じゃんぱら - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

じゃんぱら    

アパートの賃貸契約が成立した半年後に、大家さんから頂いたノート型パソコン - TOSHIBA・SATELLITE - の、調子がおかしくなった。いくつかの文字がキーを叩いても表示されなくなり、タイピングできなくなってしまったのだ。変換キーを押せばなぜか同じ文字ばかり、aaaaaaaaa...... いつまでも勝手に連打され続けてしまう。新手のウィルスによる仕業か?とも考えたが、やはりキーボードがおかしいのだと結論づけ、買い取りを依頼するために中古パソコン専門店に出向いた。 さっそくお店に事情を話して査定となり、店内をうろつきウィンドウに並ぶデスクトップやノートパソコンや周辺機器を眺めていると、10分後には手渡されていた番号を呼ぶアナウンスが流れ、カウンターに向かった。3000円とのことだった。店員によるとこれ以上は無理らしく、修理も可能だが時間も費用も必要であるとのこと。仕方がないので買い取り成立とし、サインをして現金を受け取り店を出た。途方に暮れたが次のボーナスの足しにして買い換えることに決め家に帰った。 三月が経ち、ボーナスを叩いてノート型パソコン - Apple・MacBookPro - を、買った。自宅に帰り部屋で箱から白い発泡スチロールに嵌め込まれた本体を取り出すと、メタリックシルバーにブラックのツートンカラーが落ち着いた雰囲気を醸し出し、世界一薄いとの触れ込み通り、上部下部とともに縁が鋭くてなめらかにカーブしているせいか、開くと鮫を思わせるシャープな印象が魅力的に感じられた。鮫の口を開くと下顎にはマットな黒い歯が居並び、叩くと音は吸収され、そして思いのほかそのシックな触り心地が指先からなにからすべてを鷲掴みにした。しばらくは鮫にLionを与えたりしてはオリジナルのキャラクター作りなどで機嫌を取り世話に勤しんだが、一年後に翌月分の家賃の足しにと思い、買い取りを依頼するために中古パソコン専門店に出向いた。 さっそくお店に事情を話して査定となり、店内をうろつきウィンドウに並ぶタブレットやスマートフォンを眺めていると、10分後には用紙の番号を呼ぶアナウンスが流れ、カウンターに向かった。買い取り額は80000円とのことだった。店員によるとこれ以上は無理らしく、まだ美しい鮫肌を保ちまだまだ子孫を残すとのこと。仕方がないので買い取り成立とし、サインをして現金を受け取り店を出た。とりあえずはATMへ向かい家賃や光熱費の支払いを済ませ、残りは次のボーナスと足しにして新しく買い換えることに決め家に帰った。 三月が経ち、パソコンを叩いて得た額の残高3分の1とボーナスの半分とを足しにして、世に出回り始めたスマートフォン - SONY・Xperia - を、-ソフトバンク- と回線契約し、買った。自宅に帰り部屋で箱から白い発泡スチロールに嵌め込まれた本体を取り出すと、カッパーグリーンに染まるガラス張りの裏カバー、外枠にはメタリックシルバーというツートンカラーが爽やかな雰囲気を醸し出し、世界中で一番高級感あふれるとの触れ込み通り、表の画面には自身の顔から背後に広がる景色の隅々まで写りこむ保護シートに護られた鏡面仕様のせいか、手にすると月を思わせるミステリアスな印象がいつまでも魅力的に感じられた。月の面を照らし出すと南には小さなスクエア型のアプリを表すイラスト付きクレーターが居並び、北には太陽暦やバッテリー残量や位置や通知クレーターにwifi通信状態や地域の気候を表す絵文字クレーターにローマ数字やマーククレーターが所狭しと並列した。東には無人の砂漠に舞う一枚の若葉があり、西には無人の砂漠に舞う一枚の若葉があり、さらに西には砂漠の大気中に舞う一枚の若葉に一つの十字が重なり、中心を軽く押さえつければその上に衛星からの電波を受け、自動更新が為される便利なウィジェットクレーターを張り付けることも剥がすこともでき、そして思いのほかそのサディスティックな触り心地が指先からなにからすべてを鷲掴みにした。しばらくは月の面を点滅させたり回転させたりしてはオリジナルの月面クレーター作りなどで競い合ったりあちこちに散らばる無数の月同士とで友達作りに勤しんだが、キーボードを叩けば、!!!!!!!‥‥‥‥ と、同じ記号ばかりがいつまでも適度に連打され続けてしまう。新手のウィルスによる仕業か?とも考えたが、一年後の雨の日につるりんと雨とともに落下し、足元でビリビリと蒼白い光を放ち割れた。キャリアショップへ持ち込むと、保険は未加入だったため修理代に20000円近くの費用が掛かった。二週間後。手元に戻ってきたので買い取りを依頼するために中古パソコン専門店に出向いた。 さっそくお店に事情を話して査定となり、店内をうろつきウィンドウに並ぶVRやカセットレコーダーやガラケーを眺めていると、10分後には用紙の番号を呼ぶアナウンスが流れ、カウンターに向かった。買い取り額は0円とのことだった。店員によるとこれ以上は無理らしく、修理も時間も費用もなにも!とのこと。仕方がないので買い取り不成立とし、サインをすることなく店を出た。途方に暮れたが次のボーナスすべてを叩き、そしてキャリアを変更し、新しく買い換えることに決め家に帰った。 二年と三月が経ち、先日部屋でTVを点けたら、唐突に何やらたくさんの人たちの声が流れた。よく聴けば‥‥ JYAMJYAMJYAM‥‥MPALAJYAMPAL‥‥‥JYAMPALAJYAMPALAJYAMPALA‥‥MPALAJYAMPAL‥‥‥JYAMJYAMJYAM‥‥ いつまでもリズミカルに連呼し続ける、ただ耳障りなだけのシンプルなコマーシャルだった。新台入荷を知らせるパチンコ店による仕業か?とも考えたが、とくになにもおかしくはないと結論づけ、翌月に給料が入ればHUAAAIII製の液晶TTTTTTを近くのリサイクルショップ - ひまわりeeeday - に持ち込、購する─火洋、?!‥‥‥tttりnn磯─・・ ─mm ‥‥m i 取w ─ ?。── 頼 i tと う ‥ 、‥!!───── ── ─


