コーヒーを飲もうか。 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

コーヒーを飲もうか。    

白色の花と朔月の真夜中に目印を付け、ずっと待っている始まり。 終わりがあるとすればそれが星々でそれから、それから月と太陽の始まりと、終わりの明かりが気がつかないまま、十二の弦を張り替え奏でる他に、生があることを知れない。 誰かが金字塔を打ち立て東京の夕暮れは変わらず再び暗渠の奥へとゆく。 出口にあるはずの朝焼けからひとりだけ、ひとりだけのユキがいる。 しゃがみこむ背中に下着が薄くみえ、前のめりにころぶ。フェンスなんて無用なのに。 もうわかったよと、坂道を下りだし、ライティングが東京タワーを無口にする。出会いの稲荷神社と同じみたいと。 恋ではない。愛というのか、よくわからないそのようなものが手を握り続けている。死ぬ時は一緒にいてくださいと。ぶっきらぼうに。 コーヒーを飲もうか。


作成日時 2018-10-22
コメント日時 2018-11-09

コーヒーを飲もうか。 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 17
P V 数 : 731.0
お気に入り数: 0
ポイント数 : 36
#受賞作
項目全期間(2020/06/01現在)投稿後10日間
叙情性1710
前衛性00
可読性20
エンタメ20
技巧70
音韻10
構成70
総合ポイント3610
 平均値  中央値 
叙情性5.74
前衛性00
可読性0.70
 エンタメ0.70
技巧2.30
音韻0.30
構成2.30
総合1210
閲覧指数:731.0
2020/06/01 17時57分18秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

コーヒーを飲もうか。 コメントセクション


コメント数(17)
ふじりゅう (2018-10-22):

拝見しました。凄く好きな詩です。 自分としては、恋と死生という二つの概念を結びつけた作品、だと考えました。好きな所は「ひとりだけ、ひとりだけの」です。ここまでひとりだけを強調するということは、逆に言うと今までは一人だけの「ユキ」を見ることはなかったのだろう、ということと、それが自分の前で起こっているという二重の驚きのような感情が見える気がしました。青春のような若々しさも持ちながら、しかし「よくわからない」からは年老いた男が語っているような転換っぷりを見せています。しかしすんなり入り込むようで、深入りすればその技術に驚かされる、とても好きな詩です。

0
stereotype2085 (2018-10-24):

とても良いです。ユキという女性との関係性を、詩的な物思いによって徐々に描写していく。最後は素朴な情感に戻り、詩的探訪からも抜け出し、「コーヒーを飲もうか。」というとても日常的な描写で読み手も、筆者も現実に帰る。この落ち着き、落としどころ、とても好きです。良作だと思います。

0
蛾兆ボルカ (2018-10-24):

前半がうまく機能していないように思いました。 切りつめて、また、ストレートにしても良いように思います。 (例) 白色の花と朔月の真夜中に目印を付け、ずっと待っている始まり、十二の弦を張り替え奏でる他に、生があることを知れない。 誰かが金字塔を打ち立てても東京の夕暮れは変わらず再び暗渠の奥へとゆく。 出口にあるはずの朝焼けからひとりだけ、ひとりだけのユキがいる。 中盤、後半の流れは、感じよく思います。 語り手の、少しヌルイ感じがすーっとキープされてて、最後のほうは粋な雰囲気だと思います。 最近のモテる男子の特徴として、「死んだ魚みたいな目」というのがあるそうですが、沢田研二とかも昔からそういう目でした。 一瞬下を向いた時に、そうじゃない目をチラッと見せたりとかするわけですが。 この詩もチラリズムの詩なのかもしれません。

0
沙一 (2018-10-24):

コーヒーを飲もうか。と、やさしく、さりげない、人肌の温度を感じられる言葉。タイトルにもなっているこの一言のためにこそ、それまでの文章すべてがあるといっても過言ではないでしょう。 逆を言えば、舞台設定や道具立てなどを全取っ替えしたとしても、物憂げな雰囲気が出せていれば、最後の一言で詩になり得るのではないかと。 であればこそ、それまでの言葉や描写にどんな思い入れや必然性があるかが肝になってきますし、それは作者のみ知るところで、読み手の私たちは文章から作者の実像を察するしかありません。そのなかで、私がとくにいいなと思ったのは、 しゃがみこむ背中に下着が薄くみえ という描写で、作者がそうした視線をもっていること、それを自覚して作中に盛り込めるということ、また、その女性のふとした無防備さのようなもの、そうした姿勢をみせられることから心をゆるせる間柄であると察せられること、など、いろいろなものを感じさせてもらえました。

0
みうら (2018-10-24):

ふじりゅうさん 一生涯で一番好きになった人、その人は今自分のそばに居て、また少し生きて一生涯で一番好きになった人を考えると、以前一生涯で一番好きだった人でなく、違う人が一生涯で一番好きな人として今自分のそばに居る。中学生の時に一生涯で一番好きだった人を今考えたらそうではなかったことを知って残念な気持ちになる。結婚する時に一生涯で一番好きな人だと思っていたのに、好きと愛してるは違うのかなあと伴侶ですら一生涯で一番好きな人じゃないことになる。そんなバカなことを考えるおじさんにだけはなるな。うん。

0
みうら (2018-10-24):

