耳鳴り - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

耳鳴り    

理髪店の前は雨が降っていたことがない 亡き王女のパバーヌが聞こえてくる二階の窓は いつも閉じられていて 少年だった僕の耳は 海辺の貝のように 知りもしない 未婚の叔母の過去の波打ち際に取り残されていた ああそうだ そういえば 忘れていたことが大切であると 叔母はよく言っていた 叔母は時折スフインクスのように 決して解けないなぞなぞを出し 僕はいつもインチキの答えをでっち上げた 叔母はその度に淋しげに微笑んで 僕のいたいけな耳にハサミを入れたのだ その切り取られた僕の耳は いまも彼女の ふくよかな胸の谷間にいくつも眠っている 忘れたことが大切なの よく覚えておいて 僕は叔母のかなしみを検査する聴診器のように 彼女の胸に耳をあてた ああそうだ そういえば 叔母の理髪店は 山から海辺に向かう なだらかな坂道の途中にあった だから僕はお天気の日にしかそこを通らなかったのだ 忘れたことはたったの一つ なぜだか分かる 鏡には海を借景にした叔母がハサミを構えて 微笑んでいた そして 二階にゲバラをかくまっていると 僕にこっそり打ち明けた ああそうだ そういえば あのモナリザの含み笑い そして無意味に開いたり閉じたりしていたハサミ あれは 秘密を知った耳は切るという威嚇だったかもしれない 叔母はまた ゴッホの気持ちも分からなくなはないと言っていた 耳鳴りが果てしなく続いているということだった 僕がイヤリングの穴に気づき それは右耳だろうというと 叔母は満足げに頷いて 父親殺しは遺伝ね と僕の耳のそばで囁いた ほら おわかり 忘れたことは何か 言ってごらん 叔母はそう言っておきながら 無慈悲にも僕を置いてきぼりにして 南米に密航した 忘れたことに遇いにいくのと 言い遺して ああ そうだった あれからか 僕の耳が 貝になり 潮騒に悩まされるようになったのは

scroll


作成日時 2022-08-13
コメント日時 2022-09-10

耳鳴り ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1230.0
お気に入り数: 2
投票数   : 7
ポイント数 : 53
#現代詩 #縦書き #受賞作 #受賞作
項目全期間(2022/12/01現在)投稿後10日間
叙情性1212
前衛性44
可読性1010
エンタメ33
技巧99
音韻55
構成1010
総合ポイント5353
 平均値  中央値 
叙情性66
前衛性22
可読性55
 エンタメ1.51.5
技巧4.54.5
音韻2.52.5
構成55
総合26.526.5
閲覧指数:1230.0
2022/12/01 05時16分12秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

耳鳴り コメントセクション

コメント数(13)
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-08-13)

巧すぎる。 いい詩というものは最初の一行て立ち上がってくる。 これが鉄則だ。 どしゃぶりの雨だったと書かれたものよりも 雨が降ったことがないと書かれたものから 雨のどしゃぶりが見えてくるように。 それにしてもなんと美しい情景か。なんと美しい 追憶か。 他の投稿者には失礼だがやっと詩らしい詩に出会えて すこし、うれしい。

0
薄楽
薄楽
室町礼さんへ
(2022-08-13)

初めての投稿でした。誉めていただいてありがとうございます。励みになります。

0
湖湖
湖湖
作品へ
(2022-08-17)

ああ、素晴らしい出来栄えだと思います。物語性も辻褄もふくよかで空想的でそれでいて内容も感じがいいです。単純に読み物としてかっつっり成立しています。叔母の胸のふくらみに耳がうずまる、そのセクシュアルさの距離感の微妙が下品でもなく素敵です。鋏を持っている叔母の心の、人物としての棘が、それでいて魅力的な人物像が作品に起伏を与えています。

0
薄楽
薄楽
湖湖さんへ
(2022-08-18)

自分の詩がこんなに誉めてもらえるなんて、とても幸せです。ありがとうございました。

0
エイクピア
作品へ
(2022-08-18)

