干しイカを咥えた黒犬追いかけて裸足でかけてくびーれびさん    

受雨告知 https://www.youtube.com/watch?v=7oTqxphu6Yc  初めから生まれる予定ではなかった雨が上がる。天気、と告げて雨音を遠くに置き忘れてきた。カレンダーを塗りつぶした日だけ駅の構内に雨が降る。傘という傘に名前をつける。あれは雲雀、あれは紫陽花、あれは洗濯機、あれは荒野、あれは船、あれは麻、あれはアメリカ、  ―生ききる、息を、切って、息切る、息を、生は一つの生存圏、または生存権つまり、域、ここからは私の域、私は息、を、上げる、またはあげる(与える)、息をした、舌の、下から這い出る私が、生きている、事を、挙げる、私を、息は行き、来して、私を遺棄する―  私が生まれない予定だったカレンダー。シータとパズーが結ばれずに死んでしまう未来だった、ナウシカがオームに食い殺されても笑顔だった物語、色は白だったものだ。手を洗う手が黄色かった。白くなっていく水の音が耳を赤くして、心臓を氷のように冷たくした日。台所に立つ足が私から離れて歩いて行ってしまった日。足音も連れ去って、影だけがくしゃくしゃになっていった日。透明な骨の小鳥、と最果系への絶望が水浸しになっても外に干せない日。いつか死んでいくものをこの体に宿すとき、いつか死んでいくこの体にいつか死んでいくものを宿すこと。雨が通り過ぎて、跡が残らない。 let it die https://youtu.be/_qNS27WQAew そうだ、死ぬには良い日だ キャッチコピーも氾濫して良い加減美しいだろ 僕は僕の勃起を確かめる 悲しい程に張り詰めて涙を流す僕の亀頭(or 祈祷?) 遺棄された僕がいつでも雨曝しだから 僕は麻の花に恋をする きっと僕じゃ無い感情 生息域を越えて息をする それ を 殺さないでよ 密かな祈祷 生息域を越えて飛んで来た鳥は帰れなければ死んじゃうのかな それってなんだか 越えたロマンチック 死はロマンチックだよ 誰も知らない 言葉を囁かれなければ 誰も遺棄された僕に 息された僕に 気づけないから 死のあまりにも途方の無い甘さに 誰も気づけないから 僕は囁き続けるんだ 星に向かってさ 蚯蚓に向かってさ 死ぬには良い日だ 雨と透明になりかけた君が刻んだ 僕の今日をまた殺して 僕の嘘をまだ殺して 足りない 足りない 足りないよ でも 忘れ無いよ きっと / 冷蔵庫に花を仕舞う 悲しい位に熱い 僕の勃起? あげる slowfrog,snowfrog https://www.youtube.com/watch?v=xosRbOcMzB0  一連目から慌ただしくわけなくも死んでいくものたちへ、二連目で、雨のように詩を降らす、三連目で賢治の首を絞める、その手が、雪だ。妹が死んだ日に坑道に入る。snow,slow,frog、と拾った石に名付ける。鉱脈が涙のように続いて、熱が引かなかった。喉が渇きで赤く腫れて、外は雪だ。ゆっくり、と今人が死んでいく。共有されなかった肺と息。内臓のように暗い坑道。魂だけが今明るい。心と鉱石。冷たい心には冷たい体が必要だ。深く雪が降る日に生まれて浅く息をする人。朝、生きることをひっくり返して。死んでいくことに、遅れていく、遅く、息をして。  てにとられるべきあまたのあましずくのみなみなところされていくそらやふゆとまたあふれでるかずかずのせんそうとふところのみまいにせきこむしずしずと。 