〈ひらがな〉の降る朝 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

〈ひらがな〉の降る朝    

才能あふれるあなたは 言葉の上で 詩のように たやすく回転する。 雨降りの 次の日の 〈ひらがな〉の降る朝の 微かな鼓動のように。 いつもアキラメ半分 手を振っている わたしは 何人もの人と別れた頃 たまたま 〈ひらがな〉が降る朝に あなたと出会った。 あなたはわたしを待っていてくれたの そう聞いてみたいのだが 今はただそう信じている。 公園を横切って カキツバタの池の傍らを過ぎ あなたと待ち合わせた記念樹の森のそばで カッコウの鳴き声が 蜘蛛の糸のように かすかに あたりにコダマする。 吹きすさぶ季節はもう 彼方に 過ぎ去ったけど 身を屈める記憶は残っている。 晴れやかな朝 降りそそぐひかり 〈ひらがな〉の ふる あさ 諦めていた昨日に 諦めかけていたわたしを 投げかけてみる。 遠くの空から還ってくる 待つ時間のかがやきとサウン・ガウの音色。 わたしは わたしは 青銅の温もりを身に纏い あなたに 何処にもない異国の言葉で話しかける。 「ナムサラーム」 懐かしいメロディー わたしの胸の奥の 記憶の湖面に 一艘の小舟が走る。 あなたは 二両編成の列車が走る あなたの故郷のことを 話してくれる。 わたしも 海の向こうの 十歳近くまで住んでいた故郷のことを話す。 打ち寄せる波に何度も洗われ 消えてしまいそうな 透明な思い出の中に住む 幼い妹と母のことを話す。 「ナムサラーム」 あなたと出会った朝 わたしの胸の奥に生まれた言葉。 思い出と海と 遠くから聞こえてきた 祭りのざわめきの中を 夢のように 吐息のように あなたの声を頼りに その言葉が 駆け抜けて行った。 今まで誰にも使ったことのない言葉で 挨拶をしてみよう。 「ハルサラーム」 あなたはそう言った。 わたしは応えた。 「ナムサラーム」

scroll


作成日時 2021-04-13
コメント日時 2021-04-27

〈ひらがな〉の降る朝 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 1125.0
お気に入り数: 3
投票数   : 4
ポイント数 : 30
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/07/26現在)投稿後10日間
叙情性100
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧100
音韻00
構成100
総合ポイント300
 平均値  中央値 
叙情性1010
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧1010
音韻00
構成1010
総合3030
閲覧指数:1125.0
2021/07/26 07時26分04秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

〈ひらがな〉の降る朝 コメントセクション

コメント数(6)
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2021-04-19)

わたしとあなたをテーマにしているのか?ずっと書かれていますね。 これはセカイ系詩人だなと思いました。

0
杜 琴乃
作品へ
(2021-04-24)

『〈ひらがな〉の降る朝』とはどんな朝だろうかと、読み終えてその説明があったような気がしたけれど、実際「これだ」という説明はされてないのですよね。けれど不思議と読み終えて納得した気持ちになりました。なぜこのタイトルなのか?という疑問は残らず、明確な理由はないけど「なるほど」と思いました。不思議。 それは異国の言葉に振った読み仮名でしょうか、それとも幼き日の会話でしょうか。どちらにしても、通じ合おうとする二人の優しいやりとりが感じられました。

0
AB
作品へ
(2021-04-27)

タイトル、とてもいいですね。私も使いたい。 醸し出されてる雰囲気もいいと思います。 個人的にはカタカナがなぜその言葉に使用されているのか読みきれなかったので、それが判れば、もっと世界観にはまるのかしらなどと感じました。

0
真清水るる
作品へ
(2021-04-27)

おはようございます。 本作品は、ひらがなが降っている世界を描いておられるのですね。 しかし、私が感じたのは 異国を感じました。ナムサラム?は、私にとってはインドぽいです。 かきつばたも、カタカナですね。 かきつばたという名前の和菓子があると聞いたことがあります。エリザベス女王に さしあげたことのある和菓子と きいてます。和歌を元に名付けられた和菓子と、聞きました。 そんなこんなで、わたしは 異国情緒を感じました。

0
真清水るる
作品へ
(2021-04-27)

0
藤 一紀
作品へ
(2021-04-27)

こんにちは。タイトルだけ見て読んでいなかったのですが、読んでみたら良かったので反省してます。ごめんなさい。 まずタイトルですが「〈ひらがな〉の降る朝」ってなんだそりゃと思いました。普通に考えて、降らないし。でも、作中では、 >雨降りの 次の日の >〈ひらがな〉の降る朝の >微かな鼓動のように。 って書かれていて、天気とか連続した時間の流れとか身体の間に挟まれてるからか、〈ひらがな〉が降るというのも、違和感なく入ってきました。語り手にとっては割りと自然なことなのかな、と。で、〈ひらがな〉が降るってちょっといいな、と思った。実際にはあり得ないと思うし、しかじかの理屈からこういう表現は成り立つとかじゃなくて、あり得ないことでも言葉のなかに置くことで、違和感なく、いいなと感じられるのは詩の魅力のひとつだと思います。 三連の二行目の《いてくれたの》が三行と四行に同時にかかっているのもニクい。相手への問いかけと自分に言い聞かせる二つの《いてくれたの》。 で、四連はもう。個人的にはここが一番いい。言葉が語り手の動きをしっかり見せてくれてる。動詞をいくら置いたところで動かないものは動かないのだけど、ここでは見事に動きが見える。端折ったりしない端正な手つきを感じます。いやあ、いいものを見せてもらいました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2