姉妹たちに #5【横書きVersion】 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

姉妹たちに #5【横書きVersion】    


作成日時 2019-06-30
コメント日時 2019-07-24

姉妹たちに #5【横書きVersion】 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 1530.7
お気に入り数: 0
ポイント数 : 9
#テキスト #画像 #コンクリートポエム #酷評OK
項目全期間(2020/09/20現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性20
可読性50
エンタメ00
技巧20
音韻00
構成00
総合ポイント90
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性11
可読性2.52.5
 エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合4.54.5
閲覧指数:1530.7
2020/09/20 11時12分14秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

姉妹たちに #5【横書きVersion】 コメントセクション


コメント数(10)
渡辺八畳 (2019-06-30):

7/7に江戸東京博物館で開催されるポエケットにて、詩集『姉妹たちに』を頒布します 本作含め、アニメ「ケムリクサ」を視聴しながら書いた詩が10篇収録されています #1、#2も過去にビーレビへ投稿しているので、そちらもぜひご覧ください #1 https://www.breview.org/keijiban/?id=2922 #2 https://www.breview.org/keijiban/?id=2982 通販もします。ポエケットへ行けない方はぜひご活用ください ↓ booth https://hachijo-w.booth.pm/items/1431284 直販 https://docs.google.com/forms/u/0/

0
渡辺八畳 (2019-06-30):

表紙などのサンプル https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=75474282

0
stereotype2085 (2019-06-30):

良い。「ケムリクサ」自体はちらっと観ただけでほぼ未見に近いが、このオマージュ作品?それとも二次創作に近い何か?は相当にクオリティが高い。「姉妹たち」と幾度も語りかけ、呼びかける様は黒人人権活動家が、コミュティが壊され、行き場を見失った同士(黒人さん)に「ブラザーズ&シスターズ!」と呼びかける様を彷彿とさせる。だがこの詩における「姉妹たち」は実に切なげで、パワーや怒りを感じるものではない。まるで迫害されて、行き場を見失った弱き人たちが、それでも小さな声で細々と肩を並べるといった様相だ。コントリートポエムとしての視覚的効果も良いし、渡辺氏は何かドラマ性を誘発させる媒体を通した方が、俗に言う一般受けしそうな作品が書けるのでは、と皮肉ではなく思ったくらいだ。渡辺氏の通常の詩スタイルも悪くないし、この手の作品も良い。ということで恐らくコメ一番乗り。

0
ふじりゅう (2019-07-02):

これは渡辺さんの真骨頂のような詩と感じます。 そして視覚的な詩は、読み解くですとか、なんかそういう意味をくみ取るという行為を楽しむというよりは、ただ眺めて、それだけで満足出来るのだなと感じました。 この満足感はただの詩でしようと思ったら難しいと思いますし、かといって視覚詩を安易に、または拙い能力で作ろうと試みても訳の分からないだけの駄作が出来てしまうだけ。このような作品は、渡辺さんのような実力者でしかなしえない、非常に見事で魅力的な作品と感じました。 また、かつての、独創性とパワーを兼ね備えた作品が戻ってきたような感じもします。

0
渡辺八畳 (2019-07-02):

ステレオさん >渡辺氏は何かドラマ性を誘発させる媒体を通した方が、俗に言う一般受けしそうな作品が書けるのでは、と皮肉ではなく思ったくらいだ。 詳しくは『姉妹たちに』の後書きを読んでほしい(ダイレクトマーケティング)が、私がたびたび他作品を典拠として詩を書くのは、自分の中にその作品を降りさせて「自分以外」の文脈を手に入れるためなんですよ 自己表現ばっか言う詩人っているじゃないですか。創作としてそれが一番広がりが無くなってしまうと思うんですよ。だって自己って一つしかないし。マンネリ化が避けられない。私は三人兄弟の長男なので当然姉妹はいないわけですから、もし自己表現しかやっていなかったら姉妹たちが出てくる詩なんて書けない。 「実に切なげ」というステレオさんの感想は、まさに「ケムリクサ」由来のものなんですよ。あの作品における姉妹たちはほんと切なくて。私が巫女となり、肉体を依り代として神=自分以外(ここではケムリクサ)を降臨させ、神は私の肉体を借りてこの世に作品を表す。

0
渡辺八畳 (2019-07-02):

ふじりゅうさん 実は視覚詩を作ること自体は好きなんですよ。 『姉妹たちに』を見てもらえればわかりますが、#5みたいな視覚要素がある詩がけっこうあるんですよ。それは「姉妹たちに」は「ケムリクサ」を観ながらリアルタイムで書いた詩だからで、その瞬間瞬間の感情を書き留めるには言葉だけでなく図形の力も借りなくては間に合わなかった。 >視覚詩を安易に、または拙い能力で作ろうと試みても訳の分からないだけの駄作が出来てしまうだけ。 自分で作るのは好きな割には他人の視覚詩は批判しがちなのはまさにこれでして。特異なことをやるからには相応以上の理由がなくてはならない。ただ「目で楽しむ」という点だけで視覚詩をやっていたらむしろマイナス。

