土曜の夜にリンゴを買う - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

無題

ゼンメツ

伝説

三浦果実

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

土曜の夜にリンゴを買う    

こんな夜には リンゴを食べなくちゃいけないと 買い物に行く 地に足をつけて歩くと 気持ちがいい 帰り道 リンゴをひとつだけ買ったから リンゴひとつ分おもたい しずかな夜 こんなものを持っているのは 何だか可笑しい まだ七時なのにもう暗い 道端に犬がちょこんとすわっていて けれど吠えない 街灯のあかり 月がたったひとつ 息がすこし白くなって わたしは誰かの名を呼んだ

scroll


作成日時 2021-10-24
コメント日時 2021-11-22

土曜の夜にリンゴを買う ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 17
P V 数 : 1597.0
お気に入り数: 3
投票数   : 11
ポイント数 : 29
#現代詩 #縦書き #受賞作
項目全期間(2021/12/02現在)投稿後10日間
叙情性87
前衛性00
可読性1111
エンタメ00
技巧55
音韻22
構成33
総合ポイント2928
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性2.81.5
 エンタメ00
技巧1.30
音韻0.50
構成0.80.5
総合7.34
閲覧指数:1597.0
2021/12/02 09時30分45秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

土曜の夜にリンゴを買う コメントセクション

コメント数(17)
湯煙
作品へ
(2021-10-25)

>こんな夜には  リンゴを食べなければとリンゴを買いに行く土曜の夜についての作品と思いました。  >帰り道  しずかな夜に重量感のあるリンゴを手にしているこを可笑しいと語る語り手の存在について思いました。 >誰かの名を呼んだ  リンゴを片手に帰路につきながら外界へと向けられていく意識の風景と白い息から誰かの名へとつながっていく流れと読みました。 檸檬を買う人やリンゴを買う人もいるようです。事象の変化について語られる三連の始まりが印象に残りました。

3
湯煙
作品へ
(2021-10-25)

先のコメントを訂正します リンゴを手にしているこを→リンゴを手にしていることを です。失礼しました。

1
まさ
まさ
作品へ
(2021-10-25)

「こんな夜には リンゴを食べなくちゃいけない」 恐らく、本当は食べなくちゃいけない理由なんてなくて、 なにかを埋めるための代替行為なのかな、と思いました。 犬ですら遠吠えしない夜、 りんご1個分の重さを携えた体から漏れだしたもの、 白い息となって漏れ出したもののことを、 なんども読み返して、想像しては、 さびしい気持ちが湧き上がってきました。

1
真清水るる
作品へ
(2021-10-25)

りんごには 寒気が にあうなあ。と、おもいました。 凛と ひとつある林檎に、呼ばれたきがしています。良い香りまで しているきがします。

1
yatuka
yatuka
作品へ
(2021-10-25)

何故か突然こうしなければいけない、と、 脈絡のない行動をしてしまうことを物凄く恐れている身としては、羨ましい光景です。 生きていることは詩ですね。私もそんな風になりたい。

1
武田地球
湯煙さんへ
(2021-10-26)

>>事象の変化について語られる三連の始まりが印象に残りました。 わたしも三連がすきなので、とてもうれしいです。目の前の瞬間を見逃さずに生きて、言葉にしていきたいです。 読んで頂いてありがとうございます。批評文もありがとうございます。

1
武田地球
まささんへ
(2021-10-26)

>>犬ですら遠吠えしない夜、 りんご1個分の重さを携えた体から漏れだしたもの、 頂いた感想は、ねむれない夜に読み返したいと思います。 わたしはあかい色がすきで、リンゴもあかいからとてもすきです。 詩をよんでくださって、ありがとうございます。うれしかったです。

0
武田地球
真清水るるさんへ
(2021-10-26)

わたしは、凛とひとつあるリンゴになりたかったのかもしれません。るるさんの感想を読んで、そんなことを思いました。 寒空の下、凛とひとつあるリンゴのように生きていきたいです。 読んでくださってありがとうございました。

0
武田地球
yatukaさんへ
(2021-10-26)

>>生きていることは詩。 やっぱりわたしはいつも、こんな風に生きていたいです。生きていること、それ自体が詩そのものになりたいです。 じぶんから湧き上がる感情に向き合い続けたいです。 とてもうれしいことばをありがとうございます。またがんばって詩を書いたり、生きたりします。

