回り揺れる止まらない詩情 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは、祖父母の目の前で、伝記を破り捨てることにした。

r

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

この作品は読んだことがありません。


批評対象
作品を読む

回り揺れる止まらない詩情    

<批評対象作品>


詩情にあふれている。これは確かだ。 ただ、どこまで読み切れているのか大変に怪しい。でも、素晴らしい。 だから推薦文を書いてみよう。推薦文にならなかったとしても。 最初、コメントに書いたように二連目の記述から「天文と人の生き死にを重ねた」と思った。 読むほどに、そういうわけでもない気がする。 >倒立した壁は全て崩れている >(泡の内側は外へと向かう) >淀んでいた周囲は過去ではない >(口の中には走り回る森の群れ) >方角の向こう側から光が飛んでくる >(四季の乳房、道の消失) 最初から判然としない内容でありながら強烈な詩情をぶちこまれていく! これはなんだ。 崩れたのは、外に向かう泡は、自分自身の殻か。 淀んでいた周囲を振り切り、口の中で鬱蒼とした何かが暴れ、一つの方向性に向かっている。豊饒性と共に。 >淡くなろうとした血痕の脳裏では >見境のなくなった幾人もの星屑が、流星になろうとした >顔から出ていこうとする霊魂たちは一つの管であり、 >役目を終えられず、手を胸にあてる 流れ去る流星の様な亡くなった魂が、流れ去っていくのを哀悼しながら。 >回る僕、回る私、星、四つの指と、一つの手 二人が一つずつの手の、四つの指を絡ませ回る。 拡散するエネルギー、それはまるで星のよう。 >鹿の雄は、移ろいに宿り >鹿の雌は、暗がりに宿る >同じ脈を通わせて、思慕の中にいる どういうことだろう? でもまるで織姫と彦星のようだ。 暗い夜空に離れ離れになりながら同じ思いでいるような。 >空の端を掴み、息を吐くと >そこから私たちは居なくなる > >荒れた原野が、背中に迫る >恐ろしい人、首に、赤 > >潰した紙屑が、広がっている どう考えよう。どう思うべきか。 意味はやっぱりはっきりとしない。 でも揺れる。感情が。 読むたびに。 >回転の、振動は、止まった。 詩情を、感情を動かし揺らした詩はこれで終わる。 でも余韻はしばらく続く。最後の言葉と反して。 こうまで詩情という点に特化した詩は少ないのではないだろうか? 読むたびに心地よく感じました。 広く推薦するに値する作品であると思います。


作成日時 2020-10-18
コメント日時 2020-10-19
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

回り揺れる止まらない詩情 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 1
P V 数 : 364.3
お気に入り数: 1
投票数   : 1

回り揺れる止まらない詩情 コメントセクション

コメント数(1)
r
作品へ
(2020-10-19)

詩情にあふれている、まさにその通りだと感じました。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3