常しえのゆめの降るさと - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

常しえのゆめの降るさと    

1.あの子ぽっち、修学旅行でもひとり、ぽっちぽちの泪あだ名はポチ。2.あたいたち、米粒みたいにぎゅうぎゅうだね、梅をちょこんと乗せたバス。3.「欲望のうらでひとは殺されてもいるのだよ」隣国との混血のきみが説く。4.海坊主か、くじらか、孤島か、なになのか、こちらは攻撃しないほうの旅客船。5.腐りかけの雲をみている、だいだい紺くろ白、明日は骨。 + 6.小雨降る寺院はえげつなく静か、じぃッと蛙がおもんぱかっている。7.仏像のやわ肌を幻視して赤くなった想像ゆたかな清水滝くん、やるね。8.交通安全のお守り買ったきみたちと永久に会えない事故めいた将来。9.旅館の廊下は産道なのだ、ぽとぽとと臍帯ひきずり歩いてゆく。10.眠ることでも加速する成長と級友のむねのふくらみが気になるよる。 + 11.ただのおんなだよ、きみは、あたいのものにならないかぎり。12.病むために生まれた夕、死にものぐるいの朝、不死身であれよ、太陽。13.異国での竜巻きのニュース、ご飯に海苔巻く手をやめられない日本人。14.自動販売機、骨よりも350mlジュースを咥えさせられようとしたポチ。15.「イノチあるかぎり、孤独の研究すすまない、だから、すべてを殺しにかける」 + 16.死ぬときも、「シネ」といってポチはしぬ、虐げられた生徒時代の後遺症。17.くもの巣が銀河系を創るのだ、ミクロな宇宙をながし目でみるあたいたち。18.酔いどめをのむきみも、いつか酔いどれて、悪酔いする日がきてしまうのか。19.骨を包んだ皮ふのような都市をゆく、ガラスのそとでは宇宙服が必要だ。20.無重力でも自由にはなれない、身体けしたら、自由をかんじる器官がない。 + 21.あたいたちは存在することしかできない、将来のゆめは在ること。22.「死ななきゃわからないことなんて、ないんだ」原爆博物館で嘆くポチ。23.資料館、そとで身体なお冷やす、アイスクリン、なめるガキどもにくらしい。24.絶叫マシン、乗ることでは戦争体験を学べない、遊園地など、ゆきたくないのに。25.グループと別れて土産もの屋で時つぶす、あたいとポチと賞味期限ぎれの試食品。 + 26.「ぁの」「その」とか、どうでもいいよ、名前が長ったらしくなっちゃうから。27.いつだって、はじめていうような感覚で、あたいの苗字を呼んでみるポチ。28.親しみの奥底から切なさが込みあげて泪でそうでくるしいよ、ポチ=雨宮鬱金くん。29.瞳ぢゃなくって、きみのまなざしが蒼いのだ、うっすらみえる頬の血管。30.ながされるための泪がでなくなったとき、あたいたちに未来は在りつづける。


作成日時 2019-10-11
コメント日時 2019-10-14

常しえのゆめの降るさと ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1070.3
お気に入り数: 0
ポイント数 : 12
#テキスト
項目全期間(2020/07/13現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性33
可読性00
エンタメ11
技巧33
音韻33
構成00
総合ポイント1212
 平均値  中央値 
叙情性0.70
前衛性11
可読性00
 エンタメ0.30
技巧11
音韻11
構成00
総合43
閲覧指数:1070.3
2020/07/13 20時04分50秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

常しえのゆめの降るさと コメントセクション


コメント数(12)
エイクピア (2019-10-12):

前衛的な試みだと思ったのですが、酔いどれの様な印象が、上滑りしない詩を目指したのではないかと思いました。だから「あたいたち」と言うフレーズ、認識もWeや共同体意識ではなくて、自分の内面に吸収して、どんな詩が吐き出せるかと言う試みだと思いました。 「21.あたいたちは存在することしかできない、将来のゆめは在ること。」 こんなフレーズが印象的でしたね。

0
沙一 (2019-10-12):

さくら色の暴風にふきとばされそうな感覚を味わいました。いままでになかったような、ほのかに明るくて、やわらかくて強い、あたらしい詩。 不穏な詩句は目についても、希望をうたう、それはいまの世を生きていく、心の在り方そのもののようです。 仏像のやわ肌を幻視して〜 というフレーズには個人的に、スリランカの観音菩薩坐像を連想しました。生老病死を楽天的に悟っていそうな姿が、今作のイメージと響きあうようです。

0
つむぎ (2019-10-12):

エイクピアさん - どうもありがとうございます。この詩は時系列に並べたもので、年代的には思春期の少年少女が主人公だと仮定してえがきました。酔いどれのような印象を作中へと含めましたのは、穢れなき成長という人生においてのおおきな課題をなし遂げることのむつかしさと、生きづらさ、そして、やわらかな希望への導き、ですね。 自分の経験を軸としたところもありますので、 >自分の内面に吸収して、どんな詩が吐き出せるかと言う試みだと思いました。 このように、読んでいただけまして、まことにうれしゅうございました。

0
つむぎ (2019-10-12):

沙一さん - >さくら色の暴風にふきとばされそうな感覚を味わいました。 さくら色の暴風、ですか。すばらしい表現ですね。そのように、かんじていただけまして、とても、うれしい気持ちです。スリランカの観音菩薩坐像は、どこか、官能的でよいですよね。この詩には、あやうくも脆い、そんな時代の普遍性をえがこうと試み、言葉のなかで、異なる面持ちのにかよったふたりが仲よくなってゆくことに動きをかんじられて、書きながらもたのしかったです。どうもありがとうございます。