flag https://youtu.be/5DUCKGyojpE 想い瞼をあげて すろうなメロディを口図さむ 目の中 火飼っていた 貴方の小骨 私は野み込む の 何処まで遊ぼっか? 掌ひらひら メロディの中に潜むその魔法を切り刻む 畜生 だよ と 笑う 血が 地が はだか 浴びる アップデート 改竄された記憶の中で 貴方が笑うから 貴方がなくから 息 少し熱い 血と地を越えて その溢れる場所で 石ころをひろう 幼い 老いた 君の掌で反転する 空 へ ゆっくり握りしめる 君の掌で まだ少し 熱い いつか見た残響と魔法 光る よに この頬を 勁く打つ あましずく 重い瞼をあげて si https://www.youtube.com/watch?v=uS-bu_2xd7M コカ・コーラカタツムリ ユリシーズとパン、 Aura、それは、新しい ポテトチップスの名前、 ポの発音から夏がおびただしく こぼれて、ケニア、 ケとニアの、はかない、 恋物語から引用された、 数多の蚊、と蚊、 サタン、ではなく、サ、タン、 と呼ぶは、ナタン(Натан Миронович Мильштейн)、の、 ため、この浴室、 ハイウェイと原子力光線、 あいつらとあいつらと、 あいつらと、ウルトラと、 俺ら、の、競歩、 冬、妹、 そして、賢治、 フクシマ、と、 雨、の、ちぇるのぶいり、 また、洗濯、と、 口笛、ページをめくる、 指の、唾が、午後、 紅茶と、殺戮、 人の匂い、 アフリカの、香りがしない、 もう懐かしくなかった、 ファの発音は大嫌いだ、 日本語となじまない、 暗い、ファ、 ファシスト、 ファ、鳥の声と、 風の声、後、 「怪光線だね」 「詩人は皆出てる」 「あ、でも詩人は絶滅したんだよね」 「だから、詩人じゃない人の詩ばかりだね」 「ニセモノばかりだね」 「普通の日本語しか使えないみたい」 「だからニセモノなんだね」 「ダサいよね」 「ダサい奴は皆つまんないよね」 「特に、作文のやつ」 「そんなのは小学校で卒業しろっての」 「未だに宿題やってる」 「まだ夏休みが終わらないみたい」 雪と皮膚の境界に皮膚と雪の境界に、雪を通して皮膚を感じた私が、未だ降っている。降り積もっている間に、埋もれていくものが埋もれていくことで熱を持って、人の形が崩れていくのを雪を通して、また、私も崩れていきながら降り積もっていくのを、私が、雪が未だ降っている。私が雪だ、雪が私だ、と、崩れていく、 はい、詩を書く時間ですよ皆さん。あ、でも詩人は、 冷えるね、暖かな https://www.youtube.com/watch?v=Ht9vaZDS0u8 2つが絡まる 2人が滅びる unravel TK from 凛として時雨 夏の狂暴さに安堵して目が眩む 死の骨だけがいつも優しい かった 疑惑だらけの明日を越えて睨んで来るのは血塗れの陽 睨み返してから微笑んだげる ふぁっきゅー 目が眩んだロボットになって意思を隠して まだ 透かす 酷いや 欲に眩んだ肉の坩堝が甘やかに痛い時に息をまた隠す も、無理? 走って回る、息が切れて 優しい嘘を思い出して ∞ 輝か無いように沈めた呼吸の中で また まだ 眩しい を 塗して 死を置き去りにして笑う 動きを止めない無数の手 いつも傍に居るノイズの手を取る rhythm 光る 鏡の中で君が笑う いつも傍に居る 痛いのか悲しいのかなんてもういつも判ら無いけど 救難する君の手を掴む 言葉の海の中で ねぇ、 僕/私に 僕/私が 生える 羽根みたい 今日は冷えるね、暖かい


