空想のバナナ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

空想のバナナ    

 放っておいたバナナは  三十三度の真夏日に  真っ黒な皮だけを残して  透明な液体となっていて  いつもよりも、耽美的な甘い匂いが  薄暗い台所に染みついて消えない  食べごろを過ぎた方がおいしそうなら  全て腐らせてしまって  それで  おいしそう、の幻想を  もうずっと極限まで高めたい  だって  食べられなかったバナナのことは  いつまでも忘れられないから  そうして  現実では決して得られはしない  想像上のバナナのおいしそうを  永遠に、味わっていたい


作成日時 2017-11-12
コメント日時 2017-12-08

空想のバナナ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 553.0
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/01/17現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:553.0
2022/01/17 03時37分59秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

空想のバナナ コメントセクション

コメント数(13)
花緒
(2017-11-13)

前作あたりから、なんと言うか、作品の面白さや技巧レベルがワンランク上昇されたというような印象を受けています。評価っぽい不遜なコメントで大変恐縮なのですが、それ以外、言い方が思い浮かばない。本作、楽しく拝読しました。いいと思いました。読む人間のことも視野に入れつつ、読まれうる作品を編まれているという印象を受けています。

0
m.tasaki
(2017-11-13)

kikunaeさま 初めまして。 人生をバナナに象徴して、その本質をついたような、不思議な魅力を感じます。 その一方で、極限まで高めた幻想に溺れてしまう恐怖も窺わせます。

0
kikunae
(2017-11-14)

花緒さま コメントありがとうございます。楽しく読んでいただけてうれしいです。 前回と今回のものは割と最近に書いたものだったので、それまでに指摘されて改善した部分がきちんとなっていたようでよかったです。

0
kikunae
(2017-11-14)

m.tasakiさま はじめまして、コメントありがとうございます。 8月に油断していたらバナナの液状化にあい途方にくれた日も、思い出せば困惑しつつも強烈に甘い香りを放つバナナに魅惑されました。

0
杜 琴乃
(2017-11-15)

はじめまして。私もバナナを真っ黒にして実をほとんど液化状態にさせたことがあります。というか最後の一本は食べ頃をいつも逃してしまっているような…。案外、皮は頑丈で形を保っているのですよね。その皮に包まれた実はまさに幻想のおいしそう。実際に食べるのはおろか、剥くのも恐ろしい。 バナナというとどこか幼くまた庶民的なモチーフのイメージを持っているのですが、そこにものすごい幻想の広がりを感じました。おいしそうと想像している間はとても幸せな気分になれる、でも実際のそれはすでに腐っている。はたまた美味しくなるまで待っていたつもりが結果腐らせてしまったのか。とても面白かったです!(纏まりが悪い感想ですみません。)

0
AB
(2017-11-16)

バナナは何に置き換えようか、楽しんでいたら、上のコメントで、人生と、さらっと素晴らしい答えが、参りました。

0
kikunae
(2017-11-16)

cotonoさま はじめまして、コメントありがとうございます。 バナナの液状化現象、初めて見たときは驚きますよね……私もいつも最後の方は黒くなって慌てて食べます。自分の伝えたかったイメージが伝わっててうれしいです。

0
kikunae
(2017-11-16)

仲程さま コメントありがとうございます。 私もバナナのことだけ考えて詩を書いたので、人生と重ねられるのか、とコメントを見て新たな発見を得ました。

0
湯煙
(2017-11-17)

腐りかけの頃が一番食べ頃らしいとは果物などでよく言われていたりしますね。甘味が増すといいますか。実際そのようですが。腐ってしまい更に液状化を果たした、そうしたものに耽美を嗅ぎとり引き付けられる。そうした働き、志向はなんだろう?と、そんなことを思いました。 ─いつまでも忘れられないから─で終えても良さそうですが、─そうして─以降が綴られているのが気になりました。・現実・という言葉が唐突に挿入されているのも逆に引っ掛かりを感じさせるようです。バナナというものそのものについて空想するのもありですが、他にいろいろ置き換えてという、なんてこともできそうで短いですがバナナのもつ魅力が擬縮したような作品と感じました。

0
湯煙
(2017-11-17)

先のコメント訂正します。 ・擬縮→凝縮 でした。失礼しました。

0
新染因循
(2017-11-18)

はじめまして。見えるものは虚構である、という印象を受けました。わたしたちの瞳から内部に取り込んだと感じているものが実は単なる虚構である……ということを、身近にあるバナナが象徴している、そんな凝縮された作品であるとかんじました。

0
るるりら
(2017-11-23)

はじめまして。 たしかに 耽美的です。甘い背徳感が むせかえるようです。 食べられなかったバナナのことは いつまでも忘れられないものだと判明しました。 一読者の 私のバナナの記憶も よび覚まされたからです。 おもわず この詩を拝読して、バナナを購入してきました。それも 皮に黒い変色部分がなるべく多いものをセレクトしての購入です。 くやしいです。わたしのバナナは、この詩の想像上のバナナのおいしそうには かわなかった。 くやしいから 針でバナナの皮に文字を書いてやろうとしました。 バナナの皮に傷をいれたら黒く変色して文字が浮き出るはず。せめて 私の言葉で短文詩でも バナナに書いてやりたかった。 なんも うかびませんでした。 くやしいです。わたしの脳は この詩に 勝てません。 腐りそうです。しかし食べごろを過ぎた方がおいしそうなら 人生の熟しかたも おいしそうな熟し方があるのかもしれないので、わたしは腐らないです。 腐らないでいて、永遠の おいしそう、に、 わたしは成りたい!

0
百均
(2017-12-08)

ああ、すげー好きですね。あんまり言葉にしたくないなぁ…耽美的みたいな感じな言葉は僕はあんまり好きじゃ無いです。それは、僕はバナナを腐らせた事がないからです。味わった事のない体験を僕は文章によって体感したいと思うからです。ですが、本作に限って言えば、 >おいしそう、の幻想を >もうずっと極限まで高めたい ここがすごいですね。こういう感触を文章で感じた事がないなぁ。僕は漫画とかアニメとか結構見るんですが、おいしそうなご飯って本当に読んだことがない。綺麗な物とか作ってみたいものとか、あるいは、おいしそうに描かれた料理を食べる人間の表情によっておいしそうと思うことはあっても。本作は読んでて、凄く甘い香りがしました。でもそれは僕が嗅いだ事のある究極的な甘い香りを思い出した訳で、本作に描かれているバナナの香りではない訳です。 耽美的な甘い匂いは語り手しか知っていないという独占感ですよね。この高級な言い方が本当にここではずるいんですよね。しかもそういう読み手を無視して語り手は >だって >食べられなかったバナナのことは >いつまでも忘れられないから >そうして >現実では決して得られはしない >想像上のバナナのおいしそうを >永遠に、味わっていたい 匂いの夢想に浸っている訳で、僕はこの光景を見せつけられているのか、覗いているのか、側に突っ立って見ただけなのか分からない置き去りにされた形になっている感じ。印象的なバナナのシーンから引きずり込まされて、置き去りにされるこの感じたまんないですね。正直白旗です。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1