そしてユキは脳みそを捨てた - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

そしてユキは脳みそを捨てた    

ここは僕らの島です 呼び出してこっそり盗んだ権利です 癪に障る講義は要りません ここで生きるだけです ここは君との島です 僕を偽ることで成り立った魔物です たまに戦争が起こります 心臓が視界を充血させます どこかで僕が揺蕩う若葉を拾ったら 古くて奇声を発するラジオはどうしましょうか この島は本来みんなの場所でした 君の星条旗が今日も気持ちよさそうです 僕は努力をやめました 固く高い檻の建設に夢中になりました まずは星空を消しました つぎに北を消しました そして順番に消しました 君が曖昧になるためさ 我慢してね 唯一の電灯にホタルがわらわらしてた どこから入ってきたのだろう どうやら君の欲望かららしいね 叩き殺したらもう可愛くないペット どこかを歩きたいかい 無理だ 桜の写真を見せてあげよう しなやかな手さばきで妖精を望もうよ 白紙のハンカチを君で汚したいんです 朝の空気でも夜の空気でも吸い込めばいいだろうが ここは君と僕だけの島です


作成日時 2019-10-21
コメント日時 2019-11-18

そしてユキは脳みそを捨てた ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 15
P V 数 : 2084.9
お気に入り数: 0
ポイント数 : 44
#テキスト #アドバイス募集
項目全期間(2020/09/20現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性33
可読性2322
エンタメ66
技巧43
音韻20
構成33
総合ポイント4440
 平均値  中央値 
叙情性0.50
前衛性0.50
可読性3.80.5
 エンタメ10
技巧0.70.5
音韻0.30
構成0.50
総合7.35
閲覧指数:2084.9
2020/09/20 07時30分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

そしてユキは脳みそを捨てた コメントセクション


コメント数(14)
真清水るる (2019-10-22):

こんにちは 中島みゆきは、【あの娘】という曲の中で 「よくある名前をつけた子は 忘れられづらいというけれど…」と歌いました。ふじりゅうさんの作品には ときおり人の名前が登場しますね。ちなみに、るるりらの本名にも 「ゆき」がつきます。 本作品は、ユキちゃんが 脳みそを不法投棄する物語ですね。ユキちゃんは、なぜ 脳を捨てる。それは、おそらく 自由のためだと思われます。けれど、星条旗は はたして自由の象徴なのか。星条旗が はためく中、★を消す。星条旗における★の意味を想いました。そして、次に 北を消すことの意味を想いました。 脳を捨てた ゆきちゃんならどのように 捉えるのかを聞いてみたくなりました。「わかんな~い」というのでしょうか?  どうやら今日は、日本の歴史において重要な儀式が とりおこなわれたようですが、この詩と そのことが関係あるのかないのかは、私は 存じ上げません。ただ、天皇が移動されることを行幸と書いて「みゆき」と申します。ユキという名前は 天皇と相性の良い名前であると私は思うのです。そして、わたしは「ゆき」のつく名前を祖父につけられたらしいです。(関係ない話を失礼しました)   詩文には、桜好きの多いこの国の写真がでてきますね。日本という国のことを距離をおいて眺めたいという現れだと思いました。この詩は、全体的に厭世的な印象でした。それでも 脳を捨てた ゆきちゃんと この物語の話し手に、そして桜の美しいこの国の人々に 幸おおかれと、祈らずにはいられません。 この詩は本日は拝読するのと 後日読むのは印象が違う気がしています。本日、拝読できてよかったです。ありがとうございました。  (深々と礼)

0
ふじりゅう (2019-10-22):

るるりらさん、ありがとうございます。 そうですね、確かに私の詩にはたまに人の名前を登場させたりします。こちらには投稿していない作品で特に頻繁に使ったりしますね。今回、わざわざユキという名前を登場させたかったのは、本作が主人公である僕の主観でしか語られていないからです。 今回チャレンジしたかったのは、いわゆる「詩情」や「抒情性」みたいなものを排除した作風を目指したかったということです。つまり、変な作品を書いてみたかったのです。 一か所桜の写真が登場しますが、実際問題として主人公に自由を奪われたユキが桜の写真を差し出されたとて何になるのか、みたいな気持ちがありますね。改めて読むと気持ち悪い感じに仕上がった気がします。 コメント感謝です、次作も頑張ります!