作成日時 2020-02-27
コメント日時 2020-03-06

干しイカを咥えた黒犬追いかけて裸足でかけてくびーれびさん ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 15
P V 数 : 1769.8
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 61
#現代詩
項目全期間(2021/05/07現在)投稿後10日間
叙情性99
前衛性1212
可読性77
エンタメ66
技巧1212
音韻88
構成77
総合ポイント6161
 平均値  中央値 
叙情性2.31.5
前衛性32.5
可読性1.81
 エンタメ1.51.5
技巧32.5
音韻21.5
構成1.82
総合15.313
閲覧指数:1769.8
2021/05/07 01時02分20秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

干しイカを咥えた黒犬追いかけて裸足でかけてくびーれびさん コメントセクション

コメント数(15)
石村利勝
作品へ
(2020-02-27)

これは書ける人はこれくらい奔放に好き勝手に思い付きで書いているように見えてもちゃんと書けていて詩になるということのサンプルみたいな作品であって形や選語の自由さだけ真似して芸術とか所謂前衛のように見せかけることはできても書けるか書けないかは誤魔化しが利かないのでそこで詩とそうでないものが明確に分れる。詩を読んでいて言葉に精神が運ばれていく快さが詩である以上この作品にも当然ありそれは個々の詩句が指し示す対象なりイメージなりが美しいか快いかということとは何の関係もなくて詩は汚物を主題にしたとしてもそれが詩であれば言葉が人間の精神を快く運動させ続けて止まるところを知らないということを教えてくれる。(以上文体はパロディーですが感想そのものは書いている通りです。)

0
トビラ
作品へ
(2020-02-27)

雪は暖かい。触れると冷たいんですけど。雪景色は暖かい。 それと、寒ければ寒いほど、体は熱い。 貼ってあったなかでは、一曲目が好きですね。

0
白犬
石村利勝さんへ
(2020-02-28)

囁きに似た言葉が翻訳されて久しいのはまだ私達が若いからで、私達は精神をGeistに置き換えた時代から影を伸ばしている。詩を語り始めるとすぐに、嘘みたいになるのは、そこには感傷と憧憬しかないからで、失われて久しいものはあまりにも近くて遠いからこそ、詩を語らない事で、今を翻訳するー翻訳された今を誤読する時間が私達が生きている時間かもしれない。長く、余りにも長く人でいることから上がる、事を諦めない事が、事を、遊ぶ。文体が全てだ。技巧を信じる人、文体を練り上げる人に、自由は降りてくる。

0
白犬
白犬さんへ
(2020-02-28)

↑は石村さんへです。

0
白犬
トビラさんへ
(2020-02-28)

冬が好きです、冷たさが好きです、そこで感じられる暖かさはどうしようもなく嬉しいです。雪景色は眩しいですよね。こめんとをいただき、雪に纏わる子供の頃の記憶を色々と思い出しました。1曲目、良いですよね。他の曲も良い曲ばかりだと思って居るので、良かったらゆっくり楽しんでください。

0
白犬
白犬さんへ
(2020-02-28)

あれ、巧くいかない。。。すみません。↑はトビラさんへ。

0
夜野 群青
作品へ
(2020-02-28)

とても好きです。でも難解です。 わからないから何度も何度も読んでわかったことは、理解する詩ではなく感覚に訴えてくる詩だな、ということです。 言葉の羅列がイメージの洪水を運んでくる、ある意味、暴力性と言ってもいいような。 頭の中、ぐるぐるした。 途中挿入されているリンク先の音楽も聴きましたが、音楽と音楽に関する部分は果たしてこの詩に必要なのか、私には疑問です。 (リンク先のYouTubeの音楽でないアーティストの歌のタイトルが詩中に書かれているのも違和感がありました……読み解けなかっただけかもしれませんが) タイトルもそうですが、全体に漂う、読み手に対しての挑戦的な空気が含まれている気がします。 どこか嘲笑的にも感じてしまう。 「詩とは◯◯であるべき」がこの詩の良さでもあり、排他的に感じてしまう要因なのかなとも思いました。 衝撃的な詩に出会うといつもはリアクション出来なくなるのですが、わからないからわかりたくて、必死にコメントしました。もし全くの見当違いな意見でしたら、ごめんなさい。

0
エイクピア
作品へ
(2020-02-29)

表層を滑って行くような、雪のイメージが鮮烈で、死ぬにはよい日だとか、宮沢賢治、宮崎アニメのイメージが解体ではなくて組み替えていくような疾走感。当て字にもセンスが光っていると思いました。

0
エイクピア
作品へ
(2020-02-29)

表層を滑って行くような、雪のイメージが鮮烈で、死ぬにはよい日だとか、宮沢賢治、宮崎アニメのイメージが解体ではなくて組み替えていくような疾走感。当て字にもセンスが光っていると思いました。

