物語をノンフィクションと断言できる人 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


批評対象
作品を読む

物語をノンフィクションと断言できる人    

<批評対象作品>
わたしの風の又三郎


あなたの好きな詩人は誰かと訊ねられればネット詩で好きになった幾人かの人たちの名前をこたえる。わたしが好きな詩人は宮沢賢治です、そう答えると私にとっては嘘になる。古典の詩集本を読み返す気にならない古典作品に魅力を覚えることのないおぢさんは、ぼんやりとした白痴なんだろう。誰かが言っていた。そもそも、あなた、文学とか藝術に興味ないでしょう?と。 ないよ。ばかやろう。 ノンフィクションだから。私も。 「わたしの風の又三郎」 久しぶりに読んだ。 初読の時から不思議に思っていた。 なぜにこのタイトルなのか。 初読の時から解っていた。 なぜに「わたしの」風の又三郎なのか。 覚醒された達観のようなもの。 わたしはいたのかいなかったのか。 わたしは居た。あなたの友人として、 確かに居たではないかと。 物語(風の又三郎)はノンフィクションであり、『わたしはそれを拾おうと、よるの海へ飛びこんだ。』のだ。作中話者、とは言わない。作者という。作者は幻想を綴る。その幻想は、あなたのお家であればいい、空であればいいと。でもそれは幻想じゃないんだ。公園のベンチで夜空を見上げて泣いてしまうのだから。 「わたしの風の又三郎」は、最後まで読ませてしまう魅力が好評で、当時、丁寧な読み手のコメントが多く寄せられている。なかなか出来る(書けるではない)ものではないよね。言葉のリアリティ。事実を書くことではなくてね、感情の事実。


作成日時 2022-01-10
コメント日時 2022-01-15
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

物語をノンフィクションと断言できる人 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 1091.9
お気に入り数: 0
投票数   : 2

物語をノンフィクションと断言できる人 コメントセクション

コメント数(12)
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-01-11)

おかげさまで「わたしの風の又三郎」という未読の投稿詩があることを知りました。 よるの海を見にでかける。なぜよるの海なのか。どうしてネオンが反射する裏町のドブ板じゃないのか。 それが不思議。かつまた、どうして判を押したように詩を書く方々はよるの海へ出かけるのが好きなのか興味をもちました。

0
三浦果実
作品へ
(2022-01-11)

鋭く突かれてる観点で好感をもつコメントです。夜の海を用いることによる、ありがちなポエムの印象に堕すことを、この作者は知悉した上で用いているように私には思えるのです。なぜならば「よる」とされているから。これを洗練さというのでしょう。更に言うなれば、自分語り、モノローグ的なる作品はその我の主張とメンヘラ的な主題だけが印象に残り読み手からすれば食傷気味になりがちです。ところがこの作品はそうではない。作品のコメント欄にあるようテクニカルな洗練さがあります。この作者を個人的には「芸達者」とみていて、仮にドブ板を用いらせればそれなりに読ませる作品が書けてしまうのではなかろうかと、そのような筆力を感じます。 コメントありがとうございます。

0
ほば
作品へ
(2022-01-11)

これを読んでいて谷川俊太郎の詩集のあとがきを思い出し、本棚を探した。普通の人々、てタイトルだった。 引用開始 「店の外にテーブルを出しているカフェなどがあると、坐っていわゆるピープル・ウオッチングをしたくなる。どちらかというと私は、友達と喋るより一人でぼんやりしているほうが好きなのだ。通り過ぎていくのは私の知らない人たちだが、その一人一人に同じ人間、もしくは生きものとして親近感を感じて、私は勝手に名前をつけ、その人たちの生活の断片を想像してみたりする。  詩も小説と同じく基本的には虚構だと私は考えているが、小説が物語を語るのに対して、詩は(私の場合)場面しか描かない。場面の前後に存在するであろう物語は、読者の想像力に任せたいと思っている」 引用終了 と書いてある。僕は「詩も小説と同じく基本的には虚構だと私は考えている」という彼の考え潔さが好きだ。僕も詩は「創る」ものだと思っている。しかし、人によっては、詩は自分のことを書くことだと思っている人もいる。人それぞれだが、単純に詩は自分の事を書くことだけだと思っている人と僕は詩について語りあいたいとは思わない。しかし、三浦さんのまた、わたしの風の又三郎、で言われる、ノンフィクション、は例え創られた作品であっても確かに作品のなかに存在している。それが僕たちに触れてきて時にはぶん殴ってくる、睨みつけてくる、そっ、と控えめに足を濡らす。虚構だけどそこには真実が在る。 そこに現れてくるものとこそ、僕は対峙して対話したい。そういう意味で批評対象作品を僕はまた読むだろう。

0
三浦果実
ほばさんへ
(2022-01-11)

