秘法(第一巻) - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

秘法(第一巻)    

   Ⅰ 骰子蹴つて鍋に放り込む 万華鏡のアンチテーゼ 漆黒。    Ⅱ ばら瑠璃(月夜のトランプ) 「ペルシャンブルーの砂漠がですね、  象の骨を磨いてゐたのですよ。」 キャラバン隊のポスターを剥がす少女の初恋。    Ⅲ 薄荷ラッパのせいで桟橋落ちたのには困つた。 そこで 幽玄。 (宝船を解体してからこの旅を終はらせませう) ドビュッシーの蒔絵は未完成でしたが――気にしません、私。    Ⅳ (クレーの帽子)    Ⅴ 虹の線形代数。    Ⅵ 蝶がプリズムの先端でゆれてゐる午後。 アテネの路傍では哲学の授業がつづいてゐます。    Ⅶ (まだ歌つてゐますね!)  Einsatz! それからクレタ島に行つてきます。 鳩を取り返しに。    Ⅷ    Ⅸ    Ⅹ (ユピテル魔方陣でお別れします) 姉さんのリボンの裏に刺繍されてゐた秘法です。 「光あれ」と 二度と云つてはならない。


作成日時 2018-12-08
コメント日時 2019-01-18

秘法(第一巻) ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 18
P V 数 : 1737.2
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#受賞作
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1737.2
2021/10/28 06時13分27秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

秘法(第一巻) コメントセクション

コメント数(18)
まりも
(2018-12-08)

Ⅷ 硝子壜に詰めた匣   愛は天秤秤で量り売りしています Ⅸ 瑪瑙碧のしたたり   煮え立つ言葉を切り開いて供する

0
ふじりゅう
(2018-12-09)

拝見しました。 数字もそうですし、技術やアイデアが詰め込まれた作品です。 特に「虹の線形代数」は面白い。線形代数は普通直線(ベクトルなど)に使われるとうろ覚えしていますが、直線をいくつも繋げることによって円形にも使えます。円だろうと線だろうと、元は一つの点の集合体であり、ひいては我々も、虹も、原子という点の集合体であるということを想起させます。 古語も相まって、中世ヨーロッパのような独特の雰囲気がいい味を出しています。 空白、改行が多い作品は批判されがちですが、本作はむしろこの適度に多い改行が作品のビジュアル面での良さをうまい具合に引き出せています。

0
環希 帆乃未
(2018-12-09)

んー。この作品ですが。空間なんです。他者様の作品だと、線と点が著しく多いです。作品の中で一定の技術以上を持っていないと短詩でここまでの空間は作れません。ちょっとしなければいけない事してますので、後から書いていきます。

0
蛾兆ボルカ
(2018-12-09)

気持ちがいいですね。 各スタンザが独立、表記上では分断したものとしてナンバリングされてますが、カウントアップで終りが予感される十で終わってますし、タイトルが儀式を連想させるためもあり、また全体に通低する流れが感じられてひとまとまりの詩として、愉しみました。おそらく無意識レベルでの、選語のセンスが良いです。 魔術にせよ、祈祷にせよ、ひとは何かしら希求するものをポジティブに実現するために祈る。 てもこのメランコリックな調子は、そして明るい雰囲気は何でしょう。 もし二回、創造を祈り、それが実現するなら、この世は滅びるわけですが。

0
環希 帆乃未
(2018-12-09)

Ⅰ~Ⅹありますね。※「光あれ」と二度と云つてはならない。の部分に着目しないと、Ⅹで何かを消したと感じれません。蝋燭では無いと思っています。秘法ですが。Ⅹの陣形をご存知の方では無いと感じられるモノが少ないかもしれません。ユピテルの魔法陣が絶対的な位置付けをしています。ですが、私は生命の樹、セフィロトの樹を当てていきました。Ⅹだからです。 数字と並べられた言葉達が空間を構築していく。空間を構築していた。消えていく何か。最後にⅠに帰る。繰り返しですね。読んで残る感覚と、※「光あれ」と二度と云つてはならない。で消える感覚が残ります。構築していた≒(∞)構築していくでした。なので、圧倒的な存在感と洗練された言葉達です。浮遊と落下を味わっていて、落ちているのか登っているのか分からない感覚になります。並べられている言葉に集約された情報である知識(時代背景等)と込められたモノをどれだけ読み手が具体的に想像では無く、知性化できるか、試させられる作品かもしれないです。感嘆の吐息です。素敵です。

