約束印の絆 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

約束印の絆    

雨を薄めて飲むことにした君は その一口を大切そうに僕に与えては たくさんのことを そこにこめて伝えようとする それを美味く救えない舌先は 容易く別のものを求めるけれど 唇が約束印で絆され 結わえられた 僕の口角は君の指先から滴るる なにか大切な何かを零しゆくのでありました ほら、白い色のシャツが透明度を上げてゆきます もう素肌がやがて見え透いて ついには心解けの水温に晒されて いつしかふたりとも声をなくしてしまわぬよう 幾億の子音と母音を消費して祈ります (:/るーかさいと) (:/るーかさいと、まーじなる) (:/えっせんれ) けれどそれが生まれずにいるものですから いつか詩と呼ばれたものを僕は口にして そうして不確かな残触が君の声を模って そおっと、ふるえて、たしかに、きえた (:/るーかさいと) (:/るーかさいと、まーじなる) もう二度と:/僕の温度で焼けてしまいませんように もう二度も:/君の温度で凍えませんように (:/えっせんれ) おんなじごはんを今夜は食べよう


作成日時 2017-03-06
コメント日時 2017-03-16

約束印の絆 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 608.0
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:608.0
2022/09/28 12時06分15秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

約束印の絆 コメントセクション

コメント数(10)
花緒
(2017-03-06)

投稿、有難うございます。分かりやすく読めます。官能的な文章ですが、清冽な印象もあります。真に人と人との通交が行われることがあるとするなら、それは、言葉によるものではないのかもしれない。言葉によって、言葉によって言い表せないものを言おうとする詩というジャンルは、本質的に矛盾を抱えているのかもしれず、突き詰めていくならば、るーかさいと、まーじなる、といった、まじないのようなものに近づいていくのかもしれませんね。 言い回しが直裁すぎるところが若干気になるのと、まじない部分の反復がちょとだけ多いような気もします。あともうすこしだけ、抑制する方法が見出されていたらもっとすごかったのに、という気もしますが、十分、まとまった作品だとも思います。

0
Yuu|坂岡ユウ
(2017-03-07)

読ませていただきました。独特の世界観に引き込まれて、読み終わった時にはその虜になってしまいました。作品全体の「不思議感」が好き。浦沢義雄さんという不条理コメディーを得意とする脚本家の描く世界観に少し似ているなって。次回作でどんな感じの世界を表現されるのか、とても楽しみです!

0
三浦果実
(2017-03-07)

どうやら最近、こちらの掲示板では、『女子(らしい人も含む)の作品には魔法が宿る』説が流行しているらしい。いや、ジェンダー差別ではなく、逆に云えば、魔法が宿る作品は、全て女の子らしいのである。 そこで、初登場、二個優さんの『約束印の絆』。ほら、読者の皆さん、これです。これ。 これを『魔法が宿る』というのですよ。 (:/るーかさいと) (:/るーかさいと、まーじなる) もう、これ以上は紹介しません。解けない魔法にかかってしまってください。 二個優さん、初投稿有難う御座います。

0
まりも
(2017-03-09)

言葉の粒立ち感がある、というのか・・・とととと・・・と散らばって、一定のスピードで進んでいくような感覚が面白いと思いました。 雨を薄めて飲む君、という状況描写ではなく、~することにした君、と、人格描写でもあり、今後の意思というのか、生き方を規定していくような人物造形描写である、という立ち上がり方、とか・・・ 舌先、と聞くと動物の湿潤な感覚を想うのですが、この作品を読むと、なぜか多肉植物のような、植物的な感覚を受けました。 約束印で絆され とか 心解けの水温 というような、造語というのか、独特の(通常の用例とは異なる)用法が、アクセントになっているところが面白い。 全体に一定のスピードで進行していく、その安定感に惹かれる一方で・・・もう少し緩急があってもよいのかな、と感じました。

0
もとこ
(2017-03-09)

「雨を薄めて飲む」という出だしから素敵です。美少女の指先から滴る希釈された雨水を口に受けながら、「大切な何か」を零してしまう語り手。第三連も含めて実にエロティックです。「るーかさいと」「まーじなる」「えっせんれ」という不思議な祈りの言葉たち。「るーかさいと」で「ギルティクラウン」、「まーじなる」で萩尾望都を連想してしまいましたが、おそらく関係はないでしょう。 後半は不思議な祈りの言葉と、その翻訳のようにも思えます。全体を貫く透明で優しいイメージ。舌先で心地よさを味わうような詩です。

0
百均
(2017-03-11)