優れた批評は無学であれ博識さが滲み出すものであれ、有意義な時間を与えるものか否かだと思うのです。不特定多数の他人と関わりを持つことがSNSなどにより軽薄で無難なルール通りの自動機化された空間にあっては有意義よりも快適さが優先されみんな白痴化する。批評はその真逆に位置していて、イージーには解せない、イージーには共有化されない。けれども係る時間は無駄ではなくて、他人同士が互いに思考し合うとは、或いは文学とはそういうことなのでしょうね。 谷川俊太郎さん、、、、 話は逸れますが、過去作品を批評作品として掘り出すことによって、当事者(作者)が不在の空間で作品についてディスカッションされることは、なかなか面白いかもしれませんね。

0
てんま鱗子(揶白)
作品へ
(2022-01-11)

お久しぶりです。コメント書かせて頂きます。 夢や想像の、想像を描き切る、この姿勢が良いと常思います。思い込みであるだけども理性がある。 自分はそんな詩を、骨の殻ほどしか書いていないのですが、 あらゆる事をロマンチックだと感じて読んだら宙に浮きっぱなし。 批評にしても音楽的センスを感じられ、以前読んだものよりかなり上達されたのだと、良いと思います。

0
蛾兆ボルカ
作品へ
(2022-01-11)

僕の好きなノンフィクション文学は「チェルノブイリの祈り」という作品で、その本を書いた人はノーベル文学賞を受賞しました。実際にチェルノブイリ原発事故に遭遇した人からの聞き取りをして書かれた作品です。 しかしその本の内容は聞き取りを事実通りには書いていないそうです。 「苦海浄土」というノンフィクション文学も、感動しながら読んでいます。これは 水俣病患者と共に歩み、自らも患った人が書いたもので、大佛次郎賞というノンフィクション文学の賞を受賞した作品であり、河出書房新社の世界文学全集に日本文学では唯一収められている傑作ですが、フィクションなのだと作者が証言してます。 後者を評した言葉として、これは石牟礼道子(作者)の宇宙で起きた真実なのだ、という言葉がありますが、実際ほんの千年もたてば、石牟礼さんが書き留めたことだけがこの時代の真実として歴史に残っても何も不思議ではないと僕は思います。 そんなわけで、事実とかフィクションという区別は、実はあまり重要じゃないのかも知れないですね。

0
三浦果実
てんま鱗子(揶白)さんへ
(2022-01-11)

てんまさん、久しぶりですね。 純粋さ、ピュアさってなんでしょうね。自分に正直にとか、自分のありのままを出せばそれが純粋なのでしょうかね。知能が低い人、白痴な人はそれだけで純粋なのでしょうかね。てんまさんならば、分かり切ったそんなことを最近考えました。私たちはひとりっきりでもいい。劣悪なバカに付き合って時間を無駄にするぐらいならば、むしろひとりっきりがいい。そうでなければ高度なロマンチックを語れないですよね。この作品の作者にそんなことをみる。退屈しのぎをこの作者から感じたこと、一度もなかったですね。 すみません、ついでに。てんまさんの新作読みました。でもなんとなく、コメントをすること、ためらいました。ひとりっきりの人に相応しく。

1
三浦果実
蛾兆ボルカさんへ
(2022-01-11)

近年、「事実が基になっている」と前提的に示す映画が増えていますが、映画になっている時点でフィクション。ドキュメンタリー映画がかなりな演出と編集にまみれてることも周知されてますが、そうですね。でも、文学は全部ノンフィクションなんだと、そういう妄想を抱く拗れたおぢさんでありたいな、なんて思ってしまうんですよね。

1
蛾兆ボルカ
三浦果実さんへ
(2022-01-15)

どんな記録手法を用いるにしろ、宇宙そのものをもう一つ作って、時間ごと保存しない限り、完全な事実記録はできません。 文字表記でできるわけもないので、その意味では僕も文学作品はすべて、非「ノンフィクション」だと思ってます。 でもそんなふうに考えてしまうなら、なんとかして事実を破片でも断片でも書き残こすんだ、なんてことを考える意味がなくなってしまいますよね。 それとフィクションは、事実でなければ良いと言うものでもないので、フィクションとは何かってのが、非「ノンフィクション」とは別にあるのでは?と思います。

1
三浦果実
蛾兆ボルカさんへ
(2022-01-15)

