懐疑主義 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


懐疑主義    

fine fineとスキップしつつ、きみと自動車に入ったのだ。 入った一時、空の 光暈も、クロウンモな夏。 僕はあばれるくん、 君はアナベル・リィ クリスマスイブまでには彼女を dead or alive モノにしたいのだ。 くるまが右に曲がれば私の顔がふくれた?ときき くるまが左に曲がれば僕の顔が膨れるんだという、 もしくは、 三階堂へむってしってる? え、だれなの、 二階堂ふみよりひとまわりかわいいのさ という、 マークトウェイン式の Mi amas vin は genuine。 β-エンドルフィン すべて舶来品だ。 それでベイに座った。 「すずしいね」、 バケツ稲 バケツ稲の 大気の間をぬって立つ姿に みればpressureは押し合う よごれちまった悲しみに ぼくらは薄着で笑っちゃう

スクロール


作成日時 2020-03-15
コメント日時 2020-03-17
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

懐疑主義 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 504.8
お気に入り数: 0
ポイント数 : 1
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/04/09現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント11
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合11
閲覧指数:504.8
2020/04/09 08時58分47秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

懐疑主義 コメントセクション


コメント数(8)
福まる福まる(2020-03-16):

スヴェットワンピースや圧力とかの単語がでできましたが 何が悲しかったのかよくわかりませんでした日本が舶来品で溢れかえっている現状を憂いていると思ったのですがどうでしょうか?

0
湯煙 (2020-03-16):作品へのコメント

クリスマスイブまでには彼女をDEAD or ALIVEしたいんだ、とかいったセリフを話す男がいるのでしょうか? くさいの真骨頂のようなものを感じさせました。ローマ字の使用など、知的で洒落っ気を効かせた趣があるものの語り口が軽めで詠まされてしまう作品と思いました。

0
トビラトビラ(2020-03-16):

ちょっと何言ってるかよくわからなかったです☆ ただ、とてもテンションが上がってるのはよくわかりました。 言いたいこと、伝えたいことがあるときは、もう少し練った上で、明確な言葉にした方がいいかもしれませんね。 文章を弄りすぎです☆ ということで、がんばってください。 懐疑主義者であっても、偽善者にはならないでくださいね。 あと、ここに書きこんで本当に申し訳ないんですけど、ちょっとお話させてください。 僕は、今、日本がコロナウイルスが抑えされているのは、全て天皇陛下の祈りと日本国民の衛生意識の高さの賜物だと思っています。 天皇陛下 万歳 日本 万歳 千代に八千代に 一国民として感謝申し上げます。 ああ、安倍総理は、現状での政権運営は地獄の苦しみだと思います。 ただ、それも自分が選んだ道だと思うので、最後まで責任を持って逃げずに立派に職をやり遂げてくださいね。 応援してます☆

0
鳴海幸子 (2020-03-16):福まるさんへの返信

福まるさん 「悲しみ...憂い...?」と、はじめは飲み込めず、本文をもう一度読んでみて、「あ、」 >よごれちまった悲しみに の部分か、と気付きました。最後の二行は、不用意な引用だったようです。 前半の(むしろ全体の)可読性の低さもあって、もともとない〈感情〉が全く読み取れなくなってしまって、この部分の「悲しみ」だけが浮いたのでしょうか。 自分のありうるすべての「悲しみ」を自分から取り出しておいてしまい、笑っちゃってる。感情をいうなら、ここです。 「舶来品」という言葉はまず脚韻の都合で浮んで、次に「舶来品だ」という断言がぴったりしたものに思えて採用したのです。 *どのような意味でぴったりしたものに思えたか* ここでの舶来品である「すべて」は、日常使う「道具」ではなく、 僕が、(僕の外側からもってきて)使う「言葉」です。 「fine」や「dead or alive」に、「マークトウェイン」、「Mi amas vin」、 海外からのものだけでなく、「よごれちまった悲しみに」「ぼくらは薄着で笑っちゃう」も含んでのものです。 それらを、 >すべて舶来品だ。 と自分で笑っちゃうシニックを僕は目指しました。 目指したところで詩になるか、は、みなさんのコメントの通りだったようで。 根が自分勝手なのと、音声を最重要視して作ろうというもくろみで、他が雑かな、と思い知らされました。コメントありがとうございます。鳴海

0
鳴海幸子 (2020-03-16):湯煙さんへの返信

湯煙さん dead or alive は、ない、ですね・・・。気分でゴリ押してしまった。 「知的で洒落っ気を効かせた趣」とは一番うれしい評価です! (酔ったような)饒舌と異言の言葉、自動筆記のイメージ、を雰囲気としては、目指していましたから。 それが裏目に出て、軽く、薄い言葉を許してしまった。 長所を短所にしてしまうのは経験不足でも、まずはそんなこと言われないようになろうと思います。 コメント、ありがとうございました。鳴海

0
鳴海幸子 (2020-03-16):トビラさんへの返信

トビラさん 僕のは、練ってあっても、明確でもないですね。 僕が懐疑主義とタイトルを据えたのは不可知論につながるものとしてのそれ、という意味で、 (ここで論理の飛躍) 練られたもの、明確なものに対するあきらめというシニックだったんでしょう。 タイトルすら、練っていないので、たぶん、というのですが、そんな感じで無意識が決めたんでしょう。 ただ、音声含めての小気味よさを目指したので、テンション上げてくれれば、と思います。 (そういう意味ではタイトルを「利己主義」としてもいいですね。) コメントありがとうございます、がんばります。鳴海 あと、ぜんぜん関係ないんですけど、ちょっとお話させてください。 僕は、英語の授業でふざけて英文を訳したことがあるんですけど、そのとき英語の先生が、やはり微笑しつつではあったが「ちょっと、怖い」と呟いたということがあったということを思い出しました。

0
ミリウェイズ (2020-03-16):作品へのコメント

なんだか頭の中を世界を漂う言葉が飛び出てきたような、一貫した何かがあるような、夏の香りがして好きです。ただ一つ、私では分からないのですが、タイトルの懐疑主義とはどこから来たのでしょうか。

0
鳴海幸子 (2020-03-17):ミリウェイズさんへの返信

ミリウェイズさん 好きといってくださるのは、うれしいです。僕自身、これが好きですから。 言葉が漂う世界とミリウェイズさんがいうのは、正確に言って、「僕の」世界なのでしょう。(もっと正確に、僕というのは一年前の僕なのですが) 僕の腕が届いた限りの言葉、特に僕が見栄っ張りなためにその最外殻に近い名辞群、が強く主張していますね。 だから、「一貫した何か」があるとすれば、僕自身、か、その思想。と、それは詩ならばあたりまえですね。(思想というなら・・・) 「夏の香り」。実は、はじめは無意識に、だんだん意識的に、ナンバーガールの「透明少女」にあるような夏を書きたいと思って書いたのです。 >「すずしいね」 とかそのまんまだし、 >pressureは押し合う は、「軋轢」のことですよ。大気の膨張という物理学を援用してはいるけども、拍子抜けなねたばらしかな。 思想というなら、「懐疑主義」は最後に詩の全体をみて浮んだ言葉で、つまり、それが「一貫した何か」でないことはないが、メタ的な自分が皮肉って「ハイハイ、懐疑主義ね」と言い捨てたものということです。 それでこれをタイトルに据えたことは、(トビラさんへの返信に書いた通り、) 『言葉の使い方としてはぶきっちょなこのスタイルでもっておまえは詩を書き続けるというのか?』 という、自分への問題提起だったのだと思います。 コメント、ありがとうございました。鳴海

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2