愛してる。 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

愛してる。    

どろんと星が落ちる それだけことのために、 出窓は燃えてしまった 糸車を回して、 虹彩に 宿る色を紡いで、 紡錘の虹を垂らして あなたから、 わたしに通じる、 枯れ花の順路を触診して、 消炭の刻印を指先に残しておきたい 木綿の宇宙服で渡る 星間距離を、 描線がにじみ、 混じりあうまで寄せ合った 鼻先で確かめたい 愛してる。 出窓が燃えている、 そのような平日の真昼に、 みな、文庫本を手に、木靴で 砂地へ、 薄緑の蝶の群れを、 まだ新しい表紙ではらって、 背表紙は守って、 虹色の稜線を、 鱗粉が焼いた出窓の、 煤まみれの木枠が 切り取った風景に、 解いていく それはまだ手折られない 背表紙にとまる蝶たちの、 堅い靴底に破砕された 羽音 の裡に、 暮れては明け、 虹は千切れ、 目を瞑れば、 燃える、 乾いた指先が、 わたしの頬に、 零度の熱傷を残して、 砂上の 丸めた文庫本が、 ばね仕掛けのように跳ね、 混じりあう、 そして眠りにつく 頤から耳にかかる、 航跡、 消炭色に、 ふたたび明けるなら、 燃え落ちる、 原初の星が、 もう誰にも手折られない、 一糸まとわぬ、 ひとすじの一頁をたずさえ、 わたしは、今夜も、 出窓に頬杖をついて、 往診を待つ


作成日時 2018-01-18
コメント日時 2018-02-16

愛してる。 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 358.4
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/07/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:358.4
2020/07/07 14時05分06秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

愛してる。 コメントセクション


コメント数(11)
みうら (2018-01-22):

投稿ありがとうございます。始まりの一節がとても惹くものがあり、好ましい作風でした。宇宙が砂つぶよりも小さな星々だというミクロな宇宙観も感じられる良い作品ではないかと思った次第です。

0
miyastorage (2018-01-23):

読んでいただきありがとうございます。 この作品に限らず、僕の作品は何も言っていないようなものですが、そのようにとらえていただけたのは 望外でした。

0
ロ三 (2018-01-24):

好きな感じです。二字熟語をほかの言い方に変えてちょっと減らしてパクりたい(だめ)と感じました。

0
もなか (2018-01-24):

ネット詩において、とても古いスタイルの作風ですがなんだか安心しますね。 松本圭二を彷彿とさせる筆致です(異論は認めます笑)。行替えによる叙情が(個人的に)些か鼻につきますので(ポエジーの自動化)、散文化されたものを読みたく思いました。 楽しい読書経験でした。

0
miyastorage (2018-01-24):

読んでいただきありがとうございます。 ロ三さん 何かを書くと、おそらくほとんどの場合、過去に誰かによって書かれたものに行き当たるのだろうかと、 最近そんな気がしています。書くことは、ほぼもれなく誰かの剽窃に当たるのでは?ゾッとしますね。 もなかさん 「ポエジーの自動化」、素晴らしく言い得て妙だと思いました。一つ裏話を許していただくと、この作品、 元は散文詩だったんですよ。改行によりポエジーの誕生を狙う。そういういやらしい作者の手技が丸見えで 見苦しいですね。

0
アラメルモ (2018-01-25):

木綿の宇宙服で渡る。なんてあり得ない事柄を。愛してる。 これは文庫本の中に読み取る世界観への憧れ。架空な愛を可能にしたいという欲求の表れ。この愛に向かう長い独白が意味するもの。それは物語のような世界観を成就してみたい、という願望のようなものでしょうか。

0
miyastorage (2018-01-26):

アラメルモさん 読んでいただきありがとうございます。 物語めいた世界観を成就したいなら、散文形式の方が自分には容易だったかもしれません。一行がきりきりと立った行分け詩に憧れがあるんですが、僕の技量では難しいみたいです。愛してる。と伝える方がなんぼか容易でした。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2018-02-12):

