僕の世界 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

僕の世界    

僕にとってこの世は地獄だった 見たくないもの聞きたくないもの そんなもので溢れ返っていた だから僕は世界を作った 僕だけの僕のための世界を 僕は毎日そこで遊んだ 一人ぼっちも気にならない 僕の世界は見たいもの 聞きたいものしかなかった 僕は幸せだった いつしか僕も大人になった どんどん生きづらくなっていた 僕のための世界では 僕に出来ないことは何もなくて 外の世界では 僕に出来ないことだらけ その事実が僕を苦しめた 僕は外の世界に出る練習をはじめた 久しぶりに見た世界は見たくないもの 聞きたくないものばかりじゃなかった 僕は外の世界に戻ってきた 僕は大人になっていた そうするうちに僕は気づいた 僕のための世界に入りづらくなっていた 見たいもの聞きたいものしかなかった 僕の桃源郷は蜃気楼になって 今にも消えてしまいそうだ    僕は泣いた激しく泣いた抵抗した 嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ 僕だけの世界消えて行かないで 僕の傍にずっといてよ離れないでよ 君を失いたくない 子供みたいに泣きじゃくって 僕のために生まれた世界に抱きついた 大人になったらもう見れない 僕の目にだけ映る僕の世界 そんなの耐えられないよ お願いだから戻ってきてよ 僕は君を愛してる 縋りつく僕に困ったように 僕の世界が微笑んで 優しく頭をなでた あなたも分かっているはず 私もあなたもこれ以上 逃れられないと 驚き泣き止む僕を見て微笑むと 指先で僕の胸元を指さした 例え私が幻になって消えても 記憶はあなたの胸に残る だから私がいなくても あなたは大丈夫 私を生み出して愛してくれてありがとう 私はあなたの幸せと成長を願っている だからこそ私はあなたの傍にいられない さようなら 僕の世界は優しく微笑むと 蜃気楼のように消えていった 僕は地に伏してボロボロ泣いた 寂しくて哀しくて愛おしくて 滅茶苦茶に僕は泣いた そのあとに顔を上げて 泣き腫らした目で僕は伝えた 今まで僕の傍にいて 支えてくれてありがとう 僕頑張るから見ていてね ずっとずっと大好きだよ 僕のためだけの世界 そのあとさよならかと思った でも目を凝らせば僕の世界は まだ僕の傍にいた 僕が創造した時だけは まだ君の姿を見れたんだ もうずっと一緒にはいられない だけどたまにはあの日みたいに 僕と一緒に遊んでね 僕は何もない場所を見て 幸せそうに笑った


僕の世界 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 860.0
お気に入り数: 1
投票数   : 1
ポイント数 : 0

作成日時 2024-03-21
コメント日時 2024-04-13
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:860.0
2024/05/30 15時07分10秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

僕の世界 コメントセクション

コメント数(16)
すぅ
すぅ
作品へ
(2024-03-21)

この長い物語のような作品を 現代詩と呼んで良いのか判断できず 今回は現代詩のタグを外して投稿しました。

0
相野零次
相野零次
作品へ
(2024-03-21)

僕の世界ってイコール妄想の世界って僕は解釈しました。新たな経験や新たな詩や絵画などの芸術に触れるとまた妄想が戻ってくるというか、感受性が豊かに保てなくなると遠ざかるというか。僕も、もう一人の自分?がいなくならないでほしいって最近、思うのです。

2
すぅ
すぅ
作品へ
(2024-03-21)

相野零次様、こんにちは! コメントありがとうございます。 仰るとおり、これは幻想の世界が 現実を生きる中で失われていき 再び創作の中で見つけるまでを 描いた作品です。 芸術に触れると感受性が強くなり 妄想の世界が戻ってくるの分かります。 似たような感覚を持つ人がいて とても嬉しいです。 その気持ちよく分かります。

1
熊倉ミハイ
熊倉ミハイ
作品へ
(2024-03-22)

すぅさん、前作からまた作品を紡いでいただき、嬉しいです。 少し、思ったことを書き連ねたいと思います。 心は、不思議と磁石のようで、何を自分に引き付けようか、と無意識に決めているように思います。聞きたくないこと、見たくないものをシャットアウトし、好きなものだけを引きつけて自分の世界が出来上がる。そこからの脱却を意識するのは難しいことですよね。 世界が出来上がるというのは一種の成功体験、形状記憶のようなもので、それがあれば未知の世界に飛び込んだ際でも、闇雲に引き付けられるものを心が必死に探します。そうして世界を無数に作る。まわりの性質をねじ曲げて、自己の世界の一部にしていく。それが衝撃を呼んだりする。 たとえば、この詩では信じていた世界が「蜃気楼」になるという性質を持ち始めました。おそらく、すぅさんが次の次元に進むために必要な性質変化だったのだと思います。 性質の解像度を上げると、すぅさんはまた新たな世界を獲得していけると思います。「僕の世界」とはどういった室温だったか。「外の世界」は、叩くとどんな音が響いていたのか。「涙」はどんな性格を持った人だったのか。「幸せ」や「笑い」は、どんな味と食感だったのか…… とても上からかもしれません。すみません。失礼しました。自分にも鞭打つ言葉を並べたつもりです。さらなる驚きや情熱を期待しております。

1
すぅ
すぅ
熊倉ミハイさんへ
(2024-03-22)

