挿入 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

挿入    

以後語るべきもの挿入以前挿入挿入以後の三部からなる語るもの語られるものと 主体は語り手即ち挿し入れる方として挿し入れられるほうは語られるものとして 語るもの視るだけで挿し入れて十分と確認とれるほど隆起が山の上のいただきで 服の上から触り合うすぐには肉体のふれあいはない焦る気持ちや相互のやりとり 語られるものではなくここでは語るもの早くと抱き寄せ接吻を強め仕掛けていく 口内では舌の絡み合いならぬ舐め合いなら間合い空間の取り方探り合い見出せず 諦めて語られるものの服剥がしにいく剥がしにいきながらも服の上から触る触る 剥がすのを中断して服の上から揉むことしばらく相互に声も次第に響いていくか 隣の部屋にはまだ聞こえていない薄壁の向こうまだ布団に横になる意識は冴えて 揉むこと飽き飽き剥がすこと今度は素早く行う剥がしたあと今度は下着の上から 繰り返しの作業に飽きたついに肉体をあらわにするどちらともなく電灯が消えた ぺたぺたと抱き合い虫のようにいや尺取り虫かなにか全く動きは予想できないか 指を入れることはなく語るものの突起物が触られ舐められ硬さを増していく記録 語るもの口から語る語られるもの頷き準備態勢にそれは決められていたかのよう 原始から繰り返される体勢が再現され隣の壁には耳声も動きも音をたてはじめて ゆっくり挿し入れるが入ってしまえばあとは流れに乗るのみ上下に揺れて出ると 早漏さながらの十回目の運動での発射語られるもの時間差で気づくあっというま 語るもの尽き果てて横に横になる語られるもの嫌悪の表情でそれをみつめ続ける ドロと流れ出ていくのは挿入の証しこの相互関係が解けても何かに変わるかもか 壁に耳あり障子に目ありの隣人も手でしごいて発射それは語るもの以上の快楽と 話すこともなく浴槽に向かい事は終わるこのあとは汚れた布団の処理が待ち受け 語るもの帰り語られるもの呆気にとられ陰部の違和感いまだにとれないもう寝る

scroll


作成日時 2020-11-09
コメント日時 2020-11-14
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

挿入 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 1312.7
お気に入り数: 0
投票数   : 2
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/11/26現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1312.7
2020/11/26 13時30分10秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

挿入 コメントセクション

コメント数(10)
エイクピア
作品へ
(2020-11-10)

単なるポルノではないと思います。短歌的な調子で、ペニスが踊っている。一首目の几帳面な前中後の区分け。二首目のフラットな二分法。必ずしも男女と言うニュアンスではないと思います。三首目山の上の頂と言うと高村光太郎の詩、レモンを思い出します。山巓と言う語ですね。昔山巓でと言う詩語。二人は山登りを二人してやった頃があったのでしょう。四首目、二人のスキンシップ。五首目、男主体と言う事か。六首目、前戯ではないですが、ディープキスでさえエイズに感染する恐れがあるなかでの高度な信頼関係。七首目、女主導の騎乗位か。八首目など。ちょっと勘違いしている側面があるのかもしれませんが、繰り返し言えば、あまり男女にこだわらない解釈が要請されているのかもしれません。

0
ピム
ピム
エイクピアさんへ
(2020-11-10)

なるほど、言われてみて初めて男女に限定されてはないということに気がつきました。ベケットの「事の次第」からインスピレーションを受けたのですが、もちろん本家には遥か及ばず、それでも、「単なるポルノではない」とのお言葉、嬉しく思います。

0
かずや
かずや
作品へ
(2020-11-11)

とても嫌な雰囲気がよく表現されていると思います。 また、言葉数が全て揃えてあることにも何とも言えない凄みを感じます。 個人的には語られている対象を非常に好んでいるだけに、不幸だなあと思いつつ楽しく読ませていただきました。

0
ピム
ピム
かずやさんへ
(2020-11-11)

>とても嫌な雰囲気がよく表現されていると思います。 ありがとうございます。 タイトルからして敬遠されがちだとは思いますが、こうやって向き合ってくださる方がいて良かったです。

1
Yoshi
作品へ
(2020-11-12)

セックスも触れずに、見つめ合うだけで、良いところへ行けるくらいの、時間と余裕と気持ちがあれば良いなぁと思いました。 よく描写できている、良い詩だと思いました。

0
ピム
ピム
Yoshiさんへ
(2020-11-13)

良い詩とのお言葉ありがとうございます。 >セックスも触れずに、見つめ合うだけで、良いところへ行けるくらいの、時間と余裕と気持ちがあれば良いなぁと思いました そうですね。次はそういうのを書きたいかもしれません。

0
湯煙
作品へ
(2020-11-14)

詩と読み手と、作者と作品と肉感的に入り乱れて巻き込んでいく流れが面白く感じられました。

0
r
作品へ
(2020-11-14)

ものごとを直線的に解釈するばあいのほか生じ得ない“記録”ということばは、庭先にようやくはえてきた苔をも一掃してしまう、月曜のあさ妻たちが手にとる高圧洗浄機のような暴威だ。とはいえ作中の記録的な状態をどうこういうつもりはない、なぜならばきっとだれにでもそうした硬さをもつときがあるのだから。海や大気が一日として同一の顔を見せないのとおなじく、よく観察すればあの硬さはそのつどわずかな違いがみとめられるのだろう。どうでもいい。ほんとうに。ただ、語られるものがよほど男好きのする躯であるのは想像に難くない。“記録”という、本作の筆致に似つかわしからぬことばと薄壁をへだてた隣人の行為とが原初的なぶぶんから想像力を掻き立てる。このくだりで、読者が一番硬かった過日のその状態を、ふたしかな身体感覚として、みじめったらしい憧憬をまじえて追憶したとしても自然なことにおもえた。 三十一文字ならぬ“書きことばでの三十六文字”という初見の配列が、平仄をあわせるつもりなど毛頭ないといわんばかりの(しかし実際あわせてはいる)書きっぷりとあいまって黴臭く不気味でした。

0
ピム
ピム
湯煙さんへ
(2020-11-14)

読み手を作品に巻き込むことが少しでもできたのなら良かったです。 どうもです。

0
ピム
ピム
rさんへ
(2020-11-14)

>記録”という、本作の筆致(読者の勝手なおもいこみにすぎない)に似つかわしからぬことば ぼくにもその自覚はあって書いているときは自然と出てきた。ところが直後、そして読み直すと違和感甚だしく。しかし「記録」が>よく観察すればあの硬さはそのつどわずかな違いがみとめられるのだろう。 そう、そうかもしれないと思いつつも、>どうでもいい かと相反する思考。>薄壁をへだてた隣人の行為とが原初的なぶぶんから想像力を掻き立てる。このくだりで、読者が一番硬かった過日のその状態を、ふたしかな身体感覚として、みじめったらしい憧憬をまじえて追憶したとしても 記録、記憶、追憶そんな作用を読み手にもたせたとしたらとてもいい。そんな思いが上回ったのか、rさんの言葉によりおこがましくも良好なものとして映り出している。とにかくすごいのは、たった一語を完全に見抜かれたということであって、子供のように驚いている。字数をそろえたのは無意識に近いが、五七調でないところはある意味病的かもしれない。とにかくとても良い感想でした。どうもです。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2