立春の日に - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

立春の日に    

細枝をやっとこのばして突っ立っていた木が やめてください、やめてください と 声をあげている 土手の斜面の縮こまっていた枯草たちが もう勘弁してください、許してください と 懇願している 冷たくこわばっていた川面も もう駄目です、参りました と 降参している (その騒ぎに水鳥が二三羽、飛び立ってしまった) いたずら好きな太陽が たくさんの長い長い腕を伸ばして たくさんの指で地表一帯をくすぐっているのだ なんて明るい笑い声だ こちらまでくすぐったくなってしまう にやけるのを堪えるのがたいへんだ 春が近づいたのだ

scroll


作成日時 2021-02-03
コメント日時 2021-02-26

立春の日に ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 32
P V 数 : 2161.0
お気に入り数: 5
投票数   : 10
ポイント数 : 10
#現代詩 #縦書き #受賞作
項目全期間(2021/04/17現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性00
可読性11
エンタメ11
技巧22
音韻11
構成22
総合ポイント1010
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性0.30
 エンタメ0.30
技巧0.70
音韻0.30
構成0.70
総合3.32
閲覧指数:2161.0
2021/04/17 22時53分09秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

立春の日に コメントセクション

コメント数(32)
宵月
作品へ
(2021-02-03)

情景がとても綺麗に浮かびます。 春が来るんですね、楽しみになりました。

1
福まる
福まる
作品へ
(2021-02-03)

感想として前半の「太陽」を自然が待ちわびている情景と後半の「太陽」が出てきて「地表一体をくすぐっている」の対比が凄いと思います前半暗くて後半明るい詩は私は好きなのでいい詩だと思います

1
ryinx
ryinx
作品へ
(2021-02-04)

- 細枝 突っ立っていた 木 が - 土手の斜面の縮こまっていた  枯草(たち?..) - 冷たくこわばっていた  川面 - 水鳥 飛び立ってしまった - いたずらな好きな  太陽 作中の言葉をメモしたり、タイピングしてみたり。 音読してみたりして、この作品に描かれているものや、 作品の、意味を読みとこうとしていました。 意味(こういう事を表現しているのかな、というニュアンスです) 土手の斜面、枯草。時間の流れのことだろうか、 - いたずら好きな太陽 たくさんの 長い腕 たくさんの影、人影だろうか、 - 立春の日に - 春が近づいたのだ とても、計算(構成)というのでしょうか、 されて、書かれているように感じるのですが  コントロールできない、事柄が、書かれているような  季節も、自然も、時間も、操る事が果たして可能だろうか - (その騒ぎに水鳥が二三羽、飛び立ってしまった) この箇所が気になりました。 この箇所だけ()で囲まれています。 水鳥は植物ではないので、 飛ぶことも、水中のお魚を食べることも、 そのまま川面に浮かんでいることもできるし 木や、枯草や、川面や、太陽、とも季節とも 違う気がしたからかなあ、、 厳密な意味はわからないけれど、 なにかを感じます。意味を感じている訳ではなく なにを感じているのかもわからないのですが、 なにかを強く感じるのです。

2
小林素顔
作品へ
(2021-02-04)

サムネイルで表示されている第一連を見て「これはただ事ではない問題提起なのでは?!」と思ってクリックしたら、おや、緊張と緩和の効いた、すがすがしい春の予感を詠んだ詩なのだな、と思いました。 が、二度、三度と読み返し、なんだか違和感があるような気もしました。とくに、 >(その騒ぎに水鳥が二三羽、飛び立ってしまった) の部分に対して、同じく春を迎えた動物側であろう詩の読み手(おそらく人間)と同じように、にやけたりせず、なぜ「飛び立ってしまった」のか、そこが違和感で、素直に「春の予感を詠う詩」として、受け取れずにいます。その第四連の一行だけ、他の連のように春を無邪気に受け入れるイメージとして一緒の方向に浮揚していかないような。深読みしすぎかもしれませんが。 でも、ともかくも、こんなにも春の訪れに対して明るいイメージを描ける詩人がうらやましいなと思いました。素敵な詩をありがとうございます。