0
千才森 万葉千才森 万葉(2019-07-19):

お邪魔しています。 自分で書いてみて、視覚詩がどれだけ難しいかを、顔から火が出る感じで理解した千才森です。そうそう、目で楽しむ感じで作ってしまいました。はい。 アニメもちらっと見て、御作を拝読したのですが、読み込むのだけでも難しいですね。いや、そもそも詩というものを読むことが難しい。 わたしの読解力でコメントを書けそうなのは、後半の二つの詩でした。本当はアニメを見まくってから、御作を読むのが正しいのかもしれませんが。 上下を罫線で挟まれた三行の詩、そしてラストの足跡渦巻き(勝手に変な名前を付けてごめんなさい)で、どんな印象を受けたのかというコメントぐらいなら書けそうです。 多分読み違えているとは思いますが、まあ、折角読ませてもらいましたので。 上下を罫線で挟まれた部分ですが、わたしは、元々は一本の罫線が引かれただけの境界だったんじゃ無いかと感じました。上下を分けるだけの境ですね。 その境の中で生まれた想いを詩で表現するために、境に切れ目を入れて境目とし、上下に開いて間を作り、狭間の底に詩を置いた。そんなイメージが浮かびました。 綴られた言葉も、問いかけにはなっていますが、自身の中に向けた感情に読めましたし。 そんなイメージを持ってしまった為か、この狭間を開けたままにしておくのが変に気になってしまいました。 動画では無いのでやむを得ないのですけどね。狭間を閉じてから先へと進みたかったかも。 最後の螺旋状になった言葉たちが、すごく印象的でした。 深い底から、すり鉢状になった道を歩いて上ってくる感覚。 並ぶ言葉たちが心境の変化を良く表していました。二人だけの内側に籠もっているときは、思いが硬く結晶化して強さが見られるのですけど、登り始めて外に触れることにより、弱さが混じり始めます。 人間の心境も一緒なのかな? 世界に触れることは自分以外の存在を知ることで、姉妹たちの世界が二人だけじゃないと気が付けば、頼ることを覚えるのは必至なのかもしれません。 禍々しさと対峙する私たち――そう始まった姉妹の台詞は、自分自身を押し込める納得へと変わり、諦めにも似た慣れとなっていく。そして、他者の存在を頼らないと成立しない願うという言葉へ変わっていった。 最後に歩んでいく一歩一歩の詩に込められた感情は、誰かに答えを求めるような、存在しない何かに助けを求めるような。 それでも一歩ずつ進み続ける強さがありますね。 視覚詩は、自分で書けないにしても、楽しめるようにはなりたいです。

0
左部右人 (2019-07-21):

これは視覚詩にしなくてもグッドな印象を与える詩だと思うのだが、それを視覚詩として仕上げることで凄みが増しているように思う。余計な事は一言も言いたくない。特に中央の斜線の箇所が好きだ。ゴダールの映画と新海の映画を観た後に抱く感想は異なるが、この作品は後者に近い。恋人や友人と観に行ったとして、「ああ~よかったなぁ」と言った普遍的な感想だけを交わして、それで満足出来る作品だと感じた。詩ってこうだよな、って思う。

0
渡辺八畳 (2019-07-24):

【CM】 渡辺八畳新詩集『姉妹たちに』通販行っております。 ビーレビユーザーはぜひ読んで! ↓ booth https://hachijo-w.booth.pm/items/1431284 直販 https://docs.google.com/forms/u/0/ マジ貧窮してるのでお願いします。できれば直販で買って。すぐ金ほしい。 千才森さん 詩って読み込むものではないと思うんですよね。だって意味伝達を目的としているなら詩である必要がないし、むしろ散文とかより伝達能力が低い媒体にて意味を伝えるのはおかしい。 特に私の詩は、詩-言葉を媒体として読者にイメージを与え、そのイメージ自体を楽しんでいただくことを狙っております。 『姉妹たちに』に収録されている詩は、この#5を含めすべてアニメを見ながらリアルタイムで書いたものです。30分のアニメから受けるイメージを瞬時に詩として固着させなければいけないので、必然的に直感で描ける視覚詩の要素が多くなります。 まだまだ続くけど、あとは『姉妹たちに』のあとがきと被さってしまうので一旦やめます。 左部さん 視覚詩であることは千才森さんへの返信で書いた通りです。 『姉妹たちに』にある10編のうちでも、#5は特にダイナミックに書けたなと思っております。

0
エイクピア (2019-07-24):

これが視覚詩と言うものかと初めて視覚詩と対峙したような気もします。興味を覚えて、貼ってあるURLをクリックしてみたら、自分のコメントがあって過去のコメントコメントのやり取りは有意義だと思いました、読んでみて、勉強になります。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 4