デュカットは静かだ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

デュカットは静かだ    

  その背中には羽   曇天模様の空の下   ツバメのように飛ぶんだと 低く、ひくく   腰をかがめてそうっと進む   ずしりと重いのは   右か左か誰の足 船が着いてかれこれ一時間は経っただろう。 上から下まで探したところで灯台には何も見 つかりゃしない。レイ・ブラッドベリが「音 を作ってやろう」と言った時から空想をやめ られない。何かが詰まったままのおもちゃの ラッパを吹くような、寝返りを打つとたまに 通る鼻炎持ちの鼻の穴のような、  音 教会のピロティはひとたびそれをとらえると わんわんと反響する。腕についていた毛虫を ゴムのパチンコで弾いてくれた男の子にお礼 を言えなかったと悔やむみたいにしつこく、 しつこく。だからここではあらゆるボールを 投げるのを禁じられているのに、                   音 肺から出た空気がどのようにして息から声に なるのかは知らない。けれども声帯が弱まる と誤嚥が増えそうな気がしてこわいから目に ついた文字を手当たり次第読み上げていた。 「デュカットは怒りっぽい」とか「マッカー サーはお祈りをしている」とか、  音 彼らは忽然と消えたのではなく毅然として隠 れたのだとしたら。なんのために? ねえ、 後から来た灯台守たちはずっと賑やかにして いられたのかな? 楽器を鳴らしたり手を叩 いたり足踏みをしたりして。三人しかいない のに。三人しかいなかったのに、          音 それは少なくともデュカットじゃないよ。 彼は、ずっと静かだ。


作成日時 2020-06-30
コメント日時 2020-07-03

デュカットは静かだ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 590.8
お気に入り数: 1
ポイント数 : 0
#現代詩
項目全期間(2020/09/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:590.8
2020/09/21 15時52分03秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

デュカットは静かだ コメントセクション


コメント数(9)
こうだたけみ (2020-06-30):作品へのコメント

2020.5.13 即興ゴルコンダ(仮)投稿 お題「デュカットは静かだ」の出題者はみずけーさんです。 コメント20個で本当に三作目が投稿できるのか確かめたくて投稿しました。

0
エイクピア (2020-07-01):作品へのコメント

何か不思議な余韻のある詩。饒舌体とも言えそうですが、イメージの噴出がそのままではなくて、ある種のメタな外枠の内側をなぞって居る様にも感じられました。

1
こうだたけみ (2020-07-02):エイクピアさんへの返信

エイクピアさんへ コメントありがとうございます。 こちらは2020.5.12 即興ゴルコンダ(仮)でみずけーさんが出されたお題「デュカットは静かだ」に書いた詩です。みずけーさんはお題を出される際に元ネタとして以下のURLを提示されました。 「アイリーン・モア灯台事件」 http://roanoke.web.fc2.com/foreign/Eileen_mor.htm そちらにある物語をもとに書いたのが本作です。イメージしているのは、アイリーン・モア事件を知って現場に肝試しに行った少年たち、だったりします。そんなことは本文のどこにも書いていないけども。笑。 そういえば朗読をSoundCloudにあげていますので、ご興味があればお聴きくださいな。 朗読「デュカットは静かだ」 https://soundcloud.com/user850776306/0i1eohkbo6tp

0
かずやかずや(2020-07-03):作品へのコメント

詩を読むときにはあまり文中で使われている言葉を知らべないようにしています。 そうしなければついつい読むことを怠ってしまうような気がするので。 読み終わってからいてもたってもたまらず「デュカット」を調べてしまいました。 知らないことが世の中にはたくさんあります。 調べて変な印象がついてしまい、調べたことを少し後悔しました。 改行がとても印象的ですね。 こんなやり方があるのだなあと感心して読みました。 まとまらない内容で恐縮ですが矢も楯もたまらず書かせていただきました。 お読みいただきありがとうございます。

1
パワフルぽっぽ (2020-07-03):作品へのコメント

こうだたけみさん、こんにちは。 読んでいて気持ちが楽になる文章だなあと思いました。 特にここの一連の流れは何だかおもちゃ箱をひっくり返したようで とても面白かったです。 >レイ・ブラッドベリが「音 >を作ってやろう」と言った時から空想をやめ >られない。何かが詰まったままのおもちゃの >ラッパを吹くような、寝返りを打つとたまに >通る鼻炎持ちの鼻の穴のような、 > 音 ぼくはアレルギー持ちなんですけど、 職場ですごく大切な会議中のときに限って鼻がつまっていて 思わぬ場面でピ!とか鳴ってしまうんですよね。 あれがすごく恥ずかしくて。 そういうことを思い出しました。 この連もとても好きです。 >彼らは忽然と消えたのではなく毅然として隠 >れたのだとしたら。なんのために? ねえ、 >後から来た灯台守たちはずっと賑やかにして >いられたのかな? 楽器を鳴らしたり手を叩 >いたり足踏みをしたりして。三人しかいない >のに。三人しかいなかったのに、 これは僕が詩に対して勉強不足なのかもしれないけど、 よくお見かけする「詩」はたいてい何か消えていくことが多くて。 たぶんそれは、大切にしていた何かを失う情感みたいなものを 文章にする人が多いのかなと思うのだけど、 正直、そういうの飽きたなあと思うこともあって。 この作品は、「いるけど見えない・隠れている」 そういうことを文章にする人って意外と珍しいんじゃないか、 そういうことを感じました。 やたらと切なかったり悲しかったりする文章も良いですが、 なんだかちょっと笑ってしまうような、 この作品が持つ「軽さ」に引きずられて ぼく自身の体も楽になったような気持ちです。