アラメルモさんの感想で漸く入れた感じで、難しい詩でした。愛してるってなんだろう。そもそも愛ってなんだろうみたいなのは、僕には分かりません。愛してる。という事は愛されているかも、されてないかもしれないけれども、自分はその対象を愛している。という宣言なのかもしれないと思いながら、では何を愛しているのか、みたいな所で読んで行くと、一箇所だけ愛してるが出てくる所があります。 >あなたから、 >わたしに通じる、 >枯れ花の順路を触診して、 >消炭の刻印を指先に残しておきたい >木綿の宇宙服で渡る >星間距離を、 >描線がにじみ、 >混じりあうまで寄せ合った >鼻先で確かめたい >愛してる。  読む読むと、鼻先で「愛してる。」を確かめようとしているんだなぁと思いました。そこから僕なりに作品が読めるようになりました。鼻先をくっつける事で愛しているを確かめようとするというのは、色々ギリギリな感じがしました。なんというか。抱き合うでもなく、唇を交わすでもなく、鼻先をくっつけ合うだけとうのは、愛している事を確かめる行為として見た時に、ギリギリなんじゃないのかなと思います。  愛してるまでの部分、個人的に言及出来ない程濃密で、レスしにくいです。ここら辺僕の勉強不足で困った部分があるのですが、全体的に換喩的な感じがします。とか適当な事言ってしまいますが、以下僕がこのように読みましたという読書の痕跡を残しておきます。 >どろんと星が落ちる 星は恋のイメージです。多分、突然何かしらの恋に落ちてしまうのかなと。星が落ちてしまうほど、何かしらショックな事があったという事だとも思います。 >それだけことのために、 >出窓は燃えてしまった 出窓のイメージは、この作品のキーになっています。出窓はおそらく誰かに会うための場所でありますし、そこで本を読む場所でもあります。糸車を回す場所でもあります多分出窓の月明かりに照らされながら、糸車を引いたり、本を読んだりするための場所なのかなと。 >糸車を回して、 >虹彩に >宿る色を紡いで、 >紡錘の虹を垂らして >あなたから、 >わたしに通じる、 >枯れ花の順路を触診して、 >消炭の刻印を指先に残しておきたい >木綿の宇宙服で渡る >星間距離を、 >描線がにじみ、 >混じりあうまで寄せ合った >鼻先で確かめたい >愛してる。 ここがなんとも絶品で、ここでは「糸」を滅茶苦茶有効活用していると思います。言及出来ない程濃密です。糸車を回す所から日々の生活の繰り返しのイメージ。木綿の宇宙服のイメージ。そこに虹彩のイメージを絡ませる事で、あなたとわたしの視「線」のイメージ、そこから転じて虹のイメージから光りの織物としての虹のイメージ。それらを紡錘として下に垂らすイメージから、枯れ花の茎のイメージにも重なります重なります。最終的に星間「距離」の概念まで拡張されます。 なんとも言えないのが、そうやって色々糸の概念を展開させながらも、その描線は混じり合い消えてしまう所。丁度ブラックコーヒーに垂らした、渦巻き状の白いミルクの線をスプーンでかき混ぜた結果茶色になってしまうような感じがして、それまで比較的まっすぐだった線を、織り込んできた線が曲がってしまう所に、僕は愛を感じました。 恋のイメージは赤い糸で喩えられる事が多いのかなぁと思いますが。なんでなのかなぁと思います。でもここではその糸を頑張ってたぐり寄せて、鼻をくっつけようとしていて、そのために多分色々なイメージを総動員しているのかなと思います。一生懸命薔薇の花束を贈ろうとしている。というのか。 でも、そこで始まりとして提示された出窓が燃えてしまっている所に戻るんですね。ここが謎といえば謎で、なぜ出窓が燃えてしまうのかというのは、この詩のある意味大きな謎なのかなと思います。此処の部分他の人の読み、というよりはここでは直感でもいいので、見てみたいですね。多分受け取り方によってはもの凄く変容すると思います。僕は出窓が燃えるイメージというのを上手く言語化出来ないのですが、直感的に多分出窓は燃えちゃいけないのかなと思うんですけど、燃えてしまったという所が、愛してる。なのかなと。後は鼻先をくっつけた場所も多分出窓だと思います。でもキスとかしなかった。鼻先をくっつけあっただけで、愛している。その対象はどこか遠い宇宙に行ってしまったので、燃えてしまったのかなと。もう二度と会うことは出来ない。燃えてしまった出窓のある場所に寄りつく物はないからです。 ここから文庫本の話がでてきて、糸のイメージに多分紙のイメージと言葉のイメージが加わり、ここから第二連という感じがします。そこからの話としてはアラメルモさんの評が端的に示しているような気がするので、僕からは特段言う必要もないような気もします。後は最後に気になったのは、往診のイメージと触診のイメージについてで、語り手は多分治療されたがっているのか、もしくはしたがっているのかなみたいな事です。 最後の部分を見ると、最後の出窓は多分燃えていないような気がします。原始の星にまた戻っているのかなぁと思いました。雑な感想で申し訳ないのですが、もうちょっと他の方のレスも見たいという事で上げさせていただきます。

0
miyastorage (2018-02-15):

百均さん 読んでいただきありがとうございます。 どろんと落ちる星って、昔、短歌を作っていたら出てきたフレーズでした。お先にどろんします、ってリバイバルしてるみたいですけど、本当にそんなこと言ってたのかな、当時は。 それで最初は散文詩で書いて、愛してる。というフレーズを埋没させることで処理しようと試みたりしていましたが、あえて行分けにしてみることで得られるものはなんだろうと。しかし色々難しいな、正直中途半端な作品だなと思いながら投稿の場をお借りしたものの、色々な意見をいただき、本当にありがたい。 往診は話者か、もしくは愛してる。対象かがやってくるイメージかもしれないし、触診はもしかすると行為のイメージかもしれません。マービン・ゲイのSexual Healing的な。 出窓はなぜ燃えたのか?出窓って採光面積は広いけど、雨戸をつけられないし、広い分だけ放熱面積も広くなるわけで一長一短らしいですね。でも出窓で頬杖ついてるイメージって好きなんです。できれば平日の午前10時半頃、かすかに掃除機の音も聞こえる郊外、通り過ぎる自転車やベビーカー。安寧のフルセットみたいなイメージの中に、ひらく薔薇色の傷口みたいな出窓。それで窓越しに、確かめ合う。でも燃えてるんだから、それは死のイメージを内包しているかもしれない。でも、死は安寧のイメージも内包しているかもしれない。僕は熾火の方が好きだから、畢竟この作品に現れるようなフレーズを選択するのだろうと思います。焼けて、まだ燻っている出窓で、内と外から語り合う。鼻先で確かめ合う。内は此岸で、外は彼岸。やってきた人の腐れた身体から、やがて実さえ付けるであろう花が芽吹き、そのまま花畑になるような。そういうものも、描きたいのかもしれません。

0
ゴロ(本物) (2018-02-16):

美しい文だと思います。 上手く言葉を削いで結晶化を図った感がしました。

0
miyastorage (2018-02-16):

5or6さん 読んでいただきありがとうございます。 できれば置物のようでも、静物のようでもある作品を書きたいと思ってます。だからそのご意見、 ありがたく受け取ります。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1