椅子取りゲーム会場ゲーム - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

椅子取りゲーム会場ゲーム    

ある男が良心の逆サマを蹴り倒す 足枷だった好奇を辱める、 下々の矛も払いのけながら非常口へ もう逃げるのか! 地べたに這いつくばれ! その戦場も 接待を隠すこと に 錆びつき 陰る  またそぞろに歩く者たち 拮抗する会場内は、 折れ溢れの無い足摺りが纏わりついていて、 煙たい薄膜の向こうで、笑い、 消化液を飲み交わす紳士たちがいた 静寂だけの天井には、 カラスミのようなものが群れながら蠢いていて、 会場を、閉鎖的な廃界へ向けて弾き放たれる ピアノソナタ 離れては再度、椅子の背に手をしなやかに。 マドモワゼル シルブプレ? たまに馬鹿みたいに速く走ったりする 隣にももう一つ会場があるようで、 膜の外から、黒覆面の男らが数人、 ドル札を強くめくり数えるのが見える ワン、トゥ、ワン、トゥ、 進まないのさ、不敵なトークに、 たんまり種を埋め合わせながら、 彼らは独りで踊っている 参加者は絶えず入って来て、 椅子の周りを延々と歩くも、 茶番以外の何物でもない 欺瞞者が謙虚に入って来て、 椅子の脚を我がもの顔に褒めるが、 いつの間にか舞台袖にはけて、 進まない永円性に加担していく 残響している音符に、さらに施された、声 「この会場は公平に公平!」 「希望と期待と千載一遇に生命を賭けられるあなたたちは素敵!」 「成功も失敗も道につながるから行っといで!」 僕は 古びた手帳しか持たずに家を出て来てしまった 帰路か岐路に立たされた一輪の花のように、 自責の念に流されている僕の背中で、 果たせなかった肌の悲しみの夢、すべり、 僕の尻の溝に綺麗に隠れていく 醒めない狂気の底ではあなたが頬に、 点けてくれた証命も腐臭に 弱い僕の影がやっと地面に映し出された 僕の手帳の中で痒みを訴える文字奴隷たち それにしても、虫たちは健やかに見える 静かに羽音を、望む風に載せている 彼のステップなんかは今まさに 天井を突き抜けそうで 突き抜けて星空に座ったりする 誰も彼を見上げたりしない 椅子に這いつくばれ! 走れ! 走れ!  は し れ! 見上げると、 当然そこにはもう何も居なかったり 不器用な蜂が 僕の脚の間を通り過ぎる 愚鈍な蚊たちと カラフルに罪を落とし濾す ほどけた青の眼が、愛撫を送り続ける 甘い教訓が香るため、 その排液を殊に飲み干して、腐心の燃料に換える またぞろぞろと そぞろにあるく そぞろにあるいて そぞろにはしる 昨日も今日も明日も明後日も 椅子取りゲーム会場 では 垢守りの饗宴が開かれ 衝動と醜悪の昇華へ 泡沫が少しずつ厚くなっていく、 放蕩の更けに僕らはいる 雨を知らない囚人の怠慢 求刑蔑視の過ぎたHOPEの果て 辺りに響くのは僕という音叉が吐き出したゲロ、恥の声 仮定条件に立つ踝のかわいさ ずっと悟らない革靴も 不意のシャバダバに熟れているだけ 白濁色に描かれた傷が 不甲斐なく休符記号を愛したよう 絶え間ない蒙昧が死から既知の狭間に 僕は人形ではない 表情を持っている 手帳も一冊持っている 今は開けないが いつかは匙になる 造作もなくここを壊せる どう走っても、歩いても、 不明形の領域はどこまでも倒れていて 高尚のように見えていても、 牢のすぐ外も〈標榜の海音〉に囲われていて、 「僕たちは一体何者か」 と、椅子が喋り始める 会場の隅に一人の子供がうずくまっていた 歩き近づくと、 ピアノが止んで 足音が止んだ 笑いが止んで 星が止んだ 椅子が 咳した 子供は顔を上げて、パパ、と若い声を震わせている 手帳が せきした これ以上欺いていても仕方がない 手帳を地に捨て 会場を去っていった、   。



ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

椅子取りゲーム会場ゲーム ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 557.3
お気に入り数: 0
投票数   : 2
ポイント数 : 0

作成日時 2024-04-10
コメント日時 2024-04-11
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:557.3
2024/05/30 12時49分15秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

椅子取りゲーム会場ゲーム コメントセクション

コメント数(10)
A・O・I
作品へ
(2024-04-10)

いみがあってオチがあってスッキリ、ミハイさんらしい言葉の操り方で、おもしろく書かれているけれども。これ、話の流れが時の流れとして重要だけど、詩としての読ませるなら連ごとに逆走したほうが、なんだろうという好奇心はかき立てられるとおもう。話を読ませ感情を沸き立たせたいのか、詩として幅や余白を大事にするのか。どちらもできれば理想ですけどね。まあ意味合って書かれているものを切り崩しては同じ詩とは言えなくなってしまうのでおすすめはしませんけど。

1
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-04-10)

まさに挑戦的な岡本太郎の芸術論を地で行くようなコンセプトが垣間見れてほとんどわからない。駄作です。駄作ですが、一言付け加えさせていただけばお見事な駄作です。 よくわからない。難解だ。という作品には何通りかのパターンがあって、一つは作者には理解できてるが君たちにわかるかな?という主旨と、もう一つは作者には理解できてるがそれが何なのかよくわからないというパターンで、前者などは読んでいくと必ずその趣向の手垢がいやらしくみえてくるものです。どちらかといえばこの作品は後者に当て嵌まるのではないかと。イメージされるのは会場ゲームに椅子取りゲームという、二種類の何やらにぎやかな音が飛び交うの宴会場ですね。読んでいけば皮肉に満ちた宴会のゲームです。この椅子取りゲームと会場ゲームをどのように受けとめるかで読み手の印象はずいぶんと変化します。野望を孕んだ権力闘争のゲームでしょうか?~文字奴隷~虫たち~。交錯するような虫たちとは語彙のことでしょうか。これは明らかに文芸を意図されて言い回されているようにみえてきます。終わりには無垢で純粋な子供が出てくる。そのことでこの主人公はやっと気づくわけですね。AOIさんがいいことをおっしゃっている。逆走に~と。つまり語り手である主人公(主体)は、わたしが取り上げたこの作品の主旨(意図)に最初に戻るわけです。「上手くあってはならない。きれいであってはならない。心地よくあってはならない。理解されたり、喜ばそうと思うな。認められない事を前提に自分をつき出せ~」イマジネーションによって宇宙と遊ぶのだ。 そう理解されたなら何度読むのにも耐えうる。 熊倉ミハイさんはたぶんまだお若い方でしょうが、より上を目指して覚悟を決めておられる様子で先が楽しみですね。  挑戦的でお見事な駄作です。

1
黒髪
作品へ
(2024-04-10)

素晴らしいですね。今日、mummy-Dのニューアルバムを聞いたんですが、ミハイさんのこの詩も、 楽しい歌になっている。作品ごとに、格段の進化を遂げておられると思います。平和の続く限り、 詩も終わらない。

1
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-04-10)

おもしろいと思いました。 他の方も指摘してるっぽいですが、 詩的空間の前後関係であること自体が、意識的に曖昧になっている、 そういう作品を目指されているということだと肯定的に解釈することにしました。 ようするに、構造的秩序が壊れているように、 読み手は、少なくとも第一印象では感じやすいということです。 前作のレスで熊倉ミハイさんは「おぞましさ」を仰っていましたが、 なるほど、たしかに、独特のおぞましさを目指されているような、 独特の推進力があります。

1
熊倉ミハイ
熊倉ミハイ
A・O・Iさんへ
(2024-04-11)

A・O・Iさん、コメントありがとうございます。 好奇心を持たせる工夫、確かにと思いました。確かにある意味を持って今回この詩を書きましたが、自分としては結構ノイズを入れて何が真意かを分からなくさせたつもりでした。もっといじっても良いってことですね。ちなみに私はこのオチ、すっきりしてないです……意図的ですが。 まあ、A・O・Iさんが言うのは、「オチがあること」自体、すっきりするというご指摘ですよね? 今後の詩作に活かせそうです。ありがとうございます。

0
熊倉ミハイ
熊倉ミハイ
メルモsアラガイsさんへ
(2024-04-11)