ゲバラとゴッホが印象的だったのですが、主人公の理髪店を営んでいる叔母さんのインパクトのある嘘や、心情、心の襞が重要なのでしょうね。叔母さんのゴッホに寄せる共感は危険な香りがするのかもしれませんが、極めて共感を呼び寄せるのではないでしょうか。

0
薄楽
薄楽
エイクピアさんへ
(2022-08-18)

コメント、ありがとうございます。ゲバラもゴッホもぼくの大好きな人です。どちらも自分の信じることに一途に没頭し、散っていった人。ふたりはぼくの「忘れていること」のなかでつながっているんですけど、どうも思い出せないんですね。たぶん、おばさんが知っているんですけど、これがまた底意地が悪くて教えてくれないんです。とここまでくれば、フロイトだと分かっちゃいますね。ぼくは、フロイトを勝手に詩学と思い込んでます(_ _)。ちなみに「亡き王女のためのパヴァーヌ」を作曲したラヴェルは亡くなる10年くらいまえから、軽度の記憶障害と失語症になったようです。

0
AB 脂喰坊主
作品へ
(2022-08-19)

いいですね。 既にコメントされてますが、物語が秀逸だと思います。

0
薄楽
薄楽
AB 脂喰坊主さんへ
(2022-08-19)

ありがとうございます。なんとなくフィニッシュできた詩です。偶然の三乗くらいです。(_ _)

0
カワセミ三太夫
カワセミ三太夫
作品へ
(2022-09-06)

潮騒に悩まされると言うのは、なんだかいいですね。

0
薄楽
薄楽
カワセミ三太夫さんへ
(2022-09-07)

ありがとうございます。入院中に急に耳鳴りがはじまり、しばらくつづきました。ちょっと潮騒みたいだなあ、と思ってたのしみました。 いまでもときどきは、鳴ります。これも一興、というところでしょうか。

0
エイクピア
作品へ
(2022-09-09)

短絡的には、ゴッホを思い浮かべ、実際、詩を読み進めて行くとゴッホの名前は出て来るのですが、そしてコクトー。ゲバラの名前はそのまま出て来る、幻想的な内容ですが、コクトーの名前は最後まで出て来ない。実際、コクトーのあの短詩、発想としては昔からいろいろな人が同じ発想で詩作して来たのかもしれませんが、未婚の叔母さんが主人公格で出てくるこの詩の中で、スフィンクスも結構な存在感。それこそインチキな答えこそ、少年期、青年期の真心の発露だったのかもしれません。

0
薄楽
薄楽
作品へ
(2022-09-10)

  私の耳は貝の殻   海の響きをなつかしむ この詩ですね。記憶が間違いでなければ、たぶん中学か高校の国語の教科書に載っていたと思います。耳鳴りのときにふと思い出しました。 貝殻と耳と潮騒と追憶、これが自然につながりました。追憶の部分は叔母さんですが、彼女の原型は近所にあった理髪店のお姉さんです。ちょっと肉感的なひとで、子どものぼくは自分の気持ちをもてあましました。これにかさなってきたのが、フランス映画の「髪結いの亭主」。ぼくの最初のエロス体験と結びつくので、しみります。あとは、フロイトにお任せで、無意識の波間に漂うだけです。  ばれたので、白状しました。  

0
薄楽
薄楽
エイクピアさんへ
(2022-09-10)

 私の耳は貝の殻   海の響きをなつかしむ この詩ですね。記憶が間違いでなければ、たぶん中学か高校の国語の教科書に載っていたと思います。耳鳴りのときにふと思い出しました。 貝殻と耳と潮騒と追憶、これが自然につながりました。追憶の部分は叔母さんですが、彼女の原型は近所にあった理髪店のお姉さんです。ちょっと肉感的なひとで、子どものぼくは自分の気持ちをもてあましました。これにかさなってきたのが、フランス映画の「髪結いの亭主」。ぼくの最初のエロス体験と結びつくので、しみります。あとは、フロイトにお任せで、無意識の波間に漂うだけです。  ばれたので、白状しました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 4