フィクション•ノンフィクションのテーマが幼稚だというような指摘が個人的にありまして、改めて言及したい機会があればと思うところもあり再コメント感謝いたします。 非「ノンフィクション」という呼称、言い当てているように感じます。けっして二項対立ではない、グラデーションのようなもの。 話が逸れてしまうかもしれませんが、テキスト論(その作品にあるテキストに限定して批評するの意)を三浦は嫌う節があります。それの理由として「作品に必ず宿るであろう作者が持つ固有のグラデーション」を評すことに相応しくないと考えるからです。いや、もしかしたらテキスト論とはそもそも、グラデーションという類いの「客観視に耐えれぬこと」を排除する手法で用いられているのかもしれません。 批評対象作品である「わたしの風の又三郎」は作者固有のグラデーションにこそ魅力の源があるように思うのです。もちろんそれは読み手の私の想像の域を出るものではありませんが、作品と読者である私の間にある空間は「行間(を読む)」でもあるのかと考えます。

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2022-01-15)

ネタ元の賢治の風の又三郎って、断片的にしか覚えてないけど、この作品とは全く逆の方法だと思うんだよなぁ。わたしの風の又三郎には、風の又三郎のwikiにも書かれてるみたいな、死をかけたような通過儀礼がなくて、どこまでいっても、終わりのない私、が生温かく続いていくような感じだよね。わたしの風の又三郎には、まさに風の又三郎が訪れてないんだろうな。どこにも他者がいなくてまるで出口のない私の夢の中ばかりって感じ。それってある意味で、作者にとってはノンフィクションだけど、世界から見ればただのよくあるフィクションだよね。これが私の言う「魔法」なんだよね。「私の風の又三郎」の作者も三浦さんもまだ「魔法」にかかっているし、自分にかけている側なんだ思うな。だからこそ、詩やポエムは書けるんだと思うから、否定するわけじゃない。でも、私は、作者のノンフィクションになんてもはや興味がない。それらは結局、安易な心理学のワードや俗っぽい単語に回収されちゃうから。だから、とっくの昔にそれから醒めてるし、醒め「続けて」いたい。私は世界の側へ行きたいし、「行き」つづけていたい、そして、それを信じたいし、そうある「べき」だと思う。だって、「私の」主語で始まる物語では、もはや夢を見る事すらできない。

0
三浦果実
cold fishさんへ
(2022-01-15)

よくぞこの批評(三浦は批評文のつもり)にコメントを寄せられたと感謝します。 また、多々発しておきたいことも湧いてきたので、cold fishさんへのレスを書く前に少し別の話をしたい。 ビーレビはTwitterでも現代詩フォーラムでもあるいはyou tubeでも、カクヨムでも小説家になろうでもない、固有なものとして何があるかといえば、リアル世界に同一化しない最後の砦だと、少し大袈裟だけれども三浦は思っていて。更にもっと大層な話をすれば、リアル世界では成立しない完全なる自治が成立可能な実験する類の裏テーマが潜む空間ではいかと考えるのです。ルールによる参加者縛りではなくルールはあくまでもツールであって裁定は時の運営者に委ねられるという手法は、学級会での「先生、誰々さんが規則に従っていません」的なレベルから「まあまあ、運営に迷惑なんだからちゃんとやろうよ」的な本来求めるべき楽しい空間形成がされてきたのが、現運営の現時点での最大の成果だと思う。 (この話題、まったく関係なくない?って方がもしいらっしゃるのであれば申し上げておきます。これは元の風の又三郎に係っている話) けっこう自由度のあったTwitterでさえ、近年は摘発化という類のリアル世界への同一が侵食していて、ビーレビは、そうであって欲しくないと願う。 もう一つ。 よくビーレビは内輪話ばかりだという批判がある。でも、ガキの使いも8時だよ全員集合も、それ以外にも素敵な内輪ノリのコンテンツは沢山あって、内輪ノリ自体は良い。問題は大いなる内輪ノリかどうかということ。「私もこの輪のなかに加わりたい!」という訴求力があるのかどうか、それが大事だと思っていてcold fishさんが時にみせるプレイはその類の魅力ある「大いなる内輪ノリ」ではなかろうかと。 そもそも、当批評文作品投稿のシステムは内輪ノリをどう魅力的にするかというものが本質的にある。そういう観点からすれば、cold fishさんからの「批評文に対する更に批評」のコメントは最高にビーレビに適した良いコメントだと私は思います。 cold fishさんのコメントへのレスとしては、なるほどと、頷けるものだと思うcold fishさんのこの醒めた視線に各々がどう対峙するかで、ネット詩が文化として定着するのか、低脳な人たちの繋がりツールに堕すのかの分水嶺だと思う。 もう一つ最後に言いたい。以前から文極やビーレビのやり取りを指して「若いころはそういう議論みたいなことやってましたよ、なんか大人になってもそういうのやってるのみれと恥ずかしくなっちゃうんですよね」という人がいて。そういう人らをエセインテリと私は呼ぶし、あなたには文学ではなくて知識に被れていた方がいいと、言いたくなる。 ビーレビは拗れた人たちによる拗れた場所でずっとあってほしいし、そうでなければ死滅して欲しい。 長々と失礼しました。退屈な出張中なもので。

3
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2