3
ryinx
ryinx
作品へ
(2021-02-04)

追記です。 早すぎる追記かもしれません。 きっと、上手に表現出来ないかもしれません。 最近、文面そのもの。書いてある以上の感覚を作品から感じる事があるのです。 以前、蛾兆ボルカ様の 犬のしっぽ という作品を拝見させて頂いた際、確かに犬やしっぽといった、単語は記述されているのですが、その文章以上のわくわくするような、不思議な感覚になったのです。 僕は、詩や詩の文化、等が昨年の5月、最初に眠れぬ朝に投稿してから、今でもよく分からないのですが、 なんと表現すれば良いか。 書かれている言葉以上のものを時々、言葉を通過して感じる事があるのです。 例えば、ダンボール箱について描写しているようで、あるいはそうしていても。 遠くからの贈り物をもらった時の感覚であったり、それを運ぶトラックの風景であったり、その時の作中に書かれていない、けれども風っぽかったり、けれども時折、深く感動した時には、自分は何故、この作品に惹かれたのだろう。って、正確に把握したくなる時があるのです。 補足です。  文章が長くなり過ぎました  心に沁み入りました。  僕はこの作品が好きです。(^^)

1
AB
作品へ
(2021-02-04)

まぁ、なんておだやかにかわいらしい!!、と率直に感じる。 これは、かなり難しいことなのに、かるくやってのけてる(ように感じられる)。 そうこうしているうちに、春一番吹きましたね。

2
藤 一紀
宵月さんへ
(2021-02-04)

読んで下さってありがとうございます。情景が浮かんでよかったです。もうすぐ春ですね。

0
藤 一紀
福まるさんへ
(2021-02-04)

読んで下さってありがとうございます。書いているうちにそうそうふうになってしまいました。楽しんでいただけたようでうれしいです。

0
藤 一紀
小林素顔さんへ
(2021-02-05)

読んで下さってありがとうございます。サムネイル表示のことは書き終わったあたりで少し意識しました。そんなふうに読むかもしれないな、と。まあ、書き終わったあたりでなのであらかじめ計算していたわけでなく、書いているうちにそうなったのですが。 ご指摘の()の部分は、水鳥は笑っていないのと、あまりうるさくしたくなかったので()で閉じました。他はまあ、いろいろですが、確かにそのようにも読めるので、ここはもう少し精緻にいってもよかったかもしれません。ちょっと早まったかな。ご指摘、ありがとうございます。

0
藤 一紀
ryinx さんへ
(2021-02-05)

読んで下さってありがとうございます。まとめて返信しますね。 まず「なにを表現したかったのか」ということは説明できなくはないのだけど、説明の言葉にするとどうも違ってくるんですね。説明の言葉(文章)からははみだしてしまうものがある。なので〈表現したかったものは表現されたもの〉という他ないように思います。あるいは、言葉を用いてはそのような仕方でしか表わしようがなかったものというか。 だから使っている言葉について、これはこうで、これはどうでと私から言えることもあるにはあるのだけど、詩の言葉はその部分だけで成り立っているものではないので、言っちゃうとどうもおかしくなってしまう。なので、そこはもう読んでもらうしかないってところがあります。 ボルカさんの『犬のしっぽ』、良かったですよね! ピキーンとなりましたよ、ピキーンと。 いろいろ考えて下さってありがとうございます。好評にも感謝を。

2
藤 一紀
ABさんへ
(2021-02-05)

読んで下さってありがとうございます。率直な感想、嬉しいです。 だいたいはその時々に浮かんだことを頭のなかで持ち運んで、言葉の上に立ち上げようとするんですが、やはり二転三転か、七転くらいはしたように思います。そんでもう倒れ込むような感じでした。でも、そこがまた詩作の愉しみでもありますね。

2
stereotype2085
作品へ
(2021-02-05)

