しまい - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

しまい    

私はピュアではなく潔癖なんだと思う。進んで汚れて行くのだって、誰かに汚されるのが嫌だからなんだと思う。その方が汚れは落としやすい。いや、臆病なのかも知れない。高校生の頃、姉が私にセックスをしようよと誘って来たことがあった。性の目覚めが早かったし、また酒の勢いに任せて言っているんだと思っていた。だけどその日は口だけの冗談じゃなくて本当にしたかったんだと思う。陽気な目付きと声が妖艶で獲物を狙っている蛇みたいになって、声に呪文が掛かってるのか環境音が何処かに消えて姉の声と自分の心音だけが聴こえていた。睨まれた蛙みたいに、いや…メドゥーサに石にされているかのように強張って動けなくなっていた。 「昔から思ってた。あんたはいつも身構えていて力が入ってる。見てて苦しそう。私が気持ち良くしてあげるからさ…しようよ?色んな事が受け入れられるようになると思うんだ。子供なんて出来ないんだし、知らない誰かとより姉妹とやる方が気持ちも楽でしょ?」と姉が私の内心に触れてくる。社会とか道徳的な問題はさておき、私は近親相姦は初めてのセックスとしては打ってつけなのではと考えていた。根拠はないけど遺伝子も近いから肉体の相性も良さそうだし、ずっと家で互いを見てきていたから何が好きとか嫌いとか分かりそうだから。姉は私に軽いキスをする。これだってそう、私は長いキスとかしたくないしされたくない、ベロを絡ませるなんて念入りに歯磨きをしてもしたくない。それを分かっての軽いキス。伝えたことなんてないけど分かっている。石みたいに固くなった私の心身は軟体動物のように軟らかくなり、今度は力が入らなくなって動けなくなった。分からないけど、私はこれからするセックスを受け入れたのだと思う。 そうだと思っていたのだけれど倒れた私に姉が股がり胸を揉まれた瞬間、「いや!」と叫び姉を両腕で突き放した。これからする事で私がどんな風になってしまうのか、数秒の間に脳裏で駆け巡って怖じ気付いたのだ。姉はテーブルに頭を打ち痛がっていた。「あ、その…大丈夫?」と気遣う私に姉は言う。「やっぱり怖がっちゃうかぁ。じゃあさ、この格好のままやろうよ。」あんたが私を好きにしなよと姉は寝転んで両腕を広げた。 私は暫く思考が停止していたが、姉の胸に顔を埋める形で重なった。軟らかい胸に包まれながら姉の匂いを嗅ぐ。それは、シャンプーや洗剤の匂いじゃなくて姉の皮膚から出ている桃のような甘い香りがした。姉の心音が私の心音と同じように早く鳴っているのを聞いた。隙間をなくすようにドッドッと心音が鳴っている。服の上から大きな胸を手で沈めていく。すると奥の方で骨に当たった。当然なんだけど、どこまでも軟らかい胸に沈んでいくって事はないんだよね。…そのまま黙って胸を揉み続けた。時計回り、反時計回り。これじゃパン工房の人ではないかと思いながらも続けた。ここも触ってみないの?と姉は局部を指差す。ジーパンの上から鷲掴みにして捏ね回してみた。恥丘の膨らみを感じた。 終始、姉の顔は見れなかった。荒れた息遣いも聞こえないから感じているのか不安だった。私もどんな顔をしていたか分からない。不安な顔なのか、一生懸命な顔なのか、真顔なのか。とにかく局部を揉んでいると、「はいおしまい!」と姉は状態を起こした。時計を見るとあれから1時間は経過していた。その時に見た姉の顔はまたいつものニコニコとした表情だった。「こんなんでも良いからさ、またしようよ?」私は答えられなかった。暫くの沈黙の後「…じゃあ寝ようか。」とパジャマに着替えて同じ布団に入った。昼寝は特に何もしなかった。ただ、無言で身体をくっ付けたまま時間が経った。あれから互いにセックスを誘わないで過ごしている。変わらないのは、一緒の布団に寝たりすることだけ。

scroll


作成日時 2022-09-30
コメント日時 2022-10-24

しまい ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 908.1
お気に入り数: 0
投票数   : 9
ポイント数 : 18
#現代詩 #縦書き #受賞作 #受賞作
項目全期間(2022/12/01現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性00
可読性66
エンタメ55
技巧00
音韻00
構成22
総合ポイント1818
 平均値  中央値 
叙情性2.52.5
前衛性00
可読性33
 エンタメ2.52.5
技巧00
音韻00
構成11
総合99
閲覧指数:908.1
2022/12/01 06時19分21秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

しまい コメントセクション

コメント数(11)
三浦果実
作品へ
(2022-09-30)

冒頭のピュアではなく潔癖だというくだりが、本人ではなくて姉の印象をよりダーティに引き立ててるのではなかろうか。また、この手の書き物って、読みながら濡れてしまうかが大事で、私の場合は、肩を小さく雨が滲ませるぐらいだった。蛇足だけれども、私も小説の類いにトライしているけれども文体が全てだと思う。これを読んで再認識した。キツイコメントになって恐縮だけれども本作はまだオリジナルな文体を持って書かれていない。私もそうだ。しかしながら、本作は筆力ある作品だと思う。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2022-09-30)

連作を頼んだ中でサラーと書いたものなんで、釣りたい人を釣れればそれで満足です。はい、案の定釣れましたね。まぁ、こうなるだろうなと思いました。

0
野良 ○弧
作品へ
(2022-09-30)

上手いなと思いました。それ以外の感想は、あまりありません。すいません。正体が知りたいだけです。ごめ➰んね。

0
mono
mono
作品へ
(2022-10-10)

すごいです…

0
エイクピア
作品へ
(2022-10-10)

私の読み落としかもしれませんが、恐らく、近親相姦でも、姉と弟と反射的に考えて仕舞うのですが、もしかして姉と妹ではないかと私は考えて仕舞いました。私の世見落としで、弟であることを示唆する描写があったのかもしれませんが。

0
エイクピア
作品へ
(2022-10-10)

ああ、迂闊でした。「しまい」とタイトルに有りますね。変な勘繰りでした。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
野良 ○弧さんへ
(2022-10-12)

ありがとうございます。私が書きました。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
monoさんへ
(2022-10-12)

お読みくださりありがとうございます。 しかも推薦文まで書いてもらえて嬉しいです。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
エイクピアさんへ
(2022-10-12)

お読みくださりありがとうございます。 そうですね姉妹であり、しまいには終いでもあります。

0
アポロン
アポロン
作品へ
(2022-10-12)

貴重な体験ですね。近親相姦しかも同性愛という。いろんな意味ですごいです。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
アポロンさんへ
(2022-10-24)

お読みいただきありがとうございます。 でも深刻な話ってよりはちょっとしたエロい思い出ぐらいのつもりで書いてます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 4