あす - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

あす    

育ちはじめた ミのシャープ 高空に投げ上げて 澄んだ空気まとわせて 冥王星でもらった首飾り 忘れ去って あの羽虫が十回羽ばたくまで 映画を見ていようと思う 透明な郵便配達夫が 届けてくれた落ち葉に包まれて ラが眠っている 遠くにある ブルーゼリーみたいな 川に行って ミのシャープ 響かせる笹舟にのせて 送り出してみる 冷たい雨が 沈めてしまうとしても 音粒は川底で さらさらと 淡い光を出して 魚たちを 石たちを てらしていく


作成日時 2020-03-14
コメント日時 2020-03-16

あす ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 993.5
お気に入り数: 1
ポイント数 : 22
#現代詩
項目全期間(2020/07/16現在)投稿後10日間
叙情性66
前衛性00
可読性33
エンタメ00
技巧66
音韻55
構成22
総合ポイント2222
 平均値  中央値 
叙情性33
前衛性00
可読性1.51.5
 エンタメ00
技巧33
音韻2.52.5
構成11
総合1111
閲覧指数:993.5
2020/07/16 22時16分08秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

あす コメントセクション


コメント数(9)
沙一 (2020-03-14):作品へのコメント

冥王星でもらった首飾り 忘れ去って あの羽虫が十回羽ばたくまで 映画を見ていようと思う このあたりが秀逸で、眩暈するかのようでした。宇宙大から、羽虫の十回の羽ばたきという極小まで、時空のイメージがめまぐるしくて。 冥王星、ハデス、そこには死が表象されているともいえそうです。一方、羽虫というごく小さないきものの羽ばたき、宇宙からみた生の短さが表れているような。人生はまた、映画のようなものかもしれません。 ただ、その後の文章は、いささか凡庸であることが、惜しかったです。

1
白川 山雨人白川 山雨人(2020-03-14):沙一さんへの返信

沙一様 コメントをありがとうございます。 見事に読み解いて下さり、嬉しいと同時に、驚きも感じました。 凡庸な部分のご指摘もありがとうございます。嬉しい初コメントでした。 これからこの場で皆様と切磋琢磨できるよう、学んでいきたいと思っています。

0
石村利勝 (2020-03-15):作品へのコメント

すっきりとシンプルで音も姿もきれい。知的なリリシズムが心地よい、非常に好きなタイプの作品です。 >育ちはじめた ミのシャープ >高空に投げ上げて >澄んだ空気まとわせて まずこの出だしでぐっと引き付けられます。イメージの飛躍が鮮やかですし、「投げ上げて」「まとわせて」の韻も心地よい。「空気を」としない耳の良さもセンスを感じます。「高空」は最近の詩ではまずお目にかかれない言葉ですが、素晴らしい開放感を生み出している。ただ珍しい言葉を使っているというのではなく、それを清新に生かしているあたりに作者のたしかな技量を感じます。 >冥王星でもらった首飾り >忘れ去って 抒情歌、恋歌の私的な世界に宇宙的なイメージが入り込むというのは、私自身とても好きなタイプの抒情ですし、自分でもよく使った手法です。こういう手法は近・現代詩というよりもスピッツの草野マサムネ氏あたりが導入したものかもしれませんね。ここ以外にも、草野氏が書いてもおかしくないようなフレーズがいくつか散見されます。 全体として、初期の三好達治や北園克衛に見られるような、イマジスムやシュールレアリスムの斬新なイメージと日本の伝統的な抒情の幸福な結婚、とでも言えそうな質のリリシズムが心地よいです。日本的なリリシズムというのは感傷の甘さや情緒の湿り気が勝ちすぎてしまう場合がありますが、「ミのシャープ」「冥王星」「ラが眠っている」といったモチーフを織り込むことで、感傷の甘みにすっきりとした軽みと知的な洗練が加わり、情緒の「湿り」加減もべたつきがなく快適です。 ただ、「遠くにある/ブルーゼリーみたいな/川に行って」「冷たい雨が/沈めてしまうとしても」はいささかイージーで平板。Jポップの歌詞のレベルにとどまっています。その間の「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」が素晴らしく冴えているだけにもったいない。 締めくくりの二連は音もイメージもシンプルかつデリケート。何一つ変わった言葉を使わずに余韻のあるポエジーを生み出しているのが素晴らしいと思うのですが、上に挙げた二連の弱さゆえに作品の頂点、クライマックスがやや生煮えに終わっているため、この二連の描写そのものは見事なのに、それが生かし切れてなく、読み手に残す感銘が弱くなっている憾みがあります。沙一さんが「凡庸」と感じられたのはそのためではないでしょうか。 決して「いい雰囲気だけ」の作品ではないのですが、そういう印象を与えかねないところがもったいないなと心底思いました。 ですが、読み手としてそういう贅沢な要求をしたくなる力量をお持ちの作者さんです。次作にも期待しております。

