摩訶不思議「たましひ」の発見 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

摩訶不思議「たましひ」の発見    

落つる葉を 拾ひて同じものはなし 落つる葉と 落ちたる枯葉 違ふもの それ故同じ葉と呼ばれたり 目の前に落ち葉 それから僕 僕は落ち葉でない 落ち葉は僕でない はっきりしている違い 今までのあたし 此れからのあたし あたしはあたしでない あたしはあたしでない はっきりしている違い 「思念の余談)… 目に入るすべてを 時間も延長す ほんでもって空間を作り出したらば己の たましひ!! を発見する あたしは僕は空間を延長し空間を作りだす 空間移動 阻むものはない たましひ!!となってだ あたしは天魔の命より龍の背に乗り闇より闇から出ずる物の怪たちを滅ぼしたり 僕は愛する女の純情をこの世界の果てに連れて行く それから二人は本当の世界で真実のみで分かち合う 異世界空間 摩訶不思議 ファンタスティック オーソレ思念ヨ あなたと僕は土に頭が埋もれている 阻むものはない 体と頭を繋ぐ……残酷に染められた……) 大樹の葉が紅葉となっている たましひとは!?なんだ?? )… あたしは僕でない 僕はあたしでない 僕はあなたと違うから僕は僕でした あたしは僕と同じて無いからあたしはあたしと言えるのよ 僕とあたしは同じでないと同じことを言っている 同様 「結末へ向かう落ち葉より」 ひらり落つる葉を掴む 通行人は枯葉を鳴らしてる その枯葉は 手に持つ落つる葉だったものと同じなんだ またひらり道に落つ 落ちた葉を掴む 2枚の葉を観察する 同じとない落ち葉と気づく 2枚の落ち葉は同じでない だから 手に持つ落ち葉と道に落ちた葉は 同じ 僕とあたしも 私も私も 同じと違うが合わさった それほかは言葉のみ



摩訶不思議「たましひ」の発見 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 1264.1
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 0

作成日時 2023-11-28
コメント日時 2023-12-09
#現代詩 #歌誌帆掲載応募 #縦書き
項目全期間(2024/02/26現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1264.1
2024/02/26 23時56分06秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

摩訶不思議「たましひ」の発見 コメントセクション

コメント数(14)
m.tasaki
作品へ
(2023-11-29)

冒頭の2連を読んで、金剛般若経の「微塵は微塵にあらず、それを微塵となす」とか「世界は世界にあらず、それを世界と名づく」とかいう言葉を思い出しました。 人は世界を言葉によって分割し、頭の中でそれを再構築して世界のモデルを作ります。 この詩ではそのモデルに魂を観ているように思えます。 ただ、言葉とは世界から切り出されたものを抽象化したものなので、言葉の意味と、言葉に指し示された「モノそのもの」とは決して同じではありません。でも頭の中のモデルではそれらは同じ言葉で示される。そのことが 「2枚の落ち葉は同じでない  だから  手に持つ落ち葉と道に落ちた葉は  同じ」 というところに表されているように感じました。 言葉とモノの存在の有り様を表した面白い詩だと思います。

1
鷹枕可
作品へ
(2023-11-30)

歌誌「帆」選考担当の一人、鷹枕可でございます。 此の度は、自由詩掲載枠にご応募ご投稿を賜り、允に有り難うございます。 御作を拝読させて頂きました。 先ず、非常に思弁的にお練りに為られた詩文であり、文体もくきやかであり、非常に宜しいのではないでしょうか、と思いました次第でございます。 総ては異なるが、異なると謂う一点に拠って同一である、そして万有は異と同の重ね合わせ、という結論へ到る迄へ、構築的に編まれた論であり、復詩であると。 評文を一度起草を致しましたが、釈迦の掌の上よりは逸脱できない、自身の思考の限界を感受致しました次第でございます。 拠って全文を破棄し、新しく、起草をさせて頂いております。 梵我一助から、シュレディンガーの猫へ至り、それらは畢竟言葉の綾でしかない。素晴しい括りであると感銘を受けました次第です。 永続に亙って、「それそのもの」を表現する手段を我々は所有しないのだと、改めて噛み締めつつ。 言葉に産れ、 言葉に遊び、 言葉に溺れ、 言葉に死す、 詩人の矜持を改めて受け取りました次第でございます。 果して評文と為っているのか否かは、さこそ解りは致しませんが(心許ない評者で申し訳もございません。)。 肝心の掲載に付きましては、一定の水準に達していらっしゃる、と評者自身は感受を致しましたので、 追って、合議の結果を御報せさせて頂きたく存じ上げます。 それでは、暫しお待ち下さいませ。

