子牛を拭う - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

子牛を拭う    

子牛を拭う 子牛を拭う 子牛を拭う 子牛を拭う 子牛を拭う 子牛を拭う バスタオル一枚目はもう汚れ果て 二枚目、三枚目はすでに戦死した バスタオルで拭う刺激は 目を大きく開かせる 十か月浸り続けた粘液を 全身になおも絡ませ 子牛は世界を認識し始める 少し舌を出して ツナギに縋り付く 吸い付き 何も出ない服の端を舐め回す もう少し待て 股下 脇の下 まだまだぬめっている 四枚目、五枚目、六枚目 バスタオルで籠が埋まり切る 立とうとして暴れだす よじる体を押さえつけ バスタオルの数が限界に近づきながら ヒーターの熱を使いつつ 子牛を乾かしていく なおも立ち上がろうとする だから待て 伏させて 寝かせて 体温計測 39.0度 問題なし 臍の緒 切れておらず異常なし 処置用ホチキスしまう 体重計測 45キロ 腰ヤバい 動くのを捕えてつける 耳標付け 子牛にジャケット着させて 母牛の元へ 母牛は延々と子牛を舐め回す 孔子は静かになすがまま オス牛 去勢され 肉になる


作成日時 2021-11-30
コメント日時 2021-12-09

子牛を拭う ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 1007.9
お気に入り数: 1
投票数   : 3
ポイント数 : 0
#現代詩
項目全期間(2022/01/17現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1007.9
2022/01/17 04時10分42秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

子牛を拭う コメントセクション

コメント数(10)
エイクピア
作品へ
(2021-12-01)

生まれたばかりの小牛。最後らへんで、孔子に変わっている行にはっとしました。

0
羽田恭
エイクピアさんへ
(2021-12-01)

すいません。 単純に誤字です。 やってしまった……。

0
YUMENOKENZI
作品へ
(2021-12-03)

牛たちを家族のように繊細に扱う筆者の優しさが、あたかもその息づかいが聞こえるようなダイナミックな筆致に溢れ出ていて、素晴らしい! 子牛の出産という生命のドラマに息つく間もなく、その行く末をうたった最後の一文がなんともやるせない。

0
どんぶり太郎
どんぶり太郎
作品へ
(2021-12-03)

面白い詩ですね。オス牛はなぜ去勢されるの、どうせ牛肉にされるのにね。どの段階で去勢されるのかが気になる。情景が浮かんでくる良い詩だとおもいます。

0
yamabito
作品へ
(2021-12-05)

詩を超えた詩とでも言いますか。真実に寄り添った力強さを感じます。詩はよそ行きであってはならないと私は思っているのですが、こんな強い作品がどんどん生まれて来ればいいですね。 つかみも繰り返しではありますが、読者を惹きつけてますよね。一票。

0
羽田恭
YUMENOKENZIさんへ
(2021-12-06)

実は今の仕事の一場面だったりします。 子牛が生まれてきたらバスタオルで念入りに粘液を拭ってから諸々の処置をします。 それを描写しました。 畜産の現場としては日常ではあるのですが、知られていない場面ですし作品にした人もあまりいないので、良いかなと。 そして何分肉牛なので、最後はそういう事になってしまいます。 出来る限り幸せにさせるのが仕事ではありますが。

1
羽田恭
どんぶり太郎さんへ
(2021-12-06)

オス牛の場合、ホルモンの関係で肉が固くなり食用に不適になってしまいます。 なのである程度育ったら去勢しないといけないのです。 牧場によると思いますが、大体生後半年から一年の間あたりで去勢すると思います。 情景の描写は成功したようでよかったです。

0
羽田恭
yamabitoさんへ
(2021-12-06)

何度も目にした印象的な場面を描いたのがよかったかもしれないです。 地味で地道な労働の場面と言う、自分の血肉になりつつある部位を描く事が強い作品の条件のひとつかもですね。 社会に出てから自衛隊と牛関係の仕事しかしてませんが、そんな経歴がいきたようです。 様々な血肉は本当に付きました。

0
藤 一紀
作品へ
(2021-12-09)

《子牛を拭う》という詩句の繰り返しは何度も何度も拭っている様子なんですね。繰り返しのリズムのなかに懸命に子牛を拭っている語り手の姿が目に浮かびます。語り手の奮闘と子牛の動き、動きをいちいち見つめる眼差しに、作品には書かれていないけれども、生まれた命を尊ぶ語り手の姿勢までが立ち上がってくるようです。 ラストはショッキングですが、行間にはやはり語り手のオス牛への感謝や慈しむ気持ちが向けられているように感じました。一票。

0
羽田恭
藤 一紀さんへ
(2021-12-09)

産まれてきた子牛は本当にしつこく拭わないといけないのです。 子牛を凍えさえないためにも(真冬は零下20度になる地域です)必須です。 また子牛の状態をよく見ないといけないのもあり動きをよく見ているのはあります。 ホルスタインに比べて和牛はかなり体が弱いのが怖い所ですし。 (子牛に一回に最大8種類の薬を投与することも) とは言え必死に処置し続けているのが作品としてはよかったみたいですが。 子牛はかわいいし、健康維持に心を砕いてはいますが、最後は肉にしてしまうし、なかなかショッキングな方法で去勢してしまうし。 それでも幸せに過ごさせてやりたいですね。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1