抒情:0% 前衛:0% 可読:0% エンタメ:0% 技巧:0% 音韻:0% 構成:0%  
0
なゆた創a.k.a.NORANEKO
作品へ
(2020-03-01)

色々言いたいことはあるうえ、精読してレビューしたいのですが時間がないので感想だけ言えば、悔しいなー、やられたなー、というのが一番大きいです。とてもいい意味で。こんな気分にさせられる詩は久しぶりでした。悔しい。

0
白犬
夜野 群青さんへ
(2020-03-01)

まず、これは、合作の作品となっています。2番目、4番目、6番目の文章を私が、1番目、3番目、5番目の文章をもう1人の方が書いています。それも、難解というか、混乱させてしまった原因かと。音楽に関しても、元々は、お互いが詩のいめーじを伝えあうために送りあったものです。違和感があったなら残念ですが、良い曲ばかりなので、楽しんでいただけたら嬉しいです。6番目の中で、歌詞が引用されていて、しかしいめーじそんぐは別の曲になってるのは違和感がある、とのこと。私としては、浮かんだままに、で抵抗無かったのですが、確かに、変かもしれないですね。。。統一感が無くなるというか。びれびゅは修正は出来ませんが、どうすれば良かったか、少し考えてみます。 好きと言っていただけて、とても嬉しいです。ありがとうございます。理解する詩では無く感覚に訴える詩。。。そうした捉え方でも間違っては無いし、楽しんで貰えたら。しかし、感覚に訴えるいめーじにも、出所があります。それは何故か、どうしてこのようないめーじが描かれるのか、まで、考えて読むと、詩をより楽しめ、理解が深まるかもしれません。それはこの詩に限らず。でも、いめーじ寄りの詩であるのも確かなので、まずはそのいめーじを面白がって貰えたらそれだけでも嬉しいです。 詩を決めつけている、排他的になっている、というお言葉には、ううむ、、、と考えてしまいました。作者両人共、自由をなにより望んでいる書き手だと思ってます。しかし、書いている内に囚われてしまうのでしょうか。ある意味で書くことと自由であることに矛盾がある気がして、考えさせられます。しかし、自由であれたら、と願ってます。詩を書く上で、考えて行きたいです。示唆になるお言葉を、ありがとうございました。 真剣に読んでくださったようで、嬉しかったです。是非、読み込んで貰い、夜野さんの詩の糧の1つとなるならば、とても幸いです。

0
白犬
白犬さんへ
(2020-03-01)

↑夜野 群青さんへ。

0
ふじりゅう
作品へ
(2020-03-01)

お世話になっております、運営の藤井です。 筆者非表示で返信先が上手く表示されない不具合が発生しているようです、早急に調整します。 ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございません。

0
白犬
エイクピアさんへ
(2020-03-06)

遅くなってしまい、匿名期間では無くなってしまいましたが。。。お返事をば。 雪のような静謐な詩を、1度は書いてみたいですね。私の詩はまだまだ汚さや煩さがある気がして、しかしそれも自分自身だと思うと、ちゃんと料理して大切にいただきたくもあります。でも、やはり、雪の冷たさや白さの持つ清冽さは抗いがたいです。いつかは。。。いめーじを解体では無く、組み換える、面白いですね。がらくたの山の中から自分にだけ光って見える言葉を拾い上げ、息吹を吹き込み、新しい世界を作り上げる。そんな詩作をいつかしたいです。当て字、楽しんで貰えたようで良かった!最初だけですが、全編当て字の詩なんかも面白いかも、と思ったり。

0
白犬
なゆた創a.k.a.NORANEKOさんへ
(2020-03-06)

悔しいなーと思っていただけたらなにより、とてもありがたい褒め言葉?です。私も、良いなと思う詩を読むと、悔しい!やられた!自分ももっと良い詩が書きたい!みたいな気持ちになります。それに、やはり何処かで、人に刺激を与える詩を書きたいと思って居ます。だから、何かしらなゆたさんの心にあたっく出来る詩を書けていたのなら、とても幸いです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1