1
A・O・I
作品へ
(2023-12-02)

摩訶不思議「たましひ」の発見 このtitleかっこいいっすよね。とても目をひきます。 >異世界空間摩訶不思議ファンタスティックオーソレ思念ヨ そうだそうだ!って復唱していいたくなる。終始書き手のノリでことば巧みさに持っていかれる作品。

1
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2023-12-03)

壮大なイメージ。

1
鷹枕可
作品へ
(2023-12-03)

歌誌「帆」より、合議の結果を御報せさせて頂きたく存じ上げます。 結果と致しましては、今回の掲載は見送らせて頂くことと相成りました次第でございます。 評者個人は、触発されます事も甚だしく、佳いと思って居りましたので残念ではございますが。 全体の凝縮と、ユーモアセンスに付きまして一課題がお在りに為られるとのことでしたので、若し、次も投稿をして下さいますなら其処を意識なされてみて下さいませ。 今回は残念ではございましたが、 是非とも復のご応募ご投稿をお待ち申し上げております。

1
岡柴 牡丹波
岡柴 牡丹波
m.tasaki さんへ
(2023-12-04)

コメントありがとうございます。 ものそのものを人間は知ることはできない 哲学のテーマですね。浅学の私ですので間違いかもしれませんがカントの哲学でしょうか。 仏教は全然知りませんが、真剣にものを考える人たちは古今東西似たようなことを言っていると思ってます。

0
岡柴 牡丹波
岡柴 牡丹波
鷹枕可さんへ
(2023-12-04)

評価をしてもらいありがとうございます。 縮小とユーモアを考えていきます。 この詩のユーモアのかけている部分とは また、詩についてのユーモアと縮小のついてアドバイスいただければ幸いです。

1
岡柴 牡丹波
岡柴 牡丹波
A・O・Iさんへ
(2023-12-04)

コメントありがとうございます。 カッコいいと言って頂きありがとうございます。 カッコいいと思われた理由まで教えていただければ幸いです。

0
岡柴 牡丹波
岡柴 牡丹波
田中宏輔さんへ
(2023-12-04)

コメントありがとうございます。 自分ではむしろ主観的に書いた詩だと思っているのですが、 壮大に思われた理由を教えていただければ幸いです。

0
ゼッケン
ゼッケン
作品へ
(2023-12-04)

唯名論と普遍と金子みすずの三角関係、だけではない。ゼッケンです。牡丹波さん、すてきなお名前ですね、こんにちは。 >目に入るすべてを >時間も延長す >ほんでもって空間を作り出したらば己の >たましひ!! >を発見する デカルトとカントから魂を発見する。ここは興奮するところ。 空間は純粋持続である魂が作り出したもの。だから、本義の魂を取り戻した「あたしは僕は」なにものにも阻まれずに空間を移動できる。 >あたしは天魔の命より龍の背に乗り闇より闇から出ずる物の怪たちを滅ぼしたり >僕は愛する女の純情をこの世界の果てに連れて行く >それから二人は本当の世界で真実のみで分かち合う ここでマンガやアニメから借景したのは想像力の自由さを謳歌するように見えてむしろテンプレ化してる「思念」への皮肉。「阻むものはない」と言いながら、「あなたと僕は土に頭が埋もれている」。めちゃ不自由な体勢で、周りのなにも見る気がない。そんな状態だからこそ逆説的に問える、「たましひとは!?なんだ??」。不自由な人間しか自由を問うことはできない。 >僕とあたしは同じでないと同じことを言っている 我々はお互いに同じ人間ではないとずっと同じ言葉を繰り返している。なにゆえ、他人に対しては己の個性を、自分に対してはアイデンティティを主張し続けるのか? その主張を続けることは正しいのか? 本来なら何者にもなれる間主観的な魂を持つがゆえになんらかの強制を受けているのではないか?  >2枚の落ち葉は同じでない >だから >手に持つ落ち葉と道に落ちた葉は >同じ 反復して葉が落ちることでいままさに落ちていく葉と落ちてしまった葉の差異が生じる。違うという認識は同じという認識に支えられている。「同じと違うが合わさった」ときにだけ魂から私の認識が生じる。 で、最後に「それほかは言葉のみ」で締めくくられるわけですが、これ、ゼッケンは言葉が魂に輪郭を与える強制の正体だと読んでみた。

