徒然草 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

徒然草    

  瞬間を撃つ 言葉が 文字にされて 死んでいる 静かに 頁の上に 死んでいるのを 語りかける 家 で 家も 死んでいるかも知れない エリック・クラプトン ベスト盤 流した 午後七時の家 グラッジな 家で 薪が積まれ 貧そうに 痩せた この家で 俺 は 生活している 営んで いるんだろうか ひとか 神か 教えてほしい から 詩 で 問う の なかで 冷房が 効きすぎている 元気なものは 夏野菜ばかり 胡瓜を 味噌で齧る イイネ ハイヤ-なテンションだ 今日は きみを抱いたから 少し元気だ 元気玉は つくれない 友達 すくないから または いないから の間を 彷徨って 煙草を喫ったり 止めたり している 不甲斐ねぇ 郊外はつまらねぇ 酒の悪魔はいらねぇ 書き込みだらけの 聖書が いま いらねぇ いらねぇ いらねぇ いらねぇ 要らない物が多過ぎる 髪もいらねぇ 眉毛も役に立っているのかわからねぇ 指 指が動いている いま 指だけが動いている いまに 今に集中して 孑孑を飼っているようだ 深層意識に 孑孑を よよい よよい いいよ いいよ どうせ屑なんだからさ な 都会な風を 電話線から 寝室に 入れてやる あの娘からのラインの返信はない この詩を 頭から 声に出して読んだら ダウナー だった 深い 深い いわおとなりて 苔のむすまで ダウナー だった 書いて わかる 現れる ことがある それだけを信じて いるのかも、 、 いたのかも いま 起きた おは 今日もよろしく 現代詩 を 眺め 下りながら 中庸、 で ありたいとおもった 何に対しても、 なんでも 嫌じゃなくならないで 聞ける 耳 が ほしかった 今も さっき コンビニエンスストアーまで 朝の散歩 に 行ってきたら こぶりの 雨が 降っていた 眼鏡が濡れて ダメージ な 感じ で ふらふら 歩いていた とおもう 明日 仕事 なのにね どうしようもないね 宇宙の 運行に 遅れをとって さびしみは彼方の 冷蔵庫で 冷やされて コチコチ 固まって いるから安心 なんでも放り投げろ なんでも入る穴がある 欠損しているんだ 脆弱なんだ、俺は 川なイメージ 濁水な 川なイメージ 刺す 食す 感想をいう 生活にとりついたマンネリズム 獰猛な 動物に ならなければ 獰猛な 野蛮な 動物に ならなければ 煙草は 煙草は やめられん ちゅーか 煙草すわんと 詩が書けん ダメヤン ダメヤン太郎 目に潤まれて 目が潤む 雨 傘は窃盗したもの サヴァイヴ ユニクロで コンバースな 朝 朝は 夜に やられっぱなし その 固定概念を 破らなければ 仕事は中断 注意避難警報 いない身元引受人 親戚から粗末にされています いつでも愛に飢えてる、俺 へへ 笑っちゃった 音楽を聞こう ライヴ盤の ルー・リード「ヘロイン」 がいい ジャンキーを 王様にさせる曲 なぜか今吐き気がしました へへ また笑っちゃった ダビデ フランケンシュタインの幻影 市には珍しい煙草が溢れ 日本製の煙草は安すぎる 考えれば 考えるほど 消費社会に嵌まり 禁煙はとおくなる 真面目に悩んでいるんだ 俺、 へっ ある日鳥になれたら 昨晩はよく寝た 数え損ねた羊たちを捜しにいこう 待てよ 何か勘違いしているんじゃないか 俺のコスモは もうボロボロなんじゃないか 俺は 終わりの感覚が大好き だったから 錯覚して 現実をみていなかった ついには 弥勒菩薩まで持ち出した 五十六億七千万年後 俺は確実に死んでいる いや そう言えるのか? バイオテクノロジーは 人間に永遠の生命と 退屈 退廃を与えてくれるんじゃないか? って 朝から俺は何を夢想しているんだ? 