ステレオさん 一生涯で一番好きな人が隣を歩いていたら僕は少しだけ後ろを歩くようにするんだ。一生涯で一番好きな人が少しだけ前を歩いていたら僕は早歩きをしながら前をいくの。一生涯で一番好きな人が少しだけ後ろを歩いていたら僕は振り返って安心する。そして現実に戻ったり夢みがちなセンチなため息をついている。大していいことあるわけじゃないだろうなんて口ずさみながら。うん。

0
オオサカダニケ (2018-10-24):

良い詩だなあと思いました。恋と愛は違うのでしょうか。さりげないがスケールの大きな描写から、一杯のコーヒーへ。

0
みうら (2018-10-24):

ボルカさん 一生涯で一番好きになった人と向かい合って食事をすることは絶対に避けなければならないと二十一歳の時からルールにしていて、一生涯で一番好きになった人は二十一歳の時からそれはどういうこと?と疑問を呈してくるのは今も変わらなくて、その答えは沢田研二のあの子にご用心を聴いたらわかるのにって、一生涯で一番好きになった人に今も言わないし、言わないでも理解してる一生涯で一番好きになる人は今も居て、来年ぐらいからはもう見つけなくなるかもしれない。うん。

0
みうら (2018-10-24):

沙一さん 一生涯で一番好きになった人が現われるたびに僕は必然を感じるのに、一生涯で一番好きになった人は何度も現われる。これは偶然なのかと残念に思う頃には大人になっているの。一生涯で一番好きになった人が小さな恋のメロディの主人公のメロディに似ているところだけはいつも同じたからやっぱり必然なのかな。うん。

0
みうら (2018-10-24):

オオサカダニケさん 一生涯で一番好きになった人を表現することはとても困難で、それは僕が頭が悪いからかもしれないんだけど、一生涯で一番好きになった人がずっと続いていくことはとても気持ちがいいことで、一生涯で一番好きになった人が居ないと詩が書けない。かもしれない。うん。

0
オオサカダニケ (2018-10-25):

そうなのですね、すごい。

0
渡辺八畳 (2018-11-06):

大賞候補なので読んでみた。 これは同じく大賞候補である私の「遺影」とは正反対の詩だ。というのは「詩語」(既存の詩作品の中で使われ続けたことによって詩文のなかで使用されるとき自動的に詩情が付与される語)を大量に使用しているからだ。「花」だし「朔月」(朔太郎を連想しない詩人はいないだろう)だし「星々」だし、「十二の弦」って表現もまさに詩文って感じ。そもそもコーヒーってのが詩人好みそうだよね。それらがもうほんと優等生みたく的確丁寧に配置されている。カッチカチに詩だ。詩の生産ロットから出てきた、まさにこれこそ正統派元祖家元の「詩」って感じ。 これ、肯定的に言えば既存の需要に合致しているということだ。はずれが無いんだよ、誰にでも勧められる。昔ながらの醤油ラーメン。なんだかんだいってベーシックは強い。 さて、「コーヒーを飲もうか。」が大賞になるか「遺影」がなるかそれとも別のものが勝ち獲るか、勝負じゃーーー!!!

0
帆場 蔵人 (2018-11-07):

Bレビで読ませて頂いたみうらさんの作品のなかではこれが一番好きだと思いました。渡辺さんのコメを読み、あぁ、確かに詩句はまさにベーシックというか、外してないなぁ、と。 ひとりだけ、ひとりだけのユキがいる ここが強く印象に残りました。ひとりだけ、に捧げられたひかりのような詩ですね。

0
るるりら (2018-11-09):

こんにちは すごく好きな恋愛詩でした。花の色も月の在り様も心が満ちてくる。 出会いの場所も、フェンスを含む情景描写も、いい です。ベタな東京タワーも いいな。 むかし「あの娘」(中島みゆき)って、曲がありました。「さしい名前をつけた子はあいされやすいというけれど♪」って歌詞と 女性の名前がいっぱい列挙されていて、愛されキャラに対するジェラシーの歌でした。 この詩のひとりだけのユキさんは、まちがいなく 愛されキャラで、たまに女子に憎まれるタイプじゃあないかな。 ほとんど、どうでもいい 本音を言うと(書いたあと、絶対 わたしは後悔するけど) わたしの本名には「ゆき」って 発音する部分あるし、わたしには東京の思い出も神社の思い出もあるぞ。と、赤面して しまったのでした。で…ですね。 なんども 読み返したのですが、この詩を評価しますかといえば、はずかしいです。ってことになるのでした。 でも 本音の本音をいえば、自分の昔の日記帳を にやにや読み返すみたいに、また ひそかに、ああ うっとり……とか思いながら、再読すると思います。あは

0
みうら (2018-11-09):

渡辺さん この作品が人目につくとあまりよろしくなくて、ルミナスラインが目立たなければよいのにと思っていて。大賞なんてもってのほか。大賞いらない。大賞いらない。

0
みうら (2018-11-09):

帆場さん ルミナスラインを見つけてくれて嬉しいなあ。でも大賞決定戦では投票しちゃだめ。大賞いらない。大賞いらない。

0
みうら (2018-11-09):

るるりらさん ぶっちゃげ言いそうになった。あぶない。あぶない。ルミナスラインはやばいよね。結婚しているとかしていないとか関係なしにルミナスラインは飛んでいて。大賞いらない。クリプレもいらない。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1