空の別名 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

大人用おむつの中で

すごい

これ好きです 世界はどう終わっていくのだろうという現代の不安感を感じます。

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

空の別名    

巡礼の途中で食べた蕎麦の味を覚えている その日の私は空色に囲まれた 頑なに後戻りしないニュースを 大人しく座って待ちわびる 古椅子の革の裂け目から黄色いものがはみ出して 熱々のお蕎麦には冷たいコロッケがよく似合う 一日に三百万人死ぬ記録 五百万人生まれる記録に追いつけなくて どうしたって足りない現実が 今日もまた与えられないまま 記録だけが増えていく 小さなおにぎり付いてきて 昔話みたいな洞穴を抜け出たら もう道がわからない 上界に行こうかそれとも さびしい道にしようか さびしい道しか選べないけど 私はいつだって問い続けて来た わからない理由のままに、こうやって 空は透明の別名 海が見えなくても海の色で 凪いだとしても波の色 汗もいつか乾くから向かい風も平気 隣どうし顔見知りが 顔見知りのままいられるために あと三つは山を越えなくちゃ 何人死んでも開いてたお店の お婆ちゃんはお釣りもゆっくり数える 私が生まれる前からあったサイダーの 色粉の浮き沈みまで覚えているから 話して聞かせて まだ昨日の成分も幾分か混じっている空が 何でも吸い込んで走り去っていくから 便利な機械をとうとう手に入れたんだと思った 一日に三百万人生まれるあの人 五百万人死ぬあの人に追いつけなくて どうしたって足りない恋が 明日もまた やって来たのは頭のいい子供 たこ足コードの先のカセット テープの緩みもいちいちチェックする 私が誰に似ているかなんて 私以外の人しか知らない 教えてくれても興味ない 知らないし、知り得ない しーりーえーなーいー ドードーファーミーレー



空の別名 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 689.9
お気に入り数: 0
投票数   : 3
ポイント数 : 0

作成日時 2024-05-06
コメント日時 2024-05-09
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2024/07/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:689.9
2024/07/21 00時41分18秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

空の別名 コメントセクション

コメント数(10)
黒髪
作品へ
(2024-05-06)

小学校では、まず感想文の書き方から習いました。それに則り、コメントも、まずは感想文 として書くのが、分かりやすく、良いことだと思います。 それで、私は、読んだあとの、感想文を書きます。 空は透明の別名!そんなことを私は考えたことがありませんでした。入院中に、混乱した頭で、 旅の支度を整えようと、部屋を一生懸命に片づけたりしながら、せわしなく動いていました。 わけの分からないことをしているな、と客観的にわかっていても、行動と思考は、それで正しい と分かっていました。お蕎麦はおいしいですね。 「わからない理由のままに、こうやって」、その通りですね。 生まれる人にも、死ぬ人にも追いつきたい、と願うあなたは、きっと史上最高の頑張り屋さんでしょう。 博愛の精神があるから、そのように考えるのでしょうね。 一切皆空と言う空さえ知ったのに、まだ知り得ないとは、? 平和な日常の中で、幸せになりたいものでしょう。出来うるのならば。 私は、カデンツァの準備はしていないけど、アドリブで行くべきかも。 アドリブができてこそ、自由意思ですね。

1
A・O・I
作品へ
(2024-05-06)

>しーりーえーなーいー/ドードーファーミーレー せっかく美しく纏めているのに、なんかもうちょっとうまい見せ方がありそうだなと、私は思いました。私という存在が、過去に対し興味ない知り得ないということを、形で姿でちょっと投げ出したようなかたちで、わざと御破算にしたイメージで、置きたかったと。私は音感ないのでその雰囲気が掴めないだけでしょうけど。ここきっと作者的には譲れないこだわりだろうな。まあうまいなと素直に思ったのだが。ただ 空は別名 というタイトルにするには、空に対して視界に開けてこないんですよね。なので四連目で纏められている部分をバラし、各連の姿に入れ込んでもいいかなと思いました。 。

1
妻咲邦香
黒髪さんへ
(2024-05-07)

