ごめんねぼくらもう死ぬ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ごめんねぼくらもう死ぬ    

こういう気持ちのときに限って街灯りはやわらかい 詰まりきった喉は最後にはポンと穴が抜けるんだ 形見としてこのかなしみをどこに置いていこうか ふらつけばああ頑張ってください居酒屋前の呼び込みのお兄さん 寝ずに寝ずに寝ずに働いてその一生を 煤けたコンクリートの陰下で 忘れられた地蔵が傾く陰下で されど刺身の印刷はかくも新鮮に照らされていて 空気がしぜんと透き通っていく 最初からこうだったらぼく(ら)もっと生きられたよね ぼく(ら)もっと生きようとできたよね 何事も終わりはきれいなもんさ 今思えばすべてが良かった、と錯覚させるため ほんとうのぼく(ら)は最後の最後までこんなに酷い有様なのにさ このかなしみを置き土産にする代わりに せめて深呼吸でもしてやろう


作成日時 2020-11-19
コメント日時 2020-11-22
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

ごめんねぼくらもう死ぬ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 607.4
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 8
#現代詩 #動画
項目全期間(2020/11/24現在)
叙情性1
前衛性0
可読性1
エンタメ5
技巧1
音韻0
構成0
総合ポイント8
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性11
 エンタメ55
技巧11
音韻00
構成00
総合88
閲覧指数:607.4
2020/11/24 09時50分42秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ごめんねぼくらもう死ぬ コメントセクション

コメント数(6)
渡辺八畳
作品へ
(2020-11-19)

2020月10月25日「ポエトリー・ナイトフライト」1回戦用の動画です。 無事1位通過しました。2回戦は11月22日です。ぜひ投票お願いします。 ポエトリー・ナイトフライト 投稿ツイート https://twitter.com/yoinoyoi/status/1320248952919224320?s=20 ポエトリー・ナイトフライト Twitter https://twitter.com/poetry_n_flight ポエトリー・ナイトフライト 詳細 https://note.com/ukamuse/n/n92f60937b248

0
沙一
作品へ
(2020-11-21)

朗読では「ぼく(ら)」が聞き所で、どうするんだろうかと思っていましたが、絶妙に表現されていました。 文面の悲壮感とはうらはらに、開き直ったような明るさを感じる朗読です。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2020-11-21)

今思えばすべてが良かった、と錯覚させるため この詩句に感慨が深かったです。 ぼくはもう来年の1月に60歳になります。 最期のときの自分の人生観について思いをはせることが多いです。

0
渡辺八畳
沙一さんへ
(2020-11-22)

沙一さん 私はリーディング用として詩を書くことはなく、テキストとして用意してあったものの中から適宜朗読するものを選んでいます。だから今回のように音声化するのに悩む詩も当然出てくるわけでして。その際はやはり朗読としてのアレンジを入れます。媒体が変われば中身も変わるのです。移植手術受けた後にその人の性格が変わるという話はまま聞くものですが、これも媒体の問題かと。脳の完全移植が成立したら人間どうなっちゃうんでしょうね。 演歌歌手の八代亜紀は悲しい歌を歌うときはあえて少し明るめにしているそうです。「雨の慕情」のサビがまさにそうでして。明るくすることにより悲壮感がより強くなるのだと。それを意識しました。 本日22時がポエトリー・ナイトフライト2回戦です。媒体の変化による形状の変化に注目し、1回戦のこの詩よりもさらに動画という媒体に合わせた詩を15〜17時に投稿します。投票は17〜23時です。ぜひその時になったら私のツイッターを見て投票してくださいな。 ツイッターIDは@yoinoyoi(宵の酔い)です

0
渡辺八畳
田中宏輔さんへ
(2020-11-22)

田中さん 2ちゃんねるのコピペにこのようなものがありましてね。 〜〜〜〜〜 バブル絶頂期のあのころ「♪カーカキンキン カーキンキン」 と菊水丸が歌うバイト情報誌は掲載求人が週1では間に合わず週2回発行となった 厳しいノルマとサービス残業で消耗しきっている同級生より、 高額バイトで楽に1.5倍くらい稼いでいた がんじがらめの社員ではなく、 夢に向かって自分の時間で自分のために働く新しいスタイル【フリーター】・・・ リクルートのキャッチコピーは、将来の俺自身の可能性を感じさせていた その後、バイトと派遣・契約社員を繰り返し40代になった今、ようやく気付いた 結局はいつでもクビを切れる労働力が欲しい企業の需要に応えるリクルートの戦略に、 まんまと乗せられただけだったことにミジメだよ、ほんとうにミジメな人生だった 〜〜〜〜〜 件の箇所を書くときに上記のコピペを思い返していました。いやはや、コピペはもはや典拠たり得ますね。 学生時代に一回だけイベント会社のアルバイト(市民ホールでのディズニーミュージカルでの見張りや撤収など)をやりました。社員は誰も彼もやつれていましてね。ディズニーミュージカルだから機材操作のスタッフとかには外国人が多くて、撤収時には彼らから英語で支持されつつなんか太くて重い鉄の柱とか運びました。そんときに社員が「楽しいなあ楽しいなあ、だって外国人と働けるんだぜ」とか言ってたんですよ。いや、これは一緒に働いているんじゃなくて一方的に使われているだけだろと。あの社員は自分で自分を錯覚させようとしていたんでしょうね。 本日22日にポエトリー・ナイトフライトという、ツイッター上で行われている詩の動画の大会の二回戦があります。 動画投稿は15〜17時、投票は17〜23時です。ぜひ私のツイッター(@yoinoyoi 宵の酔い)から大会のツイートを見つけ、投票してください。

0
羽田恭
作品へ
(2020-11-22)

>ぼく(ら) この個所の朗読の溜めがよかったです。 色々な思考や感情が詰まっているかのようで。 考えてみれば自分の場合、まともに休まず牛に物理的に振り回され、牛の糞便にまみれ、牛の介助をし、牛舎を真夜中に巡回して子牛を取り上げ、牛に頭突きされ蹴り飛ばされ(牛の体重は軽くて500キロです)てたりするのに、楽しかったんですよね。心底。 また牧場で働こうと思っているくらい。 そんな奇特な人間でないと、もはや生きにくいのかもしれません。 一切皆苦 涅槃寂静(全てはままならず苦痛である ただそこから脱する事はできる) 釈迦 その深呼吸の先に、どこか満足できることがあればまだいいのでしょうけど。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2