魔的聞き合わせ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち 久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち 久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち 久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち 久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち 久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

魔的聞き合わせ    

幻想嫌いの俺たちも 「回想」という魔物がやって来るのを退けられない 古くからいるらしいその魔物は 俺たちの心臓に片足を突っ込み 話し出す 魔物がそこにいて話しているあいだ 俺たちは身動きできず 黙って聞いていなくてはならない 俺たちは決して目覚めることができず 起き上がろうとしても動けず 魔物が話し終えるまで苦しみながら聞かねばならない 魔物は何を語るか 一つ、かなわなかった甘美な希望 二つ、永遠に尽きない愛慕 三つ、償えない失敗 魔物が話し終えた瞬間俺たちは解かれて 地面を転がりやっとのことで立ち上がる 魔物の姿はもうない 魔物は俺たちに 自分の名前を伝える隙すらくれなかったように思えるが 呻きのうちに俺たちは何かをしゃべらされたに違いないのだ! 醜陋な聞き合わせはやめてくれ! 俺たちの結婚にまとわりつくな! そもそも自分について自分に聞き合わせるとは! 砂と傷が膝と肘についている それが魔物が確かにいたという証拠 今や静かな見慣れた風景 俺たちが溺れたばかりの無秩序は 疾く飛び去り 追う術もなく 二度と取り返せない

scroll


作成日時 2021-11-20
コメント日時 2021-11-27

魔的聞き合わせ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 726.7
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/05/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:726.7
2022/05/21 01時46分55秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

魔的聞き合わせ コメントセクション

コメント数(4)
ْ
作品へ
(2021-11-26)

不意に前々から予定されていたかの様に魔物はやって来て、混乱させ、淡い希望を打ち砕き、最悪な想像だけを残して去っていきました。お前はこういう奴なんだって恐ろしい事ばかり言って、もう解決の言葉はどこにも無いのに、弁解の言葉ばかりが出てきます。魔物とは戦う事すらもう出来ない様になっていて。自分の内に潜む物は何より怖いですね。 すみません。蒼ざめるほど共感しました。

1
yasu.na
ْさんへ
(2021-11-27)

 お読みくださりありがとうございます。  本当に、夢ってやつは何をやらかすか分からないものです。甘美な夢も恐ろしい。魔物です。  その魔物は元をただせば自分の心であるわけでしょうけれど、自分の心の奥底まで容赦なく抉ってくるものです。夜昼問わず。私はたぶん普通より過去にとらわれやすいのだと思ったりもします。いろいろ覚えていて、忘れるということがないのです。皆、そうなのかなぁ。

1
藤 一紀
作品へ
(2021-11-27)

>魔物がそこにいて話しているあいだ >俺たちは身動きできず >黙って聞いていなくてはならない >俺たちは決して目覚めることができず >起き上がろうとしても動けず >魔物が話し終えるまで苦しみながら聞かねばならない というからには「俺たち」は寝転がっていて金縛り状態にあると読めるのだけど、まあ、回想というものが現在の意識の外から侵入すると考えても、寝転がる必然性はないように思います。 それから「聞き合わせ」である以上、こちら側(俺たち)からの働きかけが先であって、語るのが「魔物」だとしても呼ばれもしないのに語るというのは論理が破綻しているんじゃないでしょうか。 まあ、それは置くとしても随分古風な語り口で戸惑いました。しかし和訳された西洋「近代詩」の3軍選手みたいなおもしろさがある作品です。

1
yasu.na
藤 一紀さんへ
(2021-11-27)

 お読みくださりありがとうございます。  これを書いている時は一生懸命でした。怠けた気もしなかったので発表したわけですが、その後、自分で読んで、新しくも上手くもないとは思ったところです。主客同体でありながら分離して話を交わすというのはどこかで読んだような気がします。  制作にあたってはいろんな思いが交じり合って頭が乱れていて、なんとか一作にまとめたという感覚が残っています。用いた単語はさまざまですが、首尾一貫性がないものが出来上がったのはそのせいだと思います。たとえば、中盤、一つ、二つ、三つと数えあげていながら、最後に「無秩序」と言ってしまっているところなんかは破綻です。  それから語り口ですが、私も多くの人たちのように西洋の近代詩などの古い和訳を好んで読んでいた時期があるので、それらに似たのだと思います。模倣したわけではありませんが、こんな語り口になってしまいました。頭のどこかに染みついているのだと思います。  御批評ありがたく思います。言ってくださらなければ、私はまた、同じようなものを書くことになったことでしょう。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2