ciao ちゃあみんぐ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ciao ちゃあみんぐ    

愛の果てのように ぽつねんと あらんかぎりの表現が貯えられる図書館がある 情報道の途中で トンビが「ピープル」って 巻き舌ぎみに人を探している 驚いた。 人でないものにとって 、 私は だあれ ひやあ あい あむ ciao ちゃあみんぐ。 って鳴いたでしょ。けものだよ。 鋭い爪もあるよ 背中をまるめると 真っ黒い心を収縮させた闇の獣 ドットな点なのさ 私は だあれ、点子と呼んでおくれ  ただの点だけど こんな私でもチャームポイントを 探している 愛することなんて わすれている ピープルであることも わすれている はてしない草原だとおもったとたんに目が醒めて なぜだか みわたすかぎり稲の稔る道だった いのりだね 悠然と はるかに山を見る 描写という描写が 獣にとっては猫写なのさ 猫的(ねこてき)言挙げ(ことあげ)の言伝(ことづて) あらんかぎりの表現が貯えられる図書館が走り疲れて サービスエリアに集まっているのに 居合わせた 図書館達と一緒に まるいひとを みかけた その人は、身体の不自由な人のために 背中をまるくして やさしいしぐさで シートベルトをかけてさしあげていた あまりに美しい仕草だったから あんなに角ばっていた図書館たちが  みんな丸みを帯びて流線形になってしまったもんだから どことなく 美味しそう やさしみのおさかなと なったね。これからは すいすいとした旅が はじまるね いかりで まるまっていたかったのは点子です やさしみで まるいひとを みつけたのも点子です 点と点が流れるように結ばれて すいすいとした旅が はじまったよ


作成日時 2019-09-06
コメント日時 2019-09-24

ciao ちゃあみんぐ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 1226.6
お気に入り数: 0
ポイント数 : 34
#テキスト #アドバイス募集
項目全期間(2020/07/09現在)投稿後10日間
叙情性88
前衛性22
可読性44
エンタメ55
技巧88
音韻33
構成44
総合ポイント3434
 平均値  中央値 
叙情性1.31
前衛性0.30
可読性0.70.5
 エンタメ0.80
技巧1.31
音韻0.50
構成0.70
総合5.75
閲覧指数:1226.6
2020/07/09 19時43分31秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ciao ちゃあみんぐ コメントセクション


コメント数(9)
千才森 万葉千才森 万葉(2019-09-10):

