トビウオ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

無題

ゼンメツ

伝説

三浦果実

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

トビウオ    

 水平線にむかって  トビウオが一匹 二匹  三匹 たくさん の  トビウオが  一匹 二匹 三匹 たくさん  胸鰭をひろげて 海水がしたたるまえに  きしゅっきしゅっ跳ね跳んでは  再びまた海中にそしてまた  きしゅっきしゅっきしゅっきしゅっ  飛んでゆく 見えなくなって  消えてゆく


作成日時 2018-09-27
コメント日時 2018-10-15

トビウオ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 1520.2
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 12
#受賞作
項目全期間(2021/12/02現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性44
エンタメ11
技巧11
音韻44
構成11
総合ポイント1212
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性44
 エンタメ11
技巧11
音韻44
構成11
総合1212
閲覧指数:1520.2
2021/12/02 09時07分50秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

トビウオ コメントセクション

コメント数(10)
三浦果実
(2018-09-27)

なぜだか気になってしまう作品。なんだろうかと、こちらの作品スレッドに戻って読んでしまう。トビウオの様を、トビウオの現象を、感じるままに書かれている作品、ということなんだと思う。それはライトな作風であり文字数が多い作品の中ではアンチテーゼなものとして存在感がある。それは作者の意図ではなく、読み手の私の感想として。詩文の在り方として訴求してくるものを感じました。

0
紅茶猫
(2018-09-27)

「きしゅっきしゅっ」という擬音がこの詩の全てではないでしょうか。 トビウオの一瞬の動きを捉えている、とても俳句的な表現だなと思いました。 言葉数が少ないから、より一層鮮やかに伝わる。 海の広さ、色、トビウオの腹の輝き、スピード感、そういう言葉として書かれていないものが伝わってきます。

0
蔀 県
(2018-09-27)

いい出来と思います。詩がむやみに誇張されていないので、話がすーっと頭に入ってくるし、扱っている題材もあいまって、とても爽やかな読後感です。また、空白マスが、かなり効果を出しているように感じました。たとえば、「一匹 二匹 三匹」という、トビウオを一・二・三とたしかに認めるときの間。《場/空間の広さ》《ゆったりした時間》みたいなものが伝わってきます。あるいは、「きしゅっきしゅっきしゅっきしゅっ」という、トビウオを連続的に捉える行の直後に、「飛んでゆく 見えなくなって/消えてゆく」この《拍》が設けられているところが、かなり味わい深い。ぼくは大好きでした。

0
クヮン・アイ・ユウ
(2018-09-27)

>>「海水がしたたるまえに」 という言葉、「ひっかかりなく読んでしまいそうで」と書きながら、ひっかかったから書いているのだなということを自覚しています。ともすればあまりに目立たない言葉なのかも知れませんが、わたしには何故か気になるものがありました。水滴が落ちるスピードと、トビウオのスピード。何故だかわからないのです。とても気になりました。いい詩だなと思って。 >>「胸鰭をひろげて」跳ぶ姿を誰が、どこから見ているのだろうということを考えました。 ここまで書いて、この詩は視覚の詩だと気がつきました。はじめは、リズムの詩だと思っていたんです。 後ろから見ていたら「胸鰭」は見えないかなぁとか、でももしかしたら視点が撮影カメラのようにヌルヌル動いているのかもなぁとか色々なことを考えました。 生き物が(懸命に)生きている姿を切り取れば、そこに詩情が浮かび上がる。素晴らしい詩だと思いました。

0
渡辺八畳
(2018-09-28)

一件シンプルな詩だが、しかし無視はできない。 たとえば 「トビウオが一匹 二匹  三匹 たくさん の」 と 「トビウオが  一匹 二匹 三匹 たくさん」 の改行の違い。 前者はトビウオと1や2といった少ない数字とを同行にすることで、ひとつひとつ丁寧にトビウオの存在を指す効果がある。 後者は1,2,3、and moreとすることで前者で指した対象が非常に多い数いることを印象付けている。 この構成により、実数としては3までしか表していないのに「たくさん」という表現がほんとうにたくさんの数字を示すことができている。 ほかにも「胸鰭」と、この詩としては異例に硬い熟語。詩の中間行にある故に視覚的にも魚の中間にあるヒレを連想させ、またここから詩の展開が変わってくるといるメルクマールの効果も出ている。 ほかにもあるが挙げていたらキリがない。 特に一つ目の特徴である改行の妙を私は評価したい。行分けを行う意味とは何か、を考えることは詩の古くからの課題である。これがなかなかに難題で、巷では(もちろんビーレビでも)句読点代わりに漫然と改行をしているだけの詩も多い。昨今の現代詩は昔より散文詩が増えた印象があるが、これも課題に対しての「そもそも改行する意味なんてないんじゃね?」というひとつの回答だと私は思っている。 この詩に関してはその課題に対し実に優秀かつ真正面から回答を示しているなと感じる。 いやぁ、すごいよこの詩は。