これはとてもいい詩ですね。冒頭から何かを拒む細枝が出てきて、二連目以降も擬人化された枯草などが勘弁してくださいなどと懇願している。何か辛いことがあったのだろうか?社会批判?文明批判?何かがあるのだろうかと思ってしまいそうなのですが、そう思わない。最終連にまで行かずとも何か楽しげで幸福な予兆がある。最後に幸せの種明かしがされるのですが、そこでなぜ不穏なイメージを抱かなかったのかがはっきりと分かる仕掛け。ですが最初に書いたように冒頭からこの詩は幸せに満ちている。これは技巧、技術一辺倒ではなかなか出来ないと思うのですがどうでしょう。この詩はとても幸せで幸運の最中、生まれた詩だと私には思えるのです。

2
藤 一紀
stereotype2085さんへ
(2021-02-06)

読んで下さってありがとうございます。そうですね、なにごとにつけ、あ、いいな、と思える瞬間というのがありますね。そう思える時というのは幸運でもあるし、やはり幸福でもあるのかもしれません。この詩に対してそのような感想を抱いてくださったこと、嬉しく思います。 技術や技巧に関しては、書くときにはほとんど意識していませんが、あとあとになって、ここはしかじかの技術になっているな、と気づかされることがあります。

0
沙一
作品へ
(2021-02-06)

先日、川辺を散策していたら、私の気配に気づかれたのか、つがいの水鳥が二羽、飛び立ってしまいました。そう、水鳥が慌てて飛び立つのは、人の気配を感じたとき。 この作品では、春の気配に降参してしまう草木や川がえがかれているのですが、実際のところそこには、草木や川に自らの感覚を重ねて観察している主体の存在があるのだろうと察せられました。だからこそ人の気配を感じて水鳥は飛び立ったのでしょう。うららかな日に散策をしている主体の牧歌的な心境が感じられました。

1
藤 一紀
沙一さんへ
(2021-02-08)

読んで下さってありがとうございます。私は川を見るのが好きなのですが、あれはなんでしょうね。ほんとうに上手い具合に飛んでいきます。写真とろうとして逃したことが何度あったことか。 うららか。いい響きですね。そういうことなのかもしれません。

0
妻咲邦香
作品へ
(2021-02-08)

おそらく水鳥は、近づいてきた「春」自身なので、正体がばれる前にその場を離れたような気がします。 くすぐる相手なら他にいくらでも居ますしね、またすぐ戻って来るでしょう。

1
藤 一紀
妻咲邦香さんへ
(2021-02-08)

読んで下さってありがとうございます。 なるほど、そういう読み方も可能ですね。読む方によって受け取られ方もさまざまで勉強になります。 「水鳥=春」は神話的でとてもイイ感じですね。(こっそりいただきます) コメント、ありがとうございます。

1
鈴木 海飛
作品へ
(2021-02-10)

読み始め うわ、やだ。 詩界隈の病んじゃう憧れちゃうすぐ死んじゃう系かしらとドキドキしましたが、 一本とられたなー。 太陽の誘い笑いにつれられて わたしもほほえんじゃいました くすぐられて 身体をくねらせている その印象に生命の活力を見いだしている彗眼に感服満腹にこにこぷん。 面白かったでーす‼️

4
羽田恭
作品へ
(2021-02-12)

>やめてください、やめてください >と 声をあげている >もう勘弁してください、許してください >と 懇願している >もう駄目です、参りました >と 降参している この箇所は寒さが緩んで悴んでいた、枝や草に川がようやくその身を広げようとしている風に思えました。 その動きに鳥は驚き飛んでしまったけれど。 後段を見ると太陽がくすぐっていた。それは声を上げてしまう。 北海道も最高気温がようやくプラスになり始め、雪は降りつつ春が近づいてきました。 本州だと季節にあった作品かもしれません。

1
藤 一紀
鈴木 海飛さんへ
(2021-02-14)

読んで下さってありがとうございます。 ウーン、ズバッと的を当ててきましたねー。書き手としてうれしい限りです。 今回意識したのは、 ・できるだけ短いセンテンスで書くこと。 ・うるさく(書き過ぎ)しないこと。 ・「光」という語を使わないこと。 ・あ、いいな!とつかまえた一瞬の総体を語り手が語り、その語りが読み手に回った私に、手に取るように入ってくること。 でした。《くすぐられて身体をくねらせているその印象に生命の活力を見いだしている》というのがピシャリとハマる感じです。 コメント、ありがとうございます。