 お邪魔します。  わかるようで、わからないけど、わかるような。そんなもどかしさを感じました。でも、言葉が優しいので、何となくわかった気分になれるのが、この作品の持ち味って気がします。読んだ人に、わかりましたか?って聞くと、みんなが うんうん と頷いちゃうような作風。  折角なので、わたしの感性のままに読んでみます。  愛を愛と言って有り難がるのは人間だけなんじゃないかなって思ってます。で、多分考えたのは男性かな? 多くの生き物は、雄が雌にアピールしますし、人も昔は男性があの手この手で女性を口説こうとしていたんじゃないでしょうか。そんな中、女性に対して、僕の本能を受け取ってくださいと言って嫌われた男性が練りに練って生み出した言葉が愛。もしかしたら。わたしはその頃まだ生まれてなかったのでわかんないですけど。  で、この『愛』って言葉は便利なもので、形が存在しないから愛の意味がどこまでも広がってしまって、今では大抵のことを『愛』で片付けてしまえるようになってしまいました。  そんな広すぎる『愛』の果て。そこにはあらゆる者を抱きかかえすぎた結果、悟りを開いてしまい何も存在していないのかもしれませんね。 >愛の果てのように ぽつねんと  そんな事を思いました。  貯えられる図書館は、まだまだ空きがありそうです。終わりの見えない情報道を走る図書館。なんだか表現を生きがいとする全ての物書きを指してるように読めました。  トンビが「おお、人間よ(訳 万葉)」と人を探している。この感性には脱帽ですね。巻き舌で、とか、トンビのくせに可愛いか。あれだけ高い場所を飛んでいても見つけられないのは、探し人は紫の中に紛れてしまったかな? たしかに、人捜しのためだけに言葉を身につけたトンビからすれば、ただの点は、どんな名前で呼ばれるんでしょうね。  そんなわけで、点の獣の登場です。闇の獣もこれまた可愛いですね。舌っ足らずなんじゃないかと思う鳴き声も、見た目からは想像できない鋭い爪も、丸まって点になっちゃった外見も、全てがチャーム。でも、チャームポイントは他者を惹き付ける点であって、他人が居ないと教えてもらえない。自分じゃなかなか気が付かないものなのかもしれません。  なんて感じで書いていると、終わりそうにないので、端折っていきます。  全体を通して読むと、嫌なことがあり、むしゃくしゃして言葉遊びと連想ゲームをしていたら、誰かに優しくしている人を見つけて心が穏やかになり、また先へと進めるようになった。そんな詩の様に感じました。  言葉遊びと連想ゲーム、これが作品の骨格になっているように読めたんですよね。優しく、やわらかくて、前向きになれる詩。作品の雰囲気や言葉選びが、良い感じに好みなんですよ。柔らかい。  全ての連に遊びが入っていて、ほわほわとした流れなんですけど、でも最後にはちゃんと大切なことを伝えてくれる。  3連目。一転、広い視界と描写力を試されそうな情景、これは確かに疲れそう。でも、猫写をしてしまう性。個人的には猫写(びょうしゃ)より猫写(ねこうつし)の方が好みかも? 何となくですけどね。  やさしみのおさかな。指でツンツンしたくなるほど、柔らかそう。  平仮名の使い方が手慣れていて、読んでいてほっとしますね。角が取れるってこういうことなんだなと。最後では、何となくばらばらになっていた自分自身を受け入れて結び直せるようになった途端、本来の姿を取り戻した感じが伝わってきて、読後感も楽しさがメインで残ってる、良かったです。  あー、コメントがごちゃごちゃしてしまいました。  やさしみを撫でているような感覚になれる作品でした まる   

0
みうら (2019-09-11):

とても悲しさがある作品だと思う。ジョセと虎と魚たちという映画があるのだけれども、それは足が不自由な女子と付き合って別れる男子の話なんだけど、女子は最後まで泣かないのね。別れても。でもさ男子が別れた後に元彼女とデートしてる時に急に泣き出すわけ。 この作品はその、最後まで泣かないでいた女子の悲しみだと思った。以上。

0
真清水るる (2019-09-11):

0
真清水るる (2019-09-12):

千才森 万葉様 この詩の産毛まで 撫でてくださっているかのようなコメントを ありがとうございます。やさしみのやさしみは 万葉さんの読み方によって 私に沁みてきました。 芯のところも ちゃんと 汲みとってくださっており感謝です。 そうです。嫌なことがあり、むしゃくしゃして言葉遊びと連想ゲームをしていたら、人に優しくしている人を見つけて心が穏やかになり、また先へと進めるようになった。そんな詩です。 チャームポイントって、他者を惹き付ける点であって、他人が居ないと教えてもらえない。自分じゃなかなか気が付かないものなのですかね。それは きがつきませんでした。 実は、この詩を書いた直後に 日常生活において、私のキャパでは手に負えないことにでくわしてしまいました。それで、ネットの友人全てに対してネット落ちを宣言した所でした。けれど、チャームポイントは ひとりきりになれば、けして みつからない物である可能性が高いですね。闇雲にチャームポイントを探すつもりでしたが、貴重なヒントをいただけました。ありがとうございます。

0
真清水るる (2019-09-12):