0
田無いなる
(2018-09-28)

 みなさま、コメントありがとうございます。 >>三浦天才詩人果実さん  僕の感覚でも、この詩は手のひらにちょこんと乗るくらい、ライトなもの。その軽さのなかにも、三浦さんの感性に触れるなにかがあったのかな、と想像します。  「なぜだか気になってしまう作品」、とても嬉しい言葉です。 >>紅茶猫さん  僕は俳句や短歌などの短詩も好きで(読んだことがあるものは、ごくごく少数ですが)、幾つか実作してもいます。その影響が、たぶん自分の詩にはあるだろう、と思っていました。《きしゅっきしゅっ》が、あるいはその一部だったのかもしれません。  書いていないものまで伝えることができたのだとすれば、書き手冥利に尽きるなぁ、と思うと同時に、それは紅茶猫さんのちからだな、とも思います。感謝。 >>蔀 県さん  「いい出来」。ありがたいです。僕にとって、詩のなかの空白はとても大事……というか、上手く言えないのですが、『ここは空白だよね?』『うん、そうそう』みたいなところがあるので……すみません、わかり難くて。  自分の詩が「大好き」と言ってもらえるなんて、ほとんど想像したことがなかったので、正直ちょっと照れます、ね? >>クヮン・アイ・ユウさん  《海水がしたたるまえに》。ここは投稿前、読み直しているとき、変えるかどうしようか、迷ったところでした。僕自身、ひっかかっていた部分なのです。が、今はこれで良かったんじゃないかな、と思えます。そして、「視覚の詩」。実際書いているときを思い返すと(結構前に書いたものなんです)、普段より視るってことを意識していて、たしかに(脳内の)撮影カメラが移動したりズームしたり、だった気がします。感謝。 >>渡辺八畳@祝儀敷さん  もの凄くお褒めくださっているようで、逆に申し訳ない気持ちすら湧いてくる心持ち……ですが、諸々分析していただいており、嬉しいです。  特に詩の改行(行分け)は、空白と同じく僕のなかですごく、大切な部分なので……やはり上手く言えないのですが、そこに目を止めて、評価していただけていることは、この詩書いて良かったな、と素直に思います。感謝。

0
stereotype2085
(2018-09-29)

目に留まりますよね。この詩は。技巧的な部分では、渡辺さんが存分に解析なさっていたので、僕自身「そうか」と納得しましたが、詩情という点においてはトビウオを、古い言葉ですが「企業戦士」や「名もなき市井の人々」といったものに照らし合わせて、描かれている印象がしました。きしゅっきしゅっきしゅっきしゅっ。何だか悲しげです。

0
ヤエ
(2018-09-29)

詩を読むとき、内言語として拍子をつけて読む人は多いと思います。空白と改行がとても心地よく、詩にリズムを産んでいますね。また、飛んでゆく、消えてゆくとの繰り返しから、スピード感が生まれているように思います。たくさんで集まってどこへ行くんだろうと考えると、とても楽しかったです。

0
田無いなる
(2018-10-01)

<<stereotype2085さん  コメントありがとうございます。あ、なるほど……トビウオを「企業戦士」や「名もなき市井の人々」等に照らし合わせて読むと、たしかに「きしゅっきしゅっ」が寂しげにも悲しげにも感じます。僕自身、意識していなかったので、この詩を再発見できた気がします。短い詩ですが(だからこそ、かもしれませんけど)、読んでくださった方によって結構、印象の違う詩なのかもしれないですね、これ。 >>ヤエさん  コメントありがとうございます。少し考えたのですが、この詩の改行と空白は、書き手としての僕の生理的な感覚と、読み手としての僕の「ここはこうした方がより良い」というような比較的理性的なものとの複合から出てきてる……のかな、と思いました。スピード感も、ほぼ同様な気が。なにより、楽しんでいただけたのであれば、それがいちばん嬉しいです。

0
ほば
(2018-10-15)

ストレートに自然を観察されたような情景に好感が持てる作品ですね。技巧についてはもう皆さん書かれていて、今更だけど言葉の配置が上手く、工夫が見えます。 最後の 飛んでゆく 見えなくなって 消えてゆく 広い海原でちっぽけな自分がそこにいる、何故かそんな感覚を得ました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1