0
よんじゅう
よんじゅう
作品へ
(2021-10-27)

誰にでも持てそうな額縁に多くの色を用意して、いったいなにを描こうとしているものなのだろうか?ぼく、ボケたりんごは食べないので。ぼくはこの投稿作品満足できませんでした。ひとつ、たったひとつ、だれかの名、とてもボケた味しか想像できませんでした。

0
武田地球
よんじゅうさんへ
(2021-10-28)

読んでくださってありがとうございます。 わたしは詩を書くのがすきなのでよく書いているのですが、こうして投稿するのはとても緊張しますし、貴重な経験に思います。いまもむかしも、なかなかうまく書けませんが、いろいろな感想もらえること、とてもたのしいです。またがんばって書きます。 そういえば、わたしはボケたリンゴにはボケたなりのよさ、すばらしさがあるとおもいます。こんどはそういう詩を書いてみたいと思いました。

1
藤 一紀
作品へ
(2021-10-28)

地球さん、こんにちは。 一連では「こんな夜」という出だしの唐突さに呆気にとられましたが、ここには語り手が「こんな夜」という夜に〈遭遇し〉、「リンゴを食べなくちゃいけない」と強く〈思い立ち〉(「食べなくちゃいけない」という言葉には、“have to”ではなく“must”の強烈な意志があります)、買い物に行き〈行動〉、「地に足をつけて歩くと気持ちがいい」と〈外部に触れることに気持ちよさを感じる〉という、遭遇から気持ちよさを感じるまでの一連の変化があります。 (二連) 買ったリンゴは「ひとつだけ」。ひとつだけということはひとつで足りたということだと考えると、語り手は「リンゴ」を食べたかったが、量ではなく「リンゴというもの」を食べたかったのだと言えます。 語り手にとって「リンゴ」がどれほどの意味や価値をもつのかはわかりませんが「こんな夜」に「食べなくちゃいけない」と思い立ち、行動に移したにもかかわらずたくさんではなく「ひとつだけ」ということはおそらく、自分にとっての「リンゴというもの」の大切さを知っているということでしょう。だから「ひとつだけ」買ったのであり、「ひとつ分おもたい」というひとつ分の重さを感じることができる。 そのひとつ分の重さは、例えば谷川俊太郎の『おべんとうの歌』にある「手の中の一個のおにぎりは地球のように重い」と同等のものなのかどうかはわからないけれども、語り手にとっては十分意味をもった重さで、そのリンゴの重みをひしひしと感じながら、どこかで浮き浮きしているかもしれません。 我に返れば静かな夜で、「こんなものを持っているのはなんだか可笑しい」という気持ちになってしまう。ここでの「こんなもの」とは「リンゴ」です。けれども、(先ほどまでの)語り手にとって意味をもっている「リンゴ」ではなく、何の変哲もない、どこにでもあるただのリンゴ、もっといえばたかがリンゴです。それは世間一般の目から見た場合それ以上でも以下でもないし、そのようなリンゴひとつ持って歩くなどめったにない。ましてや語り手のように「リンゴひとつ分の重み」を感じながら歩くなどということはなおさらないもの。つまり「こんなもの」には「リンゴというもの」に対して特別には意味も価値も感じない多くの人々と同じ見方の反映があり、それは語り手が自分自身を客観視していることを示しています。 ほとんど多くの人々にとっては特別には価値も意味も感じられない──したがって「ひとつ分の重みを感じること」もない──〈ただのリンゴ〉。けれども自分はその重みを実感しながら歩いていて、そのことが「可笑しく」感じられるのです。ここにちょっとした余裕と視野の広がりが生まれます。それは同時にそんな自分を愛おしく思えた瞬間でもなかったでしょうか。 世間一般にとってはさほど大きな意味も価値ももたないと思われていることを知りながら、しかし自分にとってはそれはやはり重要なのだと対社会との関係のなかで自覚するありようは潔く、愛するに足ると言えます。 三連 「道端」「犬」「街灯(のあかり)」「月」「息(の白さ)」。一、二連と異なり名詞が多く登場するのは、二連において視界が開かれたことに関係して、それまで映らなかったことが目に入ってきたと考えることができます。 「犬」が「吠えない」こと、「街灯」と「月」は夜の暗さと静けさを浮かびあがらせ、さらに「道端」(低いところ)から「月」(高いところ)へと順を追う視線の動きも見てとれます。その視線は、ここにいない「誰か」へと繋がるように向かっていくのでしょう。 「名を呼んだ」のだから「わたし」がその相手を知らないということはまず考えられません。名を呼べる以上「わたし」はその相手を知っています。その相手が語り手にとって何者であるかは隠されていますが、冒頭から「リンゴ」の自分にとっての重要さを語り、対社会的にも誰にとっても特別でなくとも自分には価値や意味があるのだと再確認した夜であるからには、思い浮かべられた「誰か」はやはり「わたし」にとって「大切な誰か」であるでしょう。例えば手にしたリンゴを分け合いたいような。 以上、「こんな夜には」というのっけから虚をつくような出だしで戸惑い、なぜ「リンゴ」なのかという必然性についても語られず、最後に「誰か」とするところにも疑問を感じましたが、言葉のなかでさまざまな変化が感じられ、自分のあり方に対して向けられた潔く澄んだ眼差しが他者へ繋がっていくという開かれかたにとても感銘を受けました。 なんて、こんな読みと鑑賞を長々とつづけましたが、声にだして読む作品として単純に楽しめる作品ですね。 なんてったってA音(12,15,21)、I音(14,12,24)、O音(12,14,15)がメインで構成されていて(U,Eはともに一桁)、子音はK,T,N(そのうち「ん」は7回)がメインになっています。出だしは馴染みのある七音で、以上のように音にも気が配られているように思いました。よき。