ありがとうございます。まずは匿名にしちゃって申し訳ないです。←これで誰かは察してください。今回はどうしようかなと思ったんですが悩んだ末に結局匿名にしました。 私は詩を書きたいというよりかどちらかというと風景を書きたい、に近いんです。その対象がたとえ心情であっても、詩的なロジックというかまとめ方にはあまり興味がなくて、私が面白いと思ったものを羅列したい、というのが書く際の一番の衝動となっています。 なので「わからない理由のままに、こうやって」、つまり「どうやって?」と突っ込んでもらえるかな?と、そういうノリ、感覚です。どうしても舞台出身なのでこちらから伝えたいというよりも、相手から引き出したいという思いの方が強いです。 私は一人で散歩するのが好きなので、生まれながらにしてカデンツァでしかないのかもしれません。アドリブが苦手なので、それが出来る人はカデンツァである必要はない気がしますね。

1
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-05-07)

最初に想ったのは「筋肉を感じないな」ということでした。思い出を述懐するのと(一般にはこれが詩だといわれている)、思い出をその輝きのままに再現するのとでは、詩の「温度」が違ってくる。で、どうも、やや温度が低い気がする(この感慨は、このサイトで人気者の1.5A氏や佐々木春氏にも同じく感じるが) まず、この風景は、本当に作者のてもとにある記憶なのだろうか?と、思うのですよね。今まさに活動している者が今、歌っている歌は、ドクドクと音がするものです。俗にいう「ガンギマリ」っていうやつですね。一日に、30分しか寝ないショートスリーパーの如く。 めっちゃ良かったです。

1
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-05-07)

空は透明の別名 海が見えなくても海の色で~一日に三百万人生まれるあの人 五百万人死ぬあの人に追いつけなくて~。なんてことのない独白調子の語り口でも、無垢な捉え方ですね。たぶん女性の書き手さんでしょうが、小説にしても詩にしても、女性の方々の台頭ぶりがわかるようなレトリックです。技巧とか思想とか、考え込んで書いていては書けないような面白い語りかけですね。まあ、年齢性別の違いもあるのでしょうが、嫉妬すらを覚えてきます。

1
妻咲邦香
A・O・Iさんへ
(2024-05-07)

ありがとうございます。お察しの通りまずこの詩は絶対に尻切れトンボで終わらせたい、という思いがありまして、人間というのはどのような人生、運命を辿ったとしても最期は例外なく尻切れトンボで終わるという。満足して全てやり切って終わる人はいません、抗えないからしょうがなく納得してるに過ぎないのです、という仮説に乗っ取った終わりにしたいというのが前提にありました。煙のように散逸させたいというか、このような乱暴な終わり方をする作品が今後出て来るだろうかという矜持もあって、やるならこの流れこのタイミングで今だなと。私の書くものはほぼ全部が全部そんなノリだとも言えるんですが、最適なものよりも先にまず掴み取りたいものがあってそっちの方を取りに行くという、そんな感じです。 タイトルについては元々「別名」だけだったのでそれでも良かったかな、と。

1
妻咲邦香
おまるたろうさんへ
(2024-05-08)

ご指摘ありがとうございます。筋肉ですね。やばい、最近全然運動してないから。付けます付けます、毎日欠かさず腕立て伏せに腹筋にエンゼル体操。佐野元春も呼んでピアノを弾いてもらいます。温度も上げましょう。寒がりなお客様のために、設定温度を2℃あげて。あとはてもとにある記憶、つまりおてもとですね? はいはいご用意いたします。最後はドクドクとガンギマリ、えっとわかりました、渋谷でガングロギャルを捕まえて毒を盛れってことですね? お安い御用です。これで完璧。行ってらっしゃい。

0
妻咲邦香
メルモsアラガイsさんへ
(2024-05-09)

ありがとうございます。女性です、さらに美少女ですと言いたいところですが実は男性です。しかもかなりの老体です。でも安心してください、心は女性です、と言いたいところですが残念ながら身も心も男性なのです。たまに女性に間違えられることはありますが。もし本当に女性だったらどんな詩を書いてたかなあ、と考えることはあります。

0
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-05-09)

ああ、そうでしたか。ん!コメントを読んでひょっとして、と思っていたのですが、見事に騙されましたね。笑。私からみればよくぞ騙してくれたのよと。お見事ですね。

0
妻咲邦香
メルモsアラガイsさんへ
(2024-05-09)

はい、ありがとうございます。騙してしまって申し訳ありません。笑。実名は伏せますがいつもアラガイ様には勇気をいただいております老体でございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2