不思議な感覚に陥る詩で、容易くレスできない、ちょっとした凄みがある詩だなぁと思いました。これは、、、すごいなぁ、、、舌を巻く詩だなぁ… 最初抱いた印象としては文章が上手いというよりは、文章の使い方が上手いという感じです。言っている事、イメージが伝わりそうで伝わらない、という所に >ほら、白い色のシャツが透明度を上げてゆきます こういった「ですます調」の呼びかけを挟む事で空気を入れ替えていく。ここが一番ぞわっとした。最後の >おんなじごはんを今夜は食べよう このオチも絶品だ。と言いつつ、結局の所この詩がどういう所に行き着こうとしているのか、については胡乱なまま読了してしまう。という事は僕はきっとこの作品を再読するんだろう。独特の肌さわりを持つ語の感触組み合わせが、一見読者を突き放しているようだけれども、詩文に挿入される「詩」という言葉と呪文がそれをしっかりとつなぎとめている、つまり、「約束印の絆」であり、 >雨を薄めて飲むことにした君は >その一口を大切そうに僕に与えては >たくさんのことを >そこにこめて伝えようとする > >それを美味く救えない舌先は >容易く別のものを求めるけれど >唇が約束印で絆され >結わえられた >僕の口角は君の指先から滴るる >なにか大切な何かを零しゆくのでありました 冒頭の二連で逃げ道を封鎖されたかのような感じだ。その封鎖された感じも窮屈かというとそうでもない。ああ、僕はこの詩が好きなんだなぁと思わされました。確かにこれは魔法でありましょう。

0
二個優
(2017-03-14)

□ 花緒さん 感想ありがとうございます。官能的と言われて意外でしたが、「分かりやすく読める」との評は狙い通りでホッとしています。 最近の私のテーマが「分かりやすく読める」という詩の方向性を模索しています。 ただ他者にとって解読可能性を保持しながら、直裁過ぎずないことのバランスがとても難しく、おもしろいところで挑戦中です(もっと傲慢な表現を用いるならば「ポエム化せず、現代詩に汚されない範囲」とでもいいましょうか)。 まじない部分の反復はやはり多く感じられましたか。 最後まで迷った部分でもあり、これでよしと判断しつつも、推敲の甘さが現れたのだと思います(だって早くビレビュで遊んでみたかったんだもん!)。 □ YUU_PSYCHEDELIC YUU_PSYCHEDELICさん こちらでは初めましてになりますね。感想を頂戴して嬉しいです。 YUUさんが感じられた独特な世界観や不思議な感じに触れてみたくて、脚本家の方を調べてみました。 感想は…「本当に、この想いはじける高校生は何歳なんだ!」と改めてYUUさんのバックボーンの領域の広さに驚きました。その吸収力が羨ましい限りです。 □ 三浦果実 果実さん!(と呼んでよろしいのでしょうか)。 女の子は誰でも魔法が使える。 『魔法が宿る』とは本当に、美味しいコメントをされていて。まるで詩に帯をつけて煽り文を飾っていただいた気持ちになります。 まさに、詩をキュレーションするというコンセプトにピッタリ! 装丁や帯が果たす役割は本の内容と同等かそれ以上か。 書き手ばかりが増えて、誰も読まなくなった詩というものを拡げてくれる魔法を果実さんには期待しちゃいます。 ちなみに僕は女の子ではないのですが、果実さんはどうなのでしょうね。

0
白犬
(2017-03-14)

とても優しい詩という印象です。ただ優しいだけでなく、穏やかな中にも確かな足取り、曇りのない視点の強さが秘められている気がします。心惹かれます。 情景がとても綺麗。すごく素敵な女の子のような詩だと思いました。なんだか、泉まくらを連想しました。

0
なかたつ
(2017-03-14)

 君のことを理解できていないでいる僕は、君を理解できないのか、それとも、理解していようとしていないのか。というのも、「たくさんのこと」が「たくさんのこと」と一括りにされてしまっていることから、先ずそのようなことを考えました。この「たくさんのこと」は様々な要素から成り立っているはずであり、君にとってはその一つ一つがきっと意味のあるものだと思うのですが、僕にとってはそれが「たくさんのこと」でしかなく、解きほぐそうとしていない。だから「美味く救えない」のだけれど、「容易く別のものを求める」のは、きっと君のことを理解できないのではなく、理解していようとしていない、もしくは、理解から逃げているように思えます。  ただ、君はひたすら僕もしくは僕の何かを求めている。「なにか大切な何かを零しゆく」のは、自然な現象ではなく、君の動作によって「零れさせられている」のではないでしょうか。ただ、ここでも「なにか大切な何か」と、僕から零れているはずのその何かの正体を僕ですら理解していない。  この詩は、「意味づけ」が鍵となっているように思えます。というのも、「たくさんのこと」や「大切な何か」もそうなのですが、きっと意味づけされていないから括弧内の言葉がひらがなになっているのでしょう。ただ、意味づけされていなくても、何となく口ずさみたくなるような言葉は確かに存在するような気がします。ただ、これらのひらがなは、実際には口に出されていない言葉なのでしょう。「けれどそれが生まれずにいるものですから」ね。  僕と君は付かず離れずいるのでしょうが、「唇が約束印で絆され」ています。この言葉はタイトルであり、作品の中盤にも何気なく用いられていますが、実は最終行にかかっているのだと思えます。「おんなじごはんを今夜は食べよう」というのは、付かず離れずいる僕と君との約束だとも言えるのではないでしょうか。  この僕と君とに限らず、誰かと誰かはわかりあいたくてもわかりあえないということは日常茶飯事です。ただ、その繋がりを担保にしてくれるのが、きっと約束するという行為なのでしょう。約束が二人を結び付ける。

