作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ

シーラカンスの詩   

作成日時 2019-12-03
コメント日時 2019-12-03

寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです 孤独を恨むのは、存在に対する冒涜です 彼を見なさい 原生の、彼を。 孤独を恨むのは、存在に対する冒涜です 寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです 孤独を恨むのは、存在に対する冒涜です 寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです 孤独を恨むのは、存在に対する冒涜です 寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです 彼を見習いなさい 原生の、彼を。 原生の彼を、見習いなさい。 彼を。 原生の。彼を。 彼を。 見習いなさい。 彼を。 彼。 。 。 。 。 。 。 泡 。 。 。 。 。 私には 彼の、目を細めている姿こそ 悲しさの権化であるとしか、思えないのです 何億年と変わらないのは 昔の恋が忘れられないからでしょう 何億年と潜っているのは 本当は沈みたいのでしょう ……この海の底に、 一人寂しく あぁ、 合掌。 泡 。 。 。 。 。 。


項目全期間(2019/12/12現在)
叙情性3
前衛性0
可読性4
エンタメ0
技巧0
音韻0
構成0
総合ポイント7
 平均値  中央値 
叙情性1.51.5
前衛性00
可読性22
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合3.53.5
閲覧指数:396.0
2019/12/12 08時48分29秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。



コメント数(6)
/舜舜/舜舜 (2019-12-03):

>孤独を恨むのは、存在に対する冒涜です >寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです 寒さは寂しいよ。それを知らない奴が安全地帯から物言ってるように見えるんだけど。この詩の中でどこの誰がシーラカンス見習えって言ってんの?シーラカンス見習ってるやつは、そもそも詩なんて書かねえから。な。

コーノ@基本的に眠い人 (2019-12-03):

/瞬瞬様 コメントありがとうございます。 >寒さは寂しいよ。それを知らない奴が安全地帯から物言ってるように聞こえるんだけど こちらのコメント、至極真っ当でございます。というかこの作品の本質を、ズバリ捉えています。 シーラカンスの詩を書き始めたとき、最初の数行 >寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです >孤独を恨むのは、存在に対する冒涜です >彼を見習いなさい。原生の彼を。 の部分について、メガネをかけたスパルタの両親金持ちボンボンオバサンに言われているようなビジョンが浮かんでいました。 というのも私個人的にも、こんな主張、筋が通っていないと思うのです。 寒さを寂しさに置き換えるな、という命令は、ある意味詩人や小説家に対する冒涜です。比喩を使うなと言う訳ですから。 比喩使わなきゃ詩の書ける幅がぐっと狭まるだろ阿呆!と思います。 もしそのルールを守るとすれば、できる作品はある意味写実的で、どこまでも事実を述べる新聞記事のようなものだと思います。 これはすなわち文字の原生です。あるがまま書くだけ。特殊な技法などいらない。 生まれたままを見習いなさい。と、メガネボンボンオバサンは指示してくるのです。 それに対して、命令を受ける私は特段反論もせず、シーラカンスを見つめます。 原生であること、形の変わらないこと、それに憧れ、目指しなさいと言われていますが、彼は一体全体、寂しそうなのです。 シーラカンスが群れでいる所を見たことがありません。どんな映像だって寂しそうに1匹海底にいます。 原生であるとか、飾っていないとか、そんなことより先に、寂しい一人ぽっちの魚、という事実だけが浮き彫りになります。 それをもってして、命令されている誰かは、彼は寂しそうだなぁ。と思って詩が完結します。 ここにおいて、/瞬瞬様のご指摘なさる通り、このメガネボンボンオバサンの命令を守った人間など、きっと詩を書かないのです。 /瞬瞬様は素晴らしいご推眼の持ち主であると、素直に感じました。 他のサイトではこうも本質的な感想は書かれません。 私自身、すこぶる感動しており、かつ今後の詩生活のやる気もぐんぐん増してきています。 重ね重ね、コメントありがとうございました<(_ _)>

帆場 蔵人 (2019-12-03):

寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです、からの断言のオンパレード。なんやねん?と思いつつも読み進めてしまう。これだけ断言したからには逆になんや、あるんやなかろうかと読み進めてしまう。 そして泡 、のくだりから深海に導かれシーラカンスの何億年の孤独を思うとき、前半のしょうもない断言の言葉は泡とはじけて消えていく。ただ在る、偶然に意味もなくそれでも在る。だけれどそこに意味を見出しながら寒さを寂しく思い、またある時は寂しさ、とは平穏であると思い生きている。構成の妙かあると感じました。

/舜舜/舜舜 (2019-12-03):

アハン。こっ恥ずかしいわ。作者のコーノ様には、ほんま申し訳ない。まさか作品途中で腹を立ててコメントをしましたわ。さらには最後まで飛ばし読みしたあげく、作者の野郎め、どういった心境で、シーラカンスに無駄クラムボン吐かせてんだ、ぐらいに思ひ。ねえ。あらまあ。 俺みたいな馬鹿のために丁寧親切に説明まで。うわ〜ん ほんと、いつでも 人殴る時は、目を見てからにしないと、いけないね。違う、殴る前に自分の目がかっ開いてるか確かめないと、だね。 こちらこそありがとう。 今月のコーノ様の2作目、3作目も楽しみにしてもいいですかね。。

コーノ@基本的に眠い人 (2019-12-03):

/瞬瞬様 いやいやいや!全く構いません!むしろこの詩は詩人にとっては怒るものなのです!私も書いている途中でなんだかムカつきました!というか返信下さりありがとうございます!恐縮です! これからもぜひこのサイトを通じて繋がっていきたいです。よろしくお願いします!

コーノ@基本的に眠い人 (2019-12-03):

帆場様 コメントありがとうございます! お名前は、ほば?と読んで差し支えないでしょうか? 構成の妙なんてお言葉、お恥ずかしい……! なんだかもう照れくさくて、うなじがくすぐったくなってきました。 これからも楽しんで書いていきたいと思います。よろしくお願いします<(_ _)>

ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら
投稿作品数: 1