俺は詩にさえ騙されているかも知れない ちょこちょこと書く 書いては消し 書いては消しを くりかえし 段々純粋になっていると 頭の整理がついてゆくと 信じていた俺 また俺 俺 俺 俺、 、 溜息が出ちゃうよ 溜息に 赤が 混じって 終わった 、 嗚呼 寒い 暑い 寒い わからなくなって、 ダメヤン ダメヤン太郎 複雑な パズルを解くに 俺はもう答えを知っているから 書いていて つまらないんだろう 徒労の果てに辿り着いたお前の家、 だよ きみは俺を 対症療法的に救う 俺はぐれる セラピーは効かなかった 禁煙セラピーなんて本 読んでいて自己険悪が増すばかりだった 日本の煙草には やめづらくするような化学物質が含まれているんじゃないか? すべては企業秘密 コンビニの前でノアールを吹かす女のハスラー 俺は何者でもない 従業員ではあるけれど 詩人ではない 詩人というものがどうあるべきか説いてくれ 時間があったときでいいよ でも経験だよね ロックな魚屋もいればパンクな八百屋もいる ってことさ この街はもうガタが来ている でも皆そのことに触れない 美味しい桃をわけあってたべて 去年とどう違うかはわかるんだ 未来のことまではおざなりだ 潰れてしまえばいいんだ 一度 嗚呼 俺は酷いことを言っている みんな睡眠負債を抱えた酔っ払いだ 逃げ切ることばかり考えている 俺も 俺もそうさ 大震災が起きたら 即死で死にたい サヴァイヴァルに巻き込まれたくない 浅原は殺された 当然だね 俺の大切な鴎のジョナサン あれを汚した罪は重いよ そう 俺は飛んでいく 練習をしているんだ いかにはやく飛べるか 練習しているんだ ギャギャギャギャギャ、 ちょっと疲れた 横になって時計とにらめっこ 終わらないきみとのおにごっこ 記憶 嗚呼 鉄棒の得意だったスズキヒカル君 シナプスをシンプルにして きみに救われたいよ よせては かえす 波 朝の月 何者もかけがえがないよ に 立ち止まったとき 俺は生の、明るい 方へ歩く 歩きはじめる 歯の浮くようなこと書いちゃった この詩も又 確実に 下に 深部に つづいているんだ しかしそこには 何もない 終わりの気分が つづいてゆくだけ そうだ いいこと思いついた きみだけが知っていること それを教えてあげたらいい フィッシュマンズを聞こう ナイトクルージングを聞こう 後部座席のみんな眠っている 冷えたハイウェイを飛ばす いい声聞こえそうさ 幻聴、 じゃなくてね 虫になってしまった 虫になってしまった 虫になってしまった 虫になってしまった! ザムザる夢から覚めて 日々は冷えた 鎮静の方へ向かう カラカラと点滴をひく音が聞こえる もう成長するのはやめよう でも頑張ろう 今まで頑張ってこなかった から これから頑張るのはいいことさ 多分ね 親孝行さ 働くことはね 今 誰かが僕に触れた あたたかいような つめたいような手だった 予想に反し 長い詩になってしまった ので 丁度3000字で 切り上げよう 誘う 夜のはじまり 屈強な夜 をどうにかなったりしないで 飲む 歩く 聞く 離れる 帰る の 昨日 きみはやさしかった 対症療法的に僕を救ってくれた それは安全であると 教えてくれた 帰宅して 暫く 興奮していて ちょろっとメモ程度に 詩を書いておいた 言葉の上で ひとは何度でも死ねて その魂は 朝にはすっかり洗われていた のが 哀しかった なんて 陳腐だね へへ 笑っちゃった 撃たれて 死んだ 言葉を 蘇生させるために 確実な足どりで 狭い部屋 僕は 朗々と 語り読んだ 退屈だった、 しょうじきいって。 詩を 書いて 得るものは 僕はここにいるよ ってことだ 考えなんて あとから でっちあげたもんだ ベルトと レンチ 俺は レンチを選んだ いま 体中が痛い 読みかえしみりゃ 断然混乱してるな 嘘は書いてない 嘘は書いてない 嘘は書いてないよ! 石鹸で体を洗う 風呂上がりは 気持ちがいい 語り損ねたまま まだ語り足りないの? 機体は 旋回を繰り返す 片付けは手紙一枚で済んでしまった 終わりの予感がしてきただろう やさしいような かなしいような 動悸がする 信じられる ドキドキがする 一日単位で暮らしている やーい 山彦やーい やーい 山彦やーい 飛行機の上から喚いてみたよ って ときにはトリップ、 、 、 嗚呼 何か見つけた気がするが 気のせいだ 、 、 人を攻撃してしまいそうだ 人を攻撃してしまいそうだ 人を攻撃してしまいそうだ 本当にそうだ 嘘は書いてない 人を攻撃してしまいそうだ 人を攻撃してしまいそうだ 人を攻撃してしまいそうだ  


