ダ・カーポ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ダ・カーポ    

ひらかれたまま まだとじていなかった楽譜 何度もかき直した曲が また 最初の一音にもどる 何でもない ただの俺という ひとつの波長だけをもつ 純粋といえば きこえはいいが 無垢といえば うつくしくもおもえるが 要はなんということもない ちいさくまるい ただの始点 けっきょく これにもどる まっすぐに延びた五線の前で 俺はこんども 思いあぐねている またぞろ愚かなのぞみへと向かう 次の音符 その置き場所 そのゆきさきを (いつまでもフェルマータ のまま  いられるわけでもないし な)  おしえてくれないか  ほほえみながらかけあがるハ調の旋律  清澄な木管のユニゾン  快調に しかしけっしていそがぬアレグロ  全休符のゆたかな沈黙  もくもくとセロのうたう秋の歌  どれもこれも わるくはない  わるくはないが べつだんそのどれでも  かまいはしないのだが  そのどれかで いなくちゃならぬ  というのが 俺にゃどうにも  がまんならんのさ  このただひとつの音符から発し得る  ありとあらゆるうつくしいもの  聖なるもの よろこばしきもの  そのどれにもならぬまま  あらゆるみごとな音楽を内包した  このひとつの音符のままで いられぬものか? それはまあ 俺よ 愚問中の愚問というやつだ もっともおろかな曲をかくよりも おろかなのぞみと いうやつだ それから俺は もういいや こんなところでよかろうと また馬鹿なところに次の音符を置き そこに鈍さびた和音をかさね まのぬけたテムポで すっころびながら 足元おぼつかぬ ぶきっちょなリズムで おセンチな なんともしまらない旋律をしばらくつづけ あほらしいとおもいながらも ともあれ一曲ものにして せいせいした気持ちで そいつにおさらばする ま そんなものだろう ダ・カーポ そしてまた 俺はこの曲をかき直す 何でもない 最初の一音にもどる ちいさくまるい ただの俺 けっきょく これにもどる

scroll


作成日時 2020-05-01
コメント日時 2020-05-11

ダ・カーポ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 1322.3
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 17
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性00
可読性44
エンタメ00
技巧44
音韻00
構成44
総合ポイント1717
 平均値  中央値 
叙情性2.52.5
前衛性00
可読性22
 エンタメ00
技巧22
音韻00
構成22
総合8.58.5
閲覧指数:1322.3
2021/10/28 04時46分55秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ダ・カーポ コメントセクション

コメント数(8)
沙一
作品へ
(2020-05-01)

ちいさくまるい ただの俺 けっきょく これにもどる 卑下しているようでいて、じつのところ安堵しているような、そんな読後感をいだきました。 この現代社会、〈自分〉の現実感がわからない(離人症)、あるいは複数の〈自分〉が自己のなかにある(解離性同一症)、などのように〈自分〉という存在のふたしかさを覚える方もいるなかで、本作の主体は確固たる〈自分〉を意識しているように思えます。どんなに卑屈になっているとしても。そこから、感傷的なようでいてむしろ自信を感じられて、楽天的な気を放っている作品であるように思いました。音楽にまつわるモチーフも、作品に軽妙さを加味しているのかもしれません。

2
桐ヶ谷忍
作品へ
(2020-05-02)

まずタイトルがいい。 繰り返し自分を拡張あるいは試作していくように楽譜という人生を生きていく。 そして投げやりに締めて、次の生き方を、より良い生き方を模索する。 つまらない、でも確固としてある自分をどこまで試せるか挑み葛藤する様は、自分を卑下しながら、でも全然諦めてなくて、私はそれをとても美しいと思った。応援したくなる詩だけど、この詩の話者には応援なんかしなくても自分の力だけで歩く力強さがある。 うーん、朝から良い詩を拝読しました。