ミハイ様、今作もお読みいただき、ありがとうございます。 そうですね、おっしゃる通り、脱却を意識するのは必要性が生じるまで困難でした。 未知の世界に踏み出す際も、心が好きなものや安心するものを引き寄せて、そこで新たな世界を構築する感覚は理解できます。新たな発見や思考が生まれるインパクトを感じますね。 僕の世界は、私が先に進むために必要で変化したのでしょう。 性質の解像度を高めることで、新しい僕の世界に出会えるのですね。挑戦してみます。たとえ昔とは異なる姿で私との記憶が喪失されていたとしても、会いたいからです。 私は生まれ変わった僕の世界と、現実逃避や依存という形ではなく、今度は私の意思で創作する自立した姿で会いたいと思っています。 もっと多面的かつ立体的に解像度を上げて、私が愛し、見惚れた僕の世界を皆さんにも魅せられるように頑張ります。 いただいたヒントや感想を私が正しく認識できてると良いのですが、もしズレていたら申し訳ありません。 とんでもありません。むしろ、良い作品を創り上げるために必要な具体的なヒントをいただけて、とても感謝しています。今の私には少し足りないものが見えてきた気がします。本当にありがとうございます。精進します。

1
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-03-22)

「だから僕は世界を作った  僕だけの僕のための世界を」 読み手は、 この二行が何を示すのか?という点を(まずは)気にするわけですが、 「僕の世界」がなんなのか、結局、イメージがなんにもないのですよね。 この詩には。 虚構の解像感こそが詩の力なのであって、 そのうえで、「現実を乗り越えた」というのならば、 そのまえに、 一個の鮮烈な虚構のイメージを提示しないといけない。 そのギャップにしびれたいと、わたしなら思います。

1
すぅ
すぅ
おまるたろうさんへ
(2024-03-22)

おまるたろうさん、こんばんは。 作品をお読みくださり ありがとうございます。 なるほど、僕の世界のイメージが 何も無い確かにそうですね。 鮮烈な虚構のイメージのうえで、 現実を乗り越えたのを表現することで ギャップに痺れたい。 分かる気がします。 読者からの視点が足りてませんでした。 熱に浮かされるように書いた後に 冷静に見直すことも大切ですね。 以後意識して書いてみたいと思います。 コメントありがとうございます。

2
秋乃 夕陽
秋乃 夕陽
作品へ
(2024-03-23)

「僕の世界」はけっしてしょうめつしたわけではない。 それは目には見えない。 誰にも聞こえず、どんな香りを嗅ぐことはできない。 あなたが忘れた世界はあなたにしかなく、紡ぎ出す言葉にそれはある。

1
すぅ
すぅ
秋乃 夕陽さんへ
(2024-03-23)

秋乃夕陽様、こんにちは。 作品を読んでくださり ありがとうございます。 僕の世界は消滅したのではなく 私が紡ぎ出す言葉に 私が忘れた僕の世界はある。 そうだとしたら本当に嬉しいです。 このコメントを読ませていただいた瞬間 喜びと安堵で涙が止まりませんでした。 素敵なコメントをありがとうございます。

1
雪月統
雪月統
作品へ
(2024-04-04)

まるで自分の半生をなぞっていただいたかのようで、すごく胸に染みました。 創造した時だけはまだ君の姿を見れた、というところ、とてもよく分かる気がいたします。 たしかに外の世界は眩くて魅力的で、もっと言うと、そこに適応するためにこそ人の心というものはある。その意味で言えば「自分だけの世界」なんてものは余分なものなのかもしれないし、そんなものを気にかけていないかのような人たちもたくさんいる。 でも僕は、若い時分に輝いていたその世界が忘れられない。詩を書くとはあるいは、その世界を想い出すことなのかもしれません。

1
すぅ
すぅ
雪月統さんへ
(2024-04-04)

雪月統様、 おはようございます。 詩をお読みくださり ありがとうございます。 胸に染みるような作品を 作ることが出来て良かったです。 共感していただけてとても嬉しいです。 そうですね。同意します。 時に「自分だけの世界」は外の世界を生きづらくしてしまうことも、時にはあるのかもしれません。もっとも、私の場合は生きるために必要でしたし大好きですが。 私もです。似たような経験や想いを抱く人と会うことができて、とても嬉しいです。 そうかもしれませんね。

0
テイムラー隆一
テイムラー隆一
作品へ
(2024-04-12)

すぅさんの「世界」は自我の中に残っていて、こうやって幻想的な詩を生み出す原動力になっているのだ……そう思わせてくれる、良い詩でした。

1
湖湖
湖湖
作品へ
(2024-04-13)

二次元の世界の耽溺とそこからの卒業を想像しました。何がそういう転機になるのかなあ。

1
すぅ
すぅ
作品へ
(2024-04-13)

テイムラー隆一様、こんにちは。 詩をお読みくださりありがとうございます。 そうですね。僕の世界は前より認識づらくなってしまいましたが、私の中に欠片が残っているおかげで幻想的な詩をかけるのだと思います。 感想を聞かせてくださり、 ありがとうございます。

0
すぅ
すぅ
テイムラー隆一さんへ
(2024-04-13)

※誤って作品への返信にしてしまったため、同じ内容の返答をしております。申し訳ございません。 テイムラー隆一様、こんにちは。 詩をお読みくださりありがとうございます。 そうですね。僕の世界は前より認識づらくなってしまいましたが、私の中に欠片が残っているおかげで幻想的な詩をかけるのだと思います。 感想を聞かせてくださり、 ありがとうございます。

0
すぅ
すぅ
湖湖さんへ
(2024-04-13)

湖湖様、こんにちは。 詩をお読みくださり ありがとうございます。 そうなんですね。 何が転機になるのかですか、 難しいですね。 私の場合は現実を直視して立ち向かわなければならない現状に置かれたのがきっかけですかね。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1