きりんのかそう - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

きりんのかそう    

(Q.きりんはくびがだいたいどれくらい のびるんですか?) 私は街の雑踏のなかのきりんを見たことがある 長い首で歩いているだけで、窓を覗いていると言われ 足下がおろそかになり、ひとにぶつかり謝っている 頭が高い、のだと、謝るさまなのかと責めたてられて エラい人の凱旋の垂れ幕に 引っ掛かり申し訳なさそうに きりんはあまりに、なかない ただ、身を縮めビルにもたれて、身動ぎしなくなって そんなきりんを省みるものは、もう街を出て故郷へと帰る 人々だけであり、それにしたところで、どうしてやる事も 出来ずに草や水を与えて次第に毛艶をうしなう脚を撫でて 気まずそうに目を伏せて、去っていく、私もそうであった きりんはきりんの居場所にいたら良かったのか 今ではきりんの体はあのビルの壁に写りこみ 親子連れや観光客が記念撮影をしているのだ あのきりんを責めるひとはなくもうあのきりんは忘却されて このきりんは遥か昔からそうであったように認められている きりんの魂はどこに行ったのだろう、ときりんの足元で シュラスコを売るブラジルから来た男に尋ねると肩を竦め 流暢に串に刺したシュラスコと釣り銭を差し出し、 「クニでオフクロさんが首を長くして待ってるだろう、と 言われるんだ。きりんはあんたのオフクロさんなのか? 違うだろ、あんたのオフクロでもないのになに気にするの」 そう言って首をとんとん、と叩いて笑った その流暢な日本語に喉が震えて私は黙った きりんのかげろうシュラスコは喉を焼いた 帰りの雑踏のなかで首の短い動物と私はたくさん すれ違った、特急電車の車掌に切符をみせながら きりんの魂まで、というと車掌は首をさすって あなた本当にきりんを見たんですか と、問うから僕は、いいえ、と (A.はっきり言ってわかりません! でも、首と頭の長さは、だいたい、同じらしいよ) だいたい、ちょうどいい長さの答えできりんを諦め、笑った

scroll


作成日時 2020-09-19
コメント日時 2020-09-23

きりんのかそう ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 1160.5
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 7
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/05/07現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性33
エンタメ11
技巧11
音韻00
構成11
総合ポイント77
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性33
 エンタメ11
技巧11
音韻00
構成11
総合77
閲覧指数:1160.5
2021/05/07 00時54分47秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

きりんのかそう コメントセクション

コメント数(8)
真清水るる
作品へ
(2020-09-19)

こんにちは。楽しく拝読いたしました。 私は、ヘーベルハウスのCMが好きなのですが、キリンやゾウを起用して 日常生活の中に 人間より大きな生き物が存在するというだけで十分楽しいのに、この作品のように 物語があると、楽しいですね。 告白なのですが、題名の「きりんのかそう」ですが、読み終わるまでは、キリンの火葬だとおもってしまってました。えぐい終わりにならなくて ほっとしているところです。ろくろっくびの火葬くらいの怖ろしい話になったら、どうしようかと 思いました。(汗) 動物園に行けば、きりんには 出会えるので、ついつい キリンといえば、どのようなフェルムか解ってしまうのが、通常の固定概念だとは思いはするのですが、本作品のように曖昧でよく分からないほうが 世界が ゆたかなものだなあ、楽しいなあと思いました。 ちょっと思い出したのは。私の場合は 江戸時代の画家、伊藤若冲の作品に 鯨と白いゾウが描かれているのを思い出しました。ゾウを見たことのない画家の描いた、ゾウが曖昧で イイ感じなのです。 ↓つまり、わたしは 最後のこの行が 大好きです。 >首と頭の長さは、だいたい、同じらしいよ) かおなしか! と、つっこみをいれたくなったりして  楽しい読み物が読めました。ありがとうございます。

0
美味くも不味くもないエビチリ
作品へ
(2020-09-19)

文章の切り返しが鋭くて素敵です。見習わせていただきます。

0
帆場 蔵人@⚰
真清水るるさんへ
(2020-09-20)

象と鯨の屏風絵の白い象は精霊的なものを感じますね。日本の水墨画などもあの雄大な大陸の風景をあるものから想像して書いているそうですね。曖昧さによって滲み出すような想像力が味わいを深くする事はあるかもしれない。

0
帆場 蔵人@⚰
美味くも不味くもないエビチリさんへ
(2020-09-20)

ありがとうございます。ただ見習うならもっと良い手本がありそうですが 笑。書き手はなまくら、なので驚きました

0
沙一
作品へ
(2020-09-21)

言いたいことや伝えたいことをはっきり表現してしまっている詩もよく見受けられるなかで、この作品は、伝えたいことを言明しそうなところで寸止めしているような、そもそも伝えたいことはもしかしたらそれほどなかったりするかもしれませんが、だいじなことを言明しそうでしない、象徴的に示唆するにとどめているような印象はたしかにあって、それが作品の朗らかさを損なうことなく愉しい読後感をあたえてくれていると共に、あいまいなままにしている健気さというか、さっと吹いては去っていく爽やかな秋の風みたいな、すこしせつなくてあまやかなものを感じています。ものごとをはっきりさせてしまうことはかならずしもだいじではないのかもしれませんし、ふんわりとやわらかなものにつつまれるような、心地よい作品だと思いました。

0
楽子
楽子
作品へ
(2020-09-21)

モチーフにされたきりん、はどこか幻想的だったりするのに、現実の描写がとても地に足がついていて好きです。 どこが好き、というのが難しいのですが…。 ラストの余韻、何か答えを出してしまえそうなものを、でも出しちゃうと興ざめしちゃうものを、 ちょうどいいところで切り上げて終わってくれたな、という印象でした。

0
帆場 蔵人@⚰
沙一さんへ
(2020-09-23)

曖昧というのは時に凄く大事な気がします。書きたいことを10書いて主張するより6ぐらいにとどめてそういう曖昧さ、というか隙や遊びがあると読む人もあれこれ考えて肩肘張らずに読めるのかもしれません。ある漫画で不眠症のボクサーに骨のない魚、について教えて、骨のない魚てなんだろう?と取り留めなく考えるうちに眠れるようになる、というエピソードがありました。ちょっと違うかもしれないですが、きりん、もそういう眠剤みたいなものかもしれません。

0
帆場 蔵人@⚰
楽子さんへ
(2020-09-23)

興ざめにならなくてよかったです! そういうさじ加減が苦手でもありまして、今回はうまくいったようで嬉しいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2