0
二個優
(2017-03-16)

書き手が全てを、その一言一句一行に至るまで理解して詩を書く必要はないと思うので、 頂いた感想を絡めて再び自分の書いたものを眺めていました。 作品の解釈や感じ方、どんな額縁を選ぶのかは読み手にあるので、 書き手である僕の以下の文章はあくまで、その行為を損ねないものであってほしいと祈ります。 □ まりも さん 雨を薄めて飲むことにした君、の行為はまさに突然の意思表示であり、生き方の宣言です。 それはある種、現実社会からの減速であり、メインストリームからの離脱であるとしたら、それに直面しながら、僕は君とどう生き行くのか、の構図が浮かびます。 まりもさんが「動物の舌先」ではなく「植物的な感覚」を受けたという視点は、私にとっては目から鱗でありました。 なぜなら、冒頭の僕は、動物のように能動的に水をすくいとる姿勢ではなく、 コントロールできない天からの恵みを待ち、一方的に生かされている状態の植物のようだからです。 どうすることも出来ず、その身を広げて一心に、君から与えられる何かを受け止めようとしている。 けど上手くいかない。心が解けてしまいそうになる、だけど…と揺れる僕の姿を見る事ができました。 造語や用法を面白いと言って頂いて素直に嬉しいです。 読みやすさがポピラリティだとするならば、それとオリジナリティを両立させる工夫の1つがこうしたことだと思います。 もっと緩急をつけたドラマティックな作品にも励んでみたいです! この詩に出てくる二人はまだまだゆっくりと、一定の速度でしか進めない時期なのかも、との気づきも頂きました。 感想ほんとにありがとうございました! □ もとこ さん エロティックで透明で優しい。花緒さんにも官能的で清冽と言っていただきました。 美少女(美少年)の指先から滴る雨水を受ける僕(私)、それが広がりシャツを薄めていくというのは、ビジュアル的に絵になり、ちょっとえっちぃですね。 確かに。書いてるときは意図していませんでした。 作品の出だしは、シンボルでありその作品の顔でもあると思うので、素敵といっていただき、ふふっと嬉しくなりました。 ちなみに「るーかさいと」はギルティクラウンのwikiを調べていた時に掴んだ言葉でした(ギルティクラウンみたことないんですけどね…)。 指摘されてドキッとしました。思わず後ろを振り返りました。誰もいなくてホッとしました。 萩尾望都さんの「マージナル」は存じ上げなかったのですが、調べると、これまたヒィッと震えました。 通奏低音のさらに奥深くともいいましょうか。そういう所に忍ばせていた何かを読み取られた!とでもいいましょうか。 もとこさん何者ですか。 □ hyakkinn さん ステキなお名前ですよね。hyakkinnって。字面も音の響きも綺麗なのに、百円均一をイメージさせる所がなんとも洒脱といいましょうか。 秀逸な詩集タイトル大賞みたいなのがありましたが、ビレビュのユーザーネーム大賞とかどうでしょう。 >おんなじごはんを今夜は食べよう オチをどうするかには悩みました。この方向性の内容にしようと決めてからも、漢字にするか、カタカナにするか、言葉を挿入するのか、どうするのか迷いました。 おなじ、ではなく、おんなじ、がミソかと勝手に納得して落ち着きました次第です。 >>結局の所この詩がどういう所に行き着こうとしているのか、については胡乱なまま読了してしまう。 きっとそれは、この詩に出てくる二人が、どうしていくのか、まだ明確な方向性を持っていないからだと思いました。 まりも さんへのレスでも書きましたが、今はまだ方向性や進むべき速度をもっていないのだと思います。 なんとかして、「いまここ」を共有する、一緒におんなじご飯を食べようと僕が言って終える。 君がしたように、僕も意思表示をして、さあ、どうなるか。といったところなのかなあ。 作者自身ぼんやりで明確なものを持ち合わせていません。 こうした「ぼんやりさ」が他者に受け入れてもらえる「余白」だとしたら、この詩が好きだとhyakkinn さんに言ってもらえてよかったなあ、と思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1