2
藤 一紀
羽田恭さんへ
(2021-02-14)

読んで下さってありがとうございます。 《寒さが緩んで悴んでいた、枝や草に川がようやくその身を広げようとしている風に思えました。》 感覚の行き届いた表現ですね。開かれていく様子が見えてくるようです。そんなふうに開かれていく姿も思い浮かべていたように思います。 コメント、ありがとうございます。

0
井上橙子
井上橙子
作品へ
(2021-02-15)

こちらまでくすぐったくて声を上げて笑ってしまいそうな作品です。春が来るのだ、と断言されて気持ちが明るくなりました。春を待ちたいと思います。

1
ネン
作品へ
(2021-02-15)

待ちきれないのだなあ、と期待に胸膨らます作者のお姿が目に浮かびます。眩しく擽られる草木の春を待ちわびる姿も、喜びでいっぱいで心が穏やかになりました。

1
藤 一紀
井上橙子さんへ
(2021-02-20)

読んで下さってありがとうございます。声をあげて笑ってくださってよかったのになぁ!それができてたら最高だったのに笑 《にやけるのを堪えるのがたいへんだ》 と書いた本人は実はこの時うれしくてにやけたのでした。でも「にやけた」と書くと、読み手としては、そうなんだーと受けとめられて終わりそうな感じがしたので、「堪えた」ことにしました。その方が「にやけ」たくなるかなあ、という誘いでした。 コメント、ありがとうございます。

1
雨野小夜美
雨野小夜美
作品へ
(2021-02-20)

驚きました。最後の一行に胸を打たれました。詩って、こんなに楽しいものなんですね。最初の方を読むと、「何かな?」と思うんですけど、最後の行で春が心の中にひろがるような詩です(うまく言えないですけれど)。 そういえば、いつだったか、詩にコメントありがとうございました。返信しようとした頃には、コメント欄が消滅していました……。

1
藤 一紀
ネンさんへ
(2021-02-21)

読んで下さってありがとうございます。 まだまだ気温の変動が激しくて、寒がりな自分としては「ヤニナッチャウ!」といいたくなりますが、自然は着々と準備をしているようで、それに触れる機会があるとうれしくなります。早く来ないかなぁ!

0
真清水るる
作品へ
(2021-02-21)

拝読して なんだか 私も 春にやたらと 笑える日があったけど、太陽さんの くすぐりだったんだなあ。て おもいました。

1
藤 一紀
雨野小夜美さんへ
(2021-02-21)

読んで下さってありがとうございます。詩は楽しくて苦しくてやっぱり楽しいです。タノクルシイ。笑 春が広がってうれしいです。ありがとうございます。

0
藤 一紀
真清水るるさんへ
(2021-02-22)

読んで下さってありがとうございます。そうなのです。春がちかづくと笑いたくなるのは太陽がくすぐってるからなのです。アッハッハー。

0
エイクピア
作品へ
(2021-02-26)

ただの擬人化ではないのでしょうね。冬までの感じである、枯草や、この詩では出てきませんが川が涸れている感じ。水鳥も冬の季語なのですが、この詩ではあまり俳句のしきたりは関係ないようです。そして太陽までが擬人化されて、長い長い腕を伸ばしてと非難がましくは思えませんでした。逆にこの詩の中だけでは本当に太陽に長い長い腕が有ると言うのが首肯できて、常識的な内容を少し離れられる快楽が有ると思いました。

1
藤 一紀
エイクピアさんへ
(2021-02-26)

読んで下さってありがとうございます。感じ取って下さったようで安心しました。 「擬人化」または「擬人法」などの技術的なことは書く段ではほぼ考えておらず、結果的にそうなっていた、ということの方が自分の場合は多いです。皮膚感覚と言葉が噛み合っているというか。 《この詩の中だけでは本当に太陽に長い長い腕が有ると言うのが首肯できて、常識的な内容を少し離れられる快楽が有る》 とても有難い言葉をいただけて、書いた甲斐がありました。深謝。

0
泊瀬
泊瀬
作品へ
(2021-02-26)

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3