糸 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

   

縦の糸はあなた、横の糸は私と歌ったのは誰だったっけ?  当時はその歌が真理をついていると思っていた。固く織りなしたはずの二人の関係性は徐々にゆるくなっていき、いつの間にか端っこの方はただの二本の糸になっていた。  強く結んだ糸が解けずにいたことを祝おうとしたのはどの歌だったっけ?  運命の赤い糸だったはずの糸も、色あせて限りなく薄い桜色になっている。かろうじて色を保っているのは、きっとまだ少しはお互いへの気持ちが残っているからか。  貴様と俺とは同期の桜だって言ってたのはどこの誰だっけ?  お互い初婚で、確かに同期といえば同期だけど、感情は学年みたいに確実に一歩一歩進級できるものじゃなかったね。  桜は散るのが美しいって教えてくれたのは、あなただったね。  あの頃は、私達が桜になるなんて思ってもみなかったね。  一本だけの糸では綱渡りでも、二本あれば編み込んで橋になる。  涙の洪水も、一緒に耐えきれる。  もう一度編み直せば、元には戻れないけど、それなりの形にはなるかもしれない。でも、その形を気に入ってくれるかどうかはわからない。だったら編み直してやろうじゃないか。もう一度一緒に編み直して、誰かを温めてやろうじゃないか。でもそれはただの見栄っ張りで。本当は私を一番温めてほしいの。あなたから編み込んでほしかったの。  縦の糸はあなた、横の糸は私。  縦の糸は横の気持ちはわからないし、横の糸は縦の糸の気持ちを理解できなかった。  だったら次は、あなたは縦の糸を理解できる人を探して。私は横の糸を理解できる人を探すから。  縦の糸と横の糸を結べるようになれたら、糸電話でもして近況報告しようね。


作成日時 2019-02-01
コメント日時 2019-02-15

糸 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 324.5
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/07/06現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:324.5
2020/07/06 04時28分41秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

糸 コメントセクション


コメント数(10)
エイクピア (2019-02-02):

中島みゆきの「糸」ですね。同期の桜まで出て来ますが、これは軍歌ですね。でも「糸」がメインテーマで、女性が横の糸は私で、縦の糸はあなた(男性恋人)とうたっているうたですが、この詩ではやはり破局を詩にしているような気がします。でもよりを戻したがっているような。ただの願望とも思えません。切実さがほの感じられる様でした。男性がイニシアティブをとることを期待しているような。

0
༺❦柿原 凛☂༻ (2019-02-02):

エイクピアさん>コメントありがとうございます。 中島みゆきさん「糸」コブクロ「赤い糸」軍歌「同期の桜」をそれぞれ引用?させていただきました。おっしゃる通り破局を詩にしております。解けたりして使えなくなった糸を簡単に断って、また新しい糸を使うようなイメージで描きました。実は女性目線の作品として描いてみたのですが、男性の方の想いを感じていただけるとは思っていませんでした。意外な発見でした。

0
環希 帆乃未 (2019-02-03):

引用するのは良いんです。ですが、著作権が絡むので、引用した部分を明確にしないと、いけません。軍歌以外ですね。引用転載についてのルールが有りますので、お気をつけてくださいませー。あ、作品として好きな作品です。

0
༺❦柿原 凛☂༻ (2019-02-04):

環希帆乃未さん>コメントありがとうございます。 引用部分の明記の仕方ですね。今後注意していきます。 貴重なご指摘ありがとうございます。

0
ふじりゅう (2019-02-04):

 拝見しました。面白い試みだと感じました。ひょっとしたら、有名な歌の歌詞を引用しつつ独自の詩に仕上げることはわりとあるのかも知れませんが、それを(恐らくは)筆者様自らが思い付き、挑戦しようという気概が素晴らしく思います。また、内容もなかなかセンチメンタルでかわいく思えてしまう点も、いい意味で原作との差別化がはかられていると感じました。

0
༺❦柿原 凛☂༻ (2019-02-05):

ふじりゅうさん>コメントありがとうございます。 iPodで歌を聞いて、自分の今の感情を表現するような歌と出会えたときに自分を重ね合わせたりツッコミを入れたりすることってよくあると思うんです。そういうのを自分の詩にしようと思ったら、自然とこういう形になりました。 良い意味での差別化ができていると評価していただけてうれしいです。ありがとうございました。

0
かるべまさひろ (2019-02-06):

引用のことで久しぶりに著作権のことを改めて調べました。 ガイドラインもユーザーの皆さんでどんどんつくれるのが理想なんですけどね…。現状、かるべは運営なので。 念の為お伝えしておくと、万が一要請があった場合、適宜対応させていただくと思います。この作品について保護しきれない可能性があるということです。…すみません。 もちろん、運営が積極的に制限することはありませんが、問題が起きたときは個別対応になります。引用は扱いが難しいですね。

0
༺❦柿原 凛☂༻ (2019-02-06):

かるべまさひろさん>お手数おかけします。 保護しきれない可能性あるのですね、了解です。 僕としては決まったことにきちんと従うので、問題が起きたときには適切な対応をさせていただきますね。

0
まりも (2019-02-15):

「と歌ったのは誰だったっけ?」「のはどの歌だったっけ?」「言ってたのはどこの誰だっけ?」と明記してあるので、まあ、一般常識的な範囲で、借用というか引用だな、とわかりますし・・・引用部分も全体の四割以下なので、まあ、著作権料を払え、と万が一言ってきた、としても、それは言いがかりでしょう、と客観的に判断してもらえる、範囲ではないかと思いますが・・・(法律上の詳しいことはわかりませんが、通常の慣用として)コメント欄に書かれていること(~からの引用があります、とか、~からインスパイアされた部分があります、など)を、注記として作品の最後に付しておくと万全かな、とは思いました。 「もう一度編み直せば、~」以下の部分が、ちょっと説明過多でまだるっこしい印象を受けます。対話的、会話的な軽さで、全体を統一してもよかったかな、と思いました。

0
༺❦柿原 凛☂༻ (2019-02-15):

まりもさん、コメントありがとうございます! なるほど、全体の文章の重さの統一ですね。そう言われてみればそのほうが良いかもしれませんね。 アドバイスありがとうございます!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1