作成日時 2018-07-16
コメント日時 2018-08-14

徒然草 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 669.4
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
#受賞作
項目全期間(2020/08/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:669.4
2020/08/07 11時59分27秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

徒然草 コメントセクション


コメント数(6)
かるべまさひろ (2018-07-18):

「予想に反し/長い詩」でした。 でも長さが途中からわくわくしていました。 2連目に入ってから、このスタイルなら長ければ長いほど面白くなっていくなぁと思っていたら、本当に長くなり、言及もされていて、引き込まれました。

0
まりも (2018-07-24):

つれづれなるままに、を実践してみたら、こうなりました、という事後報告的な感覚があってずうっと眺めるように読んでいて(すっと入って来る言葉があるな、と思ったり、改行のリズムが音楽的な効果を持つ部分があるな、と感じたり、どこまで続くんだ?と、読むほうも「つれづれなるままに」思いつつ)最後で、書き手と読み手が逆転するような仕掛けというのか、勢いに出会って、良かったな、と思いました(という感想も、妙な具合かもしれないけれど) 流れや音感で読ませる部分と、意味や映像イメージのまとまりで読ませる部分のメリハリが、もっとあれば長さが逆に効果的になったのではないか、と思うのだけれど・・・どうでしょうか。

0
ゼンメツ (2018-07-24):

僕はいま本当に心に体力がないので、超個人的に面白いか面白くなりそうな作品以外にレスをちょっとつけられない。つまり、この作品は僕にとって本当に面白いと思えたものだ。作中はもう、俺、俺、俺、どこまでいっても俺だ。なんだか「自分だけでは鎮めることのできない自分」を作品として切り売りすることで、読み手に詩情を思わせ、その結果として自身の魂を救っている。そんな儀式のような作風にも思えるほどだ。ただ、このリズム込みで面白いのは事実なんだけど、この長さの行分け詩がどうしたって読みにくいのも事実。なんならわりと多くの人から読み飛ばされてるんじゃないかな。作者は普通に文章巧いんだから句読点だけでもリズムを刻めるかどうか挑戦してみてほしいとは、個人的に思いました。

0
ふじりゅう (2018-07-25):

拝見しました。独特の文体が長くなるにつれて、なんとなくすらすらと読めていくという不思議を味わえました。特に素晴らしいと感じたのは、 [バイオテクノロジーは 人間に永遠の生命と 退屈 退廃を与えてくれるんじゃないのか?] の部分ですね。そのすぐあとに我に返る主人公の像が浮かんでくる一文です。

0
田中恭平 (2018-07-29):

皆さま、こんなに長い詩を読んで下さったことに、まずは感謝の念を贈りたいと思います。 ありがとうございました。 かるべまさひろ様 そうですね、全てで3000字ありますからね。お読みくださりありがとうございました。 軽いジャブを延々撃ち続けているような感覚でしょうか、途中で書いている作者も その内容についていけず、意識の流れ、に身をほだされる状態に陥りました。 もっとライティングする練習をしたいところ。書かされているというのでしょうか 私も書くことに対するコントロールを失ったのです。それはわくわくする体験でも ありました。重ねてありがとうございます。 まりも様 次にこのような形式で書くとしたなら、もっと構成を練ってから行わなければ ならないなとは自分でも思います。とにかく実験的なことを行い、それを成した。 成功したか、しなかったか、そのジャッジは読者がするものですので そのジャッジに読者側が率先して挙手できるものにはしたい。 一方で構成を考えて書き出すと、失うものもあるように思われます。 なんともいいきれません。ともかくも、参考になる意見をありがとうございます! ゼンメツ様 お読み頂き、またお褒めの言葉すら頂き感激しております。そうですね、この作品は どこか儀式的というか、実験的といおうか、俺まみれなのはいつもそうなのですが 今まで書いてきたことの総決算というか膿みだしのようなものになっていると思います。 そうですね、自分をネット詩上で物を書いているのは、やはり自分を救いたいからです。 自分だけではありません。いや、それはわからないけれども、自分はいつも社会の一番 下からの感覚で物を書いています。 確かに読みにくいですね、行分け詩の良さは次に何がくるかわからないところだと 思うのですね。それは今作でやりつくしたし、否まだ不徹底な部分を回収した方が いいかもしれない。揺れています。ありがとうございました。 ふじりゅう様 段々意識の流れに埋没していく過程で、読みやすくなっていくということでしょうか。 例にあげていただいた部分は自分でも気に入っています。ありがとうございます。  

0
こうだたけみ (2018-08-14):

ときにはトリップ。 NICE CHOICEだと思いました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1