1
こうだたけみ (2020-07-03):かずやさんへの返信

かずやさんへ コメントありがとうございます。 調べてしまいましたか〜。うひひ。 タイトルの「デュカットは静かだ」は、即興ゴルコンダ(仮)という即興詩のサイトで出たお題です。出題者のみずけーさんが、エイクピアさんへのコメント欄に貼ったURLを提示されていて、私はそれしか読んでいないのだけども「このお題、絶対書きたい!」ってなって書いたのが本作です。 かずやさんがデュカットについてどんな知識を得たのかはわかりませんが、私は「アイリーン・モア灯台事件」をとても魅力的な物語だと思っています。こういうネタをどこから仕入れてくるのかたくさん持っているのがみずけーさんで、みずけーさんの書く作品も私はとても好きです。ビーレビには参加されていないのでゴルくらいでしか読めないけども。 > 詩を読むときにはあまり文中で使われている言葉を知らべないようにしています。 そうしなければついつい読むことを怠ってしまうような気がするので。 私はまったく逆で、これはなんだろうと思うと速攻で調べます。そして、作者が意図していない意味まで盛り込んじゃったりして勝手な読解をしていきます。もちろん時々は作者に怒られますがとてもたのしいです。なぜなら、自分の知識だけで読んだ時とは作品の見え方が違うから。 よく、「他人のことは変えられない」と言ったりしますがその通りで、自分に変えられるのは自分だけです。作品の見え方が変わるのは自分が変化したからですよね。変化するのってたのしいですよ。 そうそう、私は高校で演劇部に所属していて役者も少しばかりやっていたのですが、演劇の稽古場は、人間の変化するその瞬間を目撃できる奇跡みたいな場だと思っています。 稽古をしていて、演出や他の演者、スタッフたちがダメ出しをします。何度もそのシーンを繰り返すけれどもどうもしっくりこない。 「この台詞、こう言ってみたらどう?」 「わかった、やってみる」 「じゃあいきます、はい!」 誰かのたった一言で、ガラッと役者の演技が変わる。ゾクゾクします。この役者が自分だったりしたらもう、その魔力にやられてしまいます。どうやっても変われない人もいるし、しょっちゅう出合える光景ではないのだけれど。 そんなわけで、私はもうずいぶん長いこと演劇には関わっていないのですが、いい芝居を観たりすると発作的に「芝居やりたーい!」ってなります。ああ、芝居やりたい。笑 改行をおもしろいと思われたようですが、そんなにたいした技術ではありません。まあ、私のように簡単に多用する人は少ないけれども。 かずやさん、たくさん読んで、どうぞ変化をたのしんでくださいね。

0
こうだたけみ (2020-07-03):パワフルぽっぽさんへの返信

横山はもさんへ コメントありがとうございます。 この作品が軽いのは、おそらく私の性格のせいです。そりゃ落ち込むこともあるけれど、ドーンと落ちてめっちゃ泣いたりしてみた後に少し回復してきたなーと思ったら、よく寝て、たくさん笑って、たのしい気持ちでいるほうが生きているのが楽だと思うから。 きっとはもさんは本作だけを読んでたのしんでくださったのですね。 もしご興味があれば、というか、せっかくの好もしい印象が台無しになってもよければ、エイクピアさんのコメント欄に貼った「アイリーン・モア灯台事件」 とSoundCloudの私の朗読を聴くと、全然違う印象になると思います。ある意味でおもしろ体験をされたかったらぜひに。 > ぼくはアレルギー持ちなんですけど、職場ですごく大切な会議中のときに限って鼻がつまっていて思わぬ場面でピ!とか鳴ってしまうんですよね。 私も花粉症がひどいので秋から梅雨の頭くらいまでずっとぐずぐずしています。そうか、私の鼻が通ってるのって夏だけか。どおりでいま楽なわけだ。笑 こういうごく少数の人だけが「わかるー!」ってなることをこっそり混ぜると、それが刺さった、普段は私の書くものを読まないようなめずらしい方などから「いいね」と言っていただけたりして、実はうれしかったりします。

0
かずやかずや(2020-07-03):こうだたけみさんへの返信

面白いですね。 私のようなものに沢山コメントを書いていただきありがとうございます。 間違って伝わるような書き方をしてしまったなあと反省をしております。 私が調べないのは「詩を読むとき」と「本を読むとき」まさにその時だけでありまして。 やっぱり読み終われば調べるのです。 そしてその後に変わる自分を楽しむのです。 きっとこうだだけみさんが書かれていることと近しいのではと思います。 それと私は「デュカット」を間違えて調べてしまいました笑。 てっきりスタートレックのキャラクターかと…。 反省して勉強し、精進します。

1
こうだたけみ (2020-07-03):かずやさんへの返信

かずやさんへ 再度のコメントありがとうございます。逆に長々と書いてしまってもうしわけないです。簡潔に述べるっていうのが苦手なもので。 > 私が調べないのは「詩を読むとき」と「本を読むとき」まさにその時だけでありまして。/やっぱり読み終われば調べるのです。/そしてその後に変わる自分を楽しむのです。 ごめんなさい、てっきり「創作するのに他人の創作物を見ると影響されるから一切見ない」主義の延長線にいる方なのかと思いました。大変失礼いたしました。あ、そもそも私の詩を読んでくれているじゃないですか。あわわ。 デュカット違い。とてもいいですね! 実は私、6月の選考委員をさせていただいていて、たったいま個人賞の選評を書いているのですが、まさに勘違いの話を書いております。もしよかったら公開された際にはご笑覧くださいな。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1