作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

コスモス   

作成日時 2019-05-11
コメント日時 2019-06-05

宇宙の真ん中に ぽたりとインクが落ちた 深いゲルマンの藍色 滲んだ周縁から 透明な葉脈が広がり わたしは一つの植物 一つの森であることに気付く 森の真ん中に 古い旅籠がある いつからわたしは その旅籠の客だったのか そこに逗留し しかも絶えず通り過ぎる 幽霊であったのか 記憶の二重底を潜り抜け 水銀の井戸を経巡りながら わたしは沈黙の水を飲む そして龍の絵を描く 始まりはいつも 背後から吹き抜け 死は唐突に 正面から抱擁する きょうは凍て付く 復活の日 宇宙の真ん中に ぽたりとインクが 落ちる


項目全期間(2019/11/19現在)投稿後10日間
叙情性108108
前衛性1616
可読性107107
エンタメ44
技巧2929
音韻22
構成88
総合ポイント274274
 平均値  中央値 
叙情性21.65
前衛性3.20
可読性21.44
 エンタメ0.80
技巧5.82
音韻0.40
構成1.60
総合54.829
閲覧指数:1383.7
2019/11/19 18時36分46秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(9)
帆場蔵人 (2019-05-12):

>宇宙の真ん中に ぽたりとインクが落ちた 出だしから凄く好きな作品。そこから視点が狭まったり拡まって旅籠の描写からのイメージはぼく如きでは読みきれないですが美しい、と思いました。

トビラトビラ (2019-05-12):

大宇宙と小宇宙という印象を受けました。 宇宙という清浄な空間に、インクという「わたし」が(生まれ)落ちて染みを作る。 ドイツの森の奥の古城に暮らし、水銀(美しく有用であると同時に、毒であり汚染されたもの)の井戸を巡り、沈黙(思考つまり知恵と、死を連想させる)の水を飲む。 龍(幻想的であると同時に畏敬の象徴)の絵を描く——神秘にたずさわるという印象。 その生も思いがけず始まり、唐突に終わる。 そして、また宇宙にインクが落ちる——輪廻転生する。 個人的には、そういう感じに読みました。 >深いゲルマンの藍色 という表現がいいですね。 ヒトラーを生み出したゲルマン民族の悲哀みたいなものが出ていて、それはさぞ深い藍色だろうなあと感じました。 あえて言うなら、ちょっと観念的かなとも思いました。 静かでにじむような情感はあるのですが、なんというか……、ちょっと傍観者的というか、こういう光景を実際に見てにじんだ情感というより、こういう光景を間接的に体感(映像で観たり写真で見たり)して、にじんだ情感という感じがします。 ただ、それが悪いとは言えないのですが。

yamabito (2019-05-12):

常に飛躍している作品ですね。

agath (2019-05-18):

好意的なコメント、ありがとうございます。 ゲルマンの藍色と墨絵のにじみのようなものを、同時に表現してみたいと思いました。 宇宙的な広がりと、森の奥まった場所の二重性のようなものも。 やや俳句的な世界になってしまったかな、と反省しています。 個人的には「死は唐突に正面から抱き付く(抱擁する)」のくだりが好きです。まさに唐突に浮かんだフレーズです。

ふじりゅう (2019-05-28):

拝見しました。 宇宙真ん中に、インクが落ちる描写が最初と最後に差し込まれている点が芸術的です。 何なのか分からない場所をさまようような、死後の世界をフラフラするような、あるいは全体が夢心地のような、そんな不思議な作品でした。

佐久 乱 (2019-05-30):

>宇宙の真ん中に >ぽたりとインクが落ちた >深いゲルマンの藍色 最初のこの壮大でいて、視線が一点に集まる映像。 藍色一色の濃淡のみのイメージで読み進めてみました。 とても幻想的で、森の中の「旅籠」さえもどの時空に存在するものなのか。 「インク」「コスモス」という洋風な言葉が二つ。 後のイメージは東洋で、最後洋風に戻る。 >記憶の二重底を潜り抜け とあるから、輪廻を超えているのか、いくつかの時空を超えているのか。 映像が美しく、静かで揺らぎがあるカメラワークがとても素敵でした。 沈黙の水あたりからの陰りも、淡くなった藍色が彩度を落としたように感じらました。 これも静謐で緊張感のある雰囲気です。 この詩の世界でふらりふらりと遊ばせていただきました。陰の部分も含め、心地よかったです。

agath (2019-06-01):

ふじりゅう様、佐久乱様。コメントありがとうございます。 ふだん、どちらかというと、もう少し猥雑であったり、諧謔味があったり、原形質的であったり、そんな作品を書いているので、ときどき解毒剤的に静謐なイメージのものが書きたくなるのかもしれません。個々のイメージは、自分の夢の一番深いところから広い集めてきたものです。 いずれにしても、お読みいただき、本当にありがとうございます。

stereotype2085 (2019-06-05):

良いですね。読みやすいし、生と死について熟考を重ねたであろうに、それを感じさせない軽快さ。良い意味でポップに昇華していると思います。余談ですが、そしてこれはひとえに僕の身勝手ですが、筆者様の夢見る宝石より、漢字が少なく、熟語が密集していず、長さも程よく、世界に入りやすかったです。

Visor/RobotVisor/Robot (2019-06-05):

改行のリズムが好きです。

投稿作品数: 2