作り話 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

作り話    

おとなになったらけっこんしようね それは小さな約束で ずっと心の奥にしまっていた 大切な宝石 知らない大きな街で 白く引き裂かれても 涙で人生がにじんでも 宝石に映る君を思えば 明日にたちむかえた その先にいる君を見れた 最低賃金で便器を磨いていたって 明日を信じられた テレビのなかで歌っている君を 知るまでは 同じ道を選んだんじゃないの? それでどうやってまた出逢うの? どうやってがんばっても 君のライブのチケットを買うのがやっとな   僕で どうやって君と結ばれるの? 君の視界にさえ入れない夜は 冷たくてまともに声も出ない 心の奥の宝石ばかりが輝いて 嘘だったんだ 誰も嘘なんてついていない ただ荒れはてた現在地が ごろんと横たわったてきただけな 嫌いになりたい 嫌いになれない 見たくない 歌が耳に入ってくる 過去ばかり輝くなよ 大切なんだよ、なんで? 痛いだろ 終わった物語を後生大事に抱えこんで 新しい話が始まらない あの日わらいあった記憶が僕の 一部になっているから 床を舐めていたって それでも、それでもと、ずっと 思い出を閉じても まだ好きだなんて どれだけ好きなんだよ 新しい花瓶を買って 透明なのがいい 花を生けよう 赤い花と青い花 君にファンレターは書かない だって明日も仕事があるから 仕事を一生懸命にすることは とても大事なことだから



作り話 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 853.8
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 0

作成日時 2024-03-27
コメント日時 2024-04-15
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:853.8
2024/05/30 12時07分58秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

作り話 コメントセクション

コメント数(10)
エイクピア
作品へ
(2024-03-28)

過去との決別は難しいですね、心の蟠りが龍となって登って行きそうなほどです。「君」は有名な歌手になったのだろうか。「あの日わらいあった」事が今となっては心の支えとなっているのかもしれません。

0
トビラ
エイクピアさんへ
(2024-04-07)

エイクピアさん、ありがとうございます。 人生はなかなかままならないものですね。 ただ、ままならないからこそ面白いのかなと、思ってきましたよ。

0
田代ひなの
田代ひなの
作品へ
(2024-04-10)

「大人になったら結婚しようね」 幼い頃の約束も、実際に大人になってしまうと、果たせなくなる。 成長するにつれて社会や現実の厳しさを知り、夢を見ている場合じゃないと思い知らされていく…、そのような悲しさが伝わりました。 私事にはなりますが、中学生だった頃、そんな思い出があったなぁとしみじみ思いました。

0
黒髪
作品へ
(2024-04-10)

とても大事な話をしてくださって、ありがとうございます。どんな奇跡が起こっても、ひっくり返らない ものなんて、あるのでしょうか。僕は、養老天命反転地に行ったことがあります。女王様の命令で、 皆が働きだす。女王様の命令は絶対ですが、王様は、一体何のためにいるのでしょうか。

0
トビラ
田代ひなのさんへ
(2024-04-12)

田代ひなのさん、ありがとうございます。  どうにもままならないですね。 普通に考えたら、戦争なんてしないといいのにと思うのですが、人はずーーっと戦争をしてるんですよね。 そういうのがずっとわからないままです。 人の社会は難しいものですね。 難しくて、ちょっと辛かったりもします。 まあ、「ガチ恋」はけっこう不毛ですよね。 田代ひなのさんの思い出がそれにあたるかはわからないですが。

1
トビラ
黒髪さんへ
(2024-04-12)

黒髪さん、ありがとうございます。 養老天命反転地を知らなかったので、少し調べたのですが、なんだか楽しそうなところですね。 自分は神様に抗うとかそういう感じではなくて、神様が言ってくれることは素直に聞きたいと思っています。 なんでも災い転じて福となすで、嫌なことや思い通りにならないことも、いいことに変えたいなと思っています。 自然な流れで壊れてしまったものを、無理やりくっつけるのはかえって不幸な場合もある気がして。  だから痛くないということでは、ないですけどね。 王様がなんのためにいるかわからないなら、それはたぶんいい王様なのかなと思います。 その国で一番の飛び抜けた力を持つ王様より、凡才でも有能な家臣に慕われる王様の方が、王様としては優秀だと思うので。 王様が何もしなくても、女王様や民が働いてくれるなら、それはいい王様ですよ。

1
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-04-13)

>君にファンレターは書かない >だって明日も仕事があるから >仕事を一生懸命にすることは >とても大事なことだから トビラさんの人格の強さが滲み出てますね。

0
湖湖
湖湖
作品へ
(2024-04-13)

人間関係は対等がのぞまほしいけれど、力関係や一方通行の恋に、推す側と輝く側の不釣り合いは結構悲惨ですね。皆同じ尊厳のある人間のはずなのに、社会のなかで格差や分断、優劣の過当競争で。その無念に杭を打つ労働の輝きには普遍性がありますね。

0
トビラ
おまるたろうさんへ
(2024-04-15)

おまるたろうさん、ありがとうございます。 生きるためには、強くならないと心が保てなかった、みたいなところはあるかもしれません。 ただ、弱さは弱さで大切なんだとも思えるようになってきました。

0
トビラ
湖湖さんへ
(2024-04-15)

湖湖さん、ありがとうございます。 溺れる人を助けるためには飛び込んじゃいけないという話があるんですけど、自分は何かもやもやした気持ちがあったんですよね。 それで思ったんですけど、やっぱり溺れている人を助けようと思ったら、飛び込まないといけないと思ったんですよ。 それはライフセーバーが溺れている人を助けるために飛び込むように。 もちろん泳げない人は、飛び込んでも共倒れだと思うので、飛び込まない方がいいとも思います。 それで社会的弱者を助けようと思ったら、同じところまで降りれないといけないとなのかなと思ったりしました。 そういのは、なかなか大変なことだと思いますけ れど。 求める輝きが違ったら、進む道も違っていくのも自然なんだと思います。 自然だから痛くないということではないですけれど。 それもまた成長痛と言えるのかもしれません。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2