1
鷹枕可
岡柴 牡丹波さんへ
(2023-12-05)

お返事の程を、失礼させて頂きます。 多分、問題点は、「詩にて論理を語ることに付いて」の認否であり。その価値判断に則っての否、だったのではないでしょうか。 そして、ユーモアに付きましては「軽み」が厭われたのではないでしょうか。却下者当人ではございませんので、推測ですが。 余りご参考に為らないかも知れませんが、 一つの指標となりましたならば僥倖でございます。 追伸:横からですが、ゼッケン様の読み、とても興味深く拝読をさせて頂きました。    「あなたと僕は土に頭が埋もれている」に付きましては、私は植物の形態を彷彿と致しました次第でございます。    ほら、植物は人間の下肢‐下半身が「花」という形態を以て末梢にございますでしょう。    ですから、「あなたと僕」は植物的存在なのだと読解を致しました次第でございます。    一文の読みに付きましても、此処まで幅が在る、と申します事は、作品の奥行と強度が為せる業なのでございましょう。    種々の読みが在る。此れはとても喜ばしい状態であると思いました次第でございます。

1
岡柴 牡丹波
岡柴 牡丹波
ゼッケンさんへ
(2023-12-06)

コメントありがとうございます。 デカルトとカントからたましひを発見すると読み、自分の詩にデカルトとカントが現れると思い恐縮してます。 僕自身はデカルトの本はかじった程度に、カントにしては読んだことがないです。 哲学史や解説本で読んだぐらいです。 哲学の入門書を読んでいるときに関心を示したことを詩にしたまでにすぎません。 関心したのはデカルト、カントでなく ヘーゲルです。 生は結合と非結合との結合 それをそのまま僕が日頃思う感情を当てました。 そして、(たましひ)について僕自身はよくわからないのです。 なので、無教養で失礼な質問になるかと思いますが、間主観的なたましひとは何でしょうか。 教えていただければ幸いです。

0
ゼッケン
ゼッケン
岡柴 牡丹波さんへ
(2023-12-09)

>無教養で失礼な質問になるかと思いますが、間主観的なたましひとは何でしょうか。 >教えていただければ幸いです。 「間主観的なたましひ」というのは牡丹波さんの作品を私が解釈した言葉ですけども、時間や空間は主観の間で共有あるいは同意されている認知の形式(間主観性)なので、そこから魂を発見したのだから「間主観的なたましひ」となるだろう、というのが牡丹波さんの「たましひ」に関する私の解釈です。時間や空間と同様に魂も共有されている、あるいは主観の間で同意されているとする牡丹波さんの「たましひ」に興奮して、よく分からん言葉を書き連ねてしまいましたよ。

1
岡柴 牡丹波
岡柴 牡丹波
ゼッケンさんへ
(2023-12-09)

返信コメント誠に有り難うございます。 浅学の私なので以下の文章に間違いはあると思いますが許していただきたい。 時間や空間は主観の間で共有しているあるいは同意されている認知の形式(間主観性)を読み、現象学になるでしょうか。 ゼッケンさんのコメントを読み現象学を見ました。私自身、(たましひ)は普遍性となり得るかが問題に思えるのです。 たましひと聞いて、指差し見ることはできない。個人の中で組み上げた(感じたり、信じたり)、確信である、 つまり「超越」である。(かくなるものに違いない※参照 現代思想の冒険 著者 竹田青嗣 ちくま学芸文庫) たましひと聞いて、それぞれの色合いがあるかもしれないが、(たましひ)の言葉がある。 共通に言葉を知っているが、(たましひ)に公理、基準を持つことはできるだろうか。 (たましひ)に公理がなければ、私のたましひ、あなたのたましひは意味不明となる。 そして(たましひ)とはなんだ、と問いも意味を失う、個人でのみ知るのだから相手に問うのはできない。それぞれのたましひがあるだけとなる。 そう考えておりますが、ゼッケンさんのコメントを読み、やはり(たましひ)の言葉を多くの人が納得して普通に詩に現れている以上、「たましひとはなんだ」と問いたくなります。 もう一つ、ウィトゲンシュタインの「論考」であれば、それを神秘と呼ぶと考えていました。 僕はたましひはわかりませんが、そのことを考えたくなる感情は理解できそうなんです。 なぜなら、私を超えて何かあると思わなければ、私は自分自身に退屈してしまいそうだからです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3