作成日時 2018-08-15
コメント日時 2018-09-21

じゃんぱら ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 894.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#受賞作
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:894.1
2022/07/07 18時51分21秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

じゃんぱら コメントセクション

コメント数(13)
まりも
(2018-08-17)

1、2、連、いささか丁寧過ぎないか?と思い、3連、4連、ここは純粋に面白く、5連、6連、妙に現実というのか、リアルに戻ってき過ぎてる感、が出ているのではなかろうか、という・・・自分の「好み」に寄り過ぎているライトレスですが。5、6連、特にテレビが出て来る当たり・・・実は5連で語り手はパソコン内部に取り込まれていて、パソコン画面の内側から室内を見ている、的な転換があるとどうなんだろう、とか(誰もが思いつくようなアイディアですね、はい。)

0
三浦果実
(2018-08-17)

これは一体なんだろうかと一読して思ったんだけど、世間に潜む都市伝説的な感もあり好ましくもあった。タイトルからしてノンフィクションを思わせながらも物語の風味がある。PC買取ショップの対応ってどことなく、近未来な感じがする。本作にもあるような、陳列されている商品群をみると。他の小売店とは違う空気がよく出ている作品だと思った。

0
湯煙
(2018-08-18)

・まりも さん 丁寧に過ぎましたか・・・なるほど。全体に淡々とした説明口調がよいのかなと、そんな感じからでしたが。バランスは良くないみたいですね。 パソコン内部からといったアイデア、箱男のような世界でしょうか。 あるいは箱・作品そのものという。最終二連はまるごとオチ、破といったものになるかと。そのあたりやや引きづられた感はあります。 ありがとうございました。 ・三浦⌘∂admin∂⌘果実 さん そうですか。そのあたりは御想像に・・・お任せしますが。都市伝説説、あるいは陰謀論等ありますが面白いですね。中古ショップは同じ商品でも状態から何から細かにランク分けされていましたり、過去に販売された懐かしいものが埃を被るなか世から視線を受けることもあり値が上下したり、物の流れも速いですし。売り買いはなかなか勉強にはなるかと。 ありがとうございました。

0
stereotype2085
(2018-08-18)

一連、二連目のしつこいほどの描写のあと、三連、四連目での畳みかけるような展開と締め、純粋に面白いと思いました。これは着想勝負の作品で僕が抱いたようなシンプルな感想を期待していたのなら、今作は大いに成功していると思います。もっと深読みも出来そうですが、僕はこの辺りで。

0
かるべまさひろ
(2018-08-18)

先日、じゃんぱら使いました。

0
右肩ヒサシ
(2018-08-18)

湯煙さん、こんにちは。 これ、好きです。何年前だったか、iPad miniを最高買取価格で取ってもらったので、僕の中でじゃんぱらも評価高いですよ! お伽話によく見られるパターンを踏襲していますね。花咲爺さんとか。この現実的記述がぐにゅっと歪んでいく感じが心地よいです。 僕も使いこなした試しがないのに随分こういうガジェットにお金を使いました。

0
湯煙
(2018-08-24)