メルモさん、コメントありがとうございます。 見事な駄作。とても求めていた言葉ですが、実際に言われると変な感覚です。自分の作風が、「失敗実験」という詩が体現しておりまして、「作品は作中、何かに失敗していないといけない」、というのがモットーにあります。 挙げていただいたうちの後者だと、私も思います。私には理解できるイメージを、原型を留めないほどにごちゃごちゃさせる。まあ、それだけじゃ面白くないので耽美(自分が思う)な詩もちょこちょこ書きますが。 「上手くあってはならない。きれいであってはならない。心地よくあってはならない。理解されたり、喜ばそうと思うな。認められない事を前提に自分をつき出せ~」 という精神に立ち返る詩中主体に気づいてくれて大変嬉しく思います。 椅子取りゲームと会場ゲーム、という二つのゲームがある、と分けた考えも、私にはない視点でした。 文芸云々~という話のところは、閉口したいと思います。ああ、こんなにも解釈が広がるのだなと、天沢退二郎のあの詩のように「ふっふっふ」と笑っております。 ありがとうございます。

0
熊倉ミハイ
熊倉ミハイ
黒髪さんへ
(2024-04-11)

黒髪さん、コメントありがとうございます。 そう言っていただけると嬉しいです。まだまだこれから研鑽の日々です。 mummy-Dというアーティスト、チェックしてみます。響きが似ていたので、Dannie Mayというアーティストも私からオススメしたいと思います。面白い曲ばかりです。 ありがとうございます。

1
熊倉ミハイ
熊倉ミハイ
おまるたろうさんへ
(2024-04-11)

おまるたろうさん、コメントありがとうございます。 構造的秩序が壊れている、というのはおっしゃる通りだと思います。 一つ手法を明かすとするなら、詩の書き方にも「椅子取りゲーム」を採用したという作品で、自分が気に入った詩人の詩の文体や作風を連ごとに座らせ、どこかに自分の作風も座らせています。 そのせいで、カオスな作品になったのかもしれません。おぞましさ、伝わってもらえて嬉しいです。 ありがとうございます。

0
A・O・I
作品へ
(2024-04-11)

>「オチがあること」自体、すっきりするというご指摘 そうですそうです、手帖自体が謎ですし、賽じゃなくて匙だし、初っ端からわからんし。ことごとくずらして巧いこと誘導してるなと思って感心したんです。すごく凝っていたのでお話を読ませるつもりじゃないと思ったんで、ミハイさんなら汲み取ってくれるとそう書きました。 >自分としては結構ノイズを入れて何が真意かを分からなくさせたつもりでした。もっといじっても良いってことですね。 いじってもいいと思うけど、そうすると連ねる必要はなくなるかな。これがなにか?と立ち止まらせるための言葉の見せ方、だとおもう。でもそうすると失敗実験と同じ手法になってしまうから、ミハイさんが求めているものとは違うよね。 〝この詩では手法としても「椅子取りゲーム」を採用した〟 とあるけど。この手法、気づきではなくて。チグハグ、ぐらいだった。 >自分が気に入った詩人の詩の文体や作風を連ごとに座らせ、どこかに自分の作風も座らせています。 いっそ名前もモジって堂々と座らせてみたらおもしろいかもね。目に止まると思います、うまくできていれば、ですけどね。ただ新しくはない気がしますけどね、うん。多分他にも使った手法があるのだろうけど、隠すのではなくあえて手法の意図が見えるぐらいの露骨さと、それが活かせる内容を合わせられたら、おもしろいものができそうな、陳腐なものになりそうな……わからないです とかく他の方たちのコメント見てて、なにかしら面白いと思わせる惹きつけることばの強さは、とてもあるのだと思います。まあいつもいつも面白いことするなと思ってわたしは楽しんでいますけど

1
熊倉ミハイ
熊倉ミハイ
A・O・Iさんへ
(2024-04-11)

「隠すのではなくあえて手法の意図が見えるぐらいの露骨さ」 この加減をどうするかは課題のうちの一つですね……。 まあ、今の段階だと手法は隠す派ですが、露骨さに振り切って振り切る作品はまだ作ったことないかもです。 ありがとうございます。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2