2
コーリャ
作品へ
(2021-10-28)

りんごはさみしい味がする。噛むとシャリシャリひんやりする。そしてほんのり甘い。りんごは秋から冬にかけての果物だ。夏が終わって。秋をまたいで冬がくる。宇宙が動いていて、ひとは生きてる限りそれを感じざるをえない。 美味しいりんごの選び方にはコツがある。白い斑点が細かくたくさんついてるのを見つけるといいのだ。なるべく宇宙が表現されている、満天の星空してるりんごはいちばん甘い。 りんごは知恵の実だというお話がある。なにかをどうしようと思うのは知恵、で企図されることである。りんごは落ちてくるのになんでお月さまは落ちてこないか、ニュートンという昔のひとはそんなことを考えたという。それから長い時代を経てみんなかしこくなった。それともなにも変わらないのか。 かなしみやさみしみがどう計量されよう。なにもかもがはかられてデジタルな世の中。例えばりんごを手にもってみよう。そうすればそれだけの重みがある。もし自分が天秤だとしたら、それだけの重みが自分の重みなんだろうか。 ps. Twitterがなくなっちゃってぼかあ悲しいですよ地球さんまあきっとそのほうがいいのかもしれないですけどほほ しかしその勢いでクヮンさんとお話することになってたいへんたのしかったです

1
湯煙
武田地球さんへ
(2021-10-28)

少し追記しますと。 >こんな夜には 唐突に置かれた作品冒頭のこの詩文から、B.Dylanの同タイトルの歌が想起され、興味を持ち読み進めてみた次第です。  武田さんがディランの歌を知っていたのかはわかりませんが、なにを伝えようとしているのだろうか?と、武田さんのこの作品やあらためてディランの歌にも強く関心を呼ばれました。

2
武田地球
作品へ
(2021-10-30)

藤さん、コーリャさん、湯煙さん すばらしい鑑賞、ありがたくとてもうれしいことばたち、心の底から感謝をし、繰り返しよみました、必ずわすれません、わたしは詩を書くのがだいすきです、今日は空がとても高かったです、よい日々を、祝福がありますように

2
エイクピア
作品へ
(2021-11-10)

「誰かの名」と言うのはもしかしたら神の聖名(みな)だったのかもしれません。

0
北川 聖
北川 聖
作品へ
(2021-11-22)

こんにちは。一番初めに思ったのは井上陽水の氷の世界です。窓の外ではリンゴ売り 声をからしてリンゴ売り きっと誰かがふざけてリンゴ売りのまねをしているだけなんだろう。長く引用してしまいましたが、それとは違う詩なのですが頭に焼き付いて離れません。この詩は「リンゴとわたしは誰かの名を呼んだ」が主たる詩ですが何か言いようのない悲しさ、懐かしさを感じます。恐らくそれ以上のものでしょう。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3