0
環希 帆乃未
(2018-12-09)

Ⅹで消えて。Ⅰ~Ⅹがまた一斉にナニカを灯す感覚ですね。そして、消される。の繰り返しです。

0
stereotype2085
(2018-12-10)

言葉のチョイス、そしてその感度は本当に素晴らしいと思う。ただ何を言っているのか、やりたいのか僕には一瞬分からなかった。最終節「『光あれ』と二度と云つてはならない」で辛うじて全体像が見えてきたかなという印象。ただし眺めているだけで美しい作品に違いはないので、そういう高度に抽象化された作品として読むならば、かなりクオリティなのではないかと感じました。

0
蛾兆ボルカ
(2018-12-10)

追記させて頂きます。 この詩他の場合、フレーズをフレーズ自体てはない他のイメージに置き換えたり、比喩を読者である私の役にたつ(意味のわかる)文=教訓として受けとるということより、詩文そのもので味わいたいように私は感じます。 でも、一つの感想(なのか連想なのか)のようなものとして、トランプの話をしたくなりました。 私はトランプが割合好きだった時期があります。神田のカルタ店に時々トランプを買いにいったりしました。私は何につけ、詳しい知識を記憶するのは苦手だし、トランプについてもちゃんと勉強することもない、いい加減なことなのですが、自分で勝手に各カードの性質を決め、出た位置を勝手に解釈するのです。 例えば8は戦争や派閥間の深刻ないさかい、2は正向きなら友愛。スペードであったり逆向きのクラブなら、二人の間の対立。 3は硬い結束を示す聖数。4は世界の状態を示す聖数。 と、いった具合です。 トランプは、一見上下のないカードも、マークと端っこまでの間隔などが僅かに異なり、時分なりの上下を決めることができます。 引用  Ⅱ ばら瑠璃(月夜のトランプ) 「ペルシャンブルーの砂漠がですね、   象の骨を磨いてゐたのですよ。」 キャラバン隊のポスターを剥がす少女の初恋。  例えば、この詩文は、トランプのハートの2が正位置で示されたようなもの。  そんな風にも楽しみつつ、私は読んでいます。

0
蛾兆ボルカ
(2018-12-10)

冒頭誤変換でした。 ×  この詩他の場合、フレーズを ○ この詩の場合、フレーズを 失礼しました。

0
蛾兆ボルカ
(2018-12-10)

時分→自分てした。 重ねて失礼しました。

0
三浦果実
(2018-12-12)

何度か拝読したのですが、率直に申しますと私には難解でした。また、コメント欄を参考にもしたのですが、私の脳みそは更に迷宮入りした次第でして、一つ、思い切ってお訊きします。本作は読解するためには必要な何か、読む為に必要な知識があるとすれば。差し支えなければご教示いただけますと嬉しいです。いや、お答え不可でも大丈夫です。質問の理由の一つとして、「詩には前提知識が必要であるのか」ということについての石村さんのご意見を参考にしたい、というのがあります。

0
三浦果実
(2018-12-12)

すみません、句読点などがおかしなまま書き込みしてしまいました。 本作を読むにあたって、持っておかなければならない知識があれば教えて下さい。 という意でして。すみません。

0
fiorina
(2018-12-12)

自分に訪れたものは、すべて啓示と思うことにしてるんですけど、同じ感じをこの詩から受け取りました。断片であるけれど、何かしらの印象を残しているものを、手のひらにおいて、時の流れがそこに何かの反映をしていくのを、秘法としている。 すべてでありつつ、わりとそっけないような断片で、と言うところが、愛おしく・・・。

0
石村利勝
(2018-12-13)

 まりもさん、ふじりゅうさん、つきみさん、蛾兆ボルカさん、stereotype2085さん、みうらさん、fiorinaさん、ご高覧有難うございます。いずれもすぐれた書き手である方々からこんなにコメントをいただいたことに、作者自身ちょっと驚いています。というのも、本作は普段私が読みたい、書きたい種類の詩ではなく、抑え切れないインスピレーションに駆られてなかば已むに已まれず「かけてしまった」作品であり、読み手はもちろん書き手本人のことさえほとんど顧慮していないシロモノですから(笑)  その上で、皆様の御評を非常に興味深く拝見しました。ことに、空白の連を補作するというまりもさんの試みには虚を突かれました。「そうきたか」と(笑)  皆様さすがに練達の書き手であるだけあって、それぞれに核心を突いた鋭いご指摘があり、結構ひやっとしましたww 具体的にどなたのどのご指摘が、とは申し上げられません。答えを明かすことになってしまいますのでね。何しろ「秘法」ですから(笑)  みうらさんからは直接のご質問がありましたので、これには別にお答えしたいと思います。

