沸騰 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

沸騰    

死ね、お前が死ね、お前に関わる全部が死ね、今までのお前全員死ね、偉そうなお前も、お行儀だけ良いお前も、上から目線のお前も、全部死ね、くたばれ、潰れろ、泣き叫べ、懺悔しろ、そして死ね、苦しんで泣き叫びながら、後悔しながら死ね、絞首刑、電気椅子、馬鹿馬鹿しい。殴り続けてやるから、わんわん泣きながら、バタバタ抵抗しながら、ごめんなさいごめんなさいと謝りながら、さっさと死ね。 死ね死ね死ね死ね死ね この拳で、殴って殴って殴って、ボコボコにして、鼻水垂らしながら、鼻血も垂らしながら、紫と緑に腫れた気持ち悪い顔に向かって「不細工だなあ」と唾を吐きかけてからまた殴って、後頭部に向かって、拳を上から体重かけて振り落として、首を踏んづけて、背骨に踵を落として、腰を砕いて、関節を全部反対側に曲げて、お腹に向かってアッパーすると、拳がめり込んで、力の無い内蔵が弱々しく抵抗してきて、偉そうにすんなとまためり込ませる。血を吐き、胃液を吐き、何かわからない変な臭い液体を吐き、生きてるのか死んでるのか分からなくなって、絶望しながら死ね。 死ね死ね死ね死ね死ね 布団じゃなくて、サンドバッグじゃなくて、枕でもなくて、壁でもなくて、ぬいぐるみじゃなくて、洗濯物の山じゃなくて、人間が、生身の人間が、生きている人間の肉体が、良い。適度な柔らかさと骨の硬さ、筋肉の反発、意識的な抵抗と無意識な抵抗、良い。良い。殴りたい。早く殴りたい。殴りたい。今すぐ殴りたい。早く、早くしないと。殴る。殴る。殴る。撲殺する。死ね。死ね死ね死ね死ね死ね。 糞。糞屎糞屎糞。糞、屎。 ごめんね。 こんな人間になってしまいました。 ごめんね ごめんね ごめんね ごめん、ね。


沸騰 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 999.9
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0

作成日時 2018-09-07
コメント日時 2018-09-30
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:999.9
2024/05/30 13時16分26秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

沸騰 コメントセクション

コメント数(11)
༺❦柿原 凛☂༻
(2018-09-07)

花緒さん コメントありがとうございます。参考になります。書きすぎましたね。

0
渡辺八畳
(2018-09-07)

こういう暴力行為を綴る詩は私も書いてきたし、そういったのを描くときの心境はまさに「ごめんね」なので共感はすごくした

0
༺❦柿原 凛☂༻
(2018-09-07)

渡辺さん コメントありがとうございます。「ごめんね」以降は賛否両論あるんですね。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
(2018-09-07)

柿原さんからはイメージの付かない詩が出てきたので驚きです。 沸騰ってタイトルですが だんだんボコボコってよりは 瞬間で沸騰してそのまんま、ピーと怒ってるヤカンみたいで 勢いも攻撃的な感じもあって良いです 詩のハードコアを出来てると思います。 しかし私としての意見はそうですが こんな詩を書いている私の仲間 イマラチオ(本人)の意見も念のため聞いてみると暴力が浅いそうです。 もしかして、人の事を強く憎んだ事が無いのかな? 自分の中に有るものを書いたってよりは、無いものを書いた感じがする。 人としては汚れなくて良いことだけど このタイプの詩を書くなら、憎しみを持つべきだそうです。 イマラチオ(本人)は特別な存在なんでお気になさらずですがこんな感じです

0
༺❦柿原 凛☂༻
(2018-09-07)

貴音さん コメントありがとうございます。確かにキャラじゃないことをしました。他の人と比べたら、人生経験も深い感情もないのかもしれません。だから、この詩は本当に本音を書き連ねたのですが、そのぶんやっぱり浅くて軽いものになってしまったのだと思います。それかまだまだ自分を抑えているのでしょうか。自分との対話ですね~