抒情:25% 前衛:0% 可読:25% エンタメ:0% 技巧:25% 音韻:0% 構成:25%  
2
石村利勝
沙一さんへ
(2020-05-03)

沙一様、丁寧な感想をありがとうございます。自分語りの作品は自嘲も含めていい気な自己愛の表現にしか映らないものが多いのですが、「楽天的な気」「軽妙さ」とのご指摘を見て、これでもどうにか読み物として成立していたのかなと安心しました。

0
石村利勝
桐ヶ谷忍さんへ
(2020-05-03)

桐ヶ谷忍様、丁寧なコメントをありがとうございます。高いご評価をいただき恐縮です。誰でも華々しく美しい「曲」を書きたいものですが、いざ音符を置き始めると凡手の連続で失望ばかり。それでも曲を終えるまでは音符を置き続けていかなくてはならない。われわれが日々書き続けている、そういう無数の「失敗」曲のことを思いながら書いた作です。それが「美しく」見えたのであれば、作者としては手柄に思ってよさそうですね(笑)。

1
白川 山雨人
作品へ
(2020-05-07)

ひらかれたまま まだとじていなかった楽譜 が、一度目に読む時はすっと通り過ぎるけれど、二回目、三回目と読むうちに、希望を指し示すものにかわっていきました。あるいはそこには徒労のような感覚もあるのかもしれないけれど、それでもまだ楽譜はとじていないのだなと。 そして、やはり  このただひとつの音符から発し得る  ありとあらゆるうつくしいもの  聖なるもの よろこばしきもの  そのどれにもならぬまま  あらゆるみごとな音楽を内包した  このひとつの音符のままで いられぬものか? この部分が訴えてくる切実さは胸に迫ります。「おろかなのぞみ」と次いでこきおろすことで、そののぞみは更に強く迫ります。また、様々な人が様々な内心を重ねることのできる部分でもあり、多くの人の気持ちを動かす詩でもあるのではないかと感じました。

2
石村利勝
白川 山雨人さんへ
(2020-05-07)

白川 山雨人様、拙作に懇切なご感想を賜り恐縮です。作品が万人に向けて開かれたものになることは不可能かもしれませんが、可能な限り多くの人が自らの《詩》をそこに託せるような言葉を記したいという望みは常にあります。その意味で大変嬉しい御評でした。ありがとうございます。

1
藤 一紀
作品へ
(2020-05-11)

私はこの作品は一曲の音楽だと感じました。といって音楽に関する教養はないに等しいので恥ずかしいのだけど。 それでも特に〈おしえてくれないか〉からはテンポが速くなったように感じました。で、〈それはまあ〉で緩やかになって、〈それから俺は〉で速くなっている、というような緩急や連毎の起伏があるように感じます。語りは決して明るいとは言えないものの、奏でられるとしたら、力強くテンポよくというところもあるんじゃないか。ここを音楽的にどういうのか、わからないのがもどかしいのですが数人での演奏形式ならありそう。そして、最後はだんだんゆっくり静かになって閉じている。音楽だなあ。そう考えると、語りの内省的とも思える内容に対して、語りと共に展開していく緩急や起伏の流れは、そのまま語りの下にある感情のダイナミックな動きであるのかもしれません。 このようなコメントをするのもひと言のうちにすべてを含めることができたらいいのになあ!

1
石村利勝
藤 一紀さんへ
(2020-05-11)

藤 一紀様、懇切なご感想をくださりありがとうございます。 作者として、読む人がこの作の題名や詩句それぞれを「比喩」「寓意」と受け取って、人生論のようなものを読み取られるのが一番不本意なことでした。勿論、作者が読み方を指定できるわけではありませんし全く読み手の勝手で構わないわけですが、作者はこれを何かの《喩え》として書いたのではなく、自立したひとつの世界として提示した積りなのであります。その意味で、頂いた「一曲の音楽」という御評は作者にとってまさに我が意を得たりの嬉しいお言葉でした。感謝申し上げます。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2