くだる - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは、祖父母の目の前で、伝記を破り捨てることにした。

r

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

くだる    

【さかくだり】       あの懐かしい橋を渡れば 蛙のひしめく道がある いきものを ころさないように 体が傾むく川下にむかって 足をゆっくりと あるく  あの懐かしい橋を見下ろせば 大雨の日に流れていた大木が見える 身を乗り出して声を立てて笑いながら 激しい濁流を眺めてみると大人は怒る あの懐かしい橋のむこうで こどもたちは 喧嘩して仲直りもせず こどものままで いまも 住んでいる きょうもあの子は言う 「おまえんちの家の前の空き地は むかし なまくびがならべとったんど じゃけえ おまえんち のろわれとるんじゃ けけけ」 妖怪のような いたずらを 風のように じようずに うけ流すこともしないで こどもたちは いまも あの橋のむこうに 手を取り合うこともなく 住んでいる 【さらに くだり】 花のようでありたくて 親指と親指とをあわせて 小指と小指とをあわせて あわせた手のひらをひらいて花をかたちづくる 無骨な十本の指を 天にむけて ひらけば 指が エナジーを放つ 縄文土器のように 焔立つ 平 成 という時代は  ほかのどの時代とも違って 時系列に古い順番に並べるのが 今の私には まだ難しい たとえば 平成土器は このような土器ですよと見せることはできない だが、小渕さんが たからかと掲げた あの 平 成 の ボードを 逆さにしてみる。と  まるで縄文土器のようぢゃあないか 無骨な十本の指を 天にむけて ひらき 平成も知っているこの指が まるで縄文土器のように無骨なエナジーを放つ 平成の文字は まだまだなまなましいエナジーを放っている わたしは無骨な指で土器のような形をおもいながら わたしは しずかに花になる こどもたちは いまも あの橋のむこうだ 手を取り合うことがなくても 花のように 住んでいる


作成日時 2019-05-08
コメント日時 2019-05-28

くだる ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 1166.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 96
#テキスト #REIWAビーレビCUP参加作品 #酷評OK
項目全期間(2020/10/29現在)投稿後10日間
叙情性3232
前衛性00
可読性1515
エンタメ2525
技巧66
音韻77
構成1111
総合ポイント9696
 平均値  中央値 
叙情性6.41
前衛性00
可読性31
 エンタメ50
技巧1.20
音韻1.40
構成2.21
総合19.24
閲覧指数:1166.1
2020/10/29 11時23分51秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

くだる コメントセクション

コメント数(6)
真清水るる
(2019-05-08)

本作品は、拙詩【そらおそろしい】に於いて 南雲安晴氏にいただいたコメントを 参考に 書かせていただきました。

0
トビラ
(2019-05-16)

指をひろげて、縄文土器のようになるという発想はすばらしいですね。 個人的に惜しいなと思うのは、視点が現代で止まってるように感じるところです。 縄文土器をつくった、縄文時代に生きた人たちの想いみたいなものにも、思いを馳せられていたらいいのかなと思いました。

0
るるりら
(2019-05-16)

縄文土器の手話みたいな部分が気に入ってくださって嬉しいです。 この詩の視点は、現代人として書きました。現代人が縄文土器の手話をしている感じです。あくまで 現代人を書こうとしたので、縄文時代に生きた人の想いについては まるでかんがえもしなかったというのが 正直な気持ちです。 縄文人がならば、この詩のようなもののことを「そもそも わしら漢字なんてしらねぇし」と言われてしまう気がします。  だいず、もし わたしが縄文時代に生きた人たちの想いに触れた作品が書けたら どんなに素晴らしいでしょう。そういえば、つい先日北海道で 縄文時代の人のおひとりのゲノムが解析できたニュースをみました。とても詳細に身体的な特徴を可視化できているというニュースでした。その解析の結果である その人物は、どこかであったことのあるような方で、あたかも なにかを喋ってくださるような気がするほど生き生きとしており、わくわくしました。わたしは、縄文がどうやら とても好きなのです。 身体的な特徴をどんなに明確に知ることができたとしても、縄文時代の想いは想像の翼の力でしか触れることはできません。たしかに、縄文時代に生きた人たちの想いみたいなものにも、思いを馳せるのは 魅力的で、詩でならではの示唆ですね。暇をみつけては縄文の人に思いをはせて またいつか言語化してみまたいです。 貴重なご意見ありがとうございます。

0
るるりら
(2019-05-16)

二連目の冒頭の 「だいず、」は ミスです。意味はないです。すみません。

0
鹿又 夏実
鹿又 夏実
(2019-05-16)

面白かったです。 前半のリズム感のある抒情から、平成のくだりでガラッと雰囲気が変わったように感じるのでそこが個性的と思いました。もう少し前半と後半を馴染ませたほうがいいのかなと思う反面、豊かな生命感に貫かれているのでそれでいいのかなとも思います。

0
ふじりゅう
(2019-05-28)

拝見しました。 個人的に気に入ったのは >平 >成 >の >ボードを 逆さにしてみる。と  >まるで縄文土器のようぢゃあないか です。面白い表現だと思いました。 そらおそろしいの別バージョンとして、好感が持てました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3