0
ふじりゅう
(2018-09-26)

拝見しました。 柿原さんの詩としてはかなり珍しいと言いますか、大きく方向転換をしたようなイメージがしましてかなり驚きました。 さて内容です。結構好きな感じです。中身は暴力の描写や「死ね」の描写がほぼ全編にわたって書かれていますが、私が感じたことはこの描写が主人公の妄想ではないだろうかということです。いやほぼ間違いなく妄想ですね。これが頭の中で溢れるように続いていて、純朴だった、それを願っていた誰かに謝ると。面白い内容だと思います。人間はどれだけ綺麗事を言おうと、誰かを憎しみ「死ね」と思う事など往々にしてあるものです。それを「思ってしまった」ことに対しての「罪悪感」に、逆説的に主人公の人の良さというか、優しさのようなものを感じました。

0
stereotype2085
(2018-09-26)

柿原君らしくない詩だなと、一瞬思いましたが、柿原君の私的エピソードを幾つか伝え聞いている身としては、こんな暗黒面があってもおかしくないな、とも思いました。こういう憎悪や怨恨吐き出し系の詩は基本、僕は余り好きではないのですが、パーソナリティを知っている分、納得も出来ました。詩の面白味の一つでもありますからね。詩から「人」を読み取る、というのは。

0
༺❦柿原 凛☂༻
(2018-09-29)

ふじりゅうさん>返信遅くなってしまいすみません。今の自分はやっぱり初心者なのでいろいろ挑戦したいなと思っていた矢先に実生活の中で吐き出したいものができて、それを素直に並べるということをやってみました。考えずに思い浮かんだものを直接書くというのは自分にとっては挑戦だったんです。そういう風に受け取っていただけたのならばここで発表してよかったです。ありがとうございました。

0
༺❦柿原 凛☂༻
(2018-09-29)

stereotype2085さん>コメントありがとうございます。らしくないというのはそのとおりで、普段の自分にないものが出てきたからこそ作品として残してみたんです。あまり好きではないような作品をここで発表しちゃってすみません(でもこういう吐き出し系のほうがこのサイトでは評価されるのかもしれないと思っていたというのも事実です)。実際コメントをしっかりしてもらえて嬉しくもあります。自分の中では、頭で考えた作品であるほど、コメント数は少ないなぁと思っていたので。「対策と傾向」みたいな感じでこういうのも投稿してみました。

0
三浦果実
(2018-09-30)

言葉のバイオレンスさが電子画面の中のテキストを越えて伝わって来ない感じがあります。それは「死ね」の送り先が私、三浦宛ではない安心感がまずあるからでしょう。だとすると、バイオレンスさではない「死ね」の読む側の受け取り方として、冒頭から「死ね」は語り手の内なるものに限定された鬱憤などで結末を迎えることを予想した読みになってしまうと思うのです。そして「ごめんね」が結末としてある展開は、語り手自身の心象範囲内。予定調和過ぎる構成だと思うのです。しかしながら、特に読み手を想像して読み手を意識して書く必要がそもそもありませんので予定調和であろうとも作者が満足する作品であれば、それはそれで良いと思います。しかし、殺傷ごとを書くのであれば、その殺傷が読者に必然として浮上する世界観をみせて欲しいと願います。予定調和でなく、「ごめんね」の終わりが読者である私にとっても必然だと思わせるもの。その作品全体が持つべき世界観のフックが不足していて、散りばめられた過激な言葉にフックを頼りきってしまっているのではないかと思いました。

0
༺❦柿原 凛☂༻
(2018-09-30)

三浦天才詩人果実さん>コメントありがとうございます。確かに自己完結できちゃってるっていうのはありますね。背景が見えないといけなかったですね。とても勉強になります。ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1