0
エイクピア (2019-10-22):

読んだ感じから前衛性も感じられましたが、可読性はもちろんあると思いました。るるりら氏のレスポンスではないですが、私は二人のアイランドみたいな曲が思い浮かびました。星条旗が出て来ます。~消しましたと言う3行。共有地と言う発想ですが、公園だとか、学校とか、博物館だとか、無料だったり有料だったり、規制があったり、テントを持ち込む人らがいたりと、いろいろな背景、現象がみられますが、そして最終連には蛍が出て来ますが、やはりこの詩では、最初の行のここは僕らの島ですと言う認識と、最後の行の、ここは君と僕だけの島ですと言う認識が、印象的でした。最初と最後が、明確なコントラストを示さない、併存している、並列しているという感じが強かったです。

0
ふじりゅう (2019-10-22):

エイクピアさん、ありがとうございます。 そうですね、可読は意識しました。何となくぼんやり読んで楽しめるような、けど深入りしても面白いような、そんな作品を目指しました。 仰る通り、島について主人公は色んな言い方をしていますが、その意味は全て同じです。蛍は投稿したあと、やっぱ安直に書いてしまったかなと後悔しています。ここは蛍以外でも如何様にも表現できるのではないか、むしろ他の魅力的な言い回しがあったのではないかなどと色々考えてしまっています。

0
グーグルグル夫 (2019-10-22):

読んでみた時に視覚的に思った流れがよかったです。 「心臓が視界を充血させます」でバッて真っ赤になる感じ 「どこかで僕が揺蕩う若葉を拾ったら 古くて奇声を発するラジオはどうしましょうか」で水にスイーって感じから風の中でノイジーに響いている感じ 「そして順番に消しました」で真っ暗になっていった感じ 「唯一の電灯にホタルがわらわらしてた」で暗闇に点在する光が点滅とか大小しているような感じ。 そのあとは自由を奪って拘束しているような感じで、 「朝の空気でも夜の空気でも吸い込めばいいだろうが」というのが視覚や時間の感覚とかも奪ってしまっているような感じで、「そしてユキは脳みそを捨てた」というタイトルがホラーで、ホラーなやつだなと思いました。 オナニー的に自我の世界に引きこもっていく自己愛を望む孤独な欲望という感じもしました。

0
帆場 蔵人@⚰ (2019-10-23):

僕は以前、ホラーや怪談的な詩が書きたいと思っていた。(今も考えているが) この作品はまさに一人語りをタイトルにあるユキが震えながら?或いは自失して聴かされているようなシチュエーションを思わせる。 消しました、や星条旗の描写など表現としての面白さを感じながら一方的で自己愛に満ちた気配に不快さ、も感じる。しかし、それはある意味でうまく描けているからだと思う。 複雑な心境ながら何度も読み返してしまうのは書き手の術中にまんまとハマっているからだろう。

0
ふじりゅう (2019-10-23):

グーグルグル夫さん、ありがとうございます。 視覚効果、特に明暗は狙いました。最初は明るい風景で旗がひらめいている感じ、後半は真っ暗闇の感じと、一気に視界が暗転する恐怖を詩句に入れました。 ホラー要素もあるかもですね。自分としては風情を廃した作品を目指しただけだったのですが、何かキモい作品になってしまってます。 ありがとうございます!次回も精進します。

0
ふじりゅう (2019-10-23):

帆場さん、ありがとうございます。 人の欲望や感情って全種類必要なものであると考えてるのですが、ある一つの欲望が向上しすぎるとなんであれ病的になるとも感じます。例えば母性愛は一般的に歓迎されるものですが、それが行き過ぎると害悪をばらまくクリーチャーになってしまうような。 本作は分類でいうと立派な恋愛詩だと思っているのですが、汚物のような不快感ひしめく恋愛詩です。ただ、怪談のようなものを狙ったものではなく、それは偶然の産物でした。

0
つつみつつみ(2019-10-24):

ユキの心を振り向かせることができずに、ユキの自由を少しずつ奪っていき、僕のものにしようとした、というイメージが、とても繊細に表現されているという印象でとても好きです。

0
ふじりゅう (2019-10-24):

つつみさん、ありがとうございます。 一方的な愛ってよく言えば片思いなんですが、まあやっぱ行き過ぎたらダメだよなと思います。テーマはありふれているので、文体や色表現、タイトル、詩句の表現でカバーする試みをしました。成功しているかどうかは、結構微妙なところです 笑

0
原口昇平 (2019-10-24):

国の象徴が複数登場するなあと思いながら読んでいると、最終行でこの「島」は本当に狭っ苦しくてしんどいなあと思いました。

0
ふじりゅう (2019-10-28):

原田さん、ありがとうございます! 陸続きと島って想像以上に隔離されてる感があります。自分は四国出身なのですが、旅行行く時も結構しんどいし高速代もかなり高くなってしまいます。 そんな島ならではの狭苦しさが伝わりましたら嬉しいです。コメントありがとうございます。

0
星空そとば (2019-11-17):

>心臓が視界を充血させます っていいですね。自明な現象(充血は心臓に原因がある)だけどあまり認知されてこなかったものを下地にしたイメージを拾い上げるのが上手だなと思いました

0
ふじりゅう (2019-11-18):

星空さん、ありがとうございます。今月一作も投稿してないのに、自分のコメントに返信することに不思議な感覚を覚えています 笑 自分の作品は根本的な発想が貧弱ですので、当たり前の事や使い古されたテーマを如何に新鮮に見せるかにこだわっています。ご指摘の箇所も然りですね。 先月の作品を拾って頂き感謝です。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2