●みうら氏のコメントをお読みのみなさまへ みうら氏は、私のツイッターを読んだので、このような謎コメントを書いておられるのです。みうら氏にしてみれば、るるりらは なにやら理由は定かではないが るるりらは傷ついていると 感じてくださっています。 ●みうら様へ その映画のことは なにも知らないのだけど、 彼氏が自分以外の人とデートしているときに、影で初めて泣いたのだという理解で良いですか?人前で泣くのは 私も苦手だな。その女子は 一世一代の演技力で最後まで泣かなかったんだと解ります。そして、一人で泣いた後のことを想像しました。 ひとりで泣いたあとに、街中で 彼氏と元彼女がデートをしているところに 出くわしたら、演技力をさらに磨いて 泣いたことなんて 無い。てな感じのふりをすることでしょう。 わたしは、泣いたことがあることを告白してしまったのでした。演技は気概をもっていきていくのには必要です。しかし、詩とは演技から生まれる何かではないと考えています。詩に嘘があることは しばしばですが、嘘によって真実に触れることをしようとするのが詩であると、私は思ってます。 わたしは演技はできないです。けれど、演技なんて 詩を書く人には、必要のないのだと思ってます。だから あれは アレで良いのだと思ってます。 日常生活で だれかが私のチャームポイントをみつけてくれた頃に帰ってきます。そのときは、みうらさんは 詩を読むことを続けていてください。では また。

0
エイクピア (2019-09-12):

第1連目の問い、人ではない物にとっての私は誰かと言う問い。この存在論的な問いを支えるのがあらゆる表現を蔵していると思われる図書館。図書館に影響を与えたまるいひとにも注目しました。角張った図書館が流線形になるような幻想。通称点子の思い。旅が始まったところでこの詩が終わっているのにもこの詩の特徴が表れていると思いました。すいすいとした旅が始められたのはこの詩の成果だと思えるからです。

0
ふじりゅう (2019-09-12):

非常に優れた作品に感じました。あえて漢字にせず平仮名でとどめている点が全体を読んで女性的な、柔らかい詩を形作っています。点子、は主人公が「呼んでおくれ」とした名称だけれども、なぜ点子なのか、それは「ただの点」であるから、らしい。点と点の結びつきは数学の「点P」を思い起こされますが、そことの結びつきを意識するとまた違った読み方もできそうです。 他方、読解、となるとかなり難易度が高いように感じました。点子の旅が始まったところで詩が終了しますが、点Pを意識すると、その旅は一つの枠組みをただたどるだけなのではないか、などと、そのようなことも考えました。しかし、「チャーミング」とあるので、点という要素は主人公のただのチャームポイントなのかもしれない、などと語っていると非常に長くなりそうなので、ひとまずこの辺にしたいと思います。大変優れた作品として、面白く読むことができました。

0
真清水るる (2019-09-24):

●エイクピアさんへ 人は、物にとって 物なのかもしれません。もしかすると 人とは、けものにとって のけもの、なのかもしれません。流線形であるなら水圧や風圧をうまく にがして動きやすくなるかもしれません。知識が自在に自由に動かせることに憧れます。そのようなことを願うのは、人だからかもしれません。 この詩を書いた後 正直、精神的に不安定になせさせるを得ない日常に、突入してしまい返信が遅れ 申し訳ないです。 ですが、この詩を書いたのは、私の中にある点を 未来にある点と結び付けたかったからでした。この返信が そのことを思い出させてくださいました。ありがとうございます。

0
真清水るる (2019-09-24):

●ふじりゅうさんへ 点Pは、すこしだけ意識しました。がちがちな数学的発想でもなかったのですが、数学の図形は、一つの枠組みをただたどることで形は形成されますよね。 人々がだれそれのチャーミングポイントを言うときも、もしかしたら ひとつの枠組みで言うのかもしれません。たとえば、「彼女の笑い えくぼが チャーミングポイントだ」という誉め言葉や「あひる口が可愛い」とかいう誉め言葉も、枠にあてはめて該当したら誉めているのかもしれません。 それに対して、ポイントを指摘せずに 「彼女の全部が可愛い」という誉め言葉があったとする。すると、漠然としています。そして、可愛いと言っておけば良いという枠に該当しいるから誉めているだけと 受け取られることもあることでしょう。 ポイントをつかもうするのと、ポイントなんて考えないのとを比較して、 どちらが女子にとって有効かというと、なにかポイントを見つけるほうが 笑顔が継続する可能性が高いのは、別の良い点も見つけやすくなるという利点があるからかもしれません。女子は、ささいな好ましい点を探しては、旅をするものなんです。なんちゃってね。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2