シーラカンスの詩 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

シーラカンスの詩    

寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです 孤独を恨むのは、存在に対する冒涜です 彼を見なさい 原生の、彼を。 孤独を恨むのは、存在に対する冒涜です 寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです 孤独を恨むのは、存在に対する冒涜です 寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです 孤独を恨むのは、存在に対する冒涜です 寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです 彼を見習いなさい 原生の、彼を。 原生の彼を、見習いなさい。 彼を。 原生の。彼を。 彼を。 見習いなさい。 彼を。 彼。 。 。 。 。 。 。 泡 。 。 。 。 。 私には 彼の、目を細めている姿こそ 悲しさの権化であるとしか、思えないのです 何億年と変わらないのは 昔の恋が忘れられないからでしょう 何億年と潜っているのは 本当は沈みたいのでしょう ……この海の底に、 一人寂しく あぁ、 合掌。 泡 。 。 。 。 。 。


作成日時 2019-12-03
コメント日時 2020-01-07

シーラカンスの詩 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 899.6
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 7
#テキスト
項目全期間(2020/11/25現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性00
可読性44
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント77
 平均値  中央値 
叙情性1.51.5
前衛性00
可読性22
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合3.53.5
閲覧指数:899.6
2020/11/25 05時57分16秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

シーラカンスの詩 コメントセクション

コメント数(10)
/舜舜
/舜舜
(2019-12-03)

>孤独を恨むのは、存在に対する冒涜です >寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです 寒さは寂しいよ。それを知らない奴が安全地帯から物言ってるように見えるんだけど。この詩の中でどこの誰がシーラカンス見習えって言ってんの?シーラカンス見習ってるやつは、そもそも詩なんて書かねえから。な。

0
name
(2019-12-03)

/瞬瞬様 コメントありがとうございます。 >寒さは寂しいよ。それを知らない奴が安全地帯から物言ってるように聞こえるんだけど こちらのコメント、至極真っ当でございます。というかこの作品の本質を、ズバリ捉えています。 シーラカンスの詩を書き始めたとき、最初の数行 >寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです >孤独を恨むのは、存在に対する冒涜です >彼を見習いなさい。原生の彼を。 の部分について、メガネをかけたスパルタの両親金持ちボンボンオバサンに言われているようなビジョンが浮かんでいました。 というのも私個人的にも、こんな主張、筋が通っていないと思うのです。 寒さを寂しさに置き換えるな、という命令は、ある意味詩人や小説家に対する冒涜です。比喩を使うなと言う訳ですから。 比喩使わなきゃ詩の書ける幅がぐっと狭まるだろ阿呆!と思います。 もしそのルールを守るとすれば、できる作品はある意味写実的で、どこまでも事実を述べる新聞記事のようなものだと思います。 これはすなわち文字の原生です。あるがまま書くだけ。特殊な技法などいらない。 生まれたままを見習いなさい。と、メガネボンボンオバサンは指示してくるのです。 それに対して、命令を受ける私は特段反論もせず、シーラカンスを見つめます。 原生であること、形の変わらないこと、それに憧れ、目指しなさいと言われていますが、彼は一体全体、寂しそうなのです。 シーラカンスが群れでいる所を見たことがありません。どんな映像だって寂しそうに1匹海底にいます。 原生であるとか、飾っていないとか、そんなことより先に、寂しい一人ぽっちの魚、という事実だけが浮き彫りになります。 それをもってして、命令されている誰かは、彼は寂しそうだなぁ。と思って詩が完結します。 ここにおいて、/瞬瞬様のご指摘なさる通り、このメガネボンボンオバサンの命令を守った人間など、きっと詩を書かないのです。 /瞬瞬様は素晴らしいご推眼の持ち主であると、素直に感じました。 他のサイトではこうも本質的な感想は書かれません。 私自身、すこぶる感動しており、かつ今後の詩生活のやる気もぐんぐん増してきています。 重ね重ね、コメントありがとうございました<(_ _)>

0
帆場 蔵人@⚰
(2019-12-03)

寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです、からの断言のオンパレード。なんやねん?と思いつつも読み進めてしまう。これだけ断言したからには逆になんや、あるんやなかろうかと読み進めてしまう。 そして泡 、のくだりから深海に導かれシーラカンスの何億年の孤独を思うとき、前半のしょうもない断言の言葉は泡とはじけて消えていく。ただ在る、偶然に意味もなくそれでも在る。だけれどそこに意味を見出しながら寒さを寂しく思い、またある時は寂しさ、とは平穏であると思い生きている。構成の妙かあると感じました。