0
みうら (2019-10-12):

ハッシエンダの跡に建ってるマンションの名前はとりあえずハッシエンダでよかったとか思いながら久しぶりにマンチェスターサウンドを聴きながら、だ。それから台風だよ!窓の外はギャラクティカファントムだ。きさまあの登場に台風はもってこいだな。もってけ泥棒、きらるび、いや、ちがうんかい?つむぎ。久しぶり。この短歌のコラージュみたいなのええやんか。時々出てくるポチ。これが大事だよな。どうでもいいようでどうでもよくないんだよな。ポチはどうでもよくないんだよな。でも未来とか、あんまし、そういうの考えたくないし、どうでもいいけど、でも未来もポチとおんなじぐらいどうでもよくない。そんな感じだね!うん。はい、で、マンチェスターサウンドっていつからマッドチェスターって呼ばれてんだ?THE1975ってカッコいいやんか!セカンドサマーオブラブは来んかったかもしれんが、THE1975があればいいってやつだな。あわっ、こんな意味不明なコメント、、まあ、きさまあは判るからええよな。まあ、わからん人たちのために、この作品はつまりセカンドサマーオブラブなんだよねって解説みたいな終わりにしておこう。きさまあもわいも終わんないんだけどさ。

0
つむぎ (2019-10-12):

み ◯ らさん(みうらうみくん) - かつて、三浦くんの在席していた教室にも、ポチはいたことだろう。海のみえる丘公園や、裏庭の花の奥で、こころもとなき妖精のように、泣きわめく少年少女がいたことだとおもう。けれども、わたしたちの救えなかった命まで、詩では問いかけることができるとおもうんだ。ぁは。ふしぎだな。てんかんのお薬をやめた昨日から、意識が冴えてきたよ。入院生活ののち、三浦くんたちへの申し訳なさに苛まれる日々であったが、いまは、おちついていて、気持ちがいいよ。光りの差すところには、闇があるんだ。わたしたち、祝いのなかで咲きながらえてしまうといい。わたしたちの鼓膜はしなない音で満ちあふれている。そう、みうらくんのだいすきな音楽にも、ね。そんな、ポエムな、お返事です。どうも、ありがとう。

0
survof (2019-10-13):

語り手の一人称代名詞が「あたい」なのがすごく良い。「あたい」じゃなくて「僕」や「わたし」だったら多分恥ずかしくなって途中で読むのをやめていたかもしれない。ところどころに見られる体言止めや助詞の省略も文章がグダグタにならないちょうど良いバランスでスパイスのように効いているように思う。しかもそういうのをやりすぎていないのでいやらしくなってない。番号があることで、とにかく読みやすくなっている。箇条書きのように一見バラバラに見える文章を読みやすく並べるにはとても良い方法だ。あるいは、連続的に意味が繋がっている文章を強制的に切断する役割もときに果たしていて、それが語り手の感傷に一定の客観性と距離感を与える役割を果たしている。無理やり他者の視点が差し込まれるような、そのような不思議な効果を番号付けが生み出していて、それが非常に巧みになされていると思う。そして何よりタイトルがよい。作品の形としての離散。それぞれの断片はそれでも溶け合って重なって、解像度を落とした時には一つの連続的な像が立ち上がる。それでもその連続性は本当に一時的なもので、すぐに離散した断片に引き戻される。感傷を垂れ流しておきながら、頑なに感傷を拒んでいる。ひとことでいうと素晴らしい。

0
つむぎ (2019-10-13):

survofさん - すこしばかり個人的なこと。むねのなかで、よく折れるような鼓動が聴こえます。詩をやめようとしても、一瞬の反動で、また、もとの創作意欲がわいてきます。詩をやめるも、やめまいも、それこそ、個人的なことですが、ふたたび詩と向きあうとき、決して、振りだしに戻っているわけでもないところがあります。今回の詩は、そのような混沌とした、されど、明確な意思で、書く、という意気ごみが、つよくあったのかもしれません。survofさんの素晴らしい評論のおかげで、わたしも書いていいのだな、このまま書けばよいのだな、という勇気がわいてきました。とてもうれしい気持ちです。どうもありがとうございます。

0
南雲 安晴 (2019-10-14):

 私はこの作品を繰り返し黙読しているうちに音読に近くなっていきました。あまり詳しくない分野なのですが、ラップかスポークン・ワードの種にふさわしいのではないかと感じられてきました。

0
渡辺八畳 (2019-10-14):

東川原つむぎさんは東川原未來さんetc. そして、きらるびさんですよね 現在のビーレビでは複アカを基本的に認めていなくて、できれば名義のマイナーチェンジごとにアカを変えるのでなく同一のものを使い続けてほしいです。名義変更はTwitterとの連携で可能ですので(必要なら個別で詳しく教えます)。以降ビーレビを使う際は一番新しいこのアカウントを使用し続けてください。また、しっかりメアドとパスワードをメモしといて、一旦離れてまた復帰するときも新しいアカを作らずに済むようにも。お願いします。

0
つむぎ (2019-10-14):

南雲 安晴さん - どうもありがとうございます。読むではなく、どこか、聴こえてくるかのような詩を書いてゆきたいという意思がありますので、南雲 安晴さんのような読みかたをしてくださるのであれば、詩書き冥利につきます。また、眺めてもよい詩、というのが、わたしの理想です。

0
つむぎ (2019-10-14):

渡辺八畳@祝儀敷さん - どうもお世話になります。また、以前は大変失礼いたしました。ビーレビューのガイドライン、読みました。深く、こころに刻もうとおもいます。今後とも、よろしくお願いいたします。 つむぎ

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1