晩夏些事 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

晩夏些事    

  資本崇拝 いつはりの御子いつはりの聖母より滴せる卵黄の涙を享くるも 敗れて円錐をなせる鉄釘の群像未来なき懐古に暮るるのみ 観測塔 燐寸箱・麗しき放火魔の襯衣・燃ゆる落雹・ナザレの官吏 腐敗政府群衆腐敗ひとといふ暴力の容にてやぶられたるままの公報紙 困窮に価せる花序の名などなく香水壜底に沈みたる蟻の足にも 花束に白き翳その黒き照明 秋霜まで未だしばらくをふるへあれ 罪滅ぼしに能ふ慈善独裁家にのみ猶予をあがなへる牧夫、その牧羊へ 資本崇拝 乏しきひとへ罰の如降り漱ぐ鹹湖の塩のはなことばばかり   確実と宥め 意志は時にみづからを穢すとも狂乱と虐殺の皇太子妃へと贈る捕囚手記  愛国の主格とはたれ嫡男が組する暴動よりあらたしき断頭台 葉月薔薇師走向日葵闘争の果遂には敗れて燃すわれらが櫓を 歴史剥奪の酷夏にあてもなかりせばくくる柑橘の花そのすみわたれる白紙色 散文の鏤刻めきて綺羅為す夕べ陶酔のまま死にゆかむさこそ愚かしく 呪はしき救世軍鑓穂の渦鬩ぐとも 寒々しきシベリアへ詞華をこそ告ぐ  略奪には略奪を 日の移り変はるとも進化無き道化師とひとは問ふなり いみじくも祖国解体に立ち会はば歴史てふ戯曲への鎮魂を   晩夏些事 遠雷と冬の砂降り已まず つねひがな水歿の町に殉ずるも   妥協を知り初めて悔し惨敗の海潮にて聴音機をたづさへきたるは 貴様ならざり 議会告発やがて詳らかとなるものは墨染の誓約書等を祀りぬ 一撃の憎しみ一滴の悲しみ正義はた悪意とはかの緘口令の街へのことづて たれかの死を悦ぶも歎くともなし実存の死さへ蜉蝣と違はなば 口に苦き喩へ桂樹にむすぼほる白花夥多しずやかにゆるぶべし 梔子のみかまびすしきを枯庭にしらざるもののいのりてをりぬ 民族とは 緞帳へなだる葉櫻はいとけなきゆりかご 鐘の音  

scroll


作成日時 2022-08-09
コメント日時 2022-08-31

晩夏些事 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 835.1
お気に入り数: 0
投票数   : 7
ポイント数 : 6
#縦書き #受賞作 #受賞作
項目全期間(2022/12/01現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧33
音韻00
構成00
総合ポイント66
 平均値  中央値 
叙情性33
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧33
音韻00
構成00
総合66
閲覧指数:835.1
2022/12/01 04時49分00秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

晩夏些事 コメントセクション

コメント数(4)
アポロン
アポロン
作品へ
(2022-08-09)

洗練された言葉の数々が詩的ですね!

1
鷹枕可
アポロンさんへ
(2022-08-10)

ご閲覧を賜り、允に嬉しく存じます。 無駄に書き慣れているのみの、小手先の技術ばかりでございまして。 詩情、うたごころは皆無であるとも存じます。

1
よんじゅう
よんじゅう
作品へ
(2022-08-31)

あのさ、名前はなんて読むの?覚えておいて損はないじゃん?

0
エイクピア
作品へ
(2022-09-09)

文語調、荘重調。国家の解体的な夢は、吉本的には幻想なのかもしれませんが、夢想は花を持つと思いました。それこそちょっと前の時代の、議会停会(戦争前や戦争中)、ベルリン空輸(これは戦後か)すら思い浮かび、果ては日本の皇室制度への軽いジャブ。キリスト教から始まって、資本崇拝の展開は、マックスウェーバーやその著作、「確実と宥め」では国家ではなくて、酷夏。暗殺事件を契機に、無秩序状態が招来したともとれそうです。「晩夏些事」は鎮魂、哀悼の変形であろうか、非常事態宣言的なものが、コロナ以外の文脈で出て居る様な。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3