0
湯煙 (2020-03-16):作品へのコメント

ミ(E)のシャープ(#)はよく考えれば存在しない音ですね。演奏の仕方次第では出せるという方ももしかするといるのかな?など、喩えがユニークと思いました。

0
トビラ (2020-03-16):作品へのコメント

全体的に見たとき、きれいにまとまっていると思います。 ただ、なんでしょうね。 表現に実感が伴っていない印象も受けます。 言葉が悪いかもしれないですけど、観念的というか、自身の生活に根差していない言葉のように思いました。 もっと、目の前の生活に目を向けてみてはいかがでしょうか。 そこに美(ミ)を見いだしてみてはいかがでしょうか。 たぶん、そこにしか本当の美はないと思いますよ。

0
白川 山雨人白川 山雨人(2020-03-16):石村利勝さんへの返信

石村利勝様 コメントをありがとうございます。 身に余るお言葉、感謝いたします。 詩の言葉は学びたてで、物語の描写の表現に支えられているように思います。それと、音の響き、心地よさを頼りに言葉をつないでいます。心許ない歩行ですが、精一杯背伸びして、ご期待に応えられたらと思います。 スピッツが主題歌を歌う連続テレビ小説をここのところ毎朝見ていて、草野マサムネさんの世界観に巻き込まれたのかもしれません。無意識だったので、なんだかおかしくて、楽しい気持ちになりました。 そしてなによりも、気の抜けた連が全体に及ぼしてしまう影響の大きさに身が引き締まりました。息を詰めてずっと遠くに届きたいものです。 未熟な作品を丁寧に読み解いて下さり、ありがとうございます。

1
白川 山雨人白川 山雨人(2020-03-16):湯煙さんへの返信

湯煙様 コメントをありがとうございます。 影のような、亡霊のような、ミのシャープに不確かなものたちを託しました。

0
白川 山雨人白川 山雨人(2020-03-16):トビラさんへの返信

トビラ様 コメントをありがとうございます。 的確なご指摘だと思います。 実感と生活に根差した詩は、胸を打ち、何度も読みたくなることがありますね。 そういう詩にも挑戦できたらいいなと思う気持ちがありながら、なまの気持ちを恐いと思う気持ちもあるのです。 でも、浮遊しがちなこの足を地にしっかとつけることで、新たな景色も見えるのだろうと、感じられました。感謝です。

0
さ、さ、さ、 (2020-04-24):作品へのコメント

3月の選考員を務めました、眠い人と申します。 3月の選考会議の音声がアップされているのですが、その会議中に私、こちらの作品についてかなり辛辣なコメントをしてしまいました。 具体的には >あの羽虫が十回羽ばたくまで >映画を見ていようと思う この連以降、要らなくね?みたいな事です。 前半6行の出来が秀逸だったために、そこで作品が終わっていた方が良かったのかな、と思ったのですが、あまりにきつい物言いだったと反省しています。 もし音声を聞かれて不快に思ったとしたら非常に申し訳ないです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1