死神 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

死神    

表現の中で、人を殺すことができるというのは 特権であると思う 特権であるというのは、 この世に、この時代に、この場所に、人として生まれ育ったからだ、という事に他ならない 本当に、 誰かを殺していいのなら、それは特権ではない、 人が人を殺す事は許されていない そういう社会に私は生きている だから、 多くの、死が降り積もんだ、その先に 私はいる というのは 幻想 わたしは死をみたことがない ただ、 同胞の死が どこまでも重たい事は知っている いくつもの儀式が積み重さなり、 一つの、死が、重たい場所に運ばれていくのを 私は知っている 死の、香りを 遠ざけるようになるのは なんで、でしょうか 死にたくない と、思うことが、 稀にあっても、 「それは本気?」 ではない、 もう、忘れてない? あなたの、祖父が、 死んだ時の感受性 もう、 どこにもない、 蟻を潰した時のような 遠い死を、どこまでも遠い砂つぶを 積み重ねても 先端に立つ砂つぶは、 いつも一つ、 そして、 ここは、どこでもない場所 表現の中で女の子を殺す 男の子ではない女の子を そういった情動を 持つのは男の子に生まれたからで、男に生まれたから可愛い女の子を殺したいのか、というと、それは違うよね、蟻を殺したいのは本能だよね、 食べる肉は殺してないのにね 本当は殺してるのに それを傲慢と呼ぶのなら その感情を傲慢名付けた人間の意識は もう誰も殺したくない方へ向かっていくのだろう 蟻を殺したいという感情は、嘘 殺す事で得られる気持ちがあるから、殺すの 殺すのはどこまでも手段 本物の感情を手に入れる為の嘘だよ 食べる事は殺す事じゃないから だから、誰も、罰する事の出来ないそれだけだよ それだけ それだけなんだよ これはちっぽけなこと? それとも、 ミサイルみたいに大量のに巻き添えにされた つまらない感情?  『あなたにとって、どうでもいいものがたり』 蟻を潰したあなたの右足は もう、どうでもいいの あなたがもし、わたしに踏み潰されたとしても 虫が嫌いですか? 虫はきっとあなたのことが、きらいだ 私が殺す事が出来るのは この文章の中で蟻を殺す事が出来たのは 人間に生まれたから 日本に生まれたから 1995の世紀末に生まれて、 殺したくなるような家族の間に生まれて 血みどろの歳月を送り 僕が、大人になるまでの間に 死を、 そこまで見せてくれ無かったこと その代わりとして、蟻の死を眺める人生を辿ったことに尽きる あなたは死んでいる そこにしんでいる どこまでもしんでいる このなだらかな毎日の積み重ねの中で あなたは何回生き返って蟻になって、そして、 なんども私に潰された 生きているだけなのに、一生懸命生きているだけなのに それだけなのに、世界中の蟻の巣は 見つけられると殺される その恨みはどこにたどり着く 恨みなんて幻想ですか? 同胞の死が降り積もる 言葉で降り積もる 瞳や瞼の揺らめきの中で論理的に輝く 感情 火花が散りあい身もだえながら地震が起きる 雪が降る そして、誰もいなくなる ただ蟻の足跡が誰も見えない厚さでひたすらに残っていく、そんなアニメ アニメが見たいね。 もう、どうでもいい死の事なんか 私は潰す何度もでも潰す。 黒い影を私の影法師を。 かりそめの腕。魔法瓶みたいな血肉。 ここには何もない 感情なんてものは いや、 感情しかもはやのこってないよ 死、だけが特権ではないと 言えないなら なぜ死の事ばかり考えてしまう 考えるな感じろ だなんて言葉で殺すなよ 適当にごまかすなよ。 判断するなよ、向き合えよ 殺すぞ そんな生き方してるくらいなら死ねよとっととくたばれ 包丁を手に持て、 肉を裂け魚を裂け、お前は人間だ、心持ってんだろ。さっさと殺せよ、お前が大事に育てた蟻の巣は殺されるべきだ。お前は人間だ、だから、死を殺すな。なぜなら、お前は死を凌駕出来ないから、故に殺せない、だから、もう二度と何も殺さずに生きろ。そうすれば、殺さなくて済むから。そしたら、そしたら、お前は人間をやめられるし、そこには本当の死が待っているから。…本当だよ。本当の死。混じりけのない死だ。その死の心さえあれば。お前はなんにでもなれる。そうだろ。 と いいきかせるのは、だれ? 心の中にふりつもることばは うそ の、かたまりなのにふりつもることをかんじるのはなぜ と だれかせつめいしてください わかりやすく 難しい説明はいやだ なんでわかりにくいんだよのなかは と おもっても だいじょうぶ おまえがわかるひつようはいっさい どこにも ない どこか 違う場所でいきたところで なにかをしったところで しぬのだから きよらかにいきてしぬために ひとをあいする きみを あなたを ぼくを わたしを ほら きみの本能のために 紡がれた薔薇がさく しくまれたきれいがそこらじゅうにさいているぜ のうみそでおなにーしなよ そしてまた いつのまにかうまれかわり かわらないこころなんてものも たましいもない ひょうはくされたそのうえうえに 刻まれつづけた重恨があるのみ とおくきざまれた地平の隅で おれはまっているぞ と死神が笑う


作成日時 2018-07-14
コメント日時 2018-07-18

死神 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 1
P V 数 : 441.2
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/03/02現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:441.2
2021/03/02 17時21分35秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

死神 コメントセクション

コメント数(1)
かるべまさひろ
(2018-07-18)

僕は自分が思い浮かべた命も、存在として祈ったりすることがあるので、少し身近なテーマでした。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1