菊の花 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは、祖父母の目の前で、伝記を破り捨てることにした。

r

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

菊の花    

10年近く連絡しないまま生きていた俺が都落して実家に帰ってきたら 親父はパーキンソン病になっていた 地元から出た時の親父は営業トップの人で口が達者だった 帰ってきた時はあまり喋らず 頭に機械を埋め込まれて 少し震えながら一言二言喋るだけだった 親父はいつも仕事で 帰ってくると足は臭くて すぐオナラをするし ハゲていて嫌いだった まるで今の俺だ でも親父の方が金を稼いでいた いつも俺と話すときは お金を稼いでいるかと聞いていた 親父は俺を見放していると思って生きていた 中学生の頃 頭を怪我をしてからあいつはバカになったとよく言っていた 俺もそうだなと思った 俺はあまり両親に愛情は無かった 親父が死んだ日も 顔を見ずに寝た 葬式も泣かなかった ばあちゃんや 姉の旦那が自殺した時は泣いたけど 親父の時は泣かなかった 俺は親父が好きでは無かった 無くなる三日前に病室で娘を抱いて ありがとうと言った 親父は少し笑った気がした そして肺炎で死んだ 実家では無く病院で 俺は死ぬ時どこにいるのか わからない 別に一人でも良いと昔は思っていたが 今は嫁と娘に看取られたい その時 娘は俺にありがとうと言ってくれるのだろうか 何故普通に産んでくれなかったのと怒るだろうか 今はまだ俺の背中におんぶしてくる 娘と意思疎通できなくても 俺はちゃんと愛せるのだろうか わからないけど 親父が生きている時 庭で育てていた菊の花はとても見事に咲いていて 綺麗だねと言ったら 親父が震える手で水を撒きながら 照れた顔をしていた姿を 俺は忘れないように 娘が俺の背中を 忘れないように しっかりと背負って歩いて行きたい 親父の残した菊の花は 心の中で 今年も綺麗に咲いている

scroll


作成日時 2020-10-12
コメント日時 2020-10-22
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

菊の花 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 1203.7
お気に入り数: 2
投票数   : 3
ポイント数 : 102
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/10/29現在)投稿後10日間
叙情性3424
前衛性50
可読性2010
エンタメ81
技巧113
音韻91
構成155
総合ポイント10244
 平均値  中央値 
叙情性4.95
前衛性0.70
可読性2.92
 エンタメ1.10
技巧1.60
音韻1.30
構成2.10
総合14.610
閲覧指数:1203.7
2020/10/29 10時27分20秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

菊の花 コメントセクション

コメント数(7)
この世の果て@neue Ära records
作品へ
(2020-10-16)

ゴロさんの作品を読んだのは、2018年10月に投稿されていた、サルビア以来です。 元からそう詩には愛着はなかったと私は最近、自身を振り返っていたりしまして、つまりその、時々、ここを覗いては気になる作品だけ、印象だけを持ってビーレビを閉じています。今頃の真夜中にまた記憶にある作品を憶い出して、また読んだりしています。 こちらの作品は心を打つ。本当は心を打つとか、共感しますとか、わかりますとかコメントしたくないのです。したくないというのは、読んで私に去来するものが、そんな言葉であらわしてることではないのになと、自分のバカさに煩わしくなる意味です。 家族というものについて私は、無念さや憎悪やらの感情が覆い被さってきて自分の親を言葉にすることができないでおります。書いてしまえば惨たらしくなり、それを削って作品にしてしまえば私自身の自己愛にうんざりな気持ちになります。 話が作品から逸れてしまいすみません。つまるところ私は書かなければならない、書きたい内容がある。しかしながらそれを言葉で組み立てる術を持つことが出来ておりません。ゴロさんにはあるように見受けます。その違いは人間性に起因してるようにも思え、私自身のしょうもない偽りまみれな残念な生き様、その結果のように思います。ただ、なんとなく、昨日の朝は久しぶりに行ってきますと妻に挨拶しました。私に詩は書けないかもしれませんが、生きていくしかないかなと、残念になりながら。 なんだか、おかしなコメントを書いてしまい、送信するの迷いましたが、押します。

1
鈴木夜道
鈴木夜道
作品へ
(2020-10-17)

 ディープフェイクによって  著名人を裸にする 「ディープヌード」が目立ちはじめ  実相と仮想の価値紊乱が  社会で危険視されはじめたいま  人工知能に  架空の人生のログ情報を入れ  父親の死を主要のプロットにし  エモーショナル値を最大に設定した  人口知能が詠んだ詩文として  このような文章が提示される日は  遠くはないことでしょう  機械が詠もうと  人間が詠もうと  感情を波立たせる詩の価値は  変わらないのでしょうか  この『菊の花』は  おそらくは実人生からにじみ出た  現実の苦汁と放心として読めますし  不朽の情感として共有されうるべきものだと  素直に胸打たれる詩ですが  これがまったくの創作されたプロットで  巧みに選択・配置された言葉の集積  だったとしたら───  そんな思考の変換を起こす力を包摂した  鈍く底光りする詩です

0
ゴロ(ちゃん。)
作品へ
(2020-10-18)

皆様。読んで頂き感謝します。 人生は自分以外フィクションのような世界と想像している自分が日々何も考えずに仕事に明け暮れる自分を引き摺り出してぶん殴ったりします。 そしてその痛みは羅針盤のように過去を引き戻して色を与えてくれます。これが実体験でも空想でも読んで頂いた方の心に風が吹いてくれたら嬉しいです。 記憶+記録=自由。

0
白犬
作品へ
(2020-10-20)

素直に好きな作品でした。私はのんふぃくしょん的な作品かなと思いましたが、生きるってしんど過ぎる時あるし、きっとみんな多かれ少なかれそうなのかなとも思います。それを前向きに捉えていく作者様の心根がすごいなぁと。きっと様々な葛藤や苦労や痛みを抱えてらっしゃると思いますが、何処か爽やかな詩文だと思いました。 >親父の残した菊の花は >心の中で >今年も綺麗に咲いている この纏め方もべたすれすれかもですが、私は好きです。全体的に重たく無いたっちですが、含んで居るものは大切な血肉であり、暖かいと感じました。

0
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-10-21)

装飾もなく衒いもなく淡々と書かれていて語り手の人生が家族無しには語る事ができない厚みを感じます。実体験かフィクションかに関係なく、ここに書かれている事は間違いなく真実なのだと思います。きっとこの菊の花は形を変えて受け継がれていくのだろう。これを読む人の中にも菊の花が咲くだろう。生病老死は避けられないものだけど、それは皆んなそうでだから他者の理解はできないけれど他者を思うこと、考えることはできるのだと思います。この詩にはそれが詰まっていて寂しいけれど温もりを感じました。

0
AB
作品へ
(2020-10-21)

すぐにポイント入れてましたが、なかなかコメントできないでいました。 前半の冷めた感じから、じょじよに感情がつもってくるのもいいと思います。 やがて菊を思い出したようなところから語り手の内面というか、思いが大きく転換しているかも知れないと思えて、しばらくひたっていたい雰囲気、とてもいいです。

0
ゴロ(ちゃん。)
作品へ
(2020-10-22)

お読み下さりありがとうございます。親子だからといって愛情は必ずしもあるとは限らないかもしれません。今の世の中、共働きが増えてあまり親子の交流とか少ないかもしれませんがふとした出来事が大切な思い出になってそれが唯一の絆になる時もあります。そんな詩を書いてみました。昔だったら最後のベタな感じは書かなかったと思います。だからこれは今の俺の詩ですね。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2