・stereotype2085さん シンプルな作品ですからシンプルな感想を期待していましたので、これでよいと思います。深読みもありでしょうが、JYAMJYAMPARAPARAには勝てないかと。 ありがとうございました。 ・かるべまさひろさん そうですか。おそらく良心的なお店ではあるかなと思いますが。次々と新製品が出回りますから、下取り下取りと、なるんでしょうね。 ありがとうございました。 ・右肩さん そうですか。私も同じく評価が良いお店ですね。たしかに使いこなすまではおそらく全然かなと。もちろん楽しさはありますが。 なるほどお伽噺なんですね。少しリアルにひとつグニャリさせたかのような。そういえばLEDを買うといった作品が右肩さんにはたしかありますね。思いだしましたが。 ありがとうございました。

0
澤あづさ
(2018-09-09)

※このコメントは8月選評です。作者様でなく閲覧者様に向けて執筆しました。またこの評はわたしの感想すなわちわたし自身の表現であり、作者様には関係も責任もありません。 ネット廃人のリアルにネットが侵食してくるのはよく見かけますが、端末機器の説明が詩的な比喩に侵食され「端末とともに現実が壊れていく感」が醸成されるのは、初めて見たような気がします。なんという「ネット詩廃人」。と勝手に思いました。 詩的な感性の家電大好き男子という、およそ完璧な非モテ系の、端末・経済・詩的表現・キーボード打ち込みが、まこと淡々と破綻していくさま。MacBookの詩的な説明だけでも突っ込みどころは満載で、Xperia以降はツッコミを入れるのも面倒なほど、現実の多側面が盛大に破壊されています。こんなの笑うしかありません。 わたしは文学極道版(http://bungoku.jp/ebbs/20180815_465_10678p)のほうが好きですが、こちらはこちらで「素で淡々と壊れていく感じ」が強く出ていて、とてもよいと思います。

0
湯煙
(2018-09-13)

澤あづささん かれこれ七年以上のものになります。ほぼ実話です。ですのでバージョンアッ プ・バージョンした次第です。そうです、素で淡々と。そうした詩情を出したかったのだと、あらためて思いだしました。再来月あたりにはHHHHUWaiieのスマホにしたいと。時代はMade in Chinaらしいですし・・・・・ありがとうございました。

0
藤 一紀
(2018-09-14)

こんばんは。さっき、読み直していて、いきなり、あれ?面白いんじゃないか!? と、思って何度目かわかりませんが、読み直してみたら、やっぱり面白かったです。調子が悪くなったり、他の理由があったりで、交換していく、ということ(の「繰り返し」は昔話などに見られますが)、と、そのいちいちを記述していく、ということ、そして、記述していたらまたもやぶっ壊れてしまう、というオチ(というふうに読めました)。そこのところで、それまで読んできた内容が、文字通り「過去に起こったこと」であり、それを「いま、順を追って記述している」ことで、その繰り返されてきたことを読んでいると思いきや、まさにここで起きるのにこちらが立ち会わされる、という構造。いやー、何度でも読んでみるものですね。

0
湯煙
(2018-09-20)

藤 一紀さん 遅くに、申し訳ありません。 当初はhead/body/footまでただMacBookのくだりのみをループするだけのものでしたが、 スマホの誕生などを受け加筆修正を行った次第です。出落ち?になるんでしょうか。良し悪しはともかく結局はまた壊れかけてと。ただこちらの最終連については説明になってしまい、安易だったかと思います。モノ─コトをめぐりつつ変容する意識なり身体なりにまで踏み込めればと。そんなことも思わされましたが。あくまでライトです。昔ばなしという指摘はなるほど、面白いですね。はい。 ありがとうございました。

0
藤 一紀
(2018-09-20)

あー!ということは、最終連は、 《よく聴けば‥‥ JYAMJYAMJYAM‥‥MPALAJYAMPAL‥‥‥JYAMPALAJYAMPALAJYAMPALA‥‥MPALAJYAMPAL‥‥‥JYAMJYAMJYAM‥‥ 》から、語り手自身が徐々に変容していくということですか!? だとしたら、読みが浅かったです!惜しい! この箇所が何かしらキーになっている気はしてたのになあ! 読む→立ち会う、という〈作品〉と〈読み手〉の関係の変化、という構造に「おお!」と思っていたのですが、そこで止まってしまいました。まさか語り手の変容にまでも立ち会わされる造りだったとは! いやいや、そうするとますます面白いですね。

0
湯煙
(2018-09-21)

藤 一紀さん そうです、と言いたいですが、そこまでの深読みは想定外でした。混乱に近い感覚かもしれません。たしかにkeyには変容/変換されましたが。 いやいや・・・色々な御感想があり、興味深いです。 ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1