0
/舜舜
/舜舜
(2019-12-03)

アハン。こっ恥ずかしいわ。作者のコーノ様には、ほんま申し訳ない。まさか作品途中で腹を立ててコメントをしましたわ。さらには最後まで飛ばし読みしたあげく、作者の野郎め、どういった心境で、シーラカンスに無駄クラムボン吐かせてんだ、ぐらいに思ひ。ねえ。あらまあ。 俺みたいな馬鹿のために丁寧親切に説明まで。うわ〜ん ほんと、いつでも 人殴る時は、目を見てからにしないと、いけないね。違う、殴る前に自分の目がかっ開いてるか確かめないと、だね。 こちらこそありがとう。 今月のコーノ様の2作目、3作目も楽しみにしてもいいですかね。。

0
name
(2019-12-03)

/瞬瞬様 いやいやいや!全く構いません!むしろこの詩は詩人にとっては怒るものなのです!私も書いている途中でなんだかムカつきました!というか返信下さりありがとうございます!恐縮です! これからもぜひこのサイトを通じて繋がっていきたいです。よろしくお願いします!

0
name
(2019-12-03)

帆場様 コメントありがとうございます! お名前は、ほば?と読んで差し支えないでしょうか? 構成の妙なんてお言葉、お恥ずかしい……! なんだかもう照れくさくて、うなじがくすぐったくなってきました。 これからも楽しんで書いていきたいと思います。よろしくお願いします<(_ _)>

0
真清水るる
(2019-12-23)

深海の生き物って、未知の生き物という感じがして 惹かれます。いいですね。 深く潜る生き物、そして 生きている化石と言われているシーラカンスは、コーノさんにとって悲しさの権化なかあ。と思いながら読みました。 全体的に私の好みの世界が描かれているから、私は この詩はイイ感じの詩として読んだのですよ。 ただ、ついていくことができなかった箇所もあります。 この詩は、シーラカンスのように 孤独でも 堂々としていろ!って詩ですよね(あってますよね) >彼の、目を細めている姿こそ 魚って、まぶたがないです。古代魚も無いんじゃあないかしら 目を細めているということは、擬人法ですよね(あってますか?) シーラカンスのように 堂々としているべきだという詩に思えるのでずが、拝読して得たお魚のイメージが、ディズニー映画のお魚みたいにウインクとかも できちゃいいそうな感じがしました。 あと、もうひとつ素朴な疑問があるのです。シーラカンスって 寂しいんでしょうか?シーラカンスって群れることはないんですか?なんとなくなのですが、シーラカンスって群れていそうな気が私は します。 だって遥か昔から あの形のシーラカンスです。シーラカンスにはシーラカンスが代々うけついできた理想郷が海底のどこかにありそうなもんだと、私には思えてるんです。 ほんとうに孤独だったら、とおに絶滅してる気がするんですよ。 シーラカンスが好きなもので、つい辛口評になりましたが、なかなか魅力的な視点をお持ちですね。

0
いすき
(2019-12-23)

深海が文構造で再現されているみたいなのが面白いです。分け入っても青い海、じゃないですけど。「寒さを寂しさに置き換えるのは、弱虫のすることです」もいいと思いました。寒さを乗り越えられる強い虫は、こういうことこそ言うものです。この一文だけみても情報がたくさん詰まっていると思います。

0
name
(2020-01-07)

真清水るる様 コメントありがとうございます!返信遅れました! 確かに、よくよく考えてみたら魚って瞼ないですね....... 古代魚と呼ばれる彼らが形を変えないのは、僕には昔の何かが忘れられないからだと思うんです。 不変なものは無いであろう世の中に、彼らは不変として取り残されているのはなんでかなと。多分それは、むかーし好きだった人(魚?)言われた、今の姿のままでいいと思うよ、って一言のせいなのかな〜とか思いつつ書いていました。 いやしかし的を射たご指摘、非常にありがたいです! 今後ともよろしくお願いします<(_ _)> ご覧頂きありがとうございました<(_ _)>

0
name
(2020-01-07)

いすき様 コメントありがとうございます! 実は私、この詩結構自分ながらに気に入っておりまして、特に好きなのが、弱虫の一節なのです。 自分の好きという気持ちが共有できて嬉しいです!今後ともよろしくお願いします<(_ _)> ご覧頂きありがとうございました<(_ _)>

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1