0
石村利勝
(2018-12-13)

みうらさん、  拙作を何度もご高覧くださったとのこと、恐縮するとともに深く感謝申し上げます。 >読解するためには必要な何か、読む為に必要な知識 >本作を読むにあたって、持っておかなければならない知識  それは、ありません。作者は読み手に「期待」することはできても、「要求」することはできない、というのが小生のスタンスです。  以前に別の所で、自分の作品の受け手をある程度想定している、という趣旨のことをかきました。読書経験の量・質・種類、趣味嗜好、リテラシーの程度などなど、漠然としたものではありますが、仮想している読者のイメージは常に念頭に置いています。  ですが、それはあくまで仮の想定であって、実際の読者への要求ではありません。いったん作品を世に出せば、作品は読者のものであり、筆者の意図やメッセージが何であれ、読者の自由な読みを拘束することはできないという、しごく平凡な結論になります。 「詩には前提知識が必要であるのか」  難しい問いですね。あるといえばあるし、ないといえばない(笑)前提知識があることが読みを豊かにしてくれることもあれば、邪魔になる場合もあると思います。「前提知識」のレベルや範囲をどう設定するか、にもよるでしょう。端的に、まず「日本語の知識」は必要ですわな(笑)古語を知らないと読むことさえできない作品もあるでしょう。また、拙作のように衒学的な術語を使用する作品は、近・現代詩にいくつもあります。たとえば宮澤賢治の作品なんて、科学術語のオンパレードです。じゃあ、そうした術語を知っていれば賢治の詩が「わかり」、知らなければ「わからない」のか?私は、「詩っているからわかる」という人がいたら、その人は詩のことなんか何もわからない阿呆だと思いますね。  一方で、そうした個々の言葉が何を意味するのか知らなくても、やはり賢治の詩は読み手に「響き」、感動させてくれます。詩の力、ことばの力は「教養」よりも上位にある、というのが私の(いささか理想的な)信念です。詩の営みがペダンティズムに陥ることは厳に避けるべきであり、ことばの原初的な力、ものとしての実在性、存在感をいかに扱うかという工夫こそが、私たちの仕事なのではないか、と思うのです。お答えになっているでしょうか?

0
石村利勝
(2018-12-13)

上記の書き込み、誤植を訂正します。 「詩っているからわかる」(誤) →「知っているからわかる」(正) 失礼致しました。

0
三浦果実
(2018-12-17)

石村さん 丁寧に教えていただきありがとうございます。「詩のことなんか何もわからない阿保」と言われるところに、知りたかった答えを見いだせました。そもそも言葉には定義があったとしてもその定義通りに使われていないこともあるわけで、わかったような錯覚を、、私なんかは断定して語っていたりします。私は「人それぞれに考えや思うことがあっていい」という物言いが嫌いだったりします。それはお互いを尊重する一方で個別に持っている強度が薄い、なんと言いますか、緊張感が失われた場に出す要因にもなると思うのです。ビーレビは楽しい遊戯の域であるべきな一方で個が断定を持って参加してこそ有意義な遊びの場になると思うのです。その観点からすると先に挙げさせていただきました「詩のことなんか何もわからない阿保」という言葉に共感します。わくわくしてしまいます。話は逸れますが、時々見受けられる揚げ足取りのようなネット詩上のコメント。それは阿保と言葉をかけることもためらってしまうほどに残念な人にみえます。 不躾な質問にお答えいただきましてありがとうございました。

0
沙一
(2019-01-18)

最近、マラルメの「骰子一擲」に興味をもっているのですが、その空白を意識した構成に、石村さんの今作に通じるものを感じました。 音楽の手段は本来文芸のものであるから奪い返す、というマラルメの発想には驚かされます。 電子上のテキストは整列されて読み易い反面、創作表現には不便だと感じることも多々あります。今作も、白紙に筆記具で書かれていたら、より一層の自由と奔放さを発揮していたのではないかと思わされました。 なんにしても、大人でも童心をくすぐられる、夢みるような言葉が鏤められた作品で、短いですが読んでいてわくわくしました。 あるいは幼い子供がもし本作を読んだら、識らないけど不思議な語感や魅惑的な印象の言葉に、さぞかし夢を膨らませるのではないかという気がしました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1