ネットカフェ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ネットカフェ    

すっぱくてホコリ臭いペアシート 空調が寒いから寝転んで寄り添う 誰かの大きなイビキが可笑しくて、ふと笑い合った 親が年金を出し入れするポーチから金をむしり取り、 電車を乗り継いでここへきた 同じ様に家出した目の前の少女のために 頭上のスクリーンで映画の広告が切り替わっていく そういえばこんな状況映画であったっけ ボニー&クライド? バッファロー66? タクシードライバー? 強いていやチョコレートドーナツ 彼女もう学校は行かないって言うけど、 やっぱり夜学でも行っといたほうがいいと思う どうせ結婚は無理だからせめて部屋を借りて一緒に住んで、 それで小さな犬を飼って、、、 「ねえ、わたしこのまま死んでもいいかな」 「…わたしも。本当、そう思う」 この汗臭くて薄暗い空間にだって決して消えない光がある 2畳半のこの場所に決して消えない光がある 決して消えない光がある


作成日時 2021-06-30
コメント日時 2021-07-01

ネットカフェ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 641.9
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 0
#現代詩
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:641.9
2021/09/20 21時05分36秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ネットカフェ コメントセクション

コメント数(11)
まさ
まさ
作品へ
(2021-07-01)

「決して消えない光がある」の3連発に 胸が熱くなりました。 前作の「優しい人が好き」で、 私は心が廃れている人間なので、 てっきり悪意と受け取ってしまったのですが、 本作の「決して消えない光がある」3連発で、 少しだけ不幸かもしれない人たちへのこの眼差しが、 森石さんの詩人としての視点なんだなあ、と思い直しました。 その節は失礼いたしました。

1
小林素顔
作品へ
(2021-07-01)

森石さんには語れるストーリーがあって羨ましいなあ、嫉妬する、というのが正直な感想です。自分語りで申し訳ないのですが、私は人に強く訴えかけるストーリーを持っていないので、エピソードを沢山持っている人に憧れますし、こうした詩を作品に落とし込んで書ける森石さんを素直に尊敬します。いいですよね、逃避行。明らかに希望から背を向けている感じするけど、社会一般の希望が希望じゃ無くなってる人間にとっての希望の光は闇の中に一筋射すもので、それを追うことでしか未来に向かって走れない、みたいな。長くなりましたが、それだけ語りたくなる詩だと思いました。

1
stereotype2085
作品へ
(2021-07-01)

ふうむ。シチュエーションとしては萌えますね。ネカフェという狭い空間で、お互い居場所を失った二人が身を寄せ合う。いいんですが、最後の締め「決して消えない光がある」は僕としては好きなんですけど、今やありきたりなフレーズになってしまっていると思います。トレインスポッティングの原作本で「決して消えない光がある」という章がありますが、それはもう25年近い前の作品ですね。難しい。

1
沙一
作品へ
(2021-07-01)

直接は書かれていませんけど、同性愛かなと思いました。明示されていない「どうせ結婚は無理」であることの理由もそこにあるんじゃないかと。 「決して消えない光がある」たしかに陳腐とも捉えられかねないほどありふれた表現ですけど、だからこそ、これを三行連続で使うこと、そこに大胆さを覚えました。こうした言葉は陳腐化を嫌って避けられがちではないでしょうか。その強調により、むしろ消えてしまう光の暗いかなしさが、背後に浮かびあがっています。……前作同様、言葉そのものはいたって平叙でも、その使い方に際立たせる工夫がありますね。

1
森石 州未州
森石 州未州
まささんへ
(2021-07-01)

まささん、コメントありがとうございます♩ 心が廃れてしまっておいでなのですか。まささんは詩人として退廃主義なのでしょうか。 また作品を通して、拝察したいと思います!ありがとうございます! そしてお詫びには及びません。この詩はある意味前作より意地悪です。

1
森石 州未州
森石 州未州
小林素顔さんへ
(2021-07-01)

小林素顔さん、コメントありがとうございます♩ また別の方へのお礼でも理由を述べますが、念のため。 こんな経験わたしないですよ笑 だって、18歳未満の少女と駆け落ち?だなんて。 他にも犯罪だらけでしょ、こんなの泣 ただ素顔さんの仰る【作中に落とし込む】といった意味合いにおいては、 詩の中にも出てくる映画の数々等ががわたしの糧になっております。 素顔さんの詩に対する情熱を言葉の数々から感じることができました。 わたしもマケナイゾ!という気持ちで励みます。

0
森石 州未州
森石 州未州
作品へ
(2021-07-01)

stereotype2085さん、コメントありがとうございます♩ 【決して消えない光がある】。このフレーズの是非に着目してくださって嬉しいです。 ご指摘の通り、ありふれたフレーズなのかなと思います。 このフレーズ、かなり昔から目にしますね。それこそ25年、いやもっと…。 だから聞き覚えある人は、どこかでコレに自分を重ねて、ふと口ずさんじゃうと思うんですね。 親の年金パクって家出するくらいのわりと歳の人が。 この詩はわたしが書きましたが、彼女が歌ってる詩でもあるんですね。 また楽しんで頂けたら幸いです。ありがとうございます。

0
森石 州未州
森石 州未州
stereotype2085さんへ
(2021-07-01)

せっかくのコメントに、タグを選択し忘れてしまいました汗 すいません。 この際蛇足で言うと、例のフレーズの答えはわたしの名前にあります。 佐藤B作? のようなものですか。違いますかね

0
森石 州未州
森石 州未州
沙一さんへ
(2021-07-01)

沙一さん、コメントありがとうございます♩ ご推察の通り、この詩は親子ぐらい歳の離れた同性愛者歳カップルの駆け落ちです。 ・カップルシートじゃなくてペアシート ・出てくる逃避行系の映画の例えが同性愛会者のモノ ・どうせ結婚は無理 ・せめて部屋を借りて(色んな事情でかなり難しい ・犬を飼って(二人の子供は無理 とまあそれとなくアチコチにあったりします。 安易な言葉を使いたがるのは自分でもよくわからなくて、 今後よくよく考えていかねばならないと思いました。ありがとうございます!

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-07-01)

なつかしい映画のタイトルが並んでいました。

0
森石 州未州
森石 州未州
田中宏輔さんへ
(2021-07-01)

田中宏輔さん、コメントありがとうございます♩ 映画のラインナップにも着目してもらえて嬉しいです。 同じ逃避行モノというか、「レオン」も入れようかと悩みました。 ボニー&クライド(俺